ヴァカンスごはん

RIMG40079
今年は例年にない暑さだったせいか、大葉と一緒でお庭の花の咲きもいまいち。
そんな中、去年ほどではないけれど、ダリアは何とか1つ1つ順番に咲いてくれていて、9月下旬の今も蕾が開き始めたのが1つ。秋の空の中で素敵に映えております。
そしてそんな秋パリ真っ只中ですが、パリに住んで7年半、実はすっかりパリの秋冬、特に冬が苦手になっちまったわたくしです。
そんな冬の中で数少ない、冬限定好きなものがヒヤシンスです。ヒヤシンスはその雰囲気も、そして匂いも大好き♡
例えばヒヤシンスがうちで咲いたとすると、その咲きたての時なんか、鼻をお~きく膨らませてしばらく、しばら~く匂いを吸い込んでいるくらいです。なんつうのかな、冬の冷たい凛とした空気のような、でも凛とした中にすっきりとしたくっきりとした甘さもあって。もしヒヤシンスの香水があったら私欲しいなぁ、なんてのもちょっと思ったり。匂いが少し似ているリラの香水はときどきあるのですけど、でもヒヤシンスは聞いたことがないのです。私が知らないだけかなぁ。と、思って、ちょっとネットで見てみたら、「Spezierie Palazzo Vecchio」というイタリアのフィレンツェのメーカーが出している手作りのナチャラルパフュームの中に「Giacinto Selvatico」というヒヤシンスの香水があるよう。ここは香水たちのネーミングも、メディチ家のスパイス、とか、ネパールの琥珀、とかスペシャルで素敵です。パリでも買えるのだろうか。ちょっとあとで探してみましょう。
とは言うものの、自分香水ってほとんどつけないんですが。でも臭くなければ嫌いじゃないしヒヤシンスのはいいですねぇ。
昔うちのお母さんはそんな高価なものは持たなかったし持てなかったけど、香水だけはいつも資生堂の「ホワイトローズナチュラル」を使っていました。それがほんといい匂いでねぇ。
名前もまたホワイトローズナチャラルって。ナチャラルな白いバラ、いや、ばら、かな、それとも薔薇かな。とにかくどんだけナチャラルなんだって思って、そそられるネーミングで。で、ときどきそ~っとつけて乙女しておりました。
それから海外旅行のお土産にもらったり、自分でも買ってみることもあったけど「ホワイトローズナチャラル」より素敵な香水には、ときどきつけたそっと想ひ出のことも含め出会ったことはありません。
で、今思うことは、黙ってお母さんの大事な高い香水つけて悪かったな、減りが若干早かったかもな、それとも気づいてたかな、って。空のお母さん、ごめんなさい~、って。


それではごはんのご紹介で~す。 
RIMG40065
先ずはコチラ。
Cpicon ズッキーニと豚肉のハーブ塩レモンソテー by Kママ4187
食べ頃家庭菜園ズッキーニがあったのでお試しです。
超簡単で私の好きなレモンがきいてさっぱりうまし。
RIMG40067
スープは自分レシピでコチラ。
Cpicon 残った干し椎茸戻し汁で簡単スープ by milketmoi
レシピ名通り、ほんと残ってた干し椎茸汁&ある野菜でいつも通りちゃちゃっと作成。美味しいです!
ポイントは+和風だしと鶏ガラスープの素。このお手軽だしの三重奏が美味しいのです。
RIMG40070
パスタはリピのコチラ。
Cpicon 【定番】トマトパスタ by mafinn
生トマトを使ったシンプルパスタはこれが私的にはベストと思っている1品。
美味しいフレッシュ完熟トマトに火を通してもこんな美味しかったらOKよかった、と思えます!
RIMG40074
メインはコチラたち。
Cpicon ツナバーグ by かふおた
Cpicon 大葉消費*美味しい和風豚ハンバーグ by milketmoi
ツナと豚肉のバーグ、ちょっと驚き美味しいです。豚肉のあっさりとしたうまみにツナのうま海味が何とも言えない。豚肉とツナ、これは新鮮ボンマリアージュではないでしょうか。
そして大葉ハンバーグは自分レシピで何度か作って一番美味しかったレシピです。これも豚肉使いなのですが、大丈夫。かなり美味しいです。豚肉うまいです大好きです。でも、よく火を通さなくちゃです~。


ご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加中です。お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです!

人気ブログランキングへ

レシピランキングの方にも参加しております。
美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます

週末は結局2日間とも雨だったパリ地方ですが、旦那がプチヴァカンスでお仕事お休みだった平日はほぼいいお天気に恵まれ満喫出来たので大満足の一週間なのでした。
なのですが、実は旦那、そんな週のあたまに歯が二ヶ所痛み出し、とりあえずはかかりつけのお医者さんのところに行って2週間分の飲み薬をもらい、今はそれを飲んでいるのですが、その後に歯医者さんに行くとのことで、歯医者さん高いしやだなぁ、って言っております。
フランスの歯医者さんが高いというのはよく聞いていたし、歯が悪くてしょっちゅう歯医者さんに行ってる知り合いからその費用をきいてビックリしたこともあるけど、私自身は歯は昔から強いのかなんなのか、ほとんど通わずに済んできて、日本にいた時は一度、あまりにも長い事歯医者に行っていなかったので、どこも痛くなかったのだけど診てもらいに行ったら、どこも悪くありません、虫歯もありません、って言われて、それ以来まったく行っていない状態なのですが。
さて旦那、以前一度行った歯医者さんがお金お金な上にヘタクソでよくなかったので只今別の歯医者さんをネットで探し中。で、私もネットで情報を何となく見ていたら、よく拝見させていただいている「フランスニュースダイジェスト・編集部ブログ」でこんな記事を見つけました。
→「歯医者に行ってきました
ここで実際に行ったこの編集部の方は歯のブリッジがとれただけで治してもらうのに2400ユーロかかると言われたそうだけど、旦那も歯の治療は場合によっては新車一台分かかることもあると言っていて、なので例えば年配の方が入れ歯にする場合はヴァカンスもかねて東欧の費用の安い国に行って作ってくる、な~んてこともとても多いそう。とにかくフランスでは歯科医ががっぽりお金をとるんだそうです。
そんなことを聞いて自分は歯に問題がなくてよかったなぁ、と改めて思いました。日本でだったらまだいいけど、このフランスで歯が悪かったらかなり大変だなぁ、って。それからあと1つ思ったのは、私は甘いモノをほとんど食べないのでそのおかげで歯に問題がないのかも、って。でもねぇ、そのかわりっちゃあれですが、まあちょこちょこガタがきておりますが。ま、しかたないですワ、こればっかりは。
あ、で、旦那の歯医者さん探しと治療の行方はMutuelle(ミュチュエル・健康保険に加入してる人が入れる任意保険)のことも含めまたご報告させていただきたいと思います。フランスでの歯の治療と費用は気になる方も結構いらっしゃると思いますので。

RIMG39602

そんなわけでまだ旦那の歯が痛みだす前の素敵な8月ヴァカンスごはんの⑰のご紹介で~す。
もう前の番号を確かめないと次の番号がわからなくなってきてしまったのですが、ああ、儚い楽しい夏の日々なのは確かでした。ま、カヌー修理&改装&片付けが主でしたが。はは。
RIMG39589
で、この日は無性に食べたくなってアジアンメニュー。
RIMG39594
先ずは自分レシピのコチラ。
Cpicon パクチーたっぷし♪豆腐のアジアンサラダ by milketmoi
ノンオイルなのですが、物足りなさ感はまったくなくて、自分で言うのもあれですがかな~り美味しいです!お豆腐、パクチー、野菜好きさんにおすすめでございます。
RIMG39592
お次も自分レシピでコチラ。
Cpicon ガパオ★うちのシンプル鶏バジル炒めご飯 by milketmoi
この日無性にアジアンしたくなった一番理由は、タイで食べたもの再現メニューであるこのシンプルガパオを久し振りに食べたくなったから
シンプルというのは、味付けがにんにく、赤唐辛子、ナンプラー、そして塩胡椒だけだからなのですが、これがバジルの香り風味が引き立って美味しいのです~。ま、オイスターソースが入る版もそれはそれで好きなんですけどね。
RIMG39597
そしてコチラ。
Cpicon ปลาหมึกผัดผงกะหรี่ by liarra
ですが読めましぇ~んね。タイの料理でプラ-ムックパッポンカリー。イカのカレー粉炒めです。私はこれははじめてだったのですが、カレー粉炒めでも生クリームを入れた卵が入るのでちょい辛ながらも優しい味わいで美味しかったですよ。これはごはんにもめっちゃ合いますねぇ。
RIMG39599
ネム風はアジアン風味にしたじゃがいものマッシュを入れてみました。
これはまあまあだったですかねぇ。とびきりではありませんでした。
RIMG39598
サラダは自分レシピのコチラ。
Cpicon キャベツとピーナッツのアジア風和えサラダ by milketmoi
これはアジアンでもかなり手軽な材料で出来て自分で言うのあれですが、でも言っちゃいますがかな~り美味しいです!決めてはピーナッツ。
RIMG39591
スープは海老と春雨とあり合わせお野菜に味付けは鶏ガラだしとナンプラーとレモンでちゃちゃっと作ったほんのりエスニック風。仕上げに魔法の?パクチーをたっぷりのせれば絶対に美味しいのです~。ま、絶対にっつうのは完全に私的決めつけ好みですが。
RIMG39605
そして最後はコチラ。
Cpicon 花椒と生姜のアジアンスパイスティー by ruruyun
これちょっと、いや、かなり新鮮で美味しくてビックリだったのです!花椒は自分すごく好きなんですがそれをお茶にというのは。しかも一緒に入れる生姜もまたい~~いお仕事。これはこれからの季節にもまたぴったりだし風邪にも良さそうなのでお世話になりそな予感です~。

さ~て、今日もどんよりお天気のパリですが、こんな時は太陽に誘われないので家のことが進みます。よし。やりましょ。皆さまの週はじまりもなかなか悪くないはじまりでありますように♪



ブログランキングに参加中です。
お手数ですが応援していただけるととてもありがたです!

人気ブログランキングへ

レシピランキングの方にも参加しております。
美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!

目の色のことについて書いたら、またいろんな事が過りました。
子供の頃、シルクロードの写真集を見ていたら、シルクロードのたぶんすごく奥の、ロシアとかに近い地域だと想像するのですが、そこに住む村人の中の1人が、容姿も服装もアジア人なのに一重の目の色だけが真っ青だったのです。その衝撃が子供ながらにずっと忘れられないでいて、もしかしたらあの頃から目の色吸い込まれタイプだったのかもと思うのです。
そしてそれからうんと時が経ってフランスに来てパリに住んでしばらくたったある時、電車に乗ったら、向かいの席に座っていた男性がまさしくそうだったことがあったのです。
黒い髪、褐色の肌、眠っていて閉じていたけど切れ長の目の形、雰囲気、すべてがアジア人だったのだけど、彼がふいに目を開けた瞬間、その目の色が真っ青なサファイア色だったのでビックリ。
シルクロードの奥地に行かなきゃ出会えないと思っていてすっかりその衝撃も思い出の奥の方になっていたのだけど、ここフランスで出会った~。by下條アトム
アジア人なのにサファイヤ色の目は本当に不思議です。スペシャル過ぎる魅力なのです。
そして、ここフランスが移民のとても多い国だからこんな人がさらっと電車にいるんだろうなぁ、と思ったのです。
で、これまた私的には、神さまからもらった特別、な気がします。
それにしてもどんな風に見えているのだろうと思います。黒や茶系の目の人と青い目の人は若干見えてる色が違うらしいですからね。サファイヤ色の人は全部が深みのある色に映るのかなぁ、なんてね。想像すると楽しい面白い!
ところで青い目というのは6000年~10000年前の突然変異で生まれたたった一人の人からのはじまりだとする研究を、デンマークのハンス・アイベルクさんという研究者が発表しているそうだけど、だとしたら今これほどまでに青い目の人が多いのが不思議だし、興味深いのです。以前、アルコールが合わない体質が、一番はじめは昔々の中国のある地域で生まれたたった一人の人の突然変異から広がったという説がある、と書いたけど、それと一緒なのです。
あとまた数千年したらその時はどんなスペシャル突然遺伝子が広がっているのでしょうか。
でもその前に地球が人がいるのでしょうか。核や化学兵器がもっと広がって、エゴイストな(たぶんお金のために)人間や政治家がそれを利用し続けたら…。
タイムマシンがあったなら、見てみたいものです。ちなみに自分は大昔も見てみたいけど、どちらか選ばなきゃ死ぬ!言われたら未来を見てみたいなぁ。

ってことでヴァカンスごはんのご紹介です。
今回は⑯です~。よく作っておりますねわたくし。自分で言うのもあれですが。はは。
RIMG40042
で、先ずは家庭菜園プチトマトで作ったコチラ。
Cpicon すっごく簡単‼美肌スープ by ふなここ
超~簡単ですが生姜の風味がきいてさっぱり美味しい。
今すっかり秋のパリ地方ですが、我が家の家庭菜園プチトマトはもうしばらく楽しめそうな感じなのです。でもさすがにズッキーニは終わりまして、
RIMG40045
終わる前のまだ8月だったこの時に作ったのがコチラ。
Cpicon ズッキーニの花のパスタ by トレピアンテ
久し振りのリピパスタだったのですが、ソテーしたズッキの実とそして花が新鮮しんなり食感でシンプル美味しいのです。そう言えばもう実はないけど、ズッキーニの雄蕊の花はときどき咲いているのです。そう思って今ちょっと見てみたら咲いてる咲いてる~。よし。今日ちゃちゃっと天ぷらにしましょ。
RIMG40049
お次はコチラ。
Cpicon レンジで簡単!アサリの白ワインバター蒸し by なっつなおこ
最近は大型アジア食品屋さんで売っている冷凍のあさりを必ず常備している我が家です。
で、このレンジで簡単な1品をお試し。キャベツとあさりはボン・マリアージュでキャベツにしみたあさりのうまみソースが何とも言えません。日本のように新鮮なあさりがいつでも手軽に買えたらもちろん嬉しいけど、ここフランスでは魚介系は日本ほどにはお手頃お手軽ではないので、今は冷凍でもほんと助かっております。ありがたいです!
RIMG40052
そしてお肉は牛肉のステーキで、付け合せがコチラ。
Cpicon すりおろしにんにくで☆ガーリックライス by 。・うらら。・。
このガーリックライス、実は一度平日夜に黒米入りごはんで簡単ちゃちゃっと作ったことがあって、と~っても美味しかったので、今度はちゃんと態勢を整えて?作ろうと思っていた1品。私的にはかなり美味と思ったものです。仕上げにちょろり入れるお醤油とバターがほんのり何ともいい隠し味になっております。これは我が家の定番ガーリックライスになりそ予感です~!
ステーキのソースは我が家の定番スーパーマーケットLIDLで買って来たのをはじめてお試ししてみたのですが、これは普通でした。ステーキのソースは自分で作るのがいいみたいです。

さて、おとつい、昨日、そして今日と、めっちゃ秋晴れのパリ地方なのです。
そして今週旦那がプチヴァカンスなので、毎日どこかのカフェで夕暮アペロを楽しんでおります。
今年はうちの12歳べべ2匹のことを考えて長時間車移動はかなりの負担になるのでヴァカンスに行くのをやめたし、カヌー修理やらおうち改装で8月ヴァカンスは忙しかったけど、その分今ゆっくり楽しんでいる感じです。でもおうちの片付けは実はまだじぇんじぇん終わってないので来週から気合いでがんばるぞ~!って思っているのです。お庭でもさもさになっとる赤シソでしば漬けもまとめて作る予定。一番忙しい時期になりそうな予感です~。ぷぷっ。



ブログランキングに参加中です。
お手数ですが応援していただけるととてもありがたいです!

人気ブログランキングへ

レシピランキングの方にも参加しております。
美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!

RIMG39667
今日もいいお天気のパリ地方です。
でもなんだかどんどこどんどこ秋空でして、べべ散歩の時はすでに長袖かGジャンなんかを羽織っております。早い~。
でも散歩と言えば、昨日のお散歩の時、いつも通る道で中学生くらいの男の子たちがワイノワイノしてて、ちょっとうるさそうだな、面倒臭そうだな、と思いながら通り抜けようとしたら突然爆竹投げやがって、私たちにではないけど、でもポーもミューちゃんも驚いて恐がってパ二クって。んだから母ちゃんもう、ムカ~っきて、
ちょっと止めて頂戴よあんたたち!!
って。もう鼻これでもか~、いうくらいおっぴろげながら怒って言いましたよ。
そしたら1人の子はオレじゃねぇよ~、かなんか言ったり、別の子はペラペラ薄っぺらい鼻紙みたいにヘラヘラ笑ってて。
で、私はポーとミュミュを引っ張って、来た道を走って引き返したのです。そしたらそしたらペラペラ鼻紙ぼうずがま~だヘラヘラしながら走り去る私たちを見るために追いかけて来て嘲笑しててねぇ。旦那がいたらめっちゃ怒って大変なことになっていたかもしれません。マナーがなってない人とか失礼な人とかにかなり怒る人ですから。時間にも遅れずルーズなことも嫌いな男です。髪を短くし過ぎた時は妻に仁義にうるさいヤ〇ザみた~い!と大不評だった男です。
あ、でで、家に帰って来たらポーもミューもだいぶ落ち着いて、母ちゃんの、おやつで過去の悪い記憶はどっこへやっちまおう大作戦もうまくいって、母ちゃんもほっ。ま、でもそんなこともありますね。賢い子、おバカな子、大人びた子、とにかくうるさい子、女の子のことばっかし考えてる子、男の子の目ばっかり気になる子、真面目な子、食いしん坊な子、エクセテラ…いろいろな子がいますいます。それに一概に〇〇な子、とも言えませんしね。ま、とにかく皆にケガがないだけでよかったよかった。うんうん。
じゃ、ごはんのご紹介で~す。お花は旦那が買ってきてくれたバラの少し元気がなかった子たちを短く切ってうんと水分吸わせも兼ね飾りました。
RIMG39999 - Copie
アペロのおつまみはさっと茹でたブロ茎をお魚のハムで巻いて、後ほどちょこっとご紹介させていただくフロマージュ・フレの一種であるラ・フェッセルでちゃちゃっと作ったソースをかけました。これがあっさり結構イケるのです~。
RIMG39652
そして1品めはコチラ。
Cpicon 白インゲン豆とチョリソーのポタージュ by milketmoi
瓶詰の白インゲン豆を使ってミキサーで超~簡単!火を使いません。の、わりには優しくあっさりした味わいで美味しいです。温かくても冷たくてもOKです。あ、温かくする時は火が必要ですが。
RIMG39655
お次はコチラ。
Cpicon 半生じゃがいもとアンチョビーのサラダ by milketmoi
久し振りに作ったのですが、自分で言うのまたずずしい話ですが、美味しい~。シャキシャキのじゃがいもとアンチョビーの風味とヨーグルトの酸味がきいたドレッシングがめちゃ合います!
RIMG39662
お次もアンディーブ好き旦那のお嫁になってから自分が得意になった、アンディーブとハムのグラタンです。このお料理のポイントはアンディーブの苦みを美味しい苦みにすること。お砂糖が大事ポイントです。旦那は今までで一番美味しいアンディーブのグラタンだと言ってくれております。ちょっと自慢でしょうか。すみましぇん。
RIMG39664
メインはコチラ。
Cpicon 簡単♪ささみのガーリック青海苔ピカタ♪ by naonaos
大人気レシピで初お試しです。我が家には青のりがないので代わりに焼き海苔を細かくしたもので作ってみました。お肉がめっちゃ柔らかくてびっくり!ガーリックきいているけど卵使いなので見ため以上にあっさりです。美味しい~♪

…………………………………………………………………………………

et

RIMG39860
こちらがそのrains社の「La faisselle(ラ・フェッセル)」です。
なぜに紹介かと申しますと、脱水過程途中で食べるというちょっと珍しいフロマージュ・フレなのでちょこっとご紹介、と。
RIMG39868
こんな風に中に水切りかごが付いた二重構造になっているのが特徴です。
味はあっさり淡泊でフロマージュ・フレに出来立て柔らか豆腐みたいなのをちょっと足したような感じでしょうか。
で、先ほどアペロでご紹介した簡単さっぱりソースなど気軽にお料理に使ったり、
RIMG39874
小腹が空いた時にはこんな風にメープルシロップとスペキュロスのビスケットの砕いたのをかけていただいてもするっとイケます。
ヨーグルトにも少し風味が近いしヨーグルトと変わらないお値段なのでとにかくお手軽お気軽なのです。
rians社の製品では以前もコチラ、
我が家の定番お気軽シェーブルチーズrians社のle Crottin de Chèvre
をご紹介させていただいておりますが、他にもデザートもたくさんの種類が出ています。
その中のいくつか試したのは甘みが抑えられていて、甘いもの好きな方ではない私でも結構美味しくいただけました。ま、ボンヌママンも美味しいですけどねぇ。



ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっと応援していただけるととても嬉しくありがたです!

人気ブログランキングへ


レシピランキングの方にも参加しております。
美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!

RIMG39690
今朝は夢じゃなくて本当だったら残念だな、という小さな夢を見ました。
以前一度行った伊豆高原のオーベルジュ(そのお店のことを少し書いた記事はコチラ→「Le Sot l’y Laisse(ル・ソリレス) ~パリのビストロ 11区~

」)から一枚のはがきが来て、そこには閉店のお知らせ、とあったのです。で、ここもか、と寂しい気持ちになって。でもすぐ覚めて、あら夢だわ、って。そして先ほど一応確かめてみたら、ちゃんとオーベルジュありました~。よかったよかったほっ。
じゃごはんのご紹介で~す。
RIMG39676
1皿めは2種前菜の盛り合わせです。
RIMG39678
先ず1品めはリピのコチラ。
Cpicon 下仁田葱とブルーチーズのグラタン♡ by クマリエ
下仁田葱はないので毎回ポロネギで作っているのですが、具材は葱だけだけど火を通した葱の甘さにブルーチーズのコクがとろりとからんで何とも言えず美味です!これは我が家の大定番になりつつあります。もうレシピ見なくても作れちゃう。ま、簡単ですが。
ところで、日本にいた時からそれほど頻繁には使ってなかった日本語のスペシャル?単語が今すぐ出てこないことがよくあり、例えば以前は、ぽんた柿としかどうしてもどうしても出てこないのを後で調べてみたら、あんぽ柿だった、ってのがあったのですが、今回も、シモニタ、が出てくなくて、最初うっかりシモネタって入れちゃって、変換したら下ネタになってて、いやいやこれちゃうよ、と。下ネタは自慢じゃないけどまったく言う方じゃないけど(そういうことは言葉にしないのがいいものなんじゃないかしらと思う方です)下仁田は出てこなくて、下ネタは出て来ちまったか、と。でも、ま、下仁田下仁田…もう大丈夫間違えないでしょう。
RIMG39680
2品めはコチラ。
Cpicon 茄子とキノコの柚子胡椒マリネ by 薄荷パン
これは材料を耐熱容器に詰めてレンジでチンするだけ。さっぱりで美味しい♪ でも、さっぱりなんだけど柚子胡椒がピリッときいております。レンチンだけって言うのは、そしてちゃんと美味しい、って言うのは嬉しいです!私もレンチンだけレシピまた考えよう、っと。
RIMG39683
お次は買ってきた牛肉のカルパッチョです。今回はシェーブルや松の実、ハーブなどをトッピングしてみました。ま、普通に美味しいです~。でもなんだかこのフォトだと量がものすごく多そうに見えちゃいます~。言い訳チックになりますが実際にはそれほど多くはありません。本当に…。
RIMG39684
メインは大好きニジマスのアーモンドソースです。
いつもは自分流に作りますが(と言っても超簡単にです)今回はコチラ

RIMG40092
RIMG40088
のレシピで作らせていただきました。見本はソースがたっぷりめですが、バターの量をかなり減らしたのでほとんどアーモンドに吸われました。でもとても美味しくいただきました
この本はオペラ地区のBOOKOFFで2ユーロで買ったものですが、25、6年前の結構古いもの。今の時代のおしゃれな、とか斬新なとは違うところが気にいっているのです。母から子へ受け継がれたお料理の本、という雰囲気かな。レシピもベースはフランス料理なのですが、日本人が好むように、また作りやすいようにちょっと洋風チック。それもまたよくて。この本の作者さんは吉祥寺の「パリジェンヌ」というお店のシェフさんだそうで、私は行ったことがないし、知らなかったのですが、今もちゃんとあるようで、それまたなんだか嬉しい。で、今日はこの本についてもちょっとご紹介、と昨日から思っていたので、どうやら最初に書いた今朝の夢だったのではないかしら、って思うのです。昔からあるお店はその年数分のぎゅ~っとした思い出や出来事がお店の方々にはもちろん、行く方にもあるので、新鮮新しいものも大事だけど、古いものも両方素敵にあって、そして残っていって欲しいものです。ま、でもそう言ったってパリジェンヌ、行ったことないんですけどね。ぷぷっ。
さ、旦那ヴァカンスも今日まで。明日から仕事だ…とちょっとしょぼくれております~。
でもね、今日もすっきり秋晴れ?のここパリ地方。ヴァカンス最終日も美味しいもの食べていただいて気持ちよく過ごしていただきましょう。あ、でもおうち改装はぜんぜん終わってないので引き続き9月も週末に続けることになりました。ま、旦那、カヌーにばかり力入れておりましたから予想はしておりましたが。しかたない。それではまた~。


ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっと応援していただけるととても嬉しくありがたです!

人気ブログランキングへ


レシピランキングの方にも参加しております。
美味しそうと思っていただけたらこちらも宜しくお願いいたします!

↑このページのトップヘ