ブロカント&エマウス

RIMG49379 - Copie
ブロカント巡りの今度はご近所に戻ってきて編です。
先ず初めに到着したここはチーズで有名なブリー地方のとある町。
名前が有名だしパリから離れた場所のカンパーニュで美味しいブリーチーズは作られている、ようなイメージを私は勝手に持っていたのですが、ブリー地方はイル・ド・フランスの東に位置し、我が家から車で20分かかるかかからないかで、はじめてブロカント巡りで簡単に到着した時はちょっとビックリしたのです。あの美味しいチーズ発祥の地はこんな近い場所だったのね~、って。そしてブリー地方に来る度に、あ、ブリーだ、って毎回思っちまうのです。でもそんな日本人感覚をわからん旦那は毎回新鮮驚く妻に、若干面倒臭そうな表情を見せるので(そんな気が…)、今じゃ、心の中で、あ、ブリーだ、って。これでもたまに気を遣うわたくしです~。
RIMG49375
さてブロカント方は今回は中規模な感じブロカント巡りでした。
RIMG49377
でも中規模だからって大規模だからって、いいもの見つかり度が変わってくるかと言えば、これがそうじゃないんです~。やっぱり…









なんちってなんちって~





ってブログスタイルを変えるつもりは毛頭ございません。
なので元に戻しまして。


RIMG49378
それにしてもブリーの町々はとても静か。
そして旧市街と新興住宅街と少しカンパーニュが混じった微妙な感じが今までの感想。
そうですねぇ、日本で言うところの東京から通勤圏内の千葉や埼玉や神奈川な雰囲気。
ブリー、チーズうめえけど案外近し。
RIMG49429 - Copie
で、今回の新入りさんたちもご紹介。
先ずはこのリキュール入れ。
これはロマ人店が多いブロカントのロマ人店にあったもので、かわいいな、と思ってお値段聞いたら10ユーロとか言ってるから、ありえねぇ~と思ったら旦那も怒り顔で行くぞ、的だったので通り過ぎようとしたら、ロマ人ギャルソンが、いくらがいいの?って。
だから、来たか、思って、う~ん、2ユーロって言ったら、それでいい、ってあっさり。
きっとどこかで拾ってきたものだろうから基本売れればいいのかもかも。
RIMG49432
で、裏を見るとRだけでどこのかは不明だったのですが、かわいいから2ユーロだし、いっかって。
旦那はロマ人にはいい印象は持ってなくて、若干差別も他の多くのフランス人同様感じられるので、しばしば私とそれについてはかなり衝突します。
私なりにその理由はあるのだけど、少し説明させていただくならば、始まりは以前南イタリアを旅した時。あるピッツェリアで食事していた時、みすぼらしい恰好をしたロマ人の小さな姉妹が造花のバラの束を持って店に入って来て、売るために各テーブルを回って、そして私たち(&友人)のテーブルにも来たのですが、その時のお姉ちゃんの方が(5歳か6歳くらいかな)恥ずかしい気持ちを押し込めて必死に凛とした態度でニコリともせず無言で一輪バラを差し出して。ロマ人売りは子供でさえも媚びた態度でシルヴプレ~と言ってくる事が多いのだけどそれが一切なくて。小さな妹ちゃんの方は何もわかっておらず無邪気にただお姉ちゃんについてるだけであどけなくて。で、私たちは1ユーロで買って微笑みかけたけど、お姉ちゃんはやっぱりニコリともせず次は私たちの隣りの、そのお姉ちゃんと同じ歳くらいの1人1枚ずつの大きなピッツアを食べている子供たちがいる家族のテーブルに行ったのだけど。テーブルに座っている子供たちの不思議そうに、少し唖然と姉妹を見る、と言うより眺めるといった様子と、お姉ちゃんの、私たちの前にいた時と一緒で凛としているように見えるけど、なんか若干恥ずかしさがぬぐえないようなやっぱりちょっと悲しそうな…そんな表情が私には何とも言えない光景で、どんな気持ちだろうと今もずっと忘れられないのです。で、やっぱり親も含めた大人のせいだし、小さな子供でさえも媚びるのも、大人になって悪いことをするのも大人のせいだな、と。
だからと言ってパリの子供も含めたたくさんのスリのロマ人は腹が立つし、めっけたらとっつかまえたいくらいだし、道端で物を拾ったふりして(こっちが落とした物のように見せかけるよくあるロマ人の手口)お金を要求してきたので強くNon!言って睨んだらよくわからない言葉で罵声を浴びせられたこともあるし、そういうやからは絶対許せません。あのお姉ちゃんだって今スリになってないとも言い切れないし。でもやっぱり全員じゃないはずだし…って、思っちゃうんです。
RIMG49433
さてさてお次はこの花瓶で、う~ん、見るからに凝ってま~す。
なのでどこかのだろうと思ったら
RIMG49435
リモージュでした。でも1ユーロ。お得でした。
RIMG49436
そして今度はコチラ。お店の真ん中に1人悠然と座って動かないところが面白かったこれもロマ人のマダム店で見つけたスープ皿。かなり繊細で凝っていて状態もいいのですが5ユーロ。
そのマダムはどれも良心的お値段でぼったくろう気なしなのが好感度大で、旦那もちょ~っとだけ好感を持ったようでした。ふふふ。
RIMG49437
裏に窯の印はありませんでしたが、とても気に入っております。
これだけで5ユーロでも大満足なのですが、実は、
RIMG49439
大皿もついていたのです。2点とも状態がめっちゃよくてほんとマダムありがとうでした。
RIMG49448
最後ご紹介はコチラ。すでに先週末のごはんの際にご紹介している1枚、と言うか2枚セットで、これも状態がとても良いもの。
RIMG49449
これは2枚で1ユーロだったのですが、何と、
RIMG49450
サルグミンヌU&Cのものだったのです。U&Cの食器との出会いはこの時がはじめてだったのですが、
3月のエマウスの新入りサルグミンヌU&Cなどのブロカント食器さんたち
説明が重複しますが、このサルグミンヌU&Cは1880年~1910年の間にだけ作られたサルグミンヌでも特に古いもの。ということは100年以上前のものはブロカントとは言わず、本当のアンティークなのでこれはアンティークなのです。しかも1ユーロ!イェイでした~。

と言うことで今回ご紹介は以上になります。


…………………………………………………………………………

昨日あたりから少し暑くなりだしたパリ。やっと夏来たかなぁ、と。
でも相変わらずお天気は不安定で相変わらず雨が突然降りだしてきたります。
今日も午後降るのかなぁ…

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!



先週末ブロカントから帰って来て

新入りさんたちも早速ご紹介して

昨日ふいに

 あ。

っと思い出したのです

あの時買って1つポケットの中に入れたまま忘れていたものを



RIMG48947 - Copie - Copie


貝パールの小さな小さな愛らしいブローチ(これも1ユーロ)

今はほとんどアクセサリ-はつけないんだけど

つけるつけないじゃなくて かわいいなぁ

って

そしてまた

あ。

っと思い出したのです


RIMG48944 - Copie

自分で考えて宝石屋さんでリメイクしてもらった

お母さんの形見の真珠のネックレスを使ったピアスのこと

合わせてみたらなかなかかわいいかな

って

でも これに似合うような格好 今ぜんぜんしないのですよね

ってか似合う服もないかな

よし。

またブロカントだ

でも6月22日水曜日からフランスはSOLDで8月2日火曜日まで続くし

その前に今週末6月5日日曜日には「サロン・エマウス」もあるのです

お手頃にいろいろ探して楽しめる方法ありそうです


…………………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

RIMG48774
さて先週末も今にも雨が降りそうな中、焦って急いでブロカント巡りしてまいりました。
今回は大好きマルヌ川のそば開催ブロカントもあって。そんなマルヌもご覧の通りどんよりチック~。でも新緑だからそんなに悪くないのです。このままず~っと新緑がいいなぁ。
RIMG48776
さ、ブロカントブロカント。かなり早く出発しましたがすでに賑わっております。フランス人にとってブロカントというのは本当に生活の一部なように感じます。
RIMG48779
そう言えばまだ日本にいた時、パリに住んでいる人たちの話を何かで読んだことあって、その中の1人が、パリはお金がない人は何も楽しめない悲しい街、と話ししていたのが印象に残っているけど、パリにフランスに8年住んでみて(1年弱はニース生活)それは違うな、とつくづく今感じます。実際にはその逆で、こうしてフランス中にブロカントや良心的なエマウスがあるし、企業の売れ売れ大作戦も巧みじゃないからそれに流されることもとても少ない。だからお金がない人は楽しめない街と言った人は、お金がかかるところや高かったりするもの(だけ?)に価値観を置いていて、それを楽しいと思う人だったのかな、と。ま、想像なのですが。実際、私はですが、日本にいた頃よりず~っと節約生活と言えますがめっちゃ楽しんでおります。
RIMG48780
このブロカントでは途中で旦那のお友達のご近所ジャンのミッシェルさんご夫婦にも偶然会いました。ジャンのミッシェルさんも古いもの大好きでおうちは50年代のポップ気味なものがい~っぱい。ジャンのミッシェルさんはどちらかと言うとアメリカンな雰囲気がお好きなよう。
RIMG48778  
うちも旦那は結構アメリカンな古いのも大好きで家にミッキーマウスの古い人形とか雑貨とか、トム&ジェリーの古いのとかもあるのですが、フランスの古いのとアメリカンな古いのはやっぱな~んか合わないので妻はどうしたもんかとちょっと感じております。もちろんかわいいんですけどねぇ。
RIMG48781
という事で結局この日は雨が降らず楽しいブロカント巡りがでけたのであります。念のため花粉防止のためのマスクもしていたので、ちびっ子たちにはジロジロジロジロ見られたけど、あ、大人たちにもちょっとね(こちらはマスクしてる人ってレアなのですよ)。でもぜんぜん気にならなくなったので大丈夫。そのおかげで帰って来ても鼻もオメメもジュルジュルしょぼしょぼなしでスースーパッチリ!そして今も悪化なしで過ごせているのです。もう私には本当に奇跡んです~~!
RIMG48895
さて今回の新入りさんたちもご紹介。
先ずはこの古いカラフさん。年季が入ってますが1ユーロ。旦那は好きじゃないと拒絶したのですが、一応お値段を聞いてみたら1ユーロだったので、そりゃ買っときます。3ユーロだったら買わなかったかもだけど。
RIMG48850
はちょ~っとわかりにくのですがミニチュアダックスのカトラリー6個セットで1、50ユーロ。昔の何か商品についてきたおまけだね、って旦那。飾っておくだけでもかわいいです。
RIMG48845
はこのお皿さんで1ユーロ。一目ぼれです。
RIMG48846
縁の交互になった柄の違う模様も中央の絵も繊細でどことなく和や中国の雰囲気も感じられますが、
RIMG48897
これはリュネヴィル(Lunéville)というフランス北部ナンシー(Nancy)の南東にある街の窯のもの。リュネヴィルのものは結構自分好きなタイプでございます。また出会いたい♡
RIMG48842
もお皿さんでコチラ。これは旦那チョイスでこれも1ユーロ。ブロカントでもエマウスほどじゃなくてもこうして十分安くて素敵なものが見つかります。
RIMG48830
これは観光地としてもよく知られたアルザス地方のストラスブール(Strasbourg)のもの。
RIMG48824
そして最後ご紹介はこのテーブルランプ。実はこれ私だけが気に入って旦那はかわいくないととてもいやがりました。でも一応お値段聞いたらお店のマダムが15ユーロだと。それでも旦那はいやがって。そしたらマダムが10ユーロでいいわよと。それでも旦那いやがったので、私が、じゃあこのブロカント一周して、もし他に大きめの気にいったものがなくて、その時まだこれがあったら買って、とお願いすると、渋々承諾した旦那。そして一周して大きめ気に入ったものはなく、戻ったらあったので、旦那が超渋々、妻が欲しいと言うので、とマダムに言って無事ご契約。するとその時、通りの向こうからやって来たシャポーを被った渋いムッシューが、私たちがすでに購入を決めたのを知らず、それ30ユーロでどお?ってマダムに言ったのです。マダムがもうこの2人に決まったから、と言うと、渋いムッシューが苦笑いして、旦那と何やらちょっと話しはじめたけど、私はゲットしたことでもう満足。そしてムッシューはあっちへ行っちゃったのですが。これを受け取って歩き出すと旦那が何やら妙にニタニタしながら、あのムッシュー、プロの買い付けの人で、このランプどこでも200ユーロ前後するんだってさ、10ユーロなんてものすごい得したってさ、って。えええ~!と私びっくり!そして身体の底から何かが沸き起こり、思わずガッツポーズ!!そしてニタニタが止まらない旦那に、これはどう考えても私のおかげだよね?そうだよね?と言うと、旦那もニタニタしながら超素直に、そうだね♪って。そしてランプを抱えていた私がコケそうになると、大丈夫?気をつけて!と私じゃなくランプの心配をしたのでした~。

…………………………………………………………………………


さ、これから昼食作りです。でも夕べ作り置きをまとめてちゃちゃちゃと作ったので今日はめっちゃラクチン。今週は昼食もおつまみも夕ご飯もあの子たちでほぼ済みそうです~。

…………………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG48315
春になりブロカントシーズンが始まりました~。これからヴァカンス前の7月いっぱいまで(その後はヴァカンス後の9月から真冬前まで)あちこちでブロカントが開かれます♪ほんとはもっと早く行きたかったのですが、なんせ旦那が釣りを優先しまして。
RIMG48314
さてさて今年はどんなかわい子ちゃんに出会えるのか。まだ花粉本格化じゃないのでわたくしもマスク要らずで鼻息爽やかに若干荒くスタート!
RIMG48310 - Copie
毎週いろんなところで開かれるので初めて街や村もしょっちゅう。この時もはじめてでちょっと迷っていたらめっちゃ古臭い年季の入った現役ビストロ発見。今度来ちゃおうね、と旦那と話ながらまだ開店前なので外から怪しく偵察??
RIMG48350
そうこうしながらブロカントに到着。空の下、並んだ品物を見ながら、たま~には軽く値段交渉もしたりしながら、エマウスとはまた違った楽しさがあります。でもだいたいかなり安いので納得お値段の場合はそのまま買わせていただきます。
RIMG48351
ブロカントで高めお値段を設定してるのは、先ずはそれを商売にしているプロフェッショナルな人。本格的アンティークやブロカントが並んでるとだいたいプロのことが多いです。それからたまにいるロマ人も話にならないくらい高め設定にしてふっかけてきます。思わず、おいおいおい、と突っ込みたくなります。あとはやっぱりその人によってで、高めにつけていて、しかも下げないわよオーラが出ている場合など。なのでこの3つのところはわたくしたちはとっとと通り過ぎるようにしております。
RIMG48343
さて今回のブロカントの新入りさんたちをご紹介いたします。まずは新入りさんのクマちゃんのぬいぐるみで3ユーロでした。何気にクマちゃんぬいぐるみ揃えておるんです。
RIMG48348
はこのシャルキュトリー(ハムやソーセージなどの加工肉食品)専用のボード4枚セットで4ユーロ。すでに先週末のごはんで登場していただいております。
RIMG48422
はこのちょっぴり古めの照明さんで何と2ユーロ!私がめっけて旦那につんつんして、結構かわいくな~い?と言ったら、前にエマウスで1つ買ったでしょ~、って。でも一応お値段聞いてみていい?って。で、聞いたら2ユーロって。そりゃ買っちゃいますよ~。
RIMG48424
は旦那がすぐ手にとったこの水差し。アールデコの時代のものでかなり古いものだよ、って。これも何と2ユーロ!あとで旦那がネットショッピングで同じものを見てみたら、15ユーロだったり45ユーロつけられているのもありました。
RIMG48419
はこれも先週末ごはんで登場していただいた大皿&ソース入れのセットで2ユーロ。
RIMG48421
もうお伝え一度しているのですがディゴワン・サルグミンヌです。こんな青系も素敵です♡
RIMG48431
はテ・マント(ミントティー)用の耐熱グラス6個ア~ンド、
RIMG48432
ポットのセットで3ユーロ。大好きクスクスの時に合わせたいとこれを見た時、頭の中をクスクスのある食卓の図が駆け巡りました~。食器1つで気分が雰囲気がぐぐんとupします。
RIMG48461 - Copie
そして最後はこのテーブルランプで10ユーロ。寝室用の古シンプルなものをずっと探していたのですがなかなかこれというのが見つからず無理せず買っていなかったのですが、古めかしく柔らかい色合いでとても状態のいいもの発見。すぐにお部屋に馴染んでくれました。
そしてまたこの週末もあちこちでブロカントが開かれます。また連れて行ってもらいたいなぁ…と願っています。でも今日もまた朝から旦那釣りに行っておりま~す。


…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

RIMG48045
行って来たことをすでに書いておりますので、じゃ、とっととご紹介に入りま~す。
先ずはコチラ。控えめ淡い色の花模様とレースのような縁取りが愛らしい大皿1枚と小皿4枚セット。ちょっと今までに見たことない感じ、と思ったら、
RIMG48046
ドイツ、バイエルン地方の食器メーカーBavariaのものでした。ドイツっていうと何だかどっしりとしたイメージが私はしちゃっていたけど、フランスのともイギリスのとも違う優しく柔らかい繊細さ。食器が山積みになっているテーブルの脚付近の気がつきにくい場所にあったのですが、気が付けてよかった~。
RIMG48047
お次はクラッシックな雰囲気のコチラ。なんと12枚もありました。
でも半分はシミがちょっとあったのですが、これは絵皿にしてもいい存在感のあるお皿なのでシミも味わい的かなって。
RIMG48049
まったくシミのない状態のものもしっかりあったので大満足。素敵です♡
RIMG48050
これはボルドーで1843年に創業のJules Vieillardのもの。
このお皿もだいぶ古いものだろうな、と思われます。
RIMG48051
そしてすでに先週末のごはんの時にご紹介したこのチーズ専用のお皿さんは3枚揃っておりました。このカンパーニュ&ワインボトルの気取ってない素朴な絵柄がかわいいのです。
RIMG48052
これはporcelaine(磁器)の字の上にLESとマークが入っているのですが、確かな街またはアトリエがわかりませんでした。もしかしたら磁器だしLimogesのLESかしら、とも思うのですが。
RIMG48055
今度はぐんと雰囲気が変わり旦那がめっけたコチラ。
シブいブロンズ色の縁どりと控えめ模様入り。これはどこのかしらと思ったら、
RIMG48056
デイゴワン・サルグミンヌだったのです~。鮮やかで愛らしい花柄ばかりじゃなくこんな渋いのもあるんだ、とちょっと新鮮。
RIMG48059
お次はどど~ん、とコチラ。大きめの片手鍋?土鍋?のような大胆でずっしりした雰囲気。
これはフランスの煮込み料理もですがアジアやアラブ、アフリカの料理でもいけるな、と思いました。あ、辛いアフリカ料理も食べたいな。
RIMG48060
そしたらこれはディゴワンだったのです。ディゴワン窯とサルグミンヌ窯が合併していたのが1879年から1970年までの間で、サルグミンヌ窯はその後2007年に完全に廃業し、ディゴワンの方は今も続いているので、この柄などを見るとわりと最近めのかもしれません。廃業は残念なので残っているだけでも素敵なことなのです。
RIMG48061
今度はまた雰囲気がガラリと変わりまして、ピンクの柄入りのさりげなくラブリー気味なお皿さん3枚セット。好み~♡
RIMG48063
これはVILLEROY&BOCH社のもので、1748年にフランソワ・ボッホによってロレーヌ地方で創業され、1836年にビレロ社と事業を合併してビレロ&ボッホ社になったという歴史ある陶磁器メーカー。でも親しみやすい柄でとっても気に入りました。
RIMG48065
そして最後ご紹介はカフェオレボール3個です。ブロカントのカフェオレボールは日本でも特に人気があるようですが、エマウスでもこういった状態がよく欠けてもいないもの(欠けているものや古くないもの、フランス人には価値がないらしいものならいつでもある)はいつでもあるというわけではなく、そうですねぇ、3回に1回くらいの割合で出会える感じでしょうか。でもそんな時はこうして3つあったり。で、左の少し大きめの方は刻印がなかったのですが、右2つは、
RIMG48066
フランス中央部のCHAUVIGNYという街のアトリエのもの。ほぼ未使用っぽかったのも嬉しい。でも私はじゃんじゃん使います!
ということで実はまだまだたくさんの新入りさんたちがいるのですが、1つ1つ調べるのにフランス語が堪能じゃないわたくし時間がかかっちゃってつい延び延びにしちゃうので、とりあえず今回はここまでで。ブロカント食器がお好きな方、ご興味がある方に少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。そしてまたわかる範囲で調べてパート②をさせていただきたいとも思います。あ、それと今回のはすべて値段のついていない食器扱いエマウス店で見つけたものでして、山積みの中とか奥の方とか下の方とかを探してめっけた子たちで、またまたとびきり安かったのです♪

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ