パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

勇気を出して思い切って書くこと

10日間更新が出来ませんでしたが、
また毎日がんばって更新いたします。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………

番組も木村花さんも存じ上げなかったのですが、
お亡くなりになったとのこと。
いきさつが残念過ぎて悲し過ぎますね…。
心よりご冥福をお祈りいたします。

ここ数年の間で、韓国のタレントさんたちの
残念なニュースを知るたびに、
いつか日本でも同じようなことが起こるかも、
と思っておりました。
少し前にこの記事を書きました。
メディアとコロナと消えた唐田えりかさん
騒がれていた時、Yahooニュースの欄にズラリと、
東出さんと唐田さんの記事ばかりが並んでいて、
いくつか見てみると、匿名で、
下に書き込みが出来るようになっていて、
マナーを守って考えを書き込んでる人もいるけど、
消えろ、とか、ブスなどという、
ただの口汚い罵りを書き込んでる人もいました。
そんな意見でも何でもない罵りが
簡単に書き込まれていることにびっくりしたし
簡単に読めることにも怖くなりました。
フランス生まれの日本人の知り合いが言っていましたが、
フランスも嫉妬、悪口の書き込みはあるそうです。
ただ、フランスの比じゃないほど、
日本の批判・誹謗中傷のネット書き込みは
尋常じゃない数だそうです。
どうしてなのだろうか、
と自分なりに考えてみるのですが、
フランス人は他人のことをあまり気にしないし、
他人も口出してこない、
というのが大きいのかな、と。
とにかく自分が楽しいこと、充実してることが大事。
よくも悪くも「自分自分」なんです。
でも日本では自分らしくやっていきたくても、
いつもどこかで人に合わせることも考えなくてはならない。
日本で生まれ育っているので私も、日本で働いている時、
そして日本で結婚してる時はそうせざるを得ませんでした。
それが変わったのは、家族に反対されても渡仏を決め、
1人でどんどこ準備を進めた頃から。
そして念願叶ってフランスに来たら、
フランス人は自分がしたいことをして、
人は人、のスタンス。
フランス人の嫁になってからはさらに、
旦那や旦那の知り合い、
ご近所さんたちを目の当たりにして、
ホントにこの人たちは、自分は自分なんだ、
とわかりました。
人の噂話も日本に比べ、めちゃくちゃ少ないです。
人のことじゃなく、
とにかく自分のことを話したがる人が多いかな?
他人の批判・誹謗中傷をするために、
わざわざ自分の時間は使わないんですね。
でもフランスと日本は違う国。
それぞれの昔からの歴史と習慣、発展があって、
今に至ってるのだと思います。
なのでフランスのように、
なんてことも一概には言えないように思います。
ただ今や日本のネットの批判・誹謗中傷は、
人を死にも追いやる言葉の凶器にまでなりました。
普通、凶器を振り回したら逮捕されます。
何かしらの規制が必要なのではないでしょうか。
匿名でも情報は残っているので
調べれば必ずわかりますが、
それよりもっと前の段階で、
匿名では誹謗中傷は書き込めないようにすればいい、
なんて私はですが思ったりします。
匿名だから出来る、というのが
「マダム卑怯子」さんなのですから。
それから、ネットの一番の原因が嫉妬、
嫉妬を自分の原動力にできないのか、
と書いているジャーナリストさんがいらっしゃいました。
私も原因のほとんどが嫉妬だと思います。ただし、
気持ちのよい嫉妬に私は出会ったことがありません。
意地悪心のない嫉妬には出会ったことがありません。
嫉妬を原動力にした素敵な人、は、
果たしているかな?と過ぎります。
それが嫉妬という悲しい感情。
自分の中にある嫉妬に自分が振り回されなくなるには、
出来る限りその感情に自分で向き合い、
なんとかその感情に勝って
人の素敵なところを素直に認められるようになること。
と、日本とフランスに住んで、
おばちゃんになるまでに学んだことの1つです。
一度自分に勝ってみると、
何とも清々しくて気持ちがよく、
つまらないプライドもなくなっていきました。

ブログ右のバーツ(欄)に、ここ数年間でされた、
嫌がらせと批判コメントについて私も書いております。
もし私が未来と夢がある繊細な人間で、
傷ついて自ら命を絶っていたら、
現在のように平然とブログやSNSを
続けられていたのでしょうか。
お二方とも、自分も同じことをした、
ということを忘れないでいただきたいです。

※追記
・・・マダム卑怯子さんは、
この記事更新の5月27日の後15日間も
更新なしだったのですが、
不思議なことにランキングは常に不思議なすごい数。
前年の5月、日本へ一時帰国の際は丸々1か月、
更新なしでしたが同じことが起きる超現象。
会ったこともない私に何年もの間、
ブログ内で意地の悪いことを書いてきたり、
2度の中傷コメントもありました。
人のことをさんざんバカにしてきましたが、
自分自身を見つめ直した方がよいのでは…。
まるでクリニャンクールの露店の、
似非ブランドのひらひらスカーフみたいな人間性。
※追追記
マダム卑怯子さんは、この追記を読んだ後、
クリック数を加減し、自分の更新頻度と合わせ、
不自然に差が開かないよう、でも常に上、
を続けております。
これを読んだ後は、どうするのかな?
その嫉妬競争病は
あなたの人生を悲しくさせるだけだと感じます。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG45116
先週末は少し久し振りエマウスに行ってまいりました。
RIMG45112
エマウスもその時その時によって当たりの日とそうじゃない日があるのですが、この日は家具で素敵な古いのがたくさんあって。でも我が家は置く場所がないので見て楽しむしか出来ません。それでも想像して素敵楽し♪
RIMG45113
お手軽食器の方は数は多くないけどかわいいのを数点めっけ。
あ、でもこれはarcopalで我が家では買いません。なぜならほんとにどこのエマウスでもごろごろあって少なくともフランスでは日本の100均のそのまた中古感覚、に近いかなぁ。日本で相当いいお値段で売られているのを知ってしまいましたが、エマウスでは一枚10サンチーム20サンチーム、まとめて買うともっと安いです。
RIMG45114
これもarcopalシリーズと同じ会社の製品arcorocのピンクガラスのシリーズ。
これまた相当安い。そしてこれを買うフランス人は皆無とは言えないけど、相当少ないのは否めません。たくさん買うのはフランスでの扱いの事実を知らない人たちに売るのが目的の人たちかな、なんて…
かなり辛口発言だなこれ。
RIMG43342
これもarcopal。
RIMG45118
これまたarcopal。
でももうそろそろ日本でも事実が伝わってもそれはしかたないとも思う。
クリスマス商戦が25日と共に一夜であっちゅう間に過ぎ去り、まるでクリスマスがなかったように今度はお正月商戦への言葉巧みな変わり身の早さとか見えないとこでの偽装のあれこれ。いろいろどこか共通点あり。のような気がします。うまいっちゃうまいけど、うま過ぎっちゃうま過ぎ。のような気がします。気がします、って、まあ、自分なりのやんわり表現。いや誤魔化しか?
RIMG45119
ってこんなこと書くと、商売はこんなもんだ。みんなやってるでしょ。って言う人もいるだろうけど、それはそっちの都合。そしてこっちは一消費者の立場。
あ、ほんと近々新入りさんたちご紹介させていただきま~す。
って何回言っとんねん!


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG43307
少し前の週末にいただいたごはんのご紹介です。
この日はドレッサージュ(盛り付け)を一番にちょっとがんばってみよう、思い挑戦。
先ずは前菜でムースをズッキーニで巻いたもの。味は大丈夫美味しかったのですが、ズッキーニが均等に重なっていないし太巻きみたいでドレッサージュは成功とは言えません。これはですね、また挑戦しようと思ってます。って言うか練習かな。
それともう1品は我が家の定番のコチラ。
Cpicon フランスのシンプルにんじんサラダ by milketmoi
をローズ色アンディーブにのせたもの。自分で言うのもずずしいですが、さっぱり美味です。しかもノンオイル。ダイエットにもいいです~。
RIMG43309
お次はお気に入りチーズで作ったチーズトースト&たっぷりルッコラのせ。
ルッコラ、昔から大好きで、日本にいた頃、大阪の農家から定期購入していた無農薬野菜ボックスにはルッコラがしょっちゅうたっぷり入っていたのが嬉しかったものです。まだあの頃、スーパーでも必ず売っているものではなかったんですよね。特に近所の生協ではまだ。でも生協好きです~。パリに生協出来たら真っ先に行きたい!出来ないと思うが。いや、わからないぞ~。
RIMG43310
そしてメインは、こちらの料理番組で見た、鶏の低温調理を見よう見まねで作った1品。ちょ~っと火の通りが若干入り過ぎたのですが、味はかなり美味しかった♪
そして付け合わせにしたお野菜たちはさっと茹でたモロッコインゲンとコチラ。
Cpicon 超シンプル美味*にんじんのステーキ by milketmoi
これも前菜でご紹介したのと一緒で人参だけ使いですが、美味しいです!こうして付け合わせにも、そのままおかずにもワインのおつまみにもグ~。

さて前々から胸につかえていたことを今日はちょっと思い切ってえいっ。と書いてみます。
今回はご紹介していませんが、自分が美味しいと思った人様レシピは出来るだけいつも一緒にご紹介させていただくようにしてるのですが、自分なりに理由がありまして、先ずは美味しかったレシピとそれを作った作者さんへのリスペクトとお礼があります。そしてご紹介することで、自分自身への見張り番にもなるし自分レシピのオリジナル性もクリアになるような気がするから。それは私自身も何度もいやな経験をしているので同じことを人にしないようにしなくちゃと思うから。あ、でも新しいレシピを考えてみたけどもうすでに似てるのがあったとか、レシピアップした後に似てるのがあったと気づくこともあって、なので多くの方も同じ経験があるはずなのはわかっているので一概にすべてとは言えないのですが、でも同じ人によってたびたびだとやはり気付きます。
自分は毎日の中の小さな幸せを愛する普通の主婦ですが、お料理が大好きで、再現レシピやオリジナルな味を作ることにささやかな情熱があり楽しくもあり大事に思っています。そしてそれは他のレシピ作者さんも一緒だと思うし料理だけじゃなく他のことも全部同じだと思っています。でも残念ながら、レシピもそうですが作品として作ったものやアイディアや情報がネットで気軽に手に入っていくらでも利用できて、自分のものとして出してしまうのも簡単なのが今の時代。自分を際立たせたくて成功したくてネットを駆使してうまくやっている人がたくさんいることもわかるようになったし、それが悲しいけど今のやり方かもしれないし通っているようにも感じます。そんなことたくさんの人がやっているじゃないのと思う人もいると思います。それに、こうして言葉にすることが決して自分に得にならないだろうことも知っているつもりです。でも自分はそうまですることの先に、自分の気持ちの奥の大事な部分に何か素晴らしいことがあるとは思えないし、そして私は決して寛容な人間とはいえないので腹立たしさもずっとあります。
ある人は遠回しに私にだけわかるようにベビーシッターのくせに的に書いてきたり(専業主婦の前にベビーシッターのお仕事をしていた時のこと)、本当につまらないプライドを振りかざしてきたりもして。なのにアイディアや文章やパリ情報はしっかりいただき続けます、っていうのはどうなんですか、と、長年やるせない気持ちを持っていました。ま、気が付いてから私なりに何度も言い返し怒ってもきましたが、でもまったくやめないどころかどんどん平然としていって逆ギレのような時があったのも事実。自分より下と見なした者、自分に都合の悪い者に対しての身勝手な態度だったのは否めないと私は思います。
それともう1つだけ。私はこのブログで故意じゃない間違いを書いてしまったことはあるけれど、嘘の内容を書いたことは一度もありません。自分の利益のために嘘で人の心を利用するということももちろん一度もしておりません。夢の話も、ひったくりの話も、家族の病気のことも、エマウスやブロカントで買ったものたちもその値段も、そのときどきに感じたことも。もし嘘をうまく使っていると言う人がいたら、それはもしかしたらその人がそれをしているからほかの人も疑うのではないかな、なんてちょっと過りました。
と、いきなりこんな気持ちを書いたのは、自分は家族といれば幸せだし、お料理したり家事したりも好きだし、その合間に自分のブログを作るのも自分にとっての作品でもあり楽しい。けれど唯一、ネットを通して気が付いてしまう知ってしまうそれらの事が心から消えなかったのも確かで、それでも心の奥に押し込めておいた方がいいんだ、と思うようにしてきたのですが。でも先ほども書きましたが寛容じゃないしクールな大人にはぜんぜんなれないので完全に放っておくことができない。そんな自分自身もいやで。だから書くことにしました。
で、これを書いたのを機に、もう余計なサイトは見ないと決めました。と言うか少し前からもう見るのやめましたが。そうすれば気が付くことがなくて、たとえ、観客の誰もいない舞台で演技しているだけ、と言われても知らなければ傷つかないし、私の心に一番いいんだと思ったのです。
(ほんとはその一部の身勝手な人たちだけに、だから私のも見ないでください、って言いたいですが…)
あ、でもあまりにもまたひどいことに気が付いたら、その時はやっぱりきっちり言いたいです。ま、そういう人たちはやり方が長けているので、こうして私みたいにストレート気味なのは今のこの人間社会&ネット社会にあってないっちゃあってないのかもですが。でもそれもネット依存ぽくなくていいさ、と自分に言いきかせております。

と言うことで、今回はこんな愚痴のような内容が占めてしまい、しかも長々とで、このブログをただ楽しもうと思ったり、パリやフランスのことを知りたくて来てくださった方々にはほんとごめんなさいです。
でもそんな方々には心からお礼を申し上げたいです。ありがとうございます!
こんな私の小さな世界でもいろいろありますが、ブログを続けていて本当によかったと思っているし、これからも自分レシピも美味しかった人様レシピもフォトも日常も、そして私の感じたパリも(ときどき物語チックに)、自分なりのオリジナル感を大事に、その気持ちだけには自信を持って綴っていきたいと思っております。
拙い内容ではありますがこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
次回はさっぱり明るく楽しいの行きたいと思っております♪

ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ