アジア

R1132027 - Copie - Copie
昨夜はTVで「ピアノの森」が放送されていて、しかも字幕だったので嬉しくて、
それを観ながらこのレシピの材料と作り方を書きました。
声に聞き覚えはあるけど誰かな、と調べてみたら、上戸彩さんと大好き神木くん。
知らないとわからないものだなぁ、でもやっぱり俳優さんだなぁ、と。
で、面白かったのですが、これからという時にまさかのエンディング!
旦那と2人してちょっとずっこけそうになっちゃいました~。
でも原作の漫画では先がずっと続いているようで。
序章的だったんですね。続きも観たいなぁ、と思いました。
ということで小さな旅の途中ですが、木曜レシピコーナーを入れさせていただきまして。
昨日の昼食の出来立てのほやほやな1品、
「サバ缶焼きそば、ナンプラーレモン醤油風味」です。
日曜日にジヴェルニーに行こうと決めていたので、
毎週金曜日のまとめ買いを最低限のものにしたのですが、
そしたら冷蔵庫が昨日の時点で結構スカスカ。
なので残り野菜とそして常備の缶詰めで何か簡単に作ろうと。
で、ちょっと前にトマトと合わせたサバ缶スパゲティーをご紹介しましたが、
今度は焼きそばちゃん。若干被るのは否めませんが、
味はぜんぜん違いまして、こちらはあっさりアジアン的。
自分、ソース焼きそばと同じくらいアジアン味や醤油味、塩味も好きなんですよね。
で、またまたパクチーが入るので顔をしかめたそこのあなたさま!
パクチーお嫌いでしたら青ネギやニラでも。
ニラの場合だけ軽く火を通してもらえばいいかなと思います。
ってかほんとはあればニラにしたかったけどなかったのでパクチーにした感じです。
調理ポイントははじめに茹で焼きそばをカリッと焼いていったん取り出しておくこと。
これで水っぽい焼きそばになりません。
だしのもと系は使ってませんが野菜たっぷりあっさりなうまみでいけます♪
それでは材料と作り方です!
……………………………………………………………………

材料(2人分)
 ・ほぐしたサバ缶100g ・キャベツの千切り150g ・玉ねぎの薄切り100g ・人参の千切り100g ・にんにく1個を包丁の背でつぶしたもの ・生姜のみじん切り小1 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・オリーブオイル又はサラダ油大2+大1と1/2 ・レンジで軽く温めほぐした茹で焼きそば麺2人分 ・パクチーの粗みじん切り30gくらい+少々 ★ナンプラー大3 ★レモン汁大3 ★レモンの皮のすりおろし1個分 ★醤油大1強 ★粗びき黒胡椒適量

作り方
フライパンを熱しこの後焼く焼きそばが焦げ付かないよう十分熱くなったら
(テフロン加工なら温まればOK)
オリーブオイル大2を入れ全体に馴染ませ、茹で焼きそばを入れ、
全体に広げしばらく触わらずやや強めの火でそのまま焼き、
片面がカリっと焼けたら、軽く混ぜ炒め、いったん皿にとっておく。
同じフライパンにオリーブオイル大1と1/2を足し、にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ、
中火で炒め、香りがたったら玉ねぎを入れ火を少し強めて炒める。
しんなりしたら、人参とキャベツも加えさっと炒め、軽くしんなりしたら、
サバを加えまたさっと炒め、焼きそばを入れ、ほぐしながら軽く混ぜたら、
★を入れ全体に馴染ませ、火を止め、最後にパクチーを入れさっと混ぜる。
皿に盛り、パクチーを散らして出来上がりです
R1132032 - Copie - Copie
レモンがお好きでしたらいただく時にさらにぎゅっと絞っていただいても美味しいです♪

あ~んど。
このレシピと同じくお手軽な材料でできるちょいとアジアンなレシピも
併せてご紹介させておいていただきますね。
簡単好評です→Cpicon ナンプラー風味の超あっさり春雨入りスープ by milketmoi
主な材料はピーマンとピーナッツ→Cpicon ピーマンとピーナッツのほんのりアジア炒め by milketmoi
もやしがボリューミィーな美味しいおかずに→Cpicon 豚ネギもやしのにんにくナンプラー醤油炒め by milketmoi
マヨ使いのあっさり焼きそば→Cpicon セロリとベーコンのマヨ醤油レモン焼きそば by milketmoi
汁なしがこれまたアジアン的→Cpicon 手軽で簡単に*アジア風汁なし麺 by milketmoi

ということで次回はジヴェルニーご紹介記事となります!
……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG9161 - Copie

木曜レシピコーナーでして今回はこれからの季節にいいさっぱりアジアンな1品、
「ベトナム風しゃぶしゃぶサラダ」です。
週末ごはんのベトナムの揚げ春巻きネムに添えたマルシェのミントがまだあったので、
使っちゃわなくちゃ思い、ベトナム料理の定番1品である牛肉のサラダにしてみました。
気をつけた点はとにかくさっぱりあっさりにしたかったので、
びっくりするくらい水分が出る胡瓜と人参をオリーブオイルで先に和えておく以外は、
油は使わないようにしたことくらいでしょうか。
ベトナム料理にオリーブオイル?と思う方もいらっしゃるかもですが、
私はアジアンでも香りがよくて身体にもいいオリーブオイルを結構使っちゃいます。
なので我が家はサラダ油使いがかなり少ないかもしれません。
そして材料を見て、またパクチーか、と思ったそこのあなたさま!
パクチーがお苦手でしたら細ネギなどにしていただいてもよろしいかと思います。
ミントも、これ入れるとぐぐんとベトナム味になりますが、なければなしで。
それと今回は牛肉使いでしたが、豚の薄切り肉でも美味しいかと思うのです。
実はわたくしはしゃぶしゃぶは豚ちゃんが好きなのですが、
今回は先ず王道牛肉さんで。でも次は豚ちゃんかな、と思っております。
そんな牛肉も豚肉も薄切り肉はフランスのスーパーでは売っていないので、
①半解凍の冷凍のお肉を自分で薄く切る、
②アジア系スーパーに買いに行く、
③専用の機械を買う、かなんですけね。
ちなみに我が家は①でございます。150ユーロくらいらしいけど機械欲しいなぁ…
それでは材料と作り方です。簡単です。
……………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・しゃぶしゃぶ用薄切り牛肉又は豚肉200g ・人参の千切り60g ・胡瓜の千切り100g ・水にさらした玉ねぎの薄切り60g ・半分に切ったプチトマト12個分くらい ・ミントとパクチーの粗みじん切り合わせて20~30g ・レタス適量 ・EXVオリーブオイル小1+小1 ・酒大2 ★ナンプラー又はニョクマム大2と1/2 ★水大2 ★レモン汁大2と1/2 ★レモンの皮のすりおろし1/2個分 ★酢大1 ★スイートチリソース大2 ★砂糖小1と1/2~小2くらい(味を見てお好み加減にしてください) ★赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ★粗びき黒胡椒適量

作り方
人参と胡瓜の千切りはそれぞれキッチンペーパーでしっかり包んでおく。水にさらした玉ねぎもキッチンペーパーでしっかり水分をとっておく。★を全て合わせておく。
器に水を張っておき、小鍋に湯をわかし、酒を入れ、沸騰したところに薄切り肉を入れ、白くなったらすぐ全部あげ、器の水の中に入れる。これをざるに上げ、よく水気を切り、さらにキッチンペーパーで水気をしっかりとる。
ボールに水気をしっかりとった胡瓜を入れ、オリーブオイル小1を馴染ませる。人参も入れ、オリーブオイル小1を足し、馴染ませる。玉ねぎ、プチトマト、牛肉も加え、さっと混ぜたら★を入れ混ぜ、ミントとパクチーを入れ軽く混ぜる。
皿にレタスをしき、③を盛り、出来上がり。レタスと一緒に召し上がってくださいね。
※お肉を茹でたお湯はスープなどにお使いください。

あ~んど。
いくつかのアジアンレシピも併せて貼り付けさせておいていただきますね。
お手軽で好評な1品→Cpicon パリの中華総菜屋さん再現ガーリックポテト by milketmoi
超さっぱり美味です→Cpicon パクチーたっぷし♪豆腐のアジアンサラダ by milketmoi
オイスターソースなしが我が家ポイント→Cpicon ガパオ★うちのシンプル鶏バジル炒めご飯 by milketmoi
タイの美味しい味再現→Cpicon ヤム・マクア*タイ風焼きナスサラダ by milketmoi
……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG8239 - Copie
木曜レシピのコーナーでございまして(今日はちゃんと木曜日です)
今回はたっぷりのハーブを使ってサラダはサラダでもしっかり満足感のある1品、
「豚ひき肉とたっぷりハーブのベトナム風サラダ」です。
はじめに言っちゃいますがかなり美味しいです!!
そうですねぇ…
下町あたりのアジアン食堂の定食でごはんと酸っぱい系スープとセットで
850円くらいなら結構嬉しいかもしれない。
パリ13区の中華アジア街で7ユーロ90サンチームくらいなら結構悪くないかもしれない。
(パリは外食費がかなり高いんですよ)
そんなずずしいけどちょっとだけ自信作でございます。
さて調理ポイントですが、味付けにスイートチリソースを使うことと、
レモン汁とそしてレモンの皮のすりおろしも使うこと。
このレモンの皮のすりおろしがまたと~ってもいいお仕事するんです。
それから玉ねぎは生のままで。今は新玉ねぎが美味しいので新玉でも素敵ですね。
そしてハーブですが今回はミントとパクチーだったのですが、
ミントは身近じゃないわ、とか、パクチー苦手よ、な方は、
イタリアンパセリやバジル、紫蘇、青ネギなどにしてもいただいてもよいかと思います。
ただしミントを入れるとぐぐんとベトナム味になるのでベトナム味がご希望であれば
ぜひぜひミントでお試しくださいね。
それとこれ、ごはんにのせて食べてもすご~く美味しかったので、
たとえばお皿にごはんをしいてちぎったレタスと豚ひき肉サラダを添え、
目玉焼きなんかものせてガパオ仕立てにしても立派な1皿になると思います。
それでは材料と作り方です。これもとても簡単です!
……………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・豚ひき肉250g ・生姜のみじん切り1片分 ・にんにくのみじん切り1~2片分 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・水にさらして辛味をとった玉ねぎの薄切り80g(よく水気をとる) ・サラダ油大2 ★ナンプラー小2 ★レモン汁大3/4 ★レモンのすりおろし3/4個分 ★スイートチリソース大2と1/2 ★胡椒適量 
・ミントの粗みじん切り20g ・パクチーの粗みじん切り15g ・レタス適量

作り方
フライパンにサラダ油、にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ中火にかけ炒め、
香りがたったら豚ひき肉を入れ、火が通るまでしっかりめに炒める。
★を入れさっと混ぜたら火からおろしそのままおく。
ある程度冷めたら玉ねぎを入れさっと混ぜ、ミントとパクチーも入れさっと混ぜる。
皿にレタスと②の豚ひき肉とハーブのサラダをのせ出来上がりです。
レタスにサラダをのせて巻き巻きして召し上がれ。

……………………………………………………………………
あ~んど。
クックパッドの方のレシピが先日話題入りさせていただいたので簡単ご紹介を。
Cpicon ブロッコリー茎のかつおだし醤油浸し by milketmoi
捨ててしまいがちなブロ茎を使った簡単な1品ですがポリポリの食感もよくいけます。
そして、同じかつおだし醤油たれを使った絹さやレシピはコチラ。
Cpicon 絹さやのかつおだし醤油浸し by milketmoi
どちらもあっさり美味ではば広く喜んでいただけるお味かと思います。

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG7526 - Copie
今日はレンジ加熱2分だけのほんと~に簡単な1品
「鶏むね肉と赤パプリカとミントのベトナム風マリネ」のご紹介です。
たまたま冷蔵庫にあった(残ってた?)材料で最初は炒め物と思ったのですが、
もっと超簡単に何か出来ないかな、だったらレンチンかな、と。
で、ささっと作ってみたら、おお!この簡単さのわりにうまいぞ、となりました。
調理ポイントは特に大きなのはないんですが、玉ねぎだけは加熱せず、
生のを混ぜること、くらいでしょうか。
&味ポイントとしてはナンプラー使いの調味料とそしてミントでググンとベトナム風。
でもミントのかわりにパクチーや、バジル、青ネギ、紫蘇でも美味しいだろうな、と。
たぶんパクチーかバジルだとタイ風になるかな、と予想しているのですが。
なのでお好みでそれぞれチョイスしていただければと思います。
それとパプリカも他の色が入れるとさらに彩りがよいかと思います。
(この時は赤しかなかったので)
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・鶏むね肉の小さめそぎ切り120g(塩胡椒少々、酒小1、薄力粉大1) ・赤パプリカの千切り80g ・玉ねぎ輪切り80g ・赤唐辛子の輪切り1/2本~ ・酒大2 ・ミントの粗みじん切り5gくらい ★ナンプラー大1と1/2 ★レモン汁大1と1/2 ★レモンの皮のすりおろし1/4個分 ★酢大2/3 ★きび砂糖小1/2 ★粗びき黒胡椒少々

作り方
玉ねぎは水にさらして辛味をある程度抜き、しっかり水気をとっておく。
鶏むね肉は塩胡椒と酒をもみ込み、薄力粉を均等にまぶしておく。
★材料を全部合わせておく。
耐熱容器にパプリカと鶏むね肉を均等にしき、赤唐辛子をのせ、酒大2を振り、
ふわっとラップをかけ、レンジで1分40秒~2分加熱する。
※お肉の火の通り具合を見てレンジによって加熱時間を調節してください。
やけどに気をつかながらラップを取り、玉ねぎを入れさっと合わせたら★を混ぜ、
味も見て足らなければ塩を足し、最後にミントを混ぜ、お皿に盛って出来上がりです。

………………………………………………………………………

さて前回記事の最後に、次回はレシピと月曜日に見た夢の話など、
と書いたのですが、よく考えたらたいした話じゃないのでそれはやめて、
数日前に見た花粉のニュースのことを少し。
フランス全土の花粉の多さが地図で色分けして紹介されていて、
最も多い赤色だったのが南仏のコートダジュール一帯だったのですが、
そのわけは「cyprès(シプレ)」が多いからだそうで「cyprès」とは、
イトスギ。
やはりスギ花粉だったのです!

ただ私はコートダジュールのニースに一年弱住んだことがあるのですが、
その時は山もわしわし歩いていたけどまったく花粉症が出なかったのです。
でも今思えばそれは身体がまだニースの花粉に馴染んでなかったからかな、
たぶん数年住んでいたらまた出ていたのではないかな、と。
なので、旦那と私はいつかパリを離れ南仏かブルターニあたりへ移り住みたい、
と考えているのですが、コートダジュールは絶対無理だな、と思ったのです。
それにしてもやはりスギ花粉、どこでも活躍?してるんですねぇ…
次回はまた春のパリ散歩をご紹介させていただきます!

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG6323 - Copie
さてさて、マルシェのイタリア系元気ムッシューのとこで買ったほうれん草がまだまだたっぷりあるので、新しいレシピを作ってみよう思い、キッシュ?炒め物?スパゲティー?などなどいろいろ思い浮かべてみたのですが、な~んかぴたっとこない。
で、ふと思う浮かんだのがインドのほうれん草のカレーです。でも本格的な美味しいのはもうた~くさんあるから、なんかちょっと違うの、と思って作ったのが本日ご紹介の
「ほうれん草と豆腐とチーズのカレー」です。
もう先に言っちゃいますが、ちょっと今までにない味わいでかなりあっさりで、王道カレーとはまったく違うものですがとても美味しく出来ました♪
このカレーの良い点はルーを使わずスパイスはカレー粉のみ&あえてお肉系はなし。
唐辛子を抜けばお子様にも召し上がっていただけるかなとも思います。
逆に大人さんで辛いのがお好きな方はもっと増やしていただいても素敵です。
で、調理ポイントは、玉ねぎをよく炒め飴色玉ねぎ風にすること。でもそれを短時間で作ります。それから湯剥きトマトのざく切りをたっぷりめに。この飴色玉ねぎ&トマトは我が家風カレーを作る時は欠かせない工程。
以前ブログの中でダントツ人気1位で多くの方に見ていただいてるこの記事のカレーも、
神田神保町エチオピア風カリー 私流の作り方
飴色玉ねぎ&湯剥きトマトは欠かせない具材。これでぐぐんと味がupいたします。
そして、もし可能であれば作って一晩おくとさらに美味しいのでそうしていただけるといいな、と思います。それでは材料と作り方です。

※フォトでスプーンの位置が左になっておりますが右左どっちのフォトも撮ってみてよかった方をチョイスしました。
…………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・豆腐250g(これを一晩ザルに乗せ水切りする) ・玉ねぎの薄切り200g ・玉ねぎ炒め用水350mlくらい ・トマト300g(湯剥きして種と汁ごとざく切りにする) ・ほうれん草200g(さっと茹でてよくしぼり細かめに切る) ・にんにくと生姜のすりおろし大きめ1かけずつ ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・オリーブオイル大3 ・水300ml ・ブイヨン1個 ・和風だしの素小1 ・カレー粉小3~ ・塩小2/3~ ・粗びき黒胡椒適量 ・溶けるチーズ50g ・温かいごはん人数分

作り方
鍋にオリーブオイルと玉ねぎの薄切りを入れ、中火よりやや強めの火にかけ(我が家は天気コンロで7の火力)炒める。しんなりして鍋底にこげがうっすらついてたら玉ねぎ炒め用水をお玉一杯入れる。また炒め、また水分が飛んでなくなってきたらお水をおたま一杯入れる。これを計4~5回くらい繰り返すと短時間で程よい飴色玉ねぎが出来上がる。
そうしたらにんにくと生姜、赤唐辛子を入れ軽く炒めたら、トマトのざく切りを入れ、水分が飛んでとろっとなるまで軽く煮詰める。水300mlを入れ煮立ったら、ブイヨンと和風だしを入れ、続いて豆腐を細かく崩しながら入れ、軽く煮て、ほうれん草も入れ、さっと混ぜ、カレー粉と塩、胡椒を入れ混ぜる。チーズも入れさっと混ぜたら最後に味を見て塩が足らなければ足しお好み加減にしてカレールーの出来上がり。
お皿に温かいごはんを盛り、カレーを添えて召し上がってください。
 
…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG6339
ムッシューのとこで買ったほうれん草です。
これがまた大袋にたっぷりでして半分くらい使った状態です。
で、フランスのほうれん草ですが、
RIMG6336
こうしてかなり大きめなのです~。
日本のほうれん草と同じくらいの大きさで生食用などのもあるのですが、
加熱用のは基本このように大きめ。でもお味は日本のとほとんど変わりません。
冷凍のお手軽なものも売っていて、お浸しなんかにする時はすぐ出来て、しかも結構美味しい。あとインゲンなんかも冷凍でも甘みがあって美味しいです。
フランスの冷凍野菜は新鮮なのを瞬間冷凍させているのでなかなか美味しいというのを何度か聞いたことがあるのですが、さすが農業大国だなぁ、と思います。
で、このまだまだあるほうれん草さん、今日もまた食べよかな、思ってるんですが、どうしようかなぁ、と今も考え中なんです。実は昨日も新しいレシピに挑戦したんですけど、それは普通でした。ははは。
ということで今回は以上となっております。
今週はパリ、毎日お天気どよ~んなんですよ。来週は少し回復しそうです。ではでは。

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!




↑このページのトップヘ