アジア

RIMG8239 - Copie
木曜レシピのコーナーでございまして(今日はちゃんと木曜日です)
今回はたっぷりのハーブを使ってサラダはサラダでもしっかり満足感のある1品、
「豚ひき肉とたっぷりハーブのベトナム風サラダ」です。
はじめに言っちゃいますがかなり美味しいです!!
そうですねぇ…
下町あたりのアジアン食堂の定食でごはんと酸っぱい系スープとセットで
850円くらいなら結構嬉しいかもしれない。
パリ13区の中華アジア街で7ユーロ90サンチームくらいなら結構悪くないかもしれない。
(パリは外食費がかなり高いんですよ)
そんなずずしいけどちょっとだけ自信作でございます。
さて調理ポイントですが、味付けにスイートチリソースを使うことと、
レモン汁とそしてレモンの皮のすりおろしも使うこと。
このレモンの皮のすりおろしがまたと~ってもいいお仕事するんです。
それから玉ねぎは生のままで。今は新玉ねぎが美味しいので新玉でも素敵ですね。
そしてハーブですが今回はミントとパクチーだったのですが、
ミントは身近じゃないわ、とか、パクチー苦手よ、な方は、
イタリアンパセリやバジル、紫蘇、青ネギなどにしてもいただいてもよいかと思います。
ただしミントを入れるとぐぐんとベトナム味になるのでベトナム味がご希望であれば
ぜひぜひミントでお試しくださいね。
それとこれ、ごはんにのせて食べてもすご~く美味しかったので、
たとえばお皿にごはんをしいてちぎったレタスと豚ひき肉サラダを添え、
目玉焼きなんかものせてガパオ仕立てにしても立派な1皿になると思います。
それでは材料と作り方です。これもとても簡単です!
……………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・豚ひき肉250g ・生姜のみじん切り1片分 ・にんにくのみじん切り1~2片分 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・水にさらして辛味をとった玉ねぎの薄切り80g(よく水気をとる) ・サラダ油大2 ★ナンプラー小2 ★レモン汁大3/4 ★レモンのすりおろし3/4個分 ★スイートチリソース大2と1/2 ★胡椒適量 
・ミントの粗みじん切り20g ・パクチーの粗みじん切り15g ・レタス適量

作り方
フライパンにサラダ油、にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ中火にかけ炒め、
香りがたったら豚ひき肉を入れ、火が通るまでしっかりめに炒める。
★を入れさっと混ぜたら火からおろしそのままおく。
ある程度冷めたら玉ねぎを入れさっと混ぜ、ミントとパクチーも入れさっと混ぜる。
皿にレタスと②の豚ひき肉とハーブのサラダをのせ出来上がりです。
レタスにサラダをのせて巻き巻きして召し上がれ。

……………………………………………………………………
あ~んど。
クックパッドの方のレシピが先日話題入りさせていただいたので簡単ご紹介を。
Cpicon ブロッコリー茎のかつおだし醤油浸し by milketmoi
捨ててしまいがちなブロ茎を使った簡単な1品ですがポリポリの食感もよくいけます。
そして、同じかつおだし醤油たれを使った絹さやレシピはコチラ。
Cpicon 絹さやのかつおだし醤油浸し by milketmoi
どちらもあっさり美味ではば広く喜んでいただけるお味かと思います。

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG7526 - Copie
今日はレンジ加熱2分だけのほんと~に簡単な1品
「鶏むね肉と赤パプリカとミントのベトナム風マリネ」のご紹介です。
たまたま冷蔵庫にあった(残ってた?)材料で最初は炒め物と思ったのですが、
もっと超簡単に何か出来ないかな、だったらレンチンかな、と。
で、ささっと作ってみたら、おお!この簡単さのわりにうまいぞ、となりました。
調理ポイントは特に大きなのはないんですが、玉ねぎだけは加熱せず、
生のを混ぜること、くらいでしょうか。
&味ポイントとしてはナンプラー使いの調味料とそしてミントでググンとベトナム風。
でもミントのかわりにパクチーや、バジル、青ネギ、紫蘇でも美味しいだろうな、と。
たぶんパクチーかバジルだとタイ風になるかな、と予想しているのですが。
なのでお好みでそれぞれチョイスしていただければと思います。
それとパプリカも他の色が入れるとさらに彩りがよいかと思います。
(この時は赤しかなかったので)
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・鶏むね肉の小さめそぎ切り120g(塩胡椒少々、酒小1、薄力粉大1) ・赤パプリカの千切り80g ・玉ねぎ輪切り80g ・赤唐辛子の輪切り1/2本~ ・酒大2 ・ミントの粗みじん切り5gくらい ★ナンプラー大1と1/2 ★レモン汁大1と1/2 ★レモンの皮のすりおろし1/4個分 ★酢大2/3 ★きび砂糖小1/2 ★粗びき黒胡椒少々

作り方
玉ねぎは水にさらして辛味をある程度抜き、しっかり水気をとっておく。
鶏むね肉は塩胡椒と酒をもみ込み、薄力粉を均等にまぶしておく。
★材料を全部合わせておく。
耐熱容器にパプリカと鶏むね肉を均等にしき、赤唐辛子をのせ、酒大2を振り、
ふわっとラップをかけ、レンジで1分40秒~2分加熱する。
※お肉の火の通り具合を見てレンジによって加熱時間を調節してください。
やけどに気をつかながらラップを取り、玉ねぎを入れさっと合わせたら★を混ぜ、
味も見て足らなければ塩を足し、最後にミントを混ぜ、お皿に盛って出来上がりです。

………………………………………………………………………

さて前回記事の最後に、次回はレシピと月曜日に見た夢の話など、
と書いたのですが、よく考えたらたいした話じゃないのでそれはやめて、
数日前に見た花粉のニュースのことを少し。
フランス全土の花粉の多さが地図で色分けして紹介されていて、
最も多い赤色だったのが南仏のコートダジュール一帯だったのですが、
そのわけは「cyprès(シプレ)」が多いからだそうで「cyprès」とは、
イトスギ。
やはりスギ花粉だったのです!

ただ私はコートダジュールのニースに一年弱住んだことがあるのですが、
その時は山もわしわし歩いていたけどまったく花粉症が出なかったのです。
でも今思えばそれは身体がまだニースの花粉に馴染んでなかったからかな、
たぶん数年住んでいたらまた出ていたのではないかな、と。
なので、旦那と私はいつかパリを離れ南仏かブルターニあたりへ移り住みたい、
と考えているのですが、コートダジュールは絶対無理だな、と思ったのです。
それにしてもやはりスギ花粉、どこでも活躍?してるんですねぇ…
次回はまた春のパリ散歩をご紹介させていただきます!

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG6323 - Copie
さてさて、マルシェのイタリア系元気ムッシューのとこで買ったほうれん草がまだまだたっぷりあるので、新しいレシピを作ってみよう思い、キッシュ?炒め物?スパゲティー?などなどいろいろ思い浮かべてみたのですが、な~んかぴたっとこない。
で、ふと思う浮かんだのがインドのほうれん草のカレーです。でも本格的な美味しいのはもうた~くさんあるから、なんかちょっと違うの、と思って作ったのが本日ご紹介の
「ほうれん草と豆腐とチーズのカレー」です。
もう先に言っちゃいますが、ちょっと今までにない味わいでかなりあっさりで、王道カレーとはまったく違うものですがとても美味しく出来ました♪
このカレーの良い点はルーを使わずスパイスはカレー粉のみ&あえてお肉系はなし。
唐辛子を抜けばお子様にも召し上がっていただけるかなとも思います。
逆に大人さんで辛いのがお好きな方はもっと増やしていただいても素敵です。
で、調理ポイントは、玉ねぎをよく炒め飴色玉ねぎ風にすること。でもそれを短時間で作ります。それから湯剥きトマトのざく切りをたっぷりめに。この飴色玉ねぎ&トマトは我が家風カレーを作る時は欠かせない工程。
以前ブログの中でダントツ人気1位で多くの方に見ていただいてるこの記事のカレーも、
神田神保町エチオピア風カリー 私流の作り方
飴色玉ねぎ&湯剥きトマトは欠かせない具材。これでぐぐんと味がupいたします。
そして、もし可能であれば作って一晩おくとさらに美味しいのでそうしていただけるといいな、と思います。それでは材料と作り方です。

※フォトでスプーンの位置が左になっておりますが右左どっちのフォトも撮ってみてよかった方をチョイスしました。
…………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・豆腐250g(これを一晩ザルに乗せ水切りする) ・玉ねぎの薄切り200g ・玉ねぎ炒め用水350mlくらい ・トマト300g(湯剥きして種と汁ごとざく切りにする) ・ほうれん草200g(さっと茹でてよくしぼり細かめに切る) ・にんにくと生姜のすりおろし大きめ1かけずつ ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・オリーブオイル大3 ・水300ml ・ブイヨン1個 ・和風だしの素小1 ・カレー粉小3~ ・塩小2/3~ ・粗びき黒胡椒適量 ・溶けるチーズ50g ・温かいごはん人数分

作り方
鍋にオリーブオイルと玉ねぎの薄切りを入れ、中火よりやや強めの火にかけ(我が家は天気コンロで7の火力)炒める。しんなりして鍋底にこげがうっすらついてたら玉ねぎ炒め用水をお玉一杯入れる。また炒め、また水分が飛んでなくなってきたらお水をおたま一杯入れる。これを計4~5回くらい繰り返すと短時間で程よい飴色玉ねぎが出来上がる。
そうしたらにんにくと生姜、赤唐辛子を入れ軽く炒めたら、トマトのざく切りを入れ、水分が飛んでとろっとなるまで軽く煮詰める。水300mlを入れ煮立ったら、ブイヨンと和風だしを入れ、続いて豆腐を細かく崩しながら入れ、軽く煮て、ほうれん草も入れ、さっと混ぜ、カレー粉と塩、胡椒を入れ混ぜる。チーズも入れさっと混ぜたら最後に味を見て塩が足らなければ足しお好み加減にしてカレールーの出来上がり。
お皿に温かいごはんを盛り、カレーを添えて召し上がってください。
 
…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG6339
ムッシューのとこで買ったほうれん草です。
これがまた大袋にたっぷりでして半分くらい使った状態です。
で、フランスのほうれん草ですが、
RIMG6336
こうしてかなり大きめなのです~。
日本のほうれん草と同じくらいの大きさで生食用などのもあるのですが、
加熱用のは基本このように大きめ。でもお味は日本のとほとんど変わりません。
冷凍のお手軽なものも売っていて、お浸しなんかにする時はすぐ出来て、しかも結構美味しい。あとインゲンなんかも冷凍でも甘みがあって美味しいです。
フランスの冷凍野菜は新鮮なのを瞬間冷凍させているのでなかなか美味しいというのを何度か聞いたことがあるのですが、さすが農業大国だなぁ、と思います。
で、このまだまだあるほうれん草さん、今日もまた食べよかな、思ってるんですが、どうしようかなぁ、と今も考え中なんです。実は昨日も新しいレシピに挑戦したんですけど、それは普通でした。ははは。
ということで今回は以上となっております。
今週はパリ、毎日お天気どよ~んなんですよ。来週は少し回復しそうです。ではでは。

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!




RIMG5083 - Copie
今日はレシピご紹介となっております。
ご近所お向かいの中国&ヴェトナム家にこの時ガレット・デ・ロワをおすそ分けしたら
→「昨日1月6日はガレット・デ・ロワをいただく日
そのお礼にヴェトナムの1品料理をいただきまして、それが美味しかったんです。
豚ひき肉が入った手作りのお餅のようなのにもやしとか胡瓜とかたっぷりのミントがのっていて。
で、お皿をお返しする際に料理名を聞いたのですが「ボン何じゃら」だよと。でも発音が難しい~。
なのでそれは今度紙に書いてくださると言ってくださったのですが、それはまあおいておいて、
そのお料理をちょっとアレンジ、というか簡単に少し似た雰囲気のものに出来ないかな、と思って作ったのがこの「豚ひき肉と胡瓜とミントのヴェトナム風サラダ」です。だから正式な名前はホントは
「豚ひき肉と胡瓜とミントのヴェトナムチックサラダ」なのですけどね。へへ。
さてお料理のポイントですが、玉ねぎもなのですが、特に生の胡瓜から水分が出やすいのでしっかりキッチンペーパーを使って水分をとることと、その後オリーブオイルでも和えて水分が出ないようにしておくこと。オリーブオイルにしたのはゴマ油だと中華風になってしまうので避けた&こんなアジア料理でもオリーブオイルぜんぜん合うし、身体にもいいからです。
というわけでそれを気をつければ作り置きして時間がたっても味がぼやけず美味しいし、ビールのおつまみにもごはんにもおかずサラダ感覚で合うので、ミントないわ、があるある的かと思うのですが、このミント使いがアジアチックで何ともいえないので、お菓子用に買ったけどミント余った~、な時にでもお試しいただければ幸いです。本場お餅風ヴェトナム料理の方も皮が売ってるらしいので(でも手作りのがずっと美味しいよ~ってお向かいさんは言っておりましたが)いつか挑戦したいなぁと思っております。
それでは材料と作り方です。簡単で~す。

…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・豚ひき肉150g ・オリーブオイル大1と1/2 ・にんにくのみじん切り1片分 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・ナンプラー又はニョクマム小1 ・レモン汁小1 ・水にさらして辛味をとった玉ねぎの薄切り90g ・胡瓜の千切り90g ・オリーブオイル小1 ・ミントの葉の粗みじん切り6~7g分くらい 
★ナンプラー大1と1/4~ ★レモン汁大1と1/3~ ★きび砂糖小1弱くらい ★醤油小1弱 ★胡椒少々 
・レタス類適量 ・レモンの半月切り

作り方
★を合わせておく。胡瓜の千切りと水にさらした玉ねぎの薄切りはそれぞれキッチンペーパーで包んで水分をよく吸収させる。
フライパンにオリーブオイル大1と1/2とにんにく、赤唐辛子を入れ中火にかけ炒め、香りがたったら、豚ひき肉を入れ炒める。白くなって火が通ったら、ナンプラーとレモン汁で軽く味をつけ火を止める。
 ①の胡瓜を別の新しいキッチンペーパーでもう一度包み、ここでもしっかり水分をとってから、ボールに入れ、オリーブオイル小1で和える。玉ねぎも新しいキッチンペーパーで包み、しっかり水分を切ってから入れる。炒めた豚ひき肉も入れ、合わせておいた★も入れよく混ぜる。味をみて足らなければそれぞれの調味料でお好みに調節する。最後にたっぷりのミントを入れさっと混ぜる。
お皿に盛り、レタスとレモンを添え、いただく時お好みでしぼったり、レタスで包んでいただく。

RIMG5085 - Copie
実は一度め作った時は胡瓜の水分をよくとったけどオリーブオイルで和えなかったので後で若干また水分が出て味がぼやけたので、再度作って完成したレシピです。
この再度分は今日の旦那のランチになる予定となっております。
さて、フランスは今週大寒波到来で毎朝マイナス温度で一日中葉っぱも草も霜がついている状態。
でも昨日今日と冬らしい澄んだ青空が広がって気持ちいいです!
ではではまた明日~

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG3835 - Copie
味見係り旦那にえらく好評だった「豚ひき肉とビーフンとパクチーの炒めサラダ」のご紹介です。
前回のレシピご紹介も旦那のお気に入り「うちの和中華丼」だったりで、旦那は何人だ?って感じなのですが、やつは美味しけりゃ何でも食べるんですわ。和食でも生のお魚でもアジアンでも中華でもアフリカンでもマグレブでも。しか~し、実は私が嫁に来る前はステーキばかり食っていた男。
多くのフランス人は結構肉食星人なんでございます。
で、自分でよく言ってますよ。人間、食べるものってやっぱ変わるね♪って。ちゃっかし。
さて調理ポイントですが、ゆで過ぎビーフンを使わないことと、火を止めてから紫玉ねぎ→パクチーの葉の順でさっと混ぜること。生の美味しさを生かすようにしております。
ということで早速材料と作り方です。めっちゃ簡単で~す。
じゃ、On y va!(オニヴァ!行こう!)

……………………………………………………………………

材料(2人分)
・豚ひき肉120g ・人参の粗みじん切り30g ・ズッキーニまたはピーマンの粗みじん切り30g ・30gのビーフンを表示通りゆでてざく切りにしたもの又は30gの春雨をゆでてざく切りにしたもの ・紫玉ねぎまたは玉ねぎの薄切りを水にさらしたもの30g ・ニンニクと生姜のみじん切り1かけ分ずつ ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・パクチーの茎のみじん切りと葉のざく切り合わせて15gくらい ・サラダ油大1と1/2 ★ナンプラー大1 ★レモン汁大1強 ★塩胡椒少々 ・お好みでレモンの半月切り2切れ

作り方
フライパンをやや強めの火で熱し、サラダ油、ニンニク、生姜、赤唐辛子を入れ、炒め、香りがたったら豚ひき肉を入れ炒める。白っぽくなったら人参を入れ炒め、続いてズッキーニを入れさっと炒め合わせたら、ビーフンとパクチーの茎を入れ、均等にさっと混ぜたら★を味を見ながら混ぜ、火を止め、紫玉ねぎを混ぜ、最後にパクチーの葉をさっくり混ぜる。
皿に盛り、レモンの半月切りを添え、いただく時にお好みでぎゅっとしぼっていただく。

RIMG3836 - Copie - Copie

おかずにもなる炒めサラダです。
ごはんにも合いますよ~♪

……………………………………………………………………

あ~んど。
12月に入って毎日晴天のパリ。
朝焼けも毎朝赤い。
RIMG3970 - Copie
これは昨日の朝8時少し前くらい。
RIMG3973 - Copie
こんな赤と藍色の朝が毎日見れています。
RIMG3977 - Copie
それからだんだん明けてきて。
冬の素晴らしい澄んだ青空がはじまるのです!
次回はまたmoiっぺ的パリ散歩編で~す。

…………………………………………………………………………


今回は久しぶりアジアンレシピでしたが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


↑このページのトップヘ