中華

RIMG44702 - Copie
今は胃袋が日本食ももちろん含めたアジアンモードなわたくしです。
なんかお弁当とか作り置きとか、やっぱり日本人の食事の習慣とか感覚とかヴァラエティの豊かさとかすごいなぁ、としみじみ感じていて。それから何と言うか、日本の食の中にある暮らしとか気持ちとかが、今は遠い海外にいるけれど、いや、海外だからこそかもだけど余計に感じられて。
正直に思うことを書くと、日本はものすごい進んだ国で便利だけど、精神的な面ではどうしても人の目を気にせざるえなかったり、古い考え方がまだまだたくさん残っていて窮屈な部分が少なくともフランスよりはだいぶ多いと思う。仕事だってサービス残業とかはもちろん、残業自体もほとんどフランスではないし、それを考えると日本の働く人の何と大変なこと。女性だって昔よりはずっとよくなっただろうけど、それでも職場でも家庭でも納得いかないことや負担がまだまだ多いと思うし(1人時間は思いっきり羽伸ばしてるよ~!な方もいらっしゃると思いますがふふ)。そんな中で皆さん自分らしさを自分なりに大事にしながら素敵に楽しみながら暮らしているように私には感じられて、何だかココロと胃袋を刺激されるのです。ちょっと上手く言えないのだけれど。
そんなこともあって、今日は日本の毎日の食卓に馴染みそうなものを作ってみたくて考えた1品「タケノコと葱ときくらげの酢醤油炒め」のご紹介です。今日出来たばかりのほやほやレシピでございます。メインおかずというより副菜っぽいもので特別感はないけど手軽で何げに美味しいものがいいな、と思い、あえてお肉系お魚系は使わず、常備品っぽいもの&常備野菜っぽい葱さん使いです。どっか~ん味ではないけど脇役おかず的にもおつまみにもよくて、ごはんもなかなか進むので作り置きにもよいかな、と。ポイントは、ネギのシャキシャキが美味しいので炒め過ぎず、しんなりする程度の火の通りにすることです。あ、でも思い出した。日本の食卓に馴染みそうなものと言いつつ、旦那も美味しい♪って喜んで黒米入りごはんと一緒に、あ、あと餃子もあったけど、がっついていましたよ~。日本の焼き餃子がこれまたフランス人(ってか外国の人全般だと思うのですが)大好きなんですよねぇ。
それでは材料と作り方です。とっても簡単で~す♪

……………………………………………………………………………………………………
材料(3~4人分)
・茹でタケノコ150g ・ネギ150g ・乾燥きくらげ10gを水に戻したもの ・生姜とにんにくのみじん切り1片ずつ ・赤唐辛子の輪切り1/2本~ ・ゴマ油大1 ・酒大2 ★醤油大1と1/2くらい ★オイスターソース大1/2 ★米酢大3と1/2~ ★てんさい糖又は砂糖大1/2 ・仕上げ用ゴマ油少々 ・粗挽き黒胡椒少々

作り方
①タケノコは食べやすい短冊切りにする。ネギはななめ輪切り、きくらげはざく切りにする。★を合わせておく。
②フライパンをやや強めの火で温め、ゴマ油、生姜とにんにく、赤唐辛子を入れ炒め、香りがたったらタケノコを入れ軽く炒め、きくらげを加えさらにさっと炒めたら、ネギを入れ炒め、ネギが軽くしんなりしたら酒を振り入れさっと炒め、★を入れ手早く炒め合わせ、仕上げ用ゴマ油をかけ混ぜたら皿に盛り、粗挽き黒胡椒をガリガリして出来上がりです。


※お酢とお醤油の量はお好みに加減してください。
……………………………………………………………………………………………………

そして作り置きにもよい超簡単炒めたちを少し集めてみました。短時間で出来るものばかりなのでお弁当にもよいかな、と思います。あ、あと隙間詰めにも!
Cpicon レンコンのちゃちゃっとマヨ七味炒め by milketmoi
Cpicon セロリとウィンナーのガーリックマヨ炒め by milketmoi
Cpicon じゃがいもとピーマンの甘辛バター醤油炒め by milketmoi
Cpicon ピーマンとピーナッツのほんのりアジア炒め by milketmoi
Cpicon ブロッコリー茎のほくほくマヨ黒胡椒炒め by milketmoi
Cpicon 青梗菜のちょっと炒め by milketmoi

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。 
 
人気ブログランキングへ 


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。

RIMG38599 - Copie
いきなりですが、今日は簡単中華風炒め物のご紹介で~す。
中華炒め、日本にいた時は仕事をしていたので、帰ってきてすぐ作れるという理由でよく作っておりました。ごはんもすすみますからねぇ。でも今は旦那がフランス人てことがあり、旦那を含めた多くのフランス人たちは白いごはんを日本人のようにバクバクまでは食べないし、ここフランスでお米はしょっちゅうメインの付け合わせで使われてはいるけど野菜だと思ってる人も多く、最近はかつ丼なんかを好きという人もいるけど、上のかつ部分は全部食べて下のごはんは結構残す人も多いのです。もったいない。
そんなわけで半分フランス家庭の我が家はガッツリ中華率は低めですが、でも旦那がゴマ油の香りや生姜の風味が大好きだし、あ、それからはじめはだめだった唐辛子系も最近めきめき食べれるようになってきて。多くのフランス人が辛いのが苦手で、ちょっとばかし辛いのでも、辛い辛い~!って言って、旦那もそんな1人だったのですが、やっぱり慣れなんですねぇ。なので今は中華風を作るとしたら濃い味気味ではなくあっさりだけど香味野菜や香辛料はきかせる系のおつまみにもおかずにもなるようなのが多いのです。
これもそんな1品。あっさり鶏胸肉使いながらもたっぷりのネギと生姜と粗びき黒胡椒がピリッときいてビールにも合います♪ 炒めた胡瓜の美味しさもぜひ楽しんでくださいませ。
それでは材料と作り方です。


材料(2人分)
・生姜の千切り(15g) ・皮をところどころ剥いて包丁で叩いてざく切りした胡瓜(140g) ・ネギの千切り(65g) ・鶏胸肉のそぎ切り(100g) ・鶏の下味用塩胡椒少々 ・鶏の下味用酒(大1) ・鶏の下味用片栗粉(大1) ・ソテー用ゴマ油(大2) ・紹興酒又は酒(50ml) ★塩適量  ★粗挽き黒胡椒たっぷりめ

作り方
①胡瓜に塩を振って少し置き、出て来た水分をキッチンペーパーでしっかりふき取る。鶏肉に下味の塩胡椒、酒、片栗粉をもみこんでおく。
②フライパンを中強火にかけ、ゴマ油をしき、生姜を炒め、香りがたったらネギを入れさっと炒め油がまわったら、胡瓜を加え軽く炒め、続いて鶏肉も入れ混ぜたら、紹興酒を入れ炒め合わせる。鶏の色が変わって七分通り火が通ったら味を見ながら塩をお好みに入れ、仕上げに粗挽き黒胡椒をたっぷり振って出来上がりです。



ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ


レシピランキングの方にも参加しております。美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!

↑このページのトップヘ