ブロカント&エマウス

RIMG4709
昨夜はスペインの美味しい生ハムと赤ワインで一杯したら(2人でボトル1本)眠くて眠くて記事を一行も書いておけないまま早寝してしまったので、今日はサクサク行きます!
大晦日エマウスで我が家に来た新入り食器さんたちのご紹介です。
まずはコチラの大皿さん。旦那はいまいちな顔をしていましたが私が気に入りました。
RIMG4711
ピンクや赤の甘いバラ柄もいいいけどブルー&白のすっきり系も好きなのです。
RIMG4710
で、いつものように裏の印を確認したら、これがサルグミンヌU&Cのものだったのです!
フランスとドイツの国境の町サルグミンヌで1790年に生まれたサルグミンヌ窯は素晴らしい陶器技術で発展していきましたが、戦争のために別の町のディゴワンへ移りディゴワン窯を吸収してディゴワン・サルグミンヌになり、そんな中、このサルグミンヌU&Cというのは1880年~1910年の間にだけ作られたサルグミンヌでも特に古いもの。100年以上前のものはブロカントではなくアンティークになるのでこれはアンティークとなるのです。はじめてこのサルグミンヌU&Cに出会ったのはそれもエマウスでこの記事の時だったのですが、※記事内容が重複している部分がありすみません。
→「3月のエマウスの新入りサルグミンヌU&Cなどのブロカント食器たち
ときどきこんな本物のアンティークが混じってるんですよね、エマウス。
旦那にU&Cだよ、と言ったら、え?…ふふふ。と笑っておりました。
RIMG4712
お次もこれまたいかにも古い1枚で小鳥と花の絵柄がとても美しいのですが、
うっすらヒビが入っているので飾り用です。
RIMG4713
予想ですがおそらくこれも100年以上前のアンティークではないかしら、と旦那と話しております。
RIMG4714
裏の印はちょ~っと読みにくく旦那もわからないと。
RIMG4702
お次もこれまたいかにも古めかしい美しい花柄の1枚。
これはヒビなどはなくわりと状態がよいのですが、これもアンティークか、もしくはあと数年でアンティークになるものだろう、と旦那と話しております。
RIMG4703
印は北東フランスの「サンタマン」で「アネモネ」という柄モデル。モネちゃんですね。
RIMG4705
今度はちょっと変わった柄になりましてコチラ。
旦那が見つけました。
RIMG4706
ちょっと和風チックも入っていて不思議感かわゆし。
RIMG4707
そしたら北東フランスの「バドンヴィエ」のなんと「KIOTO」という柄モデルだったのです。
たぶん「KYOTO」を少し間違っっちゃったかな、みたいな。でもそれもほのぼの。
和の食材のフレンチかフレンチの食材の和食を盛り付けたいです♪
RIMG4718
そして最後は帆船の絵柄でこれもかな~り年季ものの1枚。
おそらくこれもアンティークか、もしくは数年したらアンティークになるものであろうと思われます。
RIMG4719
これは3枚めのと同じ北東フランス「サンタマン」のもの。
こんな感じで今回は、人気ない寂しい感じ大晦日エマウスでだったのですが、
かなり古そうなものばかりを見つけられてよかったです。
お値段は、状態のいいもの店とガラクタ山積み店でそれぞれ買ったのですが、だいたい合わせて7ユーロくらいでしょうか(他に旦那がビールグラスもちょっと買ったので正確なお値段が言えないのですが)。いつも通り、良心的(過ぎ?)お値段でありました。
ありがたいです。大事にさせていただきたいと思います!

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!



RIMG4642
4日前の大晦日、雪(大気汚染を包んだ)が降った日、久しぶりにエマウスへ行ってきました。
RIMG4635
この日も通常通り開いておりますが、さすがに人は少なかった~。
あ、真ん中あたりにあるアイボリーとローズピンクの戸棚なかなかかわいかったです。
RIMG4638
でもいつもいらっしゃる感じのいいメガネのムッシューが声をかけてくださって。
RIMG4644
状態のいいもの店で見るだけも、ガラクタ山積み店での探しものもゆっくりして。
何枚かかわいいブロカント食器もまた見つけたので抱えていたら、同じ敷地内の別店へ行っていた旦那が戻ってきたのだけどな~んかニタニタしてる。
そしたら、ボート買っちゃった!って。
RIMG4646
それがコチラ。オール付きでお値段は50ユーロ。
汚れておりますが綺麗に洗えば問題なく、ネットの中古で探すと安くても150ユーロ前後だよ、って。
買うのを決めお店の方に伝えたその直後、通りかかったムッシューが、いくら?と聞くので50ユーロ、
って言ったら、僕もそれ欲しい!ってなったそうですが、自分がもう決めてたから、えへへ、ですって。
こうして我が家にタダでもらって旦那が修理したカヌーに続いて二艘めの小舟がやって来ることとなりました。
ちなみに無料ゲットのカヌー修理過程記事はコチラ。
→「お庭でヴァカンスごはん⑧&カヌー修理途中経過
→「(久しぶり家の中)ヴァカンスごはん⑨&カヌー仕上がる
このエマウスボートは釣り専用にするそうで、私に、またマルヌで一緒に釣りしようね!って。
でもわたくし釣りはやってみたらあんまりだったので断ったのですが、連れて行く気満々…。
ま、春になったらまた考えましょう。ああ、あと二ヵ月ちょっとした頃が春です。
嬉すぃな、早いな、またチャリンコに乗ったりマルヌへ行ったり出来るかなぁ…
RIMG4640
商品のテーブルにうっすら積もった雪に、雪だ~、思いながら、ネコわんちゃんの絵を書いてみたりしましたが、この時まだ大気汚染知らなかった~。きゃん。
RIMG4641
帰り際ボートを車に積んでる際には、ボートを欲しがったムッシューがちょうど通りかかったのですが、
ムッシュー、笑顔いっぱいで楽しそうに私たちに、親指立ててナイスのポーズ。
こういうところがフランス人ていいんですよねぇ。
RIMG4626 - Copie
そして、寒いね寒いね寒いね~、言いながら、
RIMG4631 - Copie
曇った街を通り抜け、
RIMG4650 - Copie
ボートと共に家路についたのでありました。
新入りお皿さんもまた近々ご紹介させていただきますね~

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG3188
昨日は久しぶりにエマウス巡りに行ってまいりました。
RIMG3186
エマウス(emmaüs)はフランスに住んでる方なら知らない人はいないくらいよく知られたリサイクルの慈善団体なのですが、日本の方はご存知ない方がたぶんほとんどかと思うので、創設者のアベ・ピエール神父さまのことやエマウスでの買い方など、詳しく書いた記事をご紹介させておいていただきますね。

先ずは→「エマウス「emmaus)楽し大好き♪
アベ・ピエール神父さまのこと→「エマウス巡りのディゴワン・サルグミンヌなどの新入りさんたち①
エマウスでの実際の購入のしかた&サロン・エマウス→「そして久々のエマウス(emmaüs)巡り
ヴィンテージについて→「エマウスはヴィンージ祭りであった!」」

RIMG3189
ということで9月10月はブロカント市が多く開かれるのでそちらを優先していたので、
8月のヴァカンス時に巡って以来。
以前は家具だけ店だったところがヴィンテージ雑貨も置くようになっていたり、
ごちゃごちゃ気味店だったところが整頓されていたり。
エマウスもちょっと変化しております。
RIMG3192
でも相変わらず素敵なものがいっぱい。ガラクタもいっぱい。
古いもの好きな私たちとしては見るだけでも楽しいのです。
ま、見るだけでは終わらないわけですが…。
RIMG3191
そんなわけでお安いブロカント食器をまたちょこっと買って。
RIMG3197
11月の街中を走り抜けます。
昨日はめっちゃ寒空だったのです~。
RIMG3193
エマウスでもぷるぷる震え気味でしたよん。
で、
RIMG3208
いよいよだな、と。
来たな、と。
hiver(イヴェール・冬)だな、と。
RIMG3200
ノエルの飾りつけも始まっていて。
RIMG3206
年末まであともう一か月半だ~!

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

先ずはブロカントって何?っていう方もいらっしゃるかと思うので簡単ご説明させてくださいませ。
ブロカントとは古道具や古道具店の意味で、アンティークが作られてから100年以上の時を経ているものなのに対し、ブロカントは100年は経っていないけど古いものになります。
と、えらそに言っちゃっておりますがわたくしもフランスに来て知ったことであります。エヘ♪
で、アンティークとなるとかなりのお値段がつきがちですが、
ブロカント食器はそんな理由もあってもっとお手軽。
わたくしの家のブロカント食器たちなんてリサイクルの慈善団体「エマウス」でだいたい30サンチーム40サンチームで買っているものがほとんどとなっております。
こうして「エマウス」のおかげで大好きな古い食器がとてもとても良心的(過ぎ?)なお値段で我が家に来てもらえていることに大変感謝の気持ちがあるので「エマウス」一人勝手大使?とならせていただいているわけでございます。はい~。なんちってなんちって。
と言うことでつい最近旦那が、
ねぇねぇほらほらこれ。一緒だけど違うよん。って教えてくれたことがちょっと面白かったので、
今日はそれを書かせていただきますね。

RIMG1829
ここにお揃いの花柄の食器が2つございます。
1つは小さな器さんでもう1つはお皿さん。
RIMG1834
小さな器さんは蓋が紛失でこの器のみ。
お砂糖入れか、マスタード入れか、ちと不明ですが愛らすぃ。
RIMG1833
もう1つのお皿さんは欠けもなく状態もよくてこれまた愛らすぃ。
オーソドックスな雰囲気でございます。
RIMG1832
さてまず1つの裏を返してみましょう。
すると「greste」と「Sarregumines」の刻印。
「greste」は実は一番前の文字のaが消えちゃっておりまして本当は「agreste」。
この器のモデル、すなわちこの花柄さんという感じ。
そして「sarregumines」は東フランスのサルグミンヌ窯の刻印。
フランスでも日本でも人気のブロカント食器である「Digoin Sarregumines(ディゴワン サルグミンヌ)」は元々は別々の「Digoin」窯と「Sarregumines」窯だったのが一緒になり出来た窯。
でもその後も「Digoin Sarregumines」製を作りながらも、
引き続き「Digoin」製も「Sarregumines」 製も作られたのです。
RIMG1837
じゃ、もう1つも裏を返してみましょう。
やはりこれにも「Agreste」とその上に小さめに「sarregumines」の刻印。
が、しか~し、こちらには、
RIMG1838
lave-vaisselle」の文字。
これは食洗器OKのしるしでその下には丁寧に英語でも「DISWASHER PROOF」表記が。
ということでこの表記があるものは比較的新しい食器となるのです。
RIMG1831
で、本物ブロカント食器はお皿さんの方で、
RIMG1836
小さな器さんがブロカント食器とは言えない方だったのです。
「sarregumines」窯で作られた同じモデル「Agreste」だけど作られた年月がまったく違うんですね。
なのでもしフランスで本物古い食器をお探しになりたいけど詳しくないの、な方は、
とりあえずすぐ裏返ししてよ~く文字の表記確認がいいかしらと。
窯やどこの地域かも表記されていることも多いので、それもよくわからないわな方は
(私も有名どころ以外まだすぐわかりません)、その場ではさすがに無理かもですが、
ネットで窯名や地域名を調べることも結構簡単にできます。
でも全部消えちゃってる場合もよくあるので、その時はもう…
好みとか雰囲気?その子との通じ合いみたいな?そんな感じでしょうかねぇ…

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!


RIMG0261
昨日の午前中はヴァカンス期が入ったので2ヶ月ぶりとなるブロカント巡りに行ってまいりました。
けれどミュミュをはじめべべっ子たちはマルシェに行けるものと思い込んで朝から
父ちゃん&母ちゃんの行動を監視?!なんとミルク坊やもちょっとだけそわ、ついておりましたねぇ。
なのでわたしはマルシェでもよかったのですが、旦那がブロカント行く気満々。
で、ごめんねごめんねかわいい監視っ子たち~、思いながら出発。
RIMG0262
さてさて1つめは小規模で好みのものが見当たらず、
ささっと2つめへ。
古い町並みを抜けてたどり着いたのは新興住宅地の中の大規模ブロカント。
でも新興住宅地の中ブロカントだと各家に古いものがやはり少なくなるのか、
今までの経験では掘り出し物率がそれほどには高くないイメージなので、
ま、いいのがあればラッキー感覚で歩きます。
RIMG0263
3つめは小さな街のセントラルで開かれていた中規模ブロカント。
ブロカントに面した中国人経営お寿司&中華レストランでは露店を出して、
ネム4個で5、5ユーロで売っておりました。おいおい高いぞ~。
いつもの我が家街マルシェの美味しいアジアンローストチキンのお店では1個、70サンチームだったかな?80サンチームだったかな?やはりあのお店は良心的なのだわと確認。
RIMG0265
で、結局5点ほどお買い上げいたしまして。

…………………………………………………………………………

そんな新入りさんたちをちょっとご紹介。
RIMG0302
ちょっと年季の入ったこの小さめストウヴ鍋2個セットで2ユーロ50サンチーム。
ストウブ持っていなかったので嬉すぃ♪
RIMG0303
これでココット料理専門店のように1皿感覚で1人ずつの煮込みや蒸し料理もいいし、
美味しい土鍋ごはんが売りの日本の和食屋さんのようにとか釜飯もこれで1人ずつで作るのもいいな、
と早くも小さな食の夢が広がっております~。
ああやばい。ほんと釜飯いいわ!五目釜飯だな…
RIMG0317
そして焼き菓子用の古いアルミの小さなタルト容器それぞれ6個ずつと、
お魚の形の、これはお魚を使ったゼリー寄せやムースによさげな容器で、
合わせて1ユーロ50サンチーム。
ちなみに私たちは良心的お値段のお店では値切ることはしないので納得の時はそのままお値段です。
RIMG0323
で、この焼き菓子用のタルト容器が全部に繊細な模様が入っていてかわいいのです。
これではやはりマドレーヌ(これだけはちょっと得意)がいいな、と思っております。
他には旦那が、古い釣り具セットを見つけて(実はこの朝、明け方に古~い釣り道具の夢を見てブロカントで探しかったのですって)、夢に出てきたのと一緒だ、正夢だ♪と大喜び。
帰ってきてからもず~っとそれの手入れに夢中で。
しかしわたくしはもうお腹がペコペコで耐えられそうにないくらいで、
超速攻でごはんの準備したのでした~。

…………………………………………………………………………


今週はいつもマルシェではなかったのですが見ていただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!


↑このページのトップヘ