ヴァカンスごはん

RIMG44415
週末ごはんがちょっとたまっておりますので食べ物記事が続きますがご紹介させていただきますよろしくです。
主にエマウスで買ったお気に入りブロカント食器がどんどこ増えておりますので、アジアンごはんじゃなければ週末ごはんではなるべく使うようにしていて、この日もそんな食器さんたちでございます。
さて先ずは前菜2品で2品ともリピのコチラ。
Cpicon 速攻おつまみ≪≪ゆで卵≪≪刻み生ハム by Snow*Love
Cpicon 蜂蜜レモンdeプルーンの生ハム巻き** by megmicky
どちらも超~簡単ですが見ためにもかわいいしワインにもぴったりで美味しいのです♪ 
卵ちゃんの方はもう3、4回目?のリピで、プルーンさんの方はこの時以来。
→「カヌーでピクニック」 
たった4ヶ月前でついこの間と言えばこの間だけれど4ヶ月の間にいろいろなことがありました。我が家で、パリで、でも世界中でですね。
RIMG44417
お魚の1品はちょっとわかり辛いのですが、中途半端に残っていたスモークサーモンとトマトを合わせ、ハーブドレッシングをかけました。ちょ~っと、いや、だいぶ盛り付けが大ざっぱになっちまいました。しかもスモークサーモン少な過ぎであった~。まあまあまあまあ。
RIMG44419
お肉のメインは買って来たチルドのジビエの1品、鹿肉のソテーに我が家の最近のお気に入りの野菜の揚げたの&ソテーしたのを添えました。鹿肉はここ数年我が家のノエルの定番でご馳走的感覚ですが、お手軽チルドでいただけるのは嬉しい。嬉しいけど鹿さんをお手軽にいただくっていうのはなんだか少しなんだか。でもこう考えると、牛さんも豚さんも鶏さんもそうなわけで。ちゃんとその点をどこかで忘れずありがたくいただきたいと思います。

……………………………………………………………………………………………………

で、今回のチルドの鹿さんがコチラ。
RIMG44211
何度も書いておりますが、我が家定番スーパーマーケット「LIDL」のDELUXEシリーズです。プティ・プリ(petit prix=小さなお値段すなわちお手頃)なわりになかなか美味しいものが多いのです。日本で言うところの、コスパがいい、って言うんでしょうか。いや、ちょっと使い方違うかもだけど。でもとにかくお値段と味が比例して納得のものが多いのです。私は高くて美味しいものよりも、どちらかと言うとこういう方がな~んか満足してしまいます。へへ。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していだけるととても嬉しいです。 

人気ブログランキングへ 


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG44603
元日と2日はお寿司、それに年末31日はうどんすきと3日間日本食だったので、いつも何でもいいよと言う旦那が珍しくフレンチ系が食べたいかも、と言いましたので、この日はフレンチとなりました。で、冷蔵庫チェックしたら奥の方で新鮮さをかなり失った張りのないきのこセットのパックが。あら~すっかり忘れてた。いかん、これを使い切ってしまわないと、と思い、先ずはポタージュに。新鮮さがない分は我が家の定番となったディズニーの生クリームでカバーしました。旦那には新鮮さを失ったきのこちゃんたちの様子は見せていなかったので、美味しい♪と喜んで食べて、いや、すすってくれました。もし見ていたら気分が違ったのかもしれません。
RIMG44605
お次もまたそんなきのこちゃんでコチラ。
→「きのことゴルゴンゾーラクリームのペンネグラタン
ちょうど開けたばかりのファルファッレがあったのでペンネではなくファルファッレだったのですが、自分で言うのもあれですがとっても美味しかった~!熱々グラタンってやっぱりたまりません。私はグラタン系というと一番には日本の定番の鶏や海老が入ったマカロニグラタンが好きなのですが、いやいやなかなかふむふむ負けてなかったかも。
RIMG44608

そしてメインは、お肉をほとんどいただいていなかったので肉食星人である旦那のためにマグレ・ド・カナル(鴨の胸肉)です。とにかくロゼに焼き上がるようにだけ注意してやったのですが、とてもいい感じに出来ました。今までで一番いい具合だったかもです。ガルニチュール(付け合わせ)はじゃがいものピュレとさつまいもの小さなクロケット。しか~し、盛り付けていて気がつきました。ソースを用意するのをすっかり忘れていました。でももういまさら作るのはあれなので、ココの、
→「PHILOU(フィルー) ~パリのレストラン 10区~

鴨に柔らかいムースを合わせるいただき方を思い出し、ディズニーの生クリームをちょこんと添え作戦してみました。これがなかなか悪くなかったので助かりました。そして食器はこの時にめっけた新入りさんにはじめてご登場していただきました。
→「ノエル直前混雑エマウス&超お気に入りブロカント食器
シンプルな盛り付けにすると柄が邪魔にならないことをちょっと勉強しました。この縦長の形はやはり使いやすいです。エマウス&ブロカントでもっと集めよう!思いました。でも置く場所がほんと~にほんと~になくなって来ました。どうしましょう…。

………
……………………………………………………………………………………………

そんなディズニーの生クリームをもう一度改めてご紹介。
RIMG43910
クリームがどんなんかをまだご紹介していなかったこともありまして。
→「ディズニーのAOPクリーム入りサブレとディズニーのAOPの生クリーム
RIMG43914
で、このクリームがほんとクリーム状でして、まるで柔らかく練ったあっさりバターのようなサワークリームのようなのです。このままちょっとなめても美味しいし、熱が入れば溶けてリキッド状になります。今回の鴨にもよかったし、これからはますます我が家で活躍なさってくださる予感でございます~。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。 

人気ブログランキングへ 


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG44593
いつも同じことを書いてしまうのですが、フランスのお正月はめちゃくちゃさらり。
12月31日と1月1日はごちそう&シャンパンで過ごす感じですが、そんな31日も仕事は一応通常通りで、ま、それでもそれぞれの会社で午前中で終わったり、いつもより早めに終わったりがあって。そして、今年はちょうど土日にあたりましたが、いつもだったら新年も2日からす~ぐお仕事が当たり前。日本のお正月感覚とはまったく違うのです。だからこんなさっぱりお正月にはじめの頃は慣れない、って言うか寂しいって言うか。なので一人だけでも何とか日本のお正月気分を味わおうと、12月31日から1月1日にかけて家族が(旦那&わんこべべたち)寝静まった時とかに一人ネットの日本のダウンタウンのあれとか、ちょっとNHKのあれとか観ながらちびちび日本酒を飲んだりしていたものです。でももうここ数年はすっかり諦め慣れてきましたねぇ。で、今は日本に住んでいらっしゃる人様のブログとかで、いいなぁ日本のお正月とかお節とかご家族の集まりとか、を見ながら、この遠いユアラップの地で思いに馳せるのです。以前は家族のことを思い出して切なくなったりもしましたが今は大丈夫。ただただやっぱり素敵だなぁ、ともう心ほっこり…。やっぱあたしゃ日本人でございます~。
さて我が家の新年1日のごはんをさっとご紹介です。なんせ1日は起きたら10時過ぎだったものだから焦って作ったもので繊細さにちょっとかけるのですが(言い訳ねぷぷ)、メインはラップで作った簡単握り寿司で+お餅なし我が家のお雑煮(お餅買いに行けなかった)+天ぷら+ちょこっと小鉢の地味めごはんでございます。お節は一度がんばって作ったら、旦那がほんのちょっとしか食べなかったので以来やめました~。でもやはり日本食がいただきたいのでここ数年は手巻きや握り寿司が多いです。で、この時のお寿司具材はサーモン、旦那がマルシェで買ってきたまぐろ(たぶんびんちょう?)、ホタテ、茹で海老、フォアグラソテー、鴨のスモークハム、アボガド&カニカマ、そして玉子はコチラ。
Cpicon 喜八の厚焼き玉子の出汁 by 喜八(キハチ)
そしてなます代わりのような1品がコチラ。
Cpicon 人参と白ゴマの甘酢サラダ by milketmoi

RIMG44588

お店で職人さんが握ってくださるお寿司とはくらべものにならない代物ですが、それでもこうして海外に暮らしているとお寿司というだけで嬉しくてありがたくそして幸せ。2日は今度は美味しい海苔で手巻きをたくさんいただいちゃいました。手巻きってのがまたねぇ、美味しいんだ♪
さて、明日からは日本もそしてフランスも、ってか世界中の多くの方が通常通りのはじまり。日本の方はまたすぐ新年会とかも続くかと思いますが、どうぞ皆さまの仕事はじめがなかなか素敵でありますように。青空だといいですね~。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。 

人気ブログランキングへ 


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG44475
そしてノエル当日のメニューのご紹介です。でも前夜第一回めごはんが終わったので、何て言うか気持ち的には2/3を終えた感でかなりリラックスモード~。作るものも何となく決めていたけど前菜だけはぎりぎりあるものと相談決め。
で、そんなぎりぎり決め前菜が今超~気に入っている黒大根の生スライスにホタテとサーモンのタルタルをのせた1品で「ホタテとサーモンタルタルの黒大根カナッペ」。ベースのタルタルはこのレシピとなっています。
Cpicon 2種サーモンのタルタル*薄切りパン添え by milketmoi
これがとっても美味しかった♪タルタルはもうホタテとサーモンだから美味しいのですが、黒大根のパリパリ食感とのアンサンブルがよくて。このいただき方は我が家の定番になりそうな予感です。
RIMG44479
私はタルタルカナッペちょっと+生ガキもまたいただきました。今回のはノルマンディー産のものでしたが、新鮮であっさりなうまみで美味しかったです~。
RIMG44482
魚介の1皿は少し前からノエルに作ろうと決めていた再挑戦のサーモンのミキュイ(mi-cuit=半分火が通ったという意味)。前回初挑戦した時は火が入り過ぎて失敗してしまったのですが、今回はフィリップ・エチュベストシェフの作り方を参考にガルニチュール(付け合わせ)も考えてのオリジナルでの再挑戦。これがサーモンの火入れも完璧で付け合わせのフェンネルも美味しく出来て自分で言うのもずずしい話ですが2人して唸るくらい感動してしまったのです。上手くいくとこんなに美味しいのか、と。付け合わせも合うとこんなに美味しいのか、と。これは我が家の私の大事なレシピになりそうです!
RIMG44485
お肉は前日に作った鹿ちゃんの低温調理を温め、軽くソテーしたフォアグラをのせ、ガルニチュールは最近お肉の付け合せにとても気に入っている揚げた野菜とソテーした野菜の盛り合わせに。ベースが前日と同じものでも合わせ方でまったく違う味わいになってこれも飽きずに美味しくいただけました。ちなみにフォアグラソテーのせお肉メインが美味しかったのが印象的なのはこのお店。
→「L’Ourcine(ルルシーヌ)  ~パリのビストロ 13区~

ボリューム的にも満足でシェフさんも気さくで感じがよくとても気に入ったビストロです。ここもまた行きたいです~。
RIMG44487
デザートは前日とまったく同じコーヒー風味のケーキで、私もこの時は1切れいただきました。あるもの利用で作ったのですが思ったよりずっと美味しくてこれも大満足。旦那はまたしても2切れ食べておりました。食べ過ぎじゃないの?って言ったらノエルだからいいんだ、と。そしてこの夜も冷蔵庫に入れておいたのを見つけて1人でしっかり食べていたので、食べ過ぎじゃないの?ってまた言ったら、明日になったら味が落ちているから、って言うので、いつも同じこと言ってるね、って言ったら天井の方を見てすっとぼけておりました~。

……………………………………………………………………………………………………

そして
RIMG44464
今年の我が家のツリーはちょっと小さめさん。
と言うのも下に置く大きなサイズのものだと我が家にいるちっこい運び屋さんが家中&はたまた庭にまで持って行ってしまうので、テーブルの上に置けるようなこのサイズにしたのです。
RIMG44467 - Copie
これがなかなかちょうどいいな、と。子供の頃から海外の家にある大きな本物ツリーに憧れて、フランスに来てからも旦那の嫁になってからもやはり大きいのがいい、だってここは外国だもん、みたいな気持ちがあったわたくしですが、が、もうそろそろそんな気持ちも落ち着き、ノエルもさらり行けるようになってきました~。
RIMG44471 - Copie
片付けもラクチンそうです~。でもまだまだ片づけませんよ。フランスでは1月入ってもまだそのままの場合も多く、たとえばお店とかでは2月入っても飾りが残ってる、な~んていうのも珍しくありません。
RIMG44474 - Copie
ツリーの一番上に飾った天使ちゃんですが、ある日キッチンの方に転がっていまして、見て見たら、翼を半分なくし、オメメも一個取れちゃった天使ちゃんになっておりました。何かの拍子で落ちたのをどこかの運び屋が悪さしたようです、
犯人は誰だ?


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG44455
今年のノエルのパリも、と言うかフランスが全体的に暖冬で、TVニュースでは、今の時期雪が積もって寒~いはずのサヴォアやアルザスにもあまり雪が積もらず、スキー場などの関係者たちが商売上がったりだよ、と言っているくらいで。そう言えばパリも初雪がまだだけど、こりゃ来年になりそな感じかしら。こんなノエルの時期にパリに雪が降ったのはこの時。
→「雪雪こんこん
この2010年のパリは雪がよ~く降ってものすご~く寒かったのだけど、あれほどの寒さはこの年が最後だったように思います。あれからそれほど寒くはない度がホントどんどん上がっているように感じるなぁ。それにしてもブログってこうして思い返して確認もできていいな。やっててよかった!ってなんかこんなフレーズあったねねね?!あ、開いててよかった!だったな。古い!ぷぷっ。
ということで24日のラ・ヴェイユ・ド・ノエル(クリスマス・イヴ)の我が家のディナーのご紹介です。今年はいつもより少し軽~い気分で作りました。と言うのも人間は二人だけだし、何年か張り切って時間をかけてやっていたけど、そろそろそろそろ、フランス人がノエルノエルと言ってても、ああそうねぇ、くらいに聞き流す余裕?が出てきたのでございます~。 
RIMG44435
で、先ずはアペロのおつまみに簡単ちゃちゃちゃと作ったフォアグラとパンデピスの一口サイズのミルフィーユ仕立て。上にちょこんと乗ってるのはショコラです。フォアグラがそれほど好きではない旦那が美味しい、と6個も食べておりました。でももっと綺麗に切らなくちゃだわ。 
RIMG44433
お次はフランスではノエルや年末の大定番である生ガキ。旦那は生ガキ好きじゃないのですが私が大好きなので買ってきてくれました。以前はレモンをぎゅっと絞っていただくのが一番好きだったのですが、今はエシャロット入りの赤ワインヴィネガーでいただくのも大好き。つるんと何個も食べれちゃいます。
RIMG44446
そして魚介の1品は自分で考えて作ってみた、ホタテとじゃがいものミルフィーユ仕立て。ホタテもノエルの大定番食材で、ホタテで何か、とは思っていたけど、どんなふうに食べたいか、私の胃袋がなかなか決められなくて、ぎりぎりで考えた1品です。そのわりには結構美味しく出来ました。んだけど、ホタテとミルフィーユの割合をもう少し変えた方がよりいいな、と。これは改良の余地ありです。ってかホタテじぇんじぇん見えてませんね。
RIMG44450
お肉は去年、一昨年もノエルに作ってまた一年に一回今年も食べたい、と思いコチラ。
Cpicon 鹿肉のロースト(ローストベニソン) by 伝統肉協会

70度のお湯で火を入れる低温調理法で作る1品で、今年が今までで一番完璧に出来ました。ものすごく柔らかくて肉汁使いの我が家の定番ソースもよく合いました。ガルニチュール(付け合わせ)はじゃがいもピュレにいろいろ野菜をのせたもの。これも美味しくてメインは総合的にバッチリなのでした。ほっ。
この低温調理法、私はここで、
→「A LA MARGURITE(ア・ラ・マルグリット) ~パリのレストラン 1区~
いただいたお肉の柔らかさにビックリして、以来、いい赤身のお肉はよく低温調理で作るようになりました。このお店は味付けが上品でしつこくなく私的にはかなり美味しかったところ。またいつか行きたいです。
RIMG44451
デザートは今年は控えめ小さめのコーヒー風味のバタークリームケーキにしました。ケーキはほとんど食べないわたくしなのですが、コーヒー風味で甘くないのなら食べれそう、思ってこれにしてみたのですが、でもやっぱりデザートまでは辿り着けなくて、代わりに?旦那が2切れ食べました。とても気に入ったようでした。コーヒー風味ケーキは今まであまり作らなかったからかな。次回はノエル当日(今日ですが)のメニューのご紹介です♪


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

↑このページのトップヘ