お気に入りちょこちょこ

R0011937
危険危険と言われる中国食材&食品。
我が家も頻繁には買わないようにしていまして、
2、3ヵ月に1回だけラオス人経営の大型アジアンスーパーに行って、
中国食材も含めたアジアン食材を買っております。
購入するものは、フランス系スーパーでは基本的に売っていない豚ひき肉の他に、
乾燥わかめ、春雨、ビーフン、日本の食材(最近は結構商品が増えました)などなど。
そして。必ず必要ではないけれど気に入って買うものがあります。
それがこの3つ。
R0011941
1つめはこの乾燥のユリの花(金針菜・キンシンサイ)。
切干大根のユリ版と思っていただいていいのですが、
これが歯ざわりが良くてくせになるんです。
水で戻して油でさっと炒めるだけで美味しい。
R0011944
それから、ごはんにのせて食べると美味しいこの2つ。
R0011946
左は青菜と大豆がかなり辛いラー油系につかったもの。
ごはんにのせていただくと、とにかく辛いのがいい。
そして右はタケノコのラー油漬け。
こちらは辛みはそれほどで、ちょっとオイリーなので、
多めのネギと合わせたりお豆腐にのせたり。
今までこの3つでお腹を壊したりもないので我が家の常備品になっております。
ただし。以前ある日本の方が、
アジアンスーパーで買った中国食材の何かで、
身体中に蕁麻疹が出てひどい目に遭ったことがあって、
どの食材かがわからないしもう二度と買わない、
と言っていたのですよね。
私も以前アジアンスーパーで買った真空パックの茹で銀杏が、
すご~く変な薬品の味がして恐かった時があったので、
ほんと、最小限にしなくては、とは思っています。
でも今、日本でも、デパ地下のお惣菜、スーパー、コンビニのお惣菜、
ファミレス(日本産野菜の明記があるデニーズを抜く)、ファーストフード、冷凍食品、
居酒屋&定食屋&カレー屋のチェーン店、宅配ピザなどなど。
多くのお店が安い中国食材を使っているとか。
日本製とうたっている有名メーカ-の商品なども、実は作ったのは中国で、
最後に日本に送って仕上げのタグだけ縫い付けて日本製、
というものもすごく多いと聞いたことがあります。
フランスは農業大国ですが、中国製品がすでにあふれているので、
近い将来は食材もどうなるかわかりません。
たくさんのビストロでドイツ系業務用スーパー「メトロ」で仕入れた、
レトルト食品を出していますしね。そのレトルトは中国食材かもしれません。
残念だけど、お金を儲けるためにまっとうなことをやらない人間がたくさん。
そんな中で、自分で選ぶ、決める、しかありませんね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0008979
それはこのアルザスのプレッツェルのクラッカー。
プレッツェルって言うと、私は飛行機に乗った時に、
食事の前に出てくるスナックのイメージで、
そんなに美味しい、という感じじゃないお手軽なもの。
でもこのリドルで売っているプレッツェルのクラッカー、
なかなかイケるんです。
R0008981
ちょっと大きめで歯ごたえがあって香ばしくて。
プレッツェルはところどころついた岩塩がいいですね。
しかも一袋何と、90サンチームしないんです~。
やっぱりドイツ系スーパー「リドル」安くて良い。
数週間前のニュースではカルフールの客離れが伝えられていたけど、
確かにカルフール高いんですよね。
つい最近びっくりだったのが、
プティマルセイユのボディシャンプーのお値段の違い。
リドルでは大サイズが2、60くらいなのが、
カルフールでは倍近いお値段。あり得ない。
なので我が家はカルフールでは気に入ってるものしかも買いません。
野菜と果物は新鮮で安いのでマルシェですし。
最近コメントくださったリヨン在住のみよんさんも、
リドル好き~、って。やっぱりね♪
ブログはコチラになります→フランスで山歩き
それからもう1つ「グラン・フレ」も我が家のお気に入りスーパー。
2018年フランス人の好きな店第1位に選ばれたスーパーマルシェグラン・フレ
近所のスーパーじゃ売ってないものもここだとだいたい見つかりますし、
お魚が真空パックになっているのもポイント高し。
そのまま何も処理せずすぐ冷凍して、食べたい時に解凍すればいいのも便利。
それにフランスでも今、アニサキスが問題になっているので、
まぐろやサーモンなど生で食べたいものは、いったん冷凍大事です。
ところでみよんさん、只今骨折中で、
私も2月に手首の骨2本を折ったのですが、
私の手首なんてもんじゃあない。すんごい骨折!
でも関西のノリで明るく伝えているのがいいな、と思うんです。
だけど…足にささった太いピンみたいのは見れないよ~ん。
早くとれますように…。
話がそれましたが、このプレッツェル、お土産にもおすすめです。
値段のわりに美味しい。安い。軽い。おまけに量も多い。
こういうのがコスパがいい、って言うのかな。
とりあえずのおつまみによいよい。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (925)
我が家では料理のおだしは、和食の場合は昆布だし&茅乃舎のだし、
そしてそれ以外で必要な場合はこのカルフールのBIOコーナーで売っている
ブイヨンを使っております。
これを使うきっかけは、ある日普通にお手軽ブイヨンを使ったら
具材よりブイヨンの味の方が強すぎてその料理が食べれなかったから。
で、ああ、これは添加物がたくさん入った調味料を受け付けなくなっているな、
と感じ、この無添加のものを買ってきたこと。
これが自然な優しい味わいで後味に妙な風味が残らなくて、
料理を地味に引き立ててよかったんですよねぇ。
上の野菜ブイヨンはお味噌汁のだしに使っても美味しい。
下の鶏ブイヨンはカレーや中華風味付けにも重宝しております。
牛肉ブイヨンもあって先週末初めて購入してまいりました。
まだ使っておりませんが、牛肉のフォーなんかにいいかな、
なんて思っております。
お値段は野菜、鶏が2、50ユーロくらい、
牛が3ユーロくらいだったかしら。
一度使うと手放せなくなっちゃうかも?!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0007537
これがあればドレッシングを作らなくてもサラダがぐぐんと美味しくなる♪
というおすすめのお酢が白バルサミコ酢。
私のレシピでもしょっちゅう出てくる1品です。
バルサミコ酢と言えばイタリアですが、
我が家はスーパーでお手軽に買える、
マスタードで有名なフランスの「マイユ(MAILLE)」の白バルサミコ酢を愛用。
日本でもメーカーは違うようですが、
カルディなんかで比較的お手頃価格で買えるようです。
お味は酸味がおだやかでほんのりな甘味。
あのお酢の、つーんすっぱっ!っていうような感じがなくて、
かなりいただきやすいです。
果物を使ったサラダや魚介のサラダやカルパッチョにもよく合うし、
甘酢のおかずにも便利。
黒いバルサミコ酢はなかなか使いきれない、
という方も結構いらっしゃるかと思うのですが、
白バルサミコ酢はその逆かもしれません。
重宝するのであっという間に使っちゃいます。
R0007543
で、この白バルサミコ酢を使って作る
moiちゃん流超シンプルサラダが今しょっちゅう我が家ターブルに登場。
またまたポイントはEXVオリーブオイルとお醤油で~す。
R0007544
作り方は超簡単。
2人分でして、軽くふたつかみくらいの新鮮レタスと、
ピューラーで薄切りにした人参適量をボールに入れ、
EXVオリーブオイルを3まわしくらいかけます。
次に白バルサミコ酢を2まわしくらい。
そして醤油を大さじ1と1/2くらいかけて、
手で大きくさっと混ぜてお皿に盛って出来上がり。
大好きなポルトガルのサラダの真似をして、
胡椒を使わないのがポイント。
これが飽きなくて美味しいんですよ~。
洋食にも和食にも中華にも何でも合います。
でももし白バルサミコ酢ないわ、な場合は、
白ワインヴィネガーにお砂糖を2つまみくらい混ぜて甘味をつけ、
後はこの順で作っていただくと近い味になるかと思います。
ポイントはオリーブオイル、白バルサミコ酢、醤油を混ぜないこと。
あえてドレッシングにはしません。
これが大きく違うんです。
ということで、美味しく簡単にお酢がいただけるのでおすすめです!
ぜひ白バルサミコ酢とサラダ、お試しくださいませ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (413)
それがこのプチ・スイス。
プチ・スイスだけどフランス・ノルマンディー出身です。
発酵していないチーズで味わいは甘くないレアチーズケーキのよう。
フランスでは離乳食としても使われていますが大人も好きな人たくさん。
Foto (414)
いただき方は蓋をはがしたら、そのままお皿にひっくり返して、
トントンと出したら周りの紙をくるりと取りぬきます。
Foto (415)
ちびっ子はそのままで。大人はそれぞれお好みでジャムを添えたり。
我が家ではわたくしは蜂蜜かメープルシロップとナッツをかけて。
旦那はいいお塩と粗びき黒胡椒をかけていただくのが好き。
カルシウムもたっぷりなので骨にもよいです。
小腹が空いたらお菓子じゃなくてプチ・スイス、いかがでしょうか♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ