お気に入りちょこちょこ

RIMG50956 - Copie
昨日は庭の草取りをしたりカマで土をならし?たりと慣れないことをやったら、
す~ぐ手にマメが出来てしまいました。
でもなかなか面白かったので来年は家庭菜園に私も進んで参加しようか、なんて思いました。
さて今回はスーパーで見つけて美味しかったものを2点ご紹介です。
先ずはこの「Brets社」の何とショコラと赤ピーマン風味のポテトチップス。
RIMG50965 - Copie
ショコラ&ピーマンなんて日本にはない味ですよねぇ。でもこれが、ほんのり甘いショコラの香りとほんのりピリッとする赤ピーマンの風味が程よく融合していけるのです♪
お値段ちょいとお高めで2ユーロ弱なのですが、この「Brets社」はブルターニュの200のアグリキュルトゥール(農家)の作物を使い、農薬も出来るだけ抑え、ブルターニュの地域だけで製品を作っているのです。で、若干お高めお値段のよう。
RIMG51231
そして実は同じくショコラ&ピーマン風味のポテトチップスを「SIBELL社」でも出していて、
お値段が少しお安めのこちらの方もお試ししたのですが、こちらの方がチップスがザクッとしていてショコラ&ピーマンの風味が強め。で、私的には「Brets社」の方がショコラ&ピーマンの風味もほどよくてチップスも薄めで美味しいな、と思いました。でも、ま、好みもあるのでしょう。
ちなみに「SIBELL社」はプロヴァンスの会社でこちらも冷凍ものを使わない、パーム油、着色料も使わない、と質にこだわる会社で、以前ご紹介したこの味チップスがとてもおすすめなのです。
→「SIBELLのトリュフ風味のポテトチップス
でもこのチップス、なかなか売ってないのですよねぇ。プロヴァンスに行けばきっと手軽に買えるのかなぁ。
RIMG51734
そして2つめは日本でもいくつかの製品が売られるようになった「rians社」のもので、
フロマージュブランに似ているけどもう少し荒くしたような口触りの「La Faisselle(ラ・フェセル)」の「mûre(ブラックベリー)」ソースがついた版。
我が家ではソースのない判の大きめパックのをヨーグルト感覚でそのまま食べたり、お料理に使ったりしているのですが、これはデザート仕上げになったものです。
RIMG51738
よくよく見たら、2016年にパリの食品会で金賞も取っているらしかったのですが。
RIMG51745
これがなかなか美味でちょっと新鮮驚き。
フェセルのちょっとキメの荒いざっくりミルク感になめらかでちょっと濃いい風味のブラックベリーソースが合うんです。
ときどきビストロのデザートメニューの中にフロマージュブランがありますが、
それをいただくよりもしかしたらこのソース付きのフェセルをいただく方が美味しいかも…
なんてちょっと思いました。
これもとてもおすすめです。

…………………………………………………………………………


今回も読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG49335
さてさてまたまたスーパー買いでお手頃だけど美味しかったものたちのご紹介コーナーです。
早速行きますね。先ずはこのフランス北東のrians(リアン)という村で生まれた「rians社」のクレームブリュレ。「rians社」の製品はこのブログで他にもシェーブルチーズが美味しかったことはお伝えしたことがあるのですが、「rians社」はデザートもいろんなものを出していまして、その中でもこのクレームブリュレはかなりの人気商品のよう。
RIMG49336
取り出すとこんな風に砕いたキャラメルが小袋でついているのでこれを、
RIMG49526
上に振りかけてかけていただくのですが、このキャラメルはお店でいただくあの表面を焼いたパリパリ感こそさすがにないものの、クレームブリュレ自体のお味は結構濃厚でコクがあってちゃんと美味しいのです。スーパーで気軽に買えることを考えれば私的にはぜんぜんOKだな、と思いました。
RIMG49585
お次はフランスで1871年に生まれたパスタブランド「Lustucru(リュステュクル)社」のニョッキです。
フランスのパスタブランドと言えばスーパーで大量に並んでいるのは「PANZANI(パンザニ)」ですが、最初にあれを食べた時はあまりにまずくてびっくりし、後でフランスの会社だと知って納得?したのですが、この「Lustucru社」は悪くないのですよ。特にこのニョッキ、もちもちです。でも実はこのフォトのは茹で用ニョッキなのですが、私の一番のお勧め商品は「Gnocchi poêler(ニョッキ・ポワレ)」、焼き用ニョッキなのです。これで私は焼きニョッキってこんな美味しいんだ、と新鮮びっくりしたのです。


ア~ンド、いまいちだったものも今回は併せてご紹介です。
RIMG48783
先ずは一度もうお伝えしているのですが、このディチェコのニョッキ。
何とも言えない変な酸味が口にど~しても残ります。ただし、トマト味ニョッキにしてしまえばトマトの酸味と一緒になってわからなくなるかもな、と思ったので、まだ半分冷凍で残っているこのニョッキ、捨てるのはもったいないのでトマト味でやっつけちゃおうかな、と。


そしてもう1つが、
RIMG48541
クレームブリュレと同じ「rians社」のル・ルレシリーズのクランベリー風味とチリ風味。
こちらは残念なことにいまいちでした。クランベリーの方は先ず甘過ぎて、チーズを楽しむというより、お菓子感覚。これ食べるならほんとの美味しいフルーツのロールケーキ食べた方がいいかな、って。チリ風味もまずくはないけど美味しくもない。どちらもチーズの風味が何とも微妙で。やっぱりチーズ商品なのでチーズの風味を一番に楽しめないと、と思ったのでした。
「rians社」は最近日本でも販売を開始したようで、このル・ルレシリーズも購入出来るようなのですが、これは私的にはおすすめ出来かねます。しかも結構なお値段…。でもクレームブリュレは美味しいですよ♪


…………………………………………………………………………

6月21日の夏至を過ぎてから急に暑くなり出し、昨夜は暑さ&湿気で扇風機をかけても寝苦しかったパリ。しか~し、今日はまたちょっと肌寒い。おかげでわたくし風邪っぴき。今も鼻水をふきふき何とか更新出来そうです~。
それにしても一体どうなってんでしょう、このお天気は?…

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG49423 - Copie
何と言ってもお手頃だけどそのお値段のわりに美味しいのが大好きな(ぴったりなかな?)我が家の最近スーパーでめっけて美味しかったチーズ&パンのご紹介で~す。
先ずはこのチーズ。これはフランス南東部サヴォア地方のチーズ「Tomme」なのですがそれをスモークしたもの。「Tomme fumée」って書いてありますね。
&優しい狙い顔ちゃんはジェンカ。
RIMG49425 - Copie
でも実は美味しくて半分近く食べちゃった後フォトです。ちとお見苦しくてごめんなさい。
&遠慮なしに身を乗り出してきたジョアンナっちの両手。
RIMG49424 - Copie
&ジョアンナが必死顔でパクつこうとし、その後に続こうとミュミュまでも!んだからママちゃんは、だめ~!!と叫びながら慌ててチーズを取りあげるためにキャメラぶれた~フォト。
RIMG49426 - Copie
さてさてTommeちゃんチーズですが、もともとナッツのようなちょっと香ばしさが感じられる食べやすい美味しさに、さらにスモークもこのTommeの風味がしっかり味わえるよう程よくされててこれまた美味。これは日本人も好きな味かなと思いました。
ちなみに購入したのは、最近よく行っている、安かろう悪かろうでは決してないものもたくさんあるけど賞味期限が近めのものも含めお得に売っているスーパー。ほんとお買い得がたくさんなのです。でも、賞味期限はしっかり確認しなくちゃです。賞味期限が2日前、な~んてものもお買い得ワゴンコーナーとかじゃなく賞味期限は自分で気にして頂戴ね的に普通にズラ~っと並んでおります。何と堂々?としたスーパー…。
RIMG49186 - Copie
そしてもう1つ美味しかったのが少し前にご紹介させていただいたこの、
→「Harrysのスペキュロス風味の食パン
パンと同じシリーズの今度は「ECLATS DE CHOCOLAT AU LAIT PRARINE」風味。
RIMG49190 - Copie
砕いたチョコレート・プラリネ(ローストしたノワゼットやアーモンドをキャラメリゼして固めたもの)入りです。
RIMG49196 - Copie
チョコ入りってのも美味しいですが、ときどき~な粒粒プラリネの食感が、雑穀入りパンの粒粒感ともちょっぴり似ていてこれまたよいのです。で、これもスペキュロス風味のように何もつけず焼かず手軽にそのまま食べるのがよいよい。キッチンの棚に置いておいて、小腹が空いた時とか時間のない朝とかにも便利かな、と思います。
このシリーズパンはあとキャラメル風味があるのですが、うちは旦那がキャラメル風味が好きじゃないので(プラリネもキャラメリゼなのに)、そちらは試す機会がないかもなのですが。ま、でもキャラメル風味って美味しいけど若干ありふれているかなとも思うので、もしまた別の新風味が出たら試したいです。


※追記…お昼に私のブログを見た旦那に、パンの棚にしみがついててよくないよ、ほら、洗剤でとれたよ、と注意を受けた妻です~。いやあ、しみわかってたんだけど、ブロカント食器棚だから取れないかと勝手に思い込んでて。ちなみにコーヒーのしみのようでした。大変失礼いたしました。ペコリ。

…………………………………………………………………………



ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG48537

日本で言うところのヤマザキパン的な、もともとはフランスの会社だったけど今はイタリアのパスタ会社のあのバリラの子会社になっている、フランスでポピュラーなパンメーカーHarrysさん。
そこから出てるこの「Beau&Bon」シリーズパンのスペキュロス風味が前から気になっていて(スペキュロス風味大好きだもんで)試しに買ってみました~。
Harrysの普通のタイプ食パンはめっちゃお手頃なんだけど、な、な、なんとこれは3、30ユーロ
だったか3、50ユーロくらいだったかな。ちょっと忘れちゃったですが。でもとにかくHarrysにしては結構ないいお値段なのです。さあさあそれだけ出してお味はどうだどうだ?
これがですね、なかなか美味しいのですよ~♡ かなりちゃんとスペキュロス風味で何もつけないて焼かないでこのままで美味しくて、ついつい食べちゃうんです。ま、菓子パンっちゃ菓子パンなんですが。

RIMG48671

で、いつもはお昼ごはんを食べに家から徒歩10分の職場から帰ってくる旦那が、今日はパトロンさんとランチに行くというので、私は1人で簡単ブランチ。
メニューは、

・スペキュロス風味のパン(なのでただいましっかり冷凍常備中)

・残りポテトサラダのサンドイッチ(これはHarrysの普通食パンで)

・クリームチーズのオムレツ(卵が1個しかなくて具が多すぎて崩れた~)

・ルッコラとバナナとオレンジのスムージー(色は微妙だがなかなかグ~)

・豆乳カフェオレ


やっぱりスペキュロス風味パン美味すぃ。
これとカフェだけでもいいしおやつにもいいしこれもしばらくはまりそうです~。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG44828
手頃で美味しくて気に入っている黄色い箱が目印のディズニー(D’ISIGNY)のこのフロマージュ
→「またまたディズニーのフロマージュ、なんだけど2
とは違うメーカーのを旦那が買ってきてくれました。
2の方の黄色い箱に書かれている「AU LAIT DE FERMES」というのは何か所かから集めた牛乳を合わせて作っているという意味で、こちらの黒い箱の方には今度は「AU LAIT CRU」と書かれていますが、これは生乳を使っているという意味。で、「AU LAIT DE FERMES」のことは置いておきまして。「AU LAIT CRU」という文字が入っていないものは加熱した牛乳を使っているということになります。ということは黄色い箱の方は加熱牛乳使い。一般的には「AU LAIT CRU」の方がよりいいものなイメージですが、私はあまりそれは気にせず、美味しきゃいい派。
RIMG44829
さてさてお味は?
RIMG44831
これも美味しかったのです~。残念ながら生乳と加熱牛乳との違いは、私の味覚ではわからなかったのだけど、ディズニーのフロマージュのクセのないちょっとスペシャルなうまみは共通なのねぇ、って。お好みもあると思うけど、私的にはこのディズニー村のフロマージュたち、かなりおすすめでございます♪
ところで去年11月にご紹介したこっちのフロマージュ
お手頃トリュフ入りチーズ「LE RUSTIQUE à la Truffe noire du Périgord」
これまた大変お気に入りで実は毎週のように旦那に買って来てもらっていて、その度に、まだたくさんあった?って聞いていたのですが、先週末、とうとう最後の1つになっていて、それを旦那が買ったそう。が~ん!とうとう来たか、と…。
で、その最後の1つが、
RIMG44947
コチラ。期間限定だろうな、とは思っていたけど、去年の11月にめっけて以来ずっとあったから、もしかしたら限定じゃないのかも♪な~んて夢も抱いたけど、やっぱり限定なのだろうか、と。今週末も旦那に、まだあるかどうか見てきてもらおうと思っています~。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村


↑このページのトップヘ