ヨーロッパ料理

FotoJet (723)

フランスも暑い日が続いております~。
でも今日は気温がぐぐんと下がって過ごしやすい。
ということでスペイン・ガリシア地方の郷土料理をレンジで作ってみた、
「タコとじゃがいものガリシア風サラダ」のご紹介です。
じゃがいもは皮をむいて一口大に切ってレンジでチン。
あとは具材と調味料を混ぜるだけとほんと簡単ですがこれがなかなか♡
ちなみに、もともとは「たことじゃがいものガリシア風」と言いますが、
身体にいい生の玉ねぎとかレモン汁も入れて
ちょいとオリジナルなサラダ仕立てにしたので、
ネーミングの方もちょっと変更しときました。
調理ポイントは何と言ってもパプリカパウダー。
これがたことじゃがいもと合うんです~。
本場ものはオリーブオイル多めですがこれはあえて少なめ。
あっさりでこっちのが飽きないかも。
おつまみにもいいですし、パンにのせてもイケます。
スペインのバルのタパスは結構何でもパンにのせてますしね。
ああ、スペインも大好きです。食べ物が美味しいんですよねぇ。夢想…。
はっ。我に返った!
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・皮をむいて一口大に乱切りしたじゃがいも300g ・一口大に切ったゆでだこ100g ・水にさらして辛みをとって水気をしっかりふいた薄切り玉ねぎ1/2個 ・EXVオリーブオイル大2 ・赤唐辛子の輪切り1本分~(お好み量) ・にんにくのすりおろし1個分 ★パプリカパウダー大1とトッピング用に少々 ★レモン汁大1と1/2 ★塩胡椒適量 ・パクチーまたはパセリの粗みじん切りお好み量

作り方
じゃがいもを耐熱容器に均等に並べ、
ラップをふわっとかけて、柔らかくなるまで加熱する。
この時、何度か様子を見ながら混ぜ直して火が均等になるよう調節してください。
柔らかくなったらとり出し、少し冷ましてから、
EXVオリーブオイル、赤唐辛子、にんにくのすりおろし、塩胡椒少々
→玉ねぎとゆでだこ→★→パクチーまたはパセリの順で手早く混ぜる。
お皿に盛り、パプリカパウダーを少し振りかけて出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (544)

昨夜は夜中まで外が騒がしく、
パトカーまで出動し、羽目を外し過ぎたやからが追いかけられておりました~
一晩中続くのかな、寝れるかな、と思ったのですが、
夜中1時過ぎには結構静かに。
やはりここはパリ郊外です。眠れましたよ。
さて、今日は週末に作った超簡単な1品をさっとご紹介でして、
しし唐をオリーブオイルで素揚げして塩をふっただけの。
スペインのバルの定番「ピメント・デ・パドロン」です。
フランスではしし唐は「ピマン・ドュー(piment doux)」と言って、
スーパーでも気軽に買えるお野菜。
我が家では素揚げと言うより少し多めのオリーブオイルで揚げ焼き。
これがシンプルなのですが美味しいんです。
作り方は簡単。
へた付きのままのしし唐をフォークで数か所刺して(爆発を防ぐため)、
1/3程度ひたるくらいのオリーブオイルで揚げ焼きして、
あとはいいお塩を振るだけ。
お塩はお気に入りのこれを使いました。
超おすすめのゲランドの燻製の塩
これはもうビールやワインのおつまみに最高です♪
日本のしし唐でももちろん美味しいのでお好きな方はぜひお試しください。
……………………………………………………………

あ~んど。
今日は17時半からシャンゼリゼで凱旋パレードがあります。
FotoJet (561)
昨夜のパリ中の、フランス中の大騒ぎも、
今日はいったん落ち着いているようですが、
また夕方はすごいことになりそうです。
FotoJet (564)
エムバぺも。
FotoJet (563)
グリーズマンもジルーも、そしてディディエ監督もモスクワから帰ってきて参加、
のはずなのですが、なんか飛行機の遅れがあってシャンゼリゼ到着が遅れる模様。
FotoJet (562)
飛行機は機材の点検や天候もあるから仕方ない。
ちゃんとやらないと危ないですもんね。うんうん。
それにしても帰ってきてそのまま凱旋パレード、疲れているだろうなぁ。
で、シャンゼリゼ、今、すごい人になっております~。
FotoJet (565)
そしたら17時のちょうど今、
ロワシー空港に選手たちの乗った飛行機が到着したよう。
ほら。
FotoJet (567)
これからバスに乗って急いでシャンゼリゼに向かうようですよ。
お疲れ様でございます~。
……………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (477)

フランスが勝ちましたね~。
フランスチームは華があるけど、
実は地味ながらベルギーの方がすごいんでないの~、
な~んてちょっと思っていたものだから、フランスほんと強いんだ、ってびっくり!
で、試合が終わった途端静まり返っていた外の通りが、
クラクションだの何やら騒ぎ声だので騒々しくなりましたよ。
フランス各地も盛り上がったよう。シャンぜリゼもすごかったみたいです。
それはまたこの後ちょっとご紹介させていただきますね。
ということでまずは木曜レシピコーナーでして(覚えてる方少ないと思いますが)
冬の終わりくらいだったかしら。
超シンプル材料で作ってみたポルトガルのスープ
「カルド・ヴェルデ」風のじゃがいもとキャベツのスープが美味しかったので、
今の時期に合わせ冷製にしてみたら、これも美味だったのでご紹介です。
じゃがいもの冷たいスープと言えばヴィシソワーズが思い浮かびますが、
このスープは生クリームも牛乳もコンソメも〇〇だしも使っておりません。
でも、じゃがいもの優しい風味ととろみ、
そしてサボイキャベツのシャキシャキ食感がアクセントになってていいんです。
調理ポイントはなのでやはりサボイキャベツ。
これが入らないともの足りない味になっちゃうと思います。
サボイキャベツがなければ普通キャベツの千切りでもOK。
それとあえて胡椒は使わず優しい風味を大事にしております。
ポルトガル料理ってそれほど何でもかんでも胡椒は入れないんですよね。
で、これはお子様も大丈夫なのでご家族皆さんで召し上がっていただけます。
ガラスの器やかわいいグラスに入れればちょっとしたおしゃれな夏の1品になります。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・サボイキャベツの千切り70g(普通キャベツでもOK) ・水600ml ・塩小1/4) ・玉ねぎの薄切り50g ・皮をむいて薄切りにしたじゃがいも200g ・塩適量 ・EXVオリーブオイル大1+少々

作り方
小鍋に水を入れ、沸かし、沸騰したらキャベツと塩を入れ、
蓋をして中火で柔らかくなるまで15分くらい煮て火を止めておく。
別鍋を中火よりやや強めの火にかけ、オリーブオイルと玉ねぎを入れ炒める。
しんなりしたら①の煮汁だけ加える。
※キャベツは後で加えるので入れない。
ここにじゃがいもを入れ、蓋をして柔らかくなるまで煮る。
これをミキサーにかけ、ポタージュ状にし、鍋に戻す。
残しておいた煮キャベツを加え味をみながら塩をする。
この時とろみがあり過ぎだったら水と塩で少し調節する。
温かいのも美味しいのですが、今は暑いので、
冷ましてから容器を入れ替え、冷蔵庫で冷やす。
あればガラスの器かグラスに入れ、
EXVオリーブオイルを少したらして出来上がりです。
………………………………………………………………………

あ~んど。
昨夜、試合終了直後のシャンぜリゼの様子がTVで放送されました。
FotoJet (517)
左にはインタビューに答えているオリヴィエ・ジルー選手の映像。
イケメンだしプレーしてる姿はかっちょいいしで、
一見セクシーやんちゃ系に見えますが、
話をする様子は落ち着いていてちょっと控えめにも感じました。
意外です。ちょっと好感度大♡
グリーズマンは見た感じのまんまでやんちゃっぽくてかわいかったです。
FotoJet (518)
それにしてもシャンゼリゼはまるで年末のカウントダウンのよう。
フランスの勝利を喜んだ人々が繰り出して大騒ぎになっていましたよ。
FotoJet (519)
でもこんな時はスリも多発!そしてメトロは大混雑!
FotoJet (520)
日曜日の決勝戦の時はどうなることやら。
エッフェル塔も大画面が設置されるとかで、もしフランス勝ったら、
パリのあちこちですごいことになりそうです~。
でもとりあえずは今夜のイギリス対クロアチア戦観戦。
ってかクロアチアの選手の名前ってほとんど〇〇ッチだから頭がこんがらがっちゃう~。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R1160476 - Copie

日曜日は何と気温が35度まで上がったパリでございます。
ここ数年で以前より湿度も上がってきていると感じるので、
日本を含めアジア圏の夏と少し近くなってるなぁ、と思います。
でも冷房はありませんで、なくても今はまだ乗り切れる感じです。
ただしパリの古いアパルトマンの最上階の屋根裏部屋なんかは、
かな~り暑くて冷房ないとキツイと思います。
我が家も小さな屋根裏部屋があって、旦那のブロカント&アンティークコレクションルームになっているのですが、夏の暑い日はまあ暑い。しかも踏み場もない感じでして。
なのでほとんどその部屋には入りませんが、カビは恐い。
あ、これ更新したらちょっと窓開けて換気してきましょう!
さて、前回週末ごはんの時の冷たいスープのレシピを早速ご紹介でして、
「青唐辛子入り!トマトジュースでガスパチョ風スープ」です。
ガスパチョはスペインの夏の代表的スープで
私も初めていただいたのはスペインのアンダルシアを旅した時だったのですが、
さっぱりしてるけどにんにくの風味がガツンときいて新鮮びっくりしたものです。
スペインではマクドナルドでもガスパチョがありましたよ。
で、日本に帰ってきて自分で作るようになりました。
切ってミキサーでガーッ!するだけなので難しいことは何もないんですよね。
でも今回のはミキサーも使いませんで、トマトジュース使い&切って混ぜるだけ。
超簡単です!が、美味しいです!
調理ポイントは味ポイントにもなるのですが、青唐辛子を入れたこと。
これが味を引き締めてくれていいんです。
いや、私もガスパチョに青唐辛子入れたの初めてで、
冷蔵庫にあったので入れてみたのですが、やってみるものです。
このレシピでは入れた方が断然美味しいです。
でも辛いので大人さん向けですね。
ちなみにほんと思いつきで入れたのですが、ネットで検索してみたら、
青唐辛子入りガスパチョ、結構ありました。
やっぱ皆さんわかってらっしゃる~。
夏野菜は数種類使ってますがそれぞれ量は少なめなので、
何か作った時の残りで十分です。
あ、カッペリーニか素麺入れても美味しいかも。
それもちょっとやってみるみることにしましょう。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・トマトジュース200ml ・トマトの角切り25g ・キュウリの小さな角切り25g ・赤黄色のパプリカの小さな角切り合わせて25g(1種類でもOK) ・ズッキーニの角切り25g ・玉ねぎのみじん切り20g ・パクチーまたはパセリなどハーブのみじん切り大2プラス飾り用少々 ・青唐辛子のみじん切り2本分くらい(お好み量で) ・にんにくのすりおろし1かけ分 ・EXVオリーブオイル30ml ・レモン汁大3と1/2くらい ・レモンの皮のすりおろし小1くらい ・白ワインヴィネガー大1 ・きび砂糖2つまみくらい ・味をみながら塩適量
※フランスもですが中に種と水分の多いキュウリの場合は
その部分を取りぬいてから角切りにしてください。

作り方
全部を混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やして出来上がり。
ガラスの器に入れてハーブを飾ると涼し気で見た目も素敵です♪
………………………………………………………………………

あと3時間で日本対ベルギー戦が始まります~。
今回の試合は有料放送契約なしのわが家でも観戦できるので家で応援♪
嬉しいぞ!それにしても日曜の2試合すごかった!
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (110)

日本ではイカがとても高くなっていると、結構前から聞いているのですが、
今が旬な種類のイカさんもあるので、少しは買いやすくなってるかな、
と願ってのイカちゃんレシピのご紹介でして、
「ポルトガル風イカとパクチーのシンプルソテー」でございます。
実は少し前に作っていたのですが、そのイカ高があったので
すぐご紹介がしにくく、でも昨日ちょうどポルトガルごはんをご紹介したものだから
その流れでいいかな、と思ったのです~。
ポルトガル風というのはポルトガルの海辺の
ジモティーな食堂でいただいたのの再現でして、
あ、でも再現と言っても超簡単というか、へぇ~っていう組み合わせだったのです。
その組み合わせというのはイカとフレッシュなパクチーなんです。
お店ではイカのシンプルなグリルにかなり適当にパクチーを散らしておりまして、
そんなイカちゃんをいただいたら、
あれ、シンプルなイカにパクチー合う~♪と新鮮びっくり!
以来、イカがあるとおつまみに簡単ちゃちゃっと作っている1品です。
でも我が家はイカはだいたい冷凍もの。でもフレッシュなパクチーは必ずあります。
うさちゃんたち(と私)の大好物ですから切らすことが出来ません♡
ポルトガルってパクチー使うの?と思う方もいらっしゃるかもですが、
ポルトガル料理は結構よく使います。
そしてフランスでもよく食べます。
なんかアジアのイメージですけどねぇ。
調理ポイントですが、超簡単なので特にないっちゃないんですが、
あ、でも昨日のポルトガルのサラダもだったのですが、
胡椒を使っておりませんで味付けはお塩とEXVオイルと、
そしてパクチーの香りと風味も調味料。
イカとパクチーがお好きな方はたぶん気にいってくださるかなと思います。
でも、パクチーが苦手な方はぜんっぜん無理っス。って感じだと思います。
絶対作らないでくださいね。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………

材料(2人分)
・内臓を綺麗にとり抜き輪切りにしたイカ2杯分(180g) ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・赤唐辛子1本~ ・オリーブオイル大1と1/2 ・いいお塩少々 ・パクチーのざく切り適量 ・EXVオリーブオイル適量

作り方
フライパンにオリーブオイル、にんにくと赤唐辛子を入れ
中火で香りがたつまで炒める。
イカを加え少し火を強めにしイカに火がちょうど通るくらいまで
40秒くらいかな、炒める。
軽く塩をして混ぜ皿に盛る。パクチーを散らし、
EXVオリーブオイルをさっと回しかけ、出来上がりです。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ