お気に入りちょこちょこ

IMG_1166 - コピー
それがコレ「メゾン・ド・ラ・トリュフ」のトリュフ入りのマスタード10ユーロ。
トリュフオイルとトリュフ塩はよく買っているのだけど、
トリュフ入りマスタードがお試ししたことがなかったのです。
でも、お仕事でお会いした素敵な日本人女性の方に、
小さいのでお土産にもぴったりだし、
サラダのドレッシングにするととても美味しいですよ、
と教えていただいて早速買ってフランス定番のドレッシングに使ってみたら
わお美味♪ それがこのドレッシング&サラダ。
レタスとクルミのマスタード風味サラダ
他のサラダでももちろん美味しいです。
それから質の良い牛肉のステーキに添えてもグッドでした。
トリュフのつぶつぶが結構入っていてよく香るんです。
10ユーロなのでバラマキ土産とはいかないけど、
特別お世話になってる方や家族、そして自分への土産にも最適です。
パリではマドレーヌ広場のメゾン・ド・ラ・トリュフ本店か、
オペラのギャラリーラファイエット、プランタン、
そして左岸のボン・マルシェでも買えます。
これは我が家でも大定番になりそうです!
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_0760
それがこれ。
ドイツ系スーパー「リドル(LIDL)」で見つけた、
フランス南部プロヴァンスのカマラグ産のお米。
カマラグといえばゲランドと並んで品質の良い自然海塩が知られていますが、
お米も特産の1つ。
IMG_0767
いつもはアジア系スーパーで買うイタリア産の日本米
「日の出」を買っていましたが、
リドルでこのお米を見てお値段が500gで1ユーロくらいだったし、
リゾットにしてもいいし試しに買ってみたのです。
ちなみに長いお米のインディカ米です。
IMG_0748
で、まずは普通に炊飯器で炊いてみたんです。
そしたら日の出とそれほど変わらないではありませんか。
もちろん日本の美味しいお米には(日の出じゃなくて)まったくかないません。
でもフランス暮らしで日本食を食べるのには工夫と、
食べれるだけでありがたい気持ちを忘れてはだめ。
それを考えればぜんぜんOK。
お寿司にもぜんぜん大丈夫そうです。
IMG_0762
ということで普通に炊いて大丈夫だったので、
今は我が家の定番、黒米と合わせて炊いています。
IMG_0764
黒米、もちもちしてちょっとお赤飯みたいになって美味しんです。
子供の頃はお赤飯があまり好きじゃなかったのだけど、
今はあのもちもち感、塩と黒ゴマのアクセント、最高だな、と思うようになりました。
とは言ってもこの黒米入りのなんちゃってお赤飯で満足しているのですが。
フランス暮らしになって新鮮食材、料理に出会って、多いに勉強になっているけど、
日本を離れて美味しさを改めて気づけた日本ごはんもいっぱい。
なかなか楽しい食生活です♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_0184 - コピー
イタリアの炭酸水「サンペルグリノ」をご存知の方も多いかと思います。
そのサンペルグリノのフルーツティー版が出ているのです。
IMG_0180 - コピー
それがこの「サンペルグリノ オーガニックティースパークリングLIMONE+TEA」。
この時→「庶民的な日本食メニューで夏の終わりのお庭フレンチパーティー」に、
旦那がお酒を飲まない方用に買ってきて、
で、私もはじめてお試ししたのですが、これが美味しいんです♪
ほどよく炭酸が効いていて甘過ぎずほのかにティーとレモンの風味。
甘過ぎるのが苦手で自分はソフトドリンクは一切飲まないのですが、
これは大丈夫。喉が渇いた時にしみるしみる~。
しかも何と50キロカロリー。
IMG_0195 - コピー
しかもしかも。ABマーク。これはフランス政府認定の、
「AGRICULTURE BIOLOGIQUE(アグリキュルチュール・ビオロジック)」の略で、
EU圏内で加工された有機肥料使用、無農薬栽培の製品。
美味しい上に低カロリーでオーガニックなんて言うことなし!
日本でもアマゾンやコストコで買えるようなので、
興味のある方は探してみてください。
ただし1つ注意点がありまして。
同じサンペルグリノの+フルーツ味というのもあるんです。
そちらはティーが入っていなくてオーガニックでもないのですが、
それも以前飲んだことがあるのですが、甘過ぎて私は飲めませんでした。
なので、もしこのオーガニック版をお試しなさりたい場合は
似てるので間違えないようにしてくださいね。
おとついも旦那がカルフールでうっかり間違えそうになっていました。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

IMG_0075
わさびはメーカーが違えど、フランスの大きめスーパーなら、
ほぼどこでも売っています。
でもこれは売っていなかった!!
IMG_0077
柚子胡椒で~す!
これがパリ郊外我が街の、大きめではあるけど普通のスーパーで
取り扱われるようになったのです。見つけた時はちょっと感動しちゃいました。
今まではオペラ界隈の日本食品屋さんで、えいっ!と買うか(かなりお高い)
日本から来る方に頼むかしかなかったのです。
で、とうとう柚子胡椒が近所で手頃に買えるようになったか、
と、感慨深いものがあったんですよねぇ。
でも今のフランスの「Yuzu」人気を考えてみれば、納得。
人気と言うか、もう定番化しつつあって、
多くのキュイジニエさんがYuzuを使ったアイディア料理を作っていますし、
パティスリーでもYuzu風味のものがたくさん出てるし、
大手チーズメーカーではYuzu風味のシェーブルチーズも出しております。
何にしてもパリ郊外の小さな街で買えるようになったのが本当に嬉しいです♪
お値段は、その時嬉しさのあまり、カートに入れるしか考えなかったので、
覚えていないのですが、わさびとそれほど変わらなかったと思うので、
たぶん高くありません。3ユーロするかしないかくらいでしょうか。
IMG_0080
お鍋はもちろん、パスタに炒め物にドレッシングにお味噌汁に。
炊き立てごはんにも合うんですよねぇ。
今からどうやって使うか楽しみです♪
でもいつ商品が置かれなくなるかわからないので、
近々また行って確かめて、そしてまた数本購入しておくつもりです。
我が家で独り占めしちゃおうかしら?!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0011937
危険危険と言われる中国食材&食品。
我が家も頻繁には買わないようにしていまして、
2、3ヵ月に1回だけラオス人経営の大型アジアンスーパーに行って、
中国食材も含めたアジアン食材を買っております。
購入するものは、フランス系スーパーでは基本的に売っていない豚ひき肉の他に、
乾燥わかめ、春雨、ビーフン、日本の食材(最近は結構商品が増えました)などなど。
そして。必ず必要ではないけれど気に入って買うものがあります。
それがこの3つ。
R0011941
1つめはこの乾燥のユリの花(金針菜・キンシンサイ)。
切干大根のユリ版と思っていただいていいのですが、
これが歯ざわりが良くてくせになるんです。
水で戻して油でさっと炒めるだけで美味しい。
R0011944
それから、ごはんにのせて食べると美味しいこの2つ。
R0011946
左は青菜と大豆がかなり辛いラー油系につかったもの。
ごはんにのせていただくと、とにかく辛いのがいい。
そして右はタケノコのラー油漬け。
こちらは辛みはそれほどで、ちょっとオイリーなので、
多めのネギと合わせたりお豆腐にのせたり。
今までこの3つでお腹を壊したりもないので我が家の常備品になっております。
ただし。以前ある日本の方が、
アジアンスーパーで買った中国食材の何かで、
身体中に蕁麻疹が出てひどい目に遭ったことがあって、
どの食材かがわからないしもう二度と買わない、
と言っていたのですよね。
私も以前アジアンスーパーで買った真空パックの茹で銀杏が、
すご~く変な薬品の味がして恐かった時があったので、
ほんと、最小限にしなくては、とは思っています。
でも今、日本でも、デパ地下のお惣菜、スーパー、コンビニのお惣菜、
ファミレス(日本産野菜の明記があるデニーズを抜く)、ファーストフード、冷凍食品、
居酒屋&定食屋&カレー屋のチェーン店、宅配ピザなどなど。
多くのお店が安い中国食材を使っているとか。
日本製とうたっている有名メーカ-の商品なども、実は作ったのは中国で、
最後に日本に送って仕上げのタグだけ縫い付けて日本製、
というものもすごく多いと聞いたことがあります。
フランスは農業大国ですが、中国製品がすでにあふれているので、
近い将来は食材もどうなるかわかりません。
たくさんのビストロでドイツ系業務用スーパー「メトロ」で仕入れた、
レトルト食品を出していますしね。そのレトルトは中国食材かもしれません。
残念だけど、お金を儲けるためにまっとうなことをやらない人間がたくさん。
そんな中で、自分で選ぶ、決める、しかありませんね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ