身体に優しいレシピ

FotoJet (640)
さ~て、わたくしのパソコンが今朝いきなりぷちっと電源切れまして、
入力変換も時間がかかるようになっていたので、
ホントに開けなくなる前に替え時のようです。
ま、旦那は古い自転車をめっちゃ買ってるので、
クリスマスだし私はパソコンを新調してもらいましょう。
でもフランスパソコンだから慣れるまでまたちょっと面倒臭いんです…
さて、そんなわけで時間が押しておりますのでとっととまいりましょう!
水曜日ですがレシピでして、
「ほうれん草の卵とじカレーうどん」のご紹介です。
はじめに言っちゃいますが、主な具材は玉ねぎ、ほうれん草、
卵、そしておうどんですが、
あっさりでめっちゃ美味しいです♪そして簡単です!
なんか結構毎日食べても飽きない感じな感じ。いやそれはやっぱり飽きるかな?
でもそれくらい美味しくてお手軽でおすすめです!
で、これ、ほうれん草をニラや小松菜、チンゲンサイ、わかめなんかにしても
美味しいだろうと思うので、あるもので気軽に作っていただけたら嬉しいです。
それではパソコンもあれですし材料と作り方いきますね~。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・よく洗って水けをとってざく切りにしたほうれん草100g ・とき卵2~3個分 ・うどん2人分 ・玉ねぎの薄切り200g ・オリーブオイル又はサラダ油大3 ・生姜とにんにくのみじん切り小1強ずつくらい ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・カレー粉大1 ・薄力粉大3 ・水800ml ★和風だし10g ★みりん大3 ★醤油大4 ・お好みで七味唐辛子やあさつきなど
※水、和風だし、みりん、醤油をめんつゆで代用していただいてもOKです。
その際は味を見ながらお好みの量を調節してください。

作り方
材料を切るなど準備をする。
厚手の鍋にオリーブオイル、にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ
強めの火にかけ炒める。香りがたったら玉ねぎも入れ炒め、
しんなりして1/3量くらいになったら、カレー粉と薄力粉を入れ、
さっと炒める。水を入れ、強火にし、煮立ったらアクをさっととり、
★とほうれん草を入れる。ほうれん草に火が通ったら、とき卵を少しずつ回し入れ、
半熟くらいで火からおろす。
うどんを茹で、湯をよく切り、器に入れ、
熱々の②を注ぎ、お好みで七味やあさつきを散らして出来上がりです。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


FotoJet (588)
土曜日ですがレシピコーナーにさせてくださいませ。
と言いますのも「週末の独り言」を書いていたのですが間に合わなかったので、
急遽昨日出来立てホヤ子さんのこの、
「豆腐とホウレン草と豚肉の簡単あっさり和風カレー」を持ってきました~。
ということで、冷蔵庫に豆腐とほうれん草があったんです。
で、この2つが主役の何か作れないかな、と。
そう言えばここのところ和風な感じレシピを作ってないかも、って。
そんなんで作ってみたら、本格的とかじゃぜんぜんないけど、
簡単であっさりでさらっといただける美味しい和風カレーが出来ました。
調理ポイントは量が1/4くらいになるまで玉ねぎをしっかり炒めること。
でも飴色じゃなくてぜんぜん大丈夫。あれはちょっと手間ですもんね。
それから和風だしをしっかりきかせること。
我が家は粉末のをちょい多めに使いましたがパックで煮出すのでもいいですし、
もちろんちゃんととったおだしでも…いや、それはもったいないかな…
簡単に出来るがこのカレーのポイントですからね。
それと今回は豚肉を使いましたが鶏肉でも美味しいと思いますので、
お好みチョイスにしてくださいませ。でも牛だとちょっと味が強過ぎるかなぁ。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・一口大に切った木綿豆腐250g ・ざく切りにしたほうれん草120g ・小さめに切った豚肉120g(酒大1、塩胡椒少々、片栗粉大2と1/2) ・玉ねぎの薄切り200g ・ニンニクとしょうがのみじん入り大1ずつ ・赤唐辛子1/2本の輪切り~ ・オリーブオイルまたはサラダ油大3 ・カレー粉大1 ・薄力粉大2 ★水500ml ★和風だし8gくらい ★醤油小1 ★みりん大2 ・胡椒と味をみながら塩 ・温かいごはん人数分

作り方
材料を切る、豚肉に()のものをもみこんでおくなど準備しておく。
厚手の鍋にオリーブオイル、ニンニクと生姜、赤唐辛子を入れ
強めの火にかけ炒め、香りがたったら、玉ねぎを入れ、
1/4量ぐらいになってとろっとなるまで炒める。
カレー粉と薄力粉を入れ、軽く炒めたら★を入れ、煮立ったら、
豆腐とほうれん草を入れ、さっと煮たら、豚肉も入れ、
火が通ったらすぐ火を止める。味を見て、胡椒と足らなければ塩を足してカレーはOK。
皿にごはんを盛り、②のカレーを添えて出来上がりです。
※数時間置いて味を馴染ませてもこれまた美味しいです。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


FotoJet (13) - Copie

昨日からぐぐんと気温が下がって雰囲気もなのですが、
秋が、ほんと秋がやって来たパリとなっております。
結局今年の夏は、6月に1度カニキュールがやって来たあとはずっと涼しめで、
8月は特にお天気に恵まれなかった夏。
でも14歳になったチワワっ子坊やのことを考えると暑くなくてよかったなぁ、と。
パリの秋(と冬)は正直今はあまり好きじゃないのですが、
坊やは今日もお庭を元気に走り回っていて、
皆でまた1つ新しい季節を迎えられて幸せでございます♡
ベベっ子たちと暮らすようになってから、私の幸せって、
自分に何かいいことがあっての幸せよりも、
べべっ子たちが元気で嬉しそう楽しそうなのが一番になりました。
これって自分の人生にとって大きなプラスだなぁ、
いつまでも自分自分だと気づけないことがたくさんあったなぁ、と思っています。
ということで、昨日木曜にレシピご紹介出来なかったので金曜レシピコーナーでして、
「豆腐とアボガドのオープンオムレツ、ほんのりゴマ油にんにく風味」のご紹介です。
まずもう言わせてくださいませ。これとっても美味しいです♪
なんとなく買っておいたかためアボガドが思っていたよりもすぐ熟していまして、
食べなくちゃ、思い、中途半端に残っていたお豆腐と合せててみたら、
あんら、美味しい!って。
でも思いついたその最初のはオリーブオイルのみ使い。
で、にんにく風味オムレツは我が家の定番なので、
にんにくも足してみてついでにゴマ油も使ってみたら大成功となりました。
で、豆腐のオープンオムレツ、もうあるかな、とネットで検索してみたら、
2つほどありました~。
でも豆腐とアボガドの組み合わせとゴマ油にんにく風味もなかったので、ほっ。
自信を持ってのmoiちゃんオリジナルレシピでございます。
さて調理ポイントですが、
卵ににんにくのすりおろしを入れること、
卵に火を通し過ぎないで少し半熟感を残すこと、
そして仕上げにちょっとたっぷりめに粗びき黒胡椒をガリガリっとすること。
これで、あっさり淡泊豆腐使いで、しかも肉類魚類もなしですが、
物足りなさ感なしのちょっとご馳走的なオムレツになります。
それでは材料と作り方です。簡単で~す。
 
……………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・木綿豆腐100g ・完熟アボガド1/2個 ・卵3個(豆乳または牛乳大2+塩胡椒少々+にんにくのすりおろし小1/3) ・ゴマ油大1/2+大1/2 ・塩少々 ・オリーブオイル大1と1/2 ・粗びき黒胡椒適量 ・あればハーブ少々

作り方
豆腐はキッチンペーパーで包んで耐熱容器にのせ、1分加熱し水切りして、
2㎝弱くらいの角切りにし、ゴマ油大1/2と塩を混ぜておく。
アボガドも同じくらいの大きさにし、ゴマ油大1/2と塩を混ぜておく。
卵は割りほぐし、()内のものを混ぜておく。
18センチのフライパン(または小さめフライパン)をよく熱し、
オリーブオイルを入れ、全体に馴染ませたら、火を弱めにして、
卵の3/4量を入れ、箸て優しくふんわりかき混ぜ、
その上に豆腐とアボガドをのせ、残りの卵をかけ、
蓋をして2分くらい蒸し焼きにする。
卵に火が通り過ぎないうちに火からおろし、
蓋をしたまま少しおき、好みの卵の状態になったら、
粗びき黒胡椒をたっぷりめにかけ、あればハーブを散らして出来上がりです。
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

RIMG45908
旦那が買ってきたキヌアがた~っぷりあったので、よし、お肉お魚動物系一切なしのランチにしよう、思ってやってみたらと~っても美味しかったので今回ご紹介となったある日の平日ランチです。
RIMG45912
メインはずっと食べてみたくて今回やっと作ったカレーでコチラ。
Cpicon アルゴビ&マッタル=ネパール料理 by ダウリ
思っていた通り美味しい~!!カリフラワーやじゃがいもの野菜のホクホク美味しさとマイルなスパイシー感のあっさり風味が何とも優しうまい。ネパールは行ったことがないけど、いやいやこの1品かなり好きです。リピ確実。
これに赤米とキヌア入りのごはん添え。
RIMG45913
副菜は左からゆでブロッコリー、真ん中がコチラで、
Cpicon モロッコ風ミックススパイスでオクラソテー by milketmoi
左が自家製のしば漬け。
ブロッコリーは茹でたてだったので自然甘いまま。オクラはちゃちゃっとソテー。しば漬けは紫蘇の実の塩漬けと共に去年の秋に作ったものを冷凍しておいたもの。でもそろそろストックが終わりに近づいております。
RIMG45917
サラダはベビーリーフにトマトと大好き黒大根のスライスで、ドレッシングがコチラ。
Cpicon キヌアのつぶつぶ美味ドレッシング by milketmoi
キヌアのサラダが美味しいので、思いついてドレッシングの方に入れてしまったこのレシピ。つぶつぶキヌアの食感がプチプチ美味しい。キヌアと相性のいい茹でブロッコリーにかけても◎
RIMG45915

汁物は去年からよく作っている1品で、超簡単で味付けも塩だけと超~シンプルなんだけど、玉ねぎの自然な甘み+昆布の優しい風味でしかも昆布も柔らかく煮えて一緒にいただける、丸ごと玉ねぎと昆布のお汁です。いつもは普通玉ねぎですが、今回は白玉ねぎで作ってみたら、またこれも美味。
で、

………………………………………………………………………………………………………

RIMG45922 - Copie
ちゃちゃっとレシピもご紹介しますね。今の時期でしたら新玉ねぎでもとても美味しいと思いますので、どうぞその時ある玉ねぎさんでお試しください。

………………………………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・皮をむいた玉ねぎ500gくらい ・昆布2×8センチくらいの2枚 ・水600ml ・いいお塩少々

作り方
①玉ねぎを根元を少し切るとる。
②鍋に昆布、玉ねぎ、水を入れ、火にかけ、煮立ってあくが出たらさっととり、中火よりやや弱い火加減にして蓋をし、気長に1時間以上コトコト煮る(今回は1時間半煮ました)。煮たら味見をしてお好みで塩をする。
③いただく時はお好みで昆布を食べやすく切るなどして、器に玉ねぎと一緒に入れ、いただく。


………………………………………………………………………………………………………

そして他のキヌアレシピも2つほどご紹介。クランベリー入りのはパリでお気に入りのお惣菜屋さんの再現サラダで、お店で一番人気サラダ(そして一番高い)。でも作ってみたら簡単だった~、な1品。
Cpicon キヌアと麦とクランベリーのサラダ by milketmoi
Cpicon キヌアとブロッコリーのプチプチ和え by milketmoi

………………………………………………………………………………………………………

ア~ンド。
2711918[1]
お庭で咲き始めたお花たちです。
杏。
2711916[1]
なぜかヒヤシンス。
2711919[1]
これはちょっと不明ですが、ボンボンみたいでかわいらしい。
やはりお花の季節はいいものです。
実はここ何日かもやもやといろいろ考え続けておりました。自分なりに調べていろんなこともその方法も対処もわかってきました。
理由はお気づきの方もいらっしゃると思いますが、ブログのバーツに表示したことについて。
どんなことがあってもすべきではないことで違法なことで、削除したから、はい終わり、で済むのか、済ませていいのか、と本気で考えています。そしてやった人はたぶんこれだけじゃなく他にもやっているだろうし、これからも私にか他の人にか、とにかくこんなことをまたするのであろうと。
そしてもし自分じゃありません的に平然としているのであればやっぱりおかしい。
そんなことをしょっちゅう考えていたのだけど、今朝この花たちを眺めたら少しだけ心に春の光。
そして、このまま思った通り行こう、でいいなと思ったのであります。



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



RIMG41006 - Copie

今回は久しぶりに「身体に優しいレシピ」のご紹介です。
わたくし、今でこそ白米もがっつり食べるし(食べ過ぎるし)、ポテトチップスだってアペロにいただくし(でも最近は手作りチップスもよく作ります)、マックだってカーエフセー(KFC・ケンタッキーフライドチキンのこと)だってじぇんじぇん嫌いじゃないんですが、子供の頃は母が自然食派だったので、ごはんは玄米か五分づき、お弁当もそうで、ごはん変な色~言われるのでお弁当開けるの恥かしかったし(今のように玄米はまだポピュラーではなかった)、スナック菓子はもちろん、お店で売ってるお菓子はほとんど家にあったことはなく、コーラも外で飲んだことはあるけど母は絶対買わなかったし、化学調味料なんてとんでもなかったしで。でも、そんな母は大腸癌で亡くなってしまったんです。それでも、自然食が意味がないとはやっぱり思わなくて、体質とか遺伝とかストレスとか性格とかもいろいろ合わさっての身体の状況かな、と。だから今は好きなものをいただきつつ、よさそうな食べ物や事も出来る範囲でとり入れつつ、それから精神的に無理して心に歪みが出てきそうなことは出来る範囲で避けるようにもしております。もちろん人間社会ではそれはなかなか難しいことですが、無理しての歪みって、身の丈以上の何かを求めたり、なろうとした時にもあるように今までの経験や人、自分をも見て思います。なのでその点での無理歪みは自分でわかっていれば避けられる、ような気がするのですが。それとも身の丈以上に求めてそこに追いつこうとするそのがんばりも必要だ、って考えもあるのかな。でもそのやり方が首をひねりたくなる場合がよくある。と感じるのは私だけじゃないのではなかろうか。あれ?なんか話がどんどんずれてしまったです。戻します!
今回はこの「さつまいものポタージュ、マッシュルームのソテー添え」です。ポイントはソテーしてうまみを出したマッシュルーム。素材を生かしたシンプル味付けのさつまいものポタージュの風味と食感のアクセントになってくれてます。このマッシュルームがないと、はっきし言って何かが足らないポタージュです。ははは。
それでは材料と作り方です。簡単で~す。

……………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・さつまいも170g ・玉ねぎ50g ・水400ml ・オリーブオイル大1 ・しょうがのすりおろし少々 ・塩胡椒少々 ・生マッシュルーム80g ・オリーブオイル大1 ・塩胡椒少々 ・粗びき黒胡椒少々 ・あればパセリみじん少々 

作り方
①さつまいもは皮をむき、輪切りに、玉ねぎは薄切り、マッシュルームは小さめの乱切りにする。
②フライパンを中火にかけオリーブオイルとマッシュルームを入れ、水分が出て、その水分がなくなるくらいまでゆっくり炒め、マッシュルームのうまみを引き出し、塩胡椒で軽く味を調え、マッシュルームはOK。
③鍋を中火にかけオリーブオイルと玉ねぎを入れ、しんなりして2/3量くらいになったら水を入れ強火にし、さつまいもを入れ沸騰したら中火にし、灰汁が出ていたらさっととり、蓋をしてさつまいもが柔らかくなるまで煮る。煮えたらミキサーにかけピュレにし、鍋に戻し、再び火にかけながら、しょうがと味を見ながら塩胡椒で調える。
④器にスープを盛り、ソテーマッシュルームをのせ、粗びき黒胡椒をし、あればパセリなどを飾って出来上がりです。
…………………………………………………………………………………………………

そして今のこの寒い季節にあったまるポタージュレシピたち他のもちょっと貼り付けさせていただいておきますね。お好きそうなものがあったら嬉しいです。
Cpicon 干し椎茸のポタージュ by milketmoi
Cpicon さつまいもとココナッツミルクのポタージュ by milketmoi
Cpicon 人参とココナツミルクのカレーポタージュ by milketmoi
Cpicon 人参とピーマンの優すぃ味ポタージュ by milketmoi
Cpicon カリフラワーのカリカリ豆乳ポタージュ by milketmoi
Cpicon アボガドとクリームチーズのポタージュ by milketmoi
Cpicon 白インゲン豆とチョリソーのポタージュ by milketmoi


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。 
 
人気ブログランキングへ 


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

↑このページのトップヘ