RIMG40929 - Copie
今回は私レシピとしては珍しく定番ナポリタンの我が家風のご紹介です。
ナポリタン、フランスに来てからも日本にいた時も実はそれほど自分では作らなくて、ごくたま~に外で食べるくらいでした。自分で作るとなるとほんとイタリアンなのか和風が多かったのです。でも、ある日冷蔵庫の中がスカスカで中途半端に残っていたピーマンとソーセージを発見。で、たまにはナポリタンもいいかな、と思い作ってみたら久しぶりに美味しくて、ちょっと我が家風のを決めてみようかしら、思い、何度か作ってみて旦那にも食べてもらってだいたい落ち着いたのが今回のこれでございます。
ポイントは濃縮トマトペーストを使っていること、それに粒マスタードと醤油を混ぜていること。食べてみるとそれほど味はわかりませんが、全体的に甘み抑えめあっさりめになります。我が家は旦那も私もケチャップは決して嫌いではないけれど、ケチャップだと場合によっては甘さが強過ぎることもあるので、あえて濃縮トマトペースト使い。ただし、トマトケチャップも足して作ってみたのも美味しかったので、あるものでお試しいただけたらと思います。あ、それからもう1つポイントあったあった~。それは最後にバターを入れること。これでトマトの酸味の角がとれてまろやかな風味になります。
それでは材料と作り方行きま~す!

材料(2人分)
・にんにく1個分のみじん切り ・玉ねぎの薄切り150g ・生マッシュルームの薄切り120g ・ソーセージ又はウインナソーセージの斜め切り100g ・ピーマンの細切り120g ・オリーブオイル大3 ★濃縮トマトペースト(Double Concentré de Tomates)大3(又はトマトペースト+トマトケチャップで代用OK) ★白ワイン又は日本酒大2 ★粒マスタード小2 ★醤油小2 ★砂糖ふたつまみ ・塩胡椒少々 ・バター15g ・パルメザンチーズ適量 ・スパゲティー200g

作り方
①スパゲティーをゆで始める。★を合わせておく。
②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れしっかり炒め、十分甘みを引き出す。マッシュルームを加え、さらに炒め、マッシュルームから水分が出て、その水分が飛ぶくらいまで炒め、マッシュルームのうまみを引き出す。ソーセージを加え、こんがり炒め、ピーマンを加え、歯触りが程よく残るくらいにさっと炒め合わせ、軽く塩胡椒をする。
③ スパゲティーが茹で上がったら、よく湯を切り、②へ入れ、さっと混ぜたら、合わせた★を入れ、よく馴染ませ、味を見て足らなければ塩胡椒をし、最後にバターを入れ溶けて混ざったら、皿に盛り、パルメザンを振って出来上がりです。

※濃縮トマトペーストの代わりにトマトペースト+トマトケチャップをお使いになる場合は味を見ながらお好み量に調節してください。その場合ケチャップが結構甘いので隠し味的なお砂糖もお好みに加減してください。仕上げに粗挽き黒胡椒をガリガリしてもピリッとイケます。



そしてフランスでは超お手軽でいろんなお料理によく使われるDouble Concentré de Tomates(私はブログではいつも濃縮トマトペーストと言っております)がコチラ。

RIMG41073
我が家も必ず4個パックのが2セットくらい常にあります。
濃縮なのでとにかく味がぎゅっとなってて自然な甘さがあって余計なものが入っていなくて、ちょっとなめてみても美味しいくらい。なのでケチャップ代わりにしょっちゅう使っています。
フランス家庭料理の大定番ブッフ・ブルギニョンなどのお肉の煮込みに入れるとコクと甘みとうまみが出るし、パスタのソースに使ってももちろん美味しいです。
フランス在住の方でまだお使いになったことがない方にはおすすめです!


ご訪問ありがとうございます。
増えちゃってお手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪