アジア

RIMG6323 - Copie
さてさて、マルシェのイタリア系元気ムッシューのとこで買ったほうれん草がまだまだたっぷりあるので、新しいレシピを作ってみよう思い、キッシュ?炒め物?スパゲティー?などなどいろいろ思い浮かべてみたのですが、な~んかぴたっとこない。
で、ふと思う浮かんだのがインドのほうれん草のカレーです。でも本格的な美味しいのはもうた~くさんあるから、なんかちょっと違うの、と思って作ったのが本日ご紹介の
「ほうれん草と豆腐とチーズのカレー」です。
もう先に言っちゃいますが、ちょっと今までにない味わいでかなりあっさりで、王道カレーとはまったく違うものですがとても美味しく出来ました♪
このカレーの良い点はルーを使わずスパイスはカレー粉のみ&あえてお肉系はなし。
唐辛子を抜けばお子様にも召し上がっていただけるかなとも思います。
逆に大人さんで辛いのがお好きな方はもっと増やしていただいても素敵です。
で、調理ポイントは、玉ねぎをよく炒め飴色玉ねぎ風にすること。でもそれを短時間で作ります。それから湯剥きトマトのざく切りをたっぷりめに。この飴色玉ねぎ&トマトは我が家風カレーを作る時は欠かせない工程。
以前ブログの中でダントツ人気1位で多くの方に見ていただいてるこの記事のカレーも、
神田神保町エチオピア風カリー 私流の作り方
飴色玉ねぎ&湯剥きトマトは欠かせない具材。これでぐぐんと味がupいたします。
そして、もし可能であれば作って一晩おくとさらに美味しいのでそうしていただけるといいな、と思います。それでは材料と作り方です。

※フォトでスプーンの位置が左になっておりますが右左どっちのフォトも撮ってみてよかった方をチョイスしました。
…………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・豆腐250g(これを一晩ザルに乗せ水切りする) ・玉ねぎの薄切り200g ・玉ねぎ炒め用水350mlくらい ・トマト300g(湯剥きして種と汁ごとざく切りにする) ・ほうれん草200g(さっと茹でてよくしぼり細かめに切る) ・にんにくと生姜のすりおろし大きめ1かけずつ ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・オリーブオイル大3 ・水300ml ・ブイヨン1個 ・和風だしの素小1 ・カレー粉小3~ ・塩小2/3~ ・粗びき黒胡椒適量 ・溶けるチーズ50g ・温かいごはん人数分

作り方
鍋にオリーブオイルと玉ねぎの薄切りを入れ、中火よりやや強めの火にかけ(我が家は天気コンロで7の火力)炒める。しんなりして鍋底にこげがうっすらついてたら玉ねぎ炒め用水をお玉一杯入れる。また炒め、また水分が飛んでなくなってきたらお水をおたま一杯入れる。これを計4~5回くらい繰り返すと短時間で程よい飴色玉ねぎが出来上がる。
そうしたらにんにくと生姜、赤唐辛子を入れ軽く炒めたら、トマトのざく切りを入れ、水分が飛んでとろっとなるまで軽く煮詰める。水300mlを入れ煮立ったら、ブイヨンと和風だしを入れ、続いて豆腐を細かく崩しながら入れ、軽く煮て、ほうれん草も入れ、さっと混ぜ、カレー粉と塩、胡椒を入れ混ぜる。チーズも入れさっと混ぜたら最後に味を見て塩が足らなければ足しお好み加減にしてカレールーの出来上がり。
お皿に温かいごはんを盛り、カレーを添えて召し上がってください。
 
…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG6339
ムッシューのとこで買ったほうれん草です。
これがまた大袋にたっぷりでして半分くらい使った状態です。
で、フランスのほうれん草ですが、
RIMG6336
こうしてかなり大きめなのです~。
日本のほうれん草と同じくらいの大きさで生食用などのもあるのですが、
加熱用のは基本このように大きめ。でもお味は日本のとほとんど変わりません。
冷凍のお手軽なものも売っていて、お浸しなんかにする時はすぐ出来て、しかも結構美味しい。あとインゲンなんかも冷凍でも甘みがあって美味しいです。
フランスの冷凍野菜は新鮮なのを瞬間冷凍させているのでなかなか美味しいというのを何度か聞いたことがあるのですが、さすが農業大国だなぁ、と思います。
で、このまだまだあるほうれん草さん、今日もまた食べよかな、思ってるんですが、どうしようかなぁ、と今も考え中なんです。実は昨日も新しいレシピに挑戦したんですけど、それは普通でした。ははは。
ということで今回は以上となっております。
今週はパリ、毎日お天気どよ~んなんですよ。来週は少し回復しそうです。ではでは。

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!




RIMG5083 - Copie
今日はレシピご紹介となっております。
ご近所お向かいの中国&ヴェトナム家にこの時ガレット・デ・ロワをおすそ分けしたら
→「昨日1月6日はガレット・デ・ロワをいただく日
そのお礼にヴェトナムの1品料理をいただきまして、それが美味しかったんです。
豚ひき肉が入った手作りのお餅のようなのにもやしとか胡瓜とかたっぷりのミントがのっていて。
で、お皿をお返しする際に料理名を聞いたのですが「ボン何じゃら」だよと。でも発音が難しい~。
なのでそれは今度紙に書いてくださると言ってくださったのですが、それはまあおいておいて、
そのお料理をちょっとアレンジ、というか簡単に少し似た雰囲気のものに出来ないかな、と思って作ったのがこの「豚ひき肉と胡瓜とミントのヴェトナム風サラダ」です。だから正式な名前はホントは
「豚ひき肉と胡瓜とミントのヴェトナムチックサラダ」なのですけどね。へへ。
さてお料理のポイントですが、玉ねぎもなのですが、特に生の胡瓜から水分が出やすいのでしっかりキッチンペーパーを使って水分をとることと、その後オリーブオイルでも和えて水分が出ないようにしておくこと。オリーブオイルにしたのはゴマ油だと中華風になってしまうので避けた&こんなアジア料理でもオリーブオイルぜんぜん合うし、身体にもいいからです。
というわけでそれを気をつければ作り置きして時間がたっても味がぼやけず美味しいし、ビールのおつまみにもごはんにもおかずサラダ感覚で合うので、ミントないわ、があるある的かと思うのですが、このミント使いがアジアチックで何ともいえないので、お菓子用に買ったけどミント余った~、な時にでもお試しいただければ幸いです。本場お餅風ヴェトナム料理の方も皮が売ってるらしいので(でも手作りのがずっと美味しいよ~ってお向かいさんは言っておりましたが)いつか挑戦したいなぁと思っております。
それでは材料と作り方です。簡単で~す。

…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・豚ひき肉150g ・オリーブオイル大1と1/2 ・にんにくのみじん切り1片分 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・ナンプラー又はニョクマム小1 ・レモン汁小1 ・水にさらして辛味をとった玉ねぎの薄切り90g ・胡瓜の千切り90g ・オリーブオイル小1 ・ミントの葉の粗みじん切り6~7g分くらい 
★ナンプラー大1と1/4~ ★レモン汁大1と1/3~ ★きび砂糖小1弱くらい ★醤油小1弱 ★胡椒少々 
・レタス類適量 ・レモンの半月切り

作り方
★を合わせておく。胡瓜の千切りと水にさらした玉ねぎの薄切りはそれぞれキッチンペーパーで包んで水分をよく吸収させる。
フライパンにオリーブオイル大1と1/2とにんにく、赤唐辛子を入れ中火にかけ炒め、香りがたったら、豚ひき肉を入れ炒める。白くなって火が通ったら、ナンプラーとレモン汁で軽く味をつけ火を止める。
 ①の胡瓜を別の新しいキッチンペーパーでもう一度包み、ここでもしっかり水分をとってから、ボールに入れ、オリーブオイル小1で和える。玉ねぎも新しいキッチンペーパーで包み、しっかり水分を切ってから入れる。炒めた豚ひき肉も入れ、合わせておいた★も入れよく混ぜる。味をみて足らなければそれぞれの調味料でお好みに調節する。最後にたっぷりのミントを入れさっと混ぜる。
お皿に盛り、レタスとレモンを添え、いただく時お好みでしぼったり、レタスで包んでいただく。

RIMG5085 - Copie
実は一度め作った時は胡瓜の水分をよくとったけどオリーブオイルで和えなかったので後で若干また水分が出て味がぼやけたので、再度作って完成したレシピです。
この再度分は今日の旦那のランチになる予定となっております。
さて、フランスは今週大寒波到来で毎朝マイナス温度で一日中葉っぱも草も霜がついている状態。
でも昨日今日と冬らしい澄んだ青空が広がって気持ちいいです!
ではではまた明日~

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG3835 - Copie
味見係り旦那にえらく好評だった「豚ひき肉とビーフンとパクチーの炒めサラダ」のご紹介です。
前回のレシピご紹介も旦那のお気に入り「うちの和中華丼」だったりで、旦那は何人だ?って感じなのですが、やつは美味しけりゃ何でも食べるんですわ。和食でも生のお魚でもアジアンでも中華でもアフリカンでもマグレブでも。しか~し、実は私が嫁に来る前はステーキばかり食っていた男。
多くのフランス人は結構肉食星人なんでございます。
で、自分でよく言ってますよ。人間、食べるものってやっぱ変わるね♪って。ちゃっかし。
さて調理ポイントですが、ゆで過ぎビーフンを使わないことと、火を止めてから紫玉ねぎ→パクチーの葉の順でさっと混ぜること。生の美味しさを生かすようにしております。
ということで早速材料と作り方です。めっちゃ簡単で~す。
じゃ、On y va!(オニヴァ!行こう!)

……………………………………………………………………

材料(2人分)
・豚ひき肉120g ・人参の粗みじん切り30g ・ズッキーニまたはピーマンの粗みじん切り30g ・30gのビーフンを表示通りゆでてざく切りにしたもの又は30gの春雨をゆでてざく切りにしたもの ・紫玉ねぎまたは玉ねぎの薄切りを水にさらしたもの30g ・ニンニクと生姜のみじん切り1かけ分ずつ ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・パクチーの茎のみじん切りと葉のざく切り合わせて15gくらい ・サラダ油大1と1/2 ★ナンプラー大1 ★レモン汁大1強 ★塩胡椒少々 ・お好みでレモンの半月切り2切れ

作り方
フライパンをやや強めの火で熱し、サラダ油、ニンニク、生姜、赤唐辛子を入れ、炒め、香りがたったら豚ひき肉を入れ炒める。白っぽくなったら人参を入れ炒め、続いてズッキーニを入れさっと炒め合わせたら、ビーフンとパクチーの茎を入れ、均等にさっと混ぜたら★を味を見ながら混ぜ、火を止め、紫玉ねぎを混ぜ、最後にパクチーの葉をさっくり混ぜる。
皿に盛り、レモンの半月切りを添え、いただく時にお好みでぎゅっとしぼっていただく。

RIMG3836 - Copie - Copie

おかずにもなる炒めサラダです。
ごはんにも合いますよ~♪

……………………………………………………………………

あ~んど。
12月に入って毎日晴天のパリ。
朝焼けも毎朝赤い。
RIMG3970 - Copie
これは昨日の朝8時少し前くらい。
RIMG3973 - Copie
こんな赤と藍色の朝が毎日見れています。
RIMG3977 - Copie
それからだんだん明けてきて。
冬の素晴らしい澄んだ青空がはじまるのです!
次回はまたmoiっぺ的パリ散歩編で~す。

…………………………………………………………………………


今回は久しぶりアジアンレシピでしたが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG49317 - Copie
前回ご紹介レシピ「空豆のさやのかき揚げ」の際に、またさやを使ったレシピに挑戦してみるとお伝えしたのですが、今回の「空豆のさやのチヂミ」がその挑戦したもので大丈夫、普通に美味しく出来たので無事今回記事にできることとなりました。ってかチヂミ大好き自分、何入れても全部美味しいと思っちゃうかしら…
ではとっととレシピのご説明の方に入りますね。
先ず具材は「空豆のさやのかき揚げ」と一緒の人参と玉ねぎにして、超お手軽な感じとなっております。そしてポイントはさやが十分柔らかくなるようにじっくりめに焼きあげてしっかり火が入るようにすること。一緒に玉ねぎも人参もいっそう甘みが出て美味しくなります。それからたれは最近気に入ってるこのレモンコチジャン酢醤油たれ
→「鶏胸肉ともやしのレモンコチジャン酢醤油レンジ蒸し
を少しだけアレンジしたものにしました。野菜だけの優しい甘さのチヂミをちょっとしっかりめのこのたれが食べ応えを出してくれます。でもたれは好みもありますので、お好きなちぢみたれがありましたらどうぞそちらをご用意ください。ポン酢でも十分美味しいかと思います。それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………………

材料(大2枚分)
・新鮮な空豆のさや130g(鮮度が落ちるのが早く皮も固くなるので) ・人参100g ・玉ねぎ100g ・卵2個 ・薄力粉100g ・片栗粉60g ・水70ml ・塩小1/3 ・焼きあげ用ゴマ油多め ★レモンコチジャン酢醤油たれ(コチジャン小1弱、レモン汁大1、酢大1、砂糖1つまみ、醤油小1/3、白炒りゴマ小1、ゴマ油小1)

作り方
RIMG49305
①さやはこれと同じ手順で→「空豆のさやのかき揚げ」斜め切りまで同じように準備する。
人参は千切り、玉ねぎは薄切りにする。
RIMG49303
②ボールに卵を割り入れ、泡だて器でほぐし、水も入れ混ぜる。
RIMG49304
薄力粉と片栗粉を入れ、なめらかになるよう混ぜる。
RIMG49306
塩も混ぜ、生地の出来上がり。
RIMG49308
①の具材を全部入れさっと混ぜる。
RIMG49309
③フライパンを中火でしっかり熱くし、多めのゴマ油を入れ、生地&具材を半量広げ(フライパンの大きさによってたねの量は加減してください)、あせらずじっくり、でも焦げないように火を調節しながら焼き、カリッと片面が焼けたら、皿を使って返し、もう片面もしっかり焼く(※訂正片面7~8分ではなくそれぞれ12~15分くらいです。すみません)。もしカリッと感が足らなかったら、最後にゴマ油を周りから少し足し、火を強くしてカリッと焼きあげてください。
※冷たいフライパンから生地を流し込んで焼く方法もありますが、うちのフライパンがテフロンじゃないせいか私がヘタクソなのかたびたびくっついてしまうので自分はしっかり熱くしてから焼きですが、どうぞ焼きやすいご自分のやり方になさってくださいませ。
RIMG49317 - Copie - Copie
お好みで食べやすいように切り皿に盛り、よく混ぜた★のレモンコチジャン酢醤油たれを添えてどうぞ。

……………………………………………………………………



RIMG49285
肝心な?中身のお豆は、
RIMG49290
このレシピを私は参考にさせていただき、
Cpicon 生のそら豆の薄皮の簡単なむき方 by ねこまるり
先ず皮を剥きました。慣れればとても簡単に剥けます。たぶん合っていると思うのですが、この少しくぼんだおしりのような部分のくぼみとふくらみはじめの真ん中へん部分に爪で少し横に切れ目を入れ、そこから皮を上にそっとはぎ、
RIMG49291
下から押し出すと出て来ます。もし縦に2つに割れてもぜんぜん構わないので、
このまま、
RIMG49321
ひたひたのオリーブオイルでカリッとなるまで素揚げして、
※オリーブオイルは炒め物などに再利用してください。
RIMG49331 - Copie
少しのいいお塩を振っていただいてみたら、独特カリッカリ食感がちょっと豆菓子っぽくもあっておつまみにぴったり。旦那も何じゃこれうまい!と。なので併せて簡単ご紹介コーナーとさせていただきました♪

※ちなみに残った皮もあとで皮だけ揚げしてみたのですがこれはいまいちでした。


……………………………………………………………………



昨夜はまたご近所が若干大騒ぎ気味だったのですが、理由はUEFAでフランスが勝利したからのよう。だけど我が家近辺に結構多いポルトガル系ご近所さんたちは至って静かな様子で、今朝対戦結果を見てみて、そっか、と思ったのでした。この間はわんこ散歩の時にそんなポルトガル系ご近所さん宅の前を通りかかったらお知り合いの方がいらっしゃってて、会話がめっちゃネイティヴなポルトガル語でま~ったく何話してるかわかりませんでした。でもいろんな言語会話を聴くのは面白く興味深いです。アラビア語もアフリカ語もイタリア語も。どうしてあんなにリズムとか響きとか違うんだろう、って。でも旦那はあんなに(こんなに?)違う中国語や韓国語や日本語が同じに聞こえるようでして、例えば日本人ぽい顔だち&出で立ちの人がいて会話が聞こえてきて、それがめっちゃハングル語だったりしても、ねぇねぇ日本人?日本人?とかしょちゅう言っております。その度に首ひねってる日本人のわたくしです~。


……………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG48928 - Copie

きょ~も本格的雨のパリです。やっぱりパリもほんと気象が変化してるのかな。だって日本にいた頃、パリの雨はさっと降っては止んで降り続くことは少ない、ってよく聞いていて、来てみたらほんとその通りで降ってもほとんど小雨で。私なんか日本に帰国するお友達にもらうまで傘を半年間持っていなかったくらい。その半年間は降りだしでもどうせパリ雨小雨なのでそのまま軽く濡れながら歩いちゃったり、店先でちょっと待ったりカフェで雨やどりして。そうすればすぐ止んでいたものです。結構そんな人多くて結構あのパリの街の小雨感嫌いじゃなかったのだけどなぁ。あ、なんだかちょっと小雨のパリ、歩きたくなってきました(郊外じゃなくねふふふ)。16区あたりが小雨、似合うかなぁ…。
さてさて今回の「鶏胸肉とズッキーニのレモンコチジャン酢醤油炒め」のご紹介です。
これ、ほんとは人様レシピの塩昆布を使ったズッキーニレシピを試してみようと思っていたら、肝心の塩昆布が見つからなくて(どっかにあるはずなんだけど)しかたなく変更して、冷蔵庫にあった鶏胸肉と合わせてお手軽に作ってみた1品。でもこれが意外にとっても美味しく出来てびっくり!で、その時分量も量っていなければフォトもしていなかったので、改めてもう一度作ったというものです。ポイントはやっぱり味付けでしょうか。酢のしっかりした酸味とレモンの爽やかな酸味にコチジャンの辛みが結構きいてて、ちょいすっぱ甘辛が食欲増進です♪ この味付け、豚肉や他のお野菜やお魚でも合いそうだな、思うのでまた時間を見てやってみようかな、とも思ってます。それでは材料と作り方です。


…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・鶏胸肉100g(塩胡椒少々+酒小1+薄力粉大1) ・ズッキーニ320g(今回は緑と黄合わせて使用) ★コチジャン小1と1/2 ★酢大1 ★醤油小1 ★酒大1 ★きび砂糖(又は砂糖)小1と1/2 ★レモン汁大1と1/2 ★白炒りゴマ大3 ・あればパクチー粗みじん切り又は青ネギの小口切りなど適量

作り方
RIMG48909
ズッキーニは4~5センチの長さに切り、それをこのように縦に5ミリくらいの薄切りにし、
RIMG48911
それを千切りに。
RIMG48912
今回は2色のズッキーニを使ったのでこんな感じに全部切る。
RIMG48914
鶏胸肉は食べやすく小さめの斜め切りにし、塩胡椒、酒をふり、軽くもみ込み、
RIMG48915
薄力粉は全体にまぶしておく。
RIMG48917
★の材料を全部合わせよく混ぜておく。
RIMG48918
フライパンをやや強めの中火にかけゴマ油をしき、
RIMG48919
ズッキーニを入れ炒め、軽くしんなりしたら、
RIMG48922
鶏肉を入れ、炒め合わせる。
RIMG48923
鶏肉が白くなって8分通り火が通ったら、
RIMG48924
合わせておいた★を入れ、
RIMG48926
さっと炒め合わせ、
RIMG48928 - Copie - Copie
お皿に盛り、あればパクチーか青ネギを散らして出来上がりです。
作り置きにしても味が馴染んで美味しいし、にんにくが入っていないのでお弁当のおかずにも大丈夫ですよ~。その時はちょっと汁だけ気をつけてくださいね♡

…………………………………………………………………………

そして、

RIMG48902

作り置き中心で美味しかった平日ごはんもちょこっとご紹介。
フレンチもイタリアンもメキシカンもクスクスも大好きなんだけど、今こうした何気惣菜おかずにはまり中で、人様レシピをお借りし、自分でも冷蔵庫にあるもので気軽に新レシピに挑戦中です。やっぱり穏やかな平日のお腹にな~んか落ち着きます~。

上1段目左から
今年花粉症が悪化しない原因の1つ?→ルッコラと人参とオレンジとバナナと洋ナシのスムージー
美味しかったので分量を量って近々ご紹介したい→コールラビと人参の浅漬け

2段目左から
前日作ったかき揚げで母の思い出味→かき揚げの卵とじ
玉ねぎが甘くてオクラの食感と彩りもよい→Cpicon 簡単お味噌汁☆彡【オクラと玉ねぎ】 by マイポ☆

3段目左から
今回ご紹介したズッキレシピの最初に作ったもの→鶏胸肉とズッキーニのレモンコチジャン酢醤油炒め
生姜の風味と香りが効いてる~→Cpicon ベビーホタテの炊き込みご飯♪ by お魚キッチン

4段目左から
定番うまし→Cpicon ヘルシーなもやしの和え物 by にっくぅ~
スペシャルうまみのきいたかわりきんぴら→Cpicon 人参のきんぴら、ほんのりアンチョビ風味 by milketmoi


……………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


↑このページのトップヘ