アジア

RIMG49317 - Copie
前回ご紹介レシピ「空豆のさやのかき揚げ」の際に、またさやを使ったレシピに挑戦してみるとお伝えしたのですが、今回の「空豆のさやのチヂミ」がその挑戦したもので大丈夫、普通に美味しく出来たので無事今回記事にできることとなりました。ってかチヂミ大好き自分、何入れても全部美味しいと思っちゃうかしら…
ではとっととレシピのご説明の方に入りますね。
先ず具材は「空豆のさやのかき揚げ」と一緒の人参と玉ねぎにして、超お手軽な感じとなっております。そしてポイントはさやが十分柔らかくなるようにじっくりめに焼きあげてしっかり火が入るようにすること。一緒に玉ねぎも人参もいっそう甘みが出て美味しくなります。それからたれは最近気に入ってるこのレモンコチジャン酢醤油たれ
→「鶏胸肉ともやしのレモンコチジャン酢醤油レンジ蒸し
を少しだけアレンジしたものにしました。野菜だけの優しい甘さのチヂミをちょっとしっかりめのこのたれが食べ応えを出してくれます。でもたれは好みもありますので、お好きなちぢみたれがありましたらどうぞそちらをご用意ください。ポン酢でも十分美味しいかと思います。それでは材料と作り方です。

……………………………………………………………………

材料(大2枚分)
・新鮮な空豆のさや130g(鮮度が落ちるのが早く皮も固くなるので) ・人参100g ・玉ねぎ100g ・卵2個 ・薄力粉100g ・片栗粉60g ・水70ml ・塩小1/3 ・焼きあげ用ゴマ油多め ★レモンコチジャン酢醤油たれ(コチジャン小1弱、レモン汁大1、酢大1、砂糖1つまみ、醤油小1/3、白炒りゴマ小1、ゴマ油小1)

作り方
RIMG49305
①さやはこれと同じ手順で→「空豆のさやのかき揚げ」斜め切りまで同じように準備する。
人参は千切り、玉ねぎは薄切りにする。
RIMG49303
②ボールに卵を割り入れ、泡だて器でほぐし、水も入れ混ぜる。
RIMG49304
薄力粉と片栗粉を入れ、なめらかになるよう混ぜる。
RIMG49306
塩も混ぜ、生地の出来上がり。
RIMG49308
①の具材を全部入れさっと混ぜる。
RIMG49309
③フライパンを中火でしっかり熱くし、多めのゴマ油を入れ、生地&具材を半量広げ(フライパンの大きさによってたねの量は加減してください)、あせらずじっくり、でも焦げないように火を調節しながら焼き、カリッと片面が焼けたら、皿を使って返し、もう片面もしっかり焼く(※訂正片面7~8分ではなくそれぞれ12~15分くらいです。すみません)。もしカリッと感が足らなかったら、最後にゴマ油を周りから少し足し、火を強くしてカリッと焼きあげてください。
※冷たいフライパンから生地を流し込んで焼く方法もありますが、うちのフライパンがテフロンじゃないせいか私がヘタクソなのかたびたびくっついてしまうので自分はしっかり熱くしてから焼きですが、どうぞ焼きやすいご自分のやり方になさってくださいませ。
RIMG49317 - Copie - Copie
お好みで食べやすいように切り皿に盛り、よく混ぜた★のレモンコチジャン酢醤油たれを添えてどうぞ。

……………………………………………………………………



RIMG49285
肝心な?中身のお豆は、
RIMG49290
このレシピを私は参考にさせていただき、
Cpicon 生のそら豆の薄皮の簡単なむき方 by ねこまるり
先ず皮を剥きました。慣れればとても簡単に剥けます。たぶん合っていると思うのですが、この少しくぼんだおしりのような部分のくぼみとふくらみはじめの真ん中へん部分に爪で少し横に切れ目を入れ、そこから皮を上にそっとはぎ、
RIMG49291
下から押し出すと出て来ます。もし縦に2つに割れてもぜんぜん構わないので、
このまま、
RIMG49321
ひたひたのオリーブオイルでカリッとなるまで素揚げして、
※オリーブオイルは炒め物などに再利用してください。
RIMG49331 - Copie
少しのいいお塩を振っていただいてみたら、独特カリッカリ食感がちょっと豆菓子っぽくもあっておつまみにぴったり。旦那も何じゃこれうまい!と。なので併せて簡単ご紹介コーナーとさせていただきました♪

※ちなみに残った皮もあとで皮だけ揚げしてみたのですがこれはいまいちでした。


……………………………………………………………………



昨夜はまたご近所が若干大騒ぎ気味だったのですが、理由はUEFAでフランスが勝利したからのよう。だけど我が家近辺に結構多いポルトガル系ご近所さんたちは至って静かな様子で、今朝対戦結果を見てみて、そっか、と思ったのでした。この間はわんこ散歩の時にそんなポルトガル系ご近所さん宅の前を通りかかったらお知り合いの方がいらっしゃってて、会話がめっちゃネイティヴなポルトガル語でま~ったく何話してるかわかりませんでした。でもいろんな言語会話を聴くのは面白く興味深いです。アラビア語もアフリカ語もイタリア語も。どうしてあんなにリズムとか響きとか違うんだろう、って。でも旦那はあんなに(こんなに?)違う中国語や韓国語や日本語が同じに聞こえるようでして、例えば日本人ぽい顔だち&出で立ちの人がいて会話が聞こえてきて、それがめっちゃハングル語だったりしても、ねぇねぇ日本人?日本人?とかしょちゅう言っております。その度に首ひねってる日本人のわたくしです~。


……………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG48928 - Copie

きょ~も本格的雨のパリです。やっぱりパリもほんと気象が変化してるのかな。だって日本にいた頃、パリの雨はさっと降っては止んで降り続くことは少ない、ってよく聞いていて、来てみたらほんとその通りで降ってもほとんど小雨で。私なんか日本に帰国するお友達にもらうまで傘を半年間持っていなかったくらい。その半年間は降りだしでもどうせパリ雨小雨なのでそのまま軽く濡れながら歩いちゃったり、店先でちょっと待ったりカフェで雨やどりして。そうすればすぐ止んでいたものです。結構そんな人多くて結構あのパリの街の小雨感嫌いじゃなかったのだけどなぁ。あ、なんだかちょっと小雨のパリ、歩きたくなってきました(郊外じゃなくねふふふ)。16区あたりが小雨、似合うかなぁ…。
さてさて今回の「鶏胸肉とズッキーニのレモンコチジャン酢醤油炒め」のご紹介です。
これ、ほんとは人様レシピの塩昆布を使ったズッキーニレシピを試してみようと思っていたら、肝心の塩昆布が見つからなくて(どっかにあるはずなんだけど)しかたなく変更して、冷蔵庫にあった鶏胸肉と合わせてお手軽に作ってみた1品。でもこれが意外にとっても美味しく出来てびっくり!で、その時分量も量っていなければフォトもしていなかったので、改めてもう一度作ったというものです。ポイントはやっぱり味付けでしょうか。酢のしっかりした酸味とレモンの爽やかな酸味にコチジャンの辛みが結構きいてて、ちょいすっぱ甘辛が食欲増進です♪ この味付け、豚肉や他のお野菜やお魚でも合いそうだな、思うのでまた時間を見てやってみようかな、とも思ってます。それでは材料と作り方です。


…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・鶏胸肉100g(塩胡椒少々+酒小1+薄力粉大1) ・ズッキーニ320g(今回は緑と黄合わせて使用) ★コチジャン小1と1/2 ★酢大1 ★醤油小1 ★酒大1 ★きび砂糖(又は砂糖)小1と1/2 ★レモン汁大1と1/2 ★白炒りゴマ大3 ・あればパクチー粗みじん切り又は青ネギの小口切りなど適量

作り方
RIMG48909
ズッキーニは4~5センチの長さに切り、それをこのように縦に5ミリくらいの薄切りにし、
RIMG48911
それを千切りに。
RIMG48912
今回は2色のズッキーニを使ったのでこんな感じに全部切る。
RIMG48914
鶏胸肉は食べやすく小さめの斜め切りにし、塩胡椒、酒をふり、軽くもみ込み、
RIMG48915
薄力粉は全体にまぶしておく。
RIMG48917
★の材料を全部合わせよく混ぜておく。
RIMG48918
フライパンをやや強めの中火にかけゴマ油をしき、
RIMG48919
ズッキーニを入れ炒め、軽くしんなりしたら、
RIMG48922
鶏肉を入れ、炒め合わせる。
RIMG48923
鶏肉が白くなって8分通り火が通ったら、
RIMG48924
合わせておいた★を入れ、
RIMG48926
さっと炒め合わせ、
RIMG48928 - Copie - Copie
お皿に盛り、あればパクチーか青ネギを散らして出来上がりです。
作り置きにしても味が馴染んで美味しいし、にんにくが入っていないのでお弁当のおかずにも大丈夫ですよ~。その時はちょっと汁だけ気をつけてくださいね♡

…………………………………………………………………………

そして、

RIMG48902

作り置き中心で美味しかった平日ごはんもちょこっとご紹介。
フレンチもイタリアンもメキシカンもクスクスも大好きなんだけど、今こうした何気惣菜おかずにはまり中で、人様レシピをお借りし、自分でも冷蔵庫にあるもので気軽に新レシピに挑戦中です。やっぱり穏やかな平日のお腹にな~んか落ち着きます~。

上1段目左から
今年花粉症が悪化しない原因の1つ?→ルッコラと人参とオレンジとバナナと洋ナシのスムージー
美味しかったので分量を量って近々ご紹介したい→コールラビと人参の浅漬け

2段目左から
前日作ったかき揚げで母の思い出味→かき揚げの卵とじ
玉ねぎが甘くてオクラの食感と彩りもよい→Cpicon 簡単お味噌汁☆彡【オクラと玉ねぎ】 by マイポ☆

3段目左から
今回ご紹介したズッキレシピの最初に作ったもの→鶏胸肉とズッキーニのレモンコチジャン酢醤油炒め
生姜の風味と香りが効いてる~→Cpicon ベビーホタテの炊き込みご飯♪ by お魚キッチン

4段目左から
定番うまし→Cpicon ヘルシーなもやしの和え物 by にっくぅ~
スペシャルうまみのきいたかわりきんぴら→Cpicon 人参のきんぴら、ほんのりアンチョビ風味 by milketmoi


……………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


RIMG47031 - Copie

コリアンダーがたくさんあるので(私が好きなの知ってるので旦那が毎週ごっそり2束買って来る~)またまたラクサ風に挑戦してみました。ちなみに前回のラクサ風はコチラ。
→「美味!野菜のラクサ風ラーメン
で、今回はふと思いついて味噌入りです。ココナッツに味噌の組み合わせはきっとないだろうと思ったのですよ。でも実はこれを作った後、ちょっと検索してみたらクックパッドのputimikoさんレシピでありましたねぇ。ココナッツパウダーと味噌の組み合わせレシピさんが。さすがputimikoさん。早いわ~。でも、ま、わたくしも自信を持って。
で、お味ですがこれもとても美味しく出来ました♪ ポイントは前回と同じでタイの海老発酵調味料カピと、もうご説明しちゃいましたが思いつき味噌使い。なのでほんの~り和の風味もあります。でもやはりしっかりアジアン風味に仕上がっております。旦那も大気に入って見てない間にスープも全部飲み干しておりました。それぐらいスープイケます!それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………………


材料(2人分)
・タイの発酵海老ペースト「カピ」小2 ・にんにく1片 ・生姜1かけ ・ネギ50g ・赤唐辛子1/2~1本 ・人参100g ・サラダ油大1と1/2 ・水500ml ・ココナッツミルク1缶(400ml) ★トマトペースト大1と1/2 ★味噌大2くらい ★ナンプラー大2くらい ★醤油大1/2くらい ★カレーパウダー小2/3 ★コリアンダーパウダー小2/3 ★ターメリックパウダー小2/3 ・レモン汁1/2個分 ・ヤングコーン(缶詰)4~6本 ・茹で卵1個 ・コリアンダー20g~ ・米麺、中華麺などお好みの麺2人分 ※お野菜はパプリカ、筍、きのこ類、もやしなど合いそうなものでお好みでどうぞ
 

作り方
①材料の準備。にんにく、生姜、ネギはみじん切り、赤唐辛子は輪切り、人参は皮をむいて4~5㎝くらいの千切りに、コリアンダーは茎はみじん切り、葉はざく切りに。 

RIMG47019

② こちらタイの海老発酵調味料カピでございます。このように練りゴマのようなペースト状になっております。これは先ず炒めて生臭さを飛ばします。

RIMG47021

鍋にサラダ油をしいて中火にかけ、カピを入れてゆっくり炒めます。

RIMG47025

そのうち香ばしい香りがしてきますのでそしたらカピ炒めOK。

RIMG47028

にんにく、生姜、赤唐辛子、ネギを入れ軽く炒め香りを出します。この時ぱさつくようでしたら少しサラダ油を足してください。ここに水を入れ、強火にして沸騰したら人参も入れ軽く煮ます。さらにココナッツミルクを入れ軽く煮ます。

RIMG47029

★を味を見ながらお好み量入れ溶かし、ヤングコーンとコリアンダーの茎、レモン汁をぎゅっと搾ってスープの出来上がり。

③ お好みの麺を茹で、器に盛り、熱いスープを注いだらヤングコーンを飾り、半分に切った茹で卵とコリアンダーの葉をトッピングして、

RIMG47031 - Copie - Copie
出来上がりです。
でも以前も書いておりますがわたくし本物ラクサもいただいたこともなければカップヌードルのラクサも未経験。ですからそうですねぇ…うちのラクサはコレサ♡ みたいな感じですかね。えへ。
そしてコレ、 
RIMG47037 - Copie
前回のラクサ風と一緒でごはんにかけてもめっちゃ美味しいのです!
なので麺、ごはん、お好みで合わせていただけたらと思います。


…………………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



RIMG45793 - Copie

ちょっと前の週末ごはんの時にご紹介したピクルスのレシピを今回はご紹介です。
ピクルスは日本にいた時もわりとよく作っていた常備品。でもその時は自分でレシピを考える、というよりは人様レシピに頼り切りだったのです(土井義晴さんとか小林カツ代さんとかとか)。が、しか~し、フランスに来てみたら、外食でも持ち帰りお惣菜でもたいした美味しくないのがいいお値段したりして。あれ~?って。ここグルメの国なんじゃないのあれ?~、って。ホントたいして美味しくなかったりしたんですねぇ(アジア料理屋さんを抜けば化学調味料使いは日本よりず~っと少ないと思いますが)。
で、節約生活だったことが大きくて、自分で出来そうなもの、そして食べたいものは自分で勘を頼りに(無理くり)作るようになった、というのが、ま、少しやってはいたものの今の料理っ子になるはじめて、のように思います。そしてそんな節約が楽しかったししょうに合っていた、と言いますか。たま~に聞きますね、何でも簡単に手に入るとつまんない、って。うんうん、いえいえ、何でも簡単に手に入る、ってのは未だかつて経験したことないし、自分の場合子供の頃からほぼすべてのものがお姉ちゃんのおさがりだったのですが、その後大人になって少しは欲しいものを手にできるようになった。しか~し、フランスに来て日本の暮らしよりもさらに節約生活になった。そんな経験があってかどうかはわからんが、手に入らないならではの楽しさもある、っていうのも少しわかったんです。そこには何かしら工夫があるから。その工夫が楽しいから。あれ?ピクルスとだいぶ話がズレておりますかね。う~ん、確かにズレてる。え~っと、だから、今回のピクルスはそんな工夫の心からつながって料理っ子になりアイディアが湧くようになって出来たレシピ、ってことな気がします~。うん、そういうことだなたぶん。
ということで「ナンプラー使いの即席アジアンピクルス」をご紹介いたします。お、つながったぞ!
実はこれ、コリアンダーが結構残ってる時の我が家の美味しい消費方法。ただお野菜切ってあとはコリアンダーと一緒に密封容器に入れて冷蔵庫入れちまえばよいところで、いったんほっ。そして翌日はおつまみにも小腹にもす~ぐ出してきてぽりぽりっといただけるのでラクチンほっ。しかもごはんにもお漬物がわりになかなか合うのですよ。
で、漬け込むお野菜ですが、それぞれの割合も含めお好みや季節に応じて変えていただければと思います。今の時期でしたら新鮮なアスパラや春キャベツ、夏なら胡瓜やパプリカなどなど。ちなみに私は生のカリフラワーが大好きなので茹でずに漬けちゃってます。

それでは材料と作り方です。


………………………………………………………………………………………………………

材料(2~3回の食べきり量)
・人参80g ・セロリの茎80g ・カリフラワー180g ・パクチー15g~ ★ナンプラー40ml ★水40ml ★レモン汁25ml ★てんさい糖又は砂糖20g ★醤油小1 ★赤唐辛子1/2本 ★黒粒胡椒5粒 ★クローブ2粒 ★あれば八角1個 ★無農薬レモンの輪切り又は半月切り1片  


作り方
①★を合わせておく。

②人参は皮をむき、食べやすい大きさの拍子切りに、セロリも筋をとって食べやすい大きさの拍子切りに、カリフラワーは食べやすく小分けに切る。コリアンダーはざく切りにする。

③密封容器に野菜たちとコリアンダーを1/2量入れ、★のマリネ液も1/2量注ぎ、これをもう一回繰り返し、蓋をして一日置く。その間に1~2度蓋を開け、野菜を混ぜる。一日置けばすぐ食べられます。

※3日以上置くと漬かり過ぎて若干しょっぱくなり過ぎますので早めに食べてください。

………………………………………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


RIMG40840 - Copie
今日は見事に雨降りのパリ。でももう冷たくはない雨。窓の外の杏の花が白く揺れております。
さて先週末のエマウス食器をお見せつつお料理ご紹介シリーズに、またやってね~と嬉しいコメをいただいて喜んでいるわたくしでございます。ブロカント食器ってかわいいけど盛り付けは難しい。そう感じてる方、結構いらっしゃるのかな、と。そして私もそんな1人。いつも、あ、かわいい!素敵!と料理のことはそっちのけでただただ欲しい気持ちだけが先走りするのですが、家に来ていただいていざ料理と食器をいい関係にしたいと思うと意外に結構難しいのですよね。
そんなわけでブロカント食器とお料理組み合わせシリーズ、これからもときどきやらせていただこうと思います。で、成功してないのも、と言うか失敗もしょっちゅうなのですが、それも、併せてご紹介しようと。たとえば、この柄と料理がぜんぜん合ってないわ、とか、料理のせ過ぎだわ、とかとか。自分にもかなり+になりますので。
はい、と言うことで今回はお手軽材料で簡単な「大根と人参のライム(レモンでもOK)スイートチリドレッシング和え」のご紹介でございます。生春巻きの他にはそれほど頻繁に使うことはないスイートチリソースですが、我が家では他の調味料と合わせたアジア風のたれに大活躍。で、今回はこんなアジア風のなます?的1品に仕上げました。ノンオイルなこともあってさっぱりで美味しいです~。ポイントはライムかなぁ。ライムの青っぽい爽やかな香りがすごく合います。でもでもレモンでもこれまた美味しいですよん。だから、ある方で作っていただければと思います。ってことはレモン率高くなりますかね。でもでもライムも美味しいのですよ~ん。
ところで今回の主役野菜の大根ですが、黒大根はフランスでポピュラーですが、この日本の大根の方も最近や~っと浸透してきた感じですかねぇ。そう言えばこの間もこの日本の大根を使ってラビオリというのを、あるイタリアン人シェフがTVでご紹介なさってましたっけ。一応メモしておいたけど、あれ、どこやったかしら?ま、いっか。

じゃ、材料と作り方行きま~す。

………………………………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・皮をむいて千切りにした大根250g ・塩少々ときび砂糖(普通の砂糖でもOK)小1/2 ・皮をむいて千切りにした人参100g ・コリアンダーの粗みじん切り(青ネギでもOK)10g~ ★ナンプラー大2くらい ★スイートチリソース大1 ★ライムの絞り汁1個分(レモンでもOK)~ ★お好みで赤唐辛子の輪切り1/2本分~ 

作り方
①大根の千切りに塩少々と砂糖をまぶし、しんなりするまで置く。しんなりした水気をぎゅっと絞る。

②大根と人参、★をよく馴染ませ、コリアンダーをさっと混ぜ、15分くらいおいて、出来上がりです。


※ナンプラーは塩かわりにもなっていますのでお好みに加減してください。

………………………………………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます!
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

↑このページのトップヘ