フランスのCFと人気者たち

少し前にこの記事を書きましたが、
→「CFで見るアラン・ドロンの昔と今
アラン・ドロンが映画1本と舞台1本を終えてから引退なさるとのこと。
映画の方はパトリス・ルコント作品で共演はジュリエット・ビノシュ。
今までもルネ・クレマンやルキノ・ヴィスコンティ、ジャン=リュック・ゴダール、
ミケランジェロ・アントニオーニなど世界の有名監督の作品に主演してきましたが、
最後にフランスを代表する監督パトリス・ルコント作品。
引退は残念だけど作品は楽しみだな、と思っていたら、
ルキノ・ヴィスコンティの「山猫」の舞台として使われたシチリア島のパレルモの館に、
アラン・ドロンが何と53年ぶりに訪れる、という番組を見つけました。
キャスター、レア・サラメが同行していて2016年の9月なので結構つい最近。
時間が24分と長いので館の素晴らしさ堪能しながら(ほんとすごい!)、
さっと観ていただけるといいかな、と思います。

53年ぶりとのことで感慨深い様子が伝わるのですが、
11分10秒くらいからインタビューもあって、
軍隊時代のことや映画はもちろん女性、政治なんかについても語っているのですが、
アラン・ドロンはずっと右派支持で、まだ大統領選のだいぶ前だったので、
レアさんに、ジュペ(共和党からの候補だった)に入れるの?
フィヨン(右派でこの後不正がバレて支持率が下降)に入れるの?
サルコジ(元大統領で不正しまくったけどまた立候補しようとした)に入れるの?
とか聞かれて、サルコジには入れないね、などと答えております。
またマリーヌ・ル・ペンの父親、ジャン=マリー・ル・ペンとは友人同士で、
マリーヌ・ル・ペンに入れるの?と聞かれ、
今は彼女には入れない、と言っております。
そして今の世界に何が足らないと思う?と聞かれ、
お互い好きになることだと。
で、女性については、
女性は私の人生だ!大好きだ大好きだ大好きだ!と言っていらっしゃって。
今、気に入ってる1人が「Shy’m」だそうで。

それがこの方。
マルティニック出身の父とノルマンディー出身の母を持つメティス(métisse=混血)で、TV番組にもしょちゅう出てくる人気シンガー。
確かにエキゾチック美人でダンスも出来て魅力があると思うのですが、
ああ、アラン・ドロンってほんと~~に女性が好きなんだなぁ、と改めて思い、
ちょっとおかしくなってしまいました。
ま、何にしてもルコント作品が楽しみです!

※53年ぶりの「山猫」動画が場合によって再生不可能なようです。
申し訳ありません。
アラン・ドロンの表情も興味深く、
パレルモの館がまた本当に見事なのでとても残念です…

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

昨夜なんだかバタバタしましてヴィクトル・ユゴーの家の記事作成が
ま~ったく出来ませんでしたので、すみません、
急遽変更で今お気に入りのCFのご紹介とさせていただきます。
でもこれも来週くらいにご紹介させていただこうと思っていたんですよ。
っつうことで、王道なんだけどなな~んか甘酸っぱい物語CFです。
そして出てくる男の子も仲間も流れる曲も含めとてもフランスっぽいです。
ちなみに「INTER MARCHE」は結構ポピュラーなスーパーマーケット。
それではカットなしCF、ごゆるりと御覧くださいませ~。



いかがでしたでしょうか。
最初に書きましたが、曲がまたなんともフランスチックで、
ノスタルジックなのがまたいい味出してるな、と思うのです。
で、旦那にこの曲知ってる?って聞いたら知らないと。
まさかこのCFのために作ったのかしら、とも思ったのですが、
「Marcel Mououdji」さんという方の昔の曲で、
曲名は「L’amour,l’amour,l’amour」、愛、愛、愛、なのです。
こちらがその曲となっております。

「Marcel Mououdji」さんは歌手としても俳優としても活躍なさってた方。
「Mououdji」って読みにくいのですが「ムルジィ」で、
お父さまがアルジェリア系の方だそうです。
それにしてもフランスのCM制作会社も素敵な曲をチョイスするなぁ、と。
以前ご紹介させていただいたこのフランスの国鉄「SFCF」も素敵な曲でした。
最近フランスで印象的なコマーシャルとその曲、そしてダニエル・ジョンストン

今回のはまた、愛、愛、愛、なのがいいなぁ、と。
さっすがアムールの国フランスなのであります!
じゃ、ヴィクトル・ユゴーさんの家記事がんばりま~す。ごはんも作らなきゃだしできるかな…
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


今日はフランスの元祖?イケメン俳優の代表とも言えるアラン・ドロンの、
対照的でなかなか感じのよいコマーシャル2本のご紹介でございます。
まずはその前にアラン・ドロンを知らない方もいらっしゃるかと思うので簡単ご紹介を。
1935年にパリ南郊外のオー=ド=セーヌ県のソーの出身。
ソーと言えば美しいお城や美術館があるソー公園が有名で、4月には桜がたくさん咲くことでもよく知られているところ。ああ、あそこだったのね、
と今回はじめて知ったので思いましたよ。
その街で父親は小さな映画館を経営していたそうですが
4歳の時両親が離婚し母親に引き取られます。
しかし母親の再婚相手の義父とうまくいかず、
寄宿舎を転々とし問題児となって感化院に入った経験も。
その後17歳で軍隊に入り、20歳で除隊後、カンヌでスカウトされ映画界へ。
デビューは1957年ですが彼を大スターに押し上げた作品は何といっても
1960年のルネ・クレマンの「太陽がいっぱい」。
同じ原作でアメリカでも1999年に「リプリー」として作品が作られています。
で、その後もたくさんの映画に主演していますが、私はそれほどは観ていなくて、
でもそんな中で印象的だったのはルキノ・ビスコンティの「山猫」とジャン=リュック・ゴダールが初めてアラン・ドロンを起用したという「ヌーヴェルヴァーグ」でしょうか。
「ヌーヴェルヴァーグ」はゴダール作品がどんどん難解になってきて、
ちょっと理解するのが難しかったのを覚えています。
さて、そんなアラン・ドロンの先ず1本めはクリスチャン・ディールの香水
「オー・ソヴァージュ」のCF。
元祖イケメンの美しさをどうぞご覧ください。

いかがでしょうか。
「オー・ソヴァージュ」とは野生の水という意味。
彼のいい意味での美しい貪欲さみたいなものと商品を
なかなか粋にコラボさせてるな、と思います。
街に貼りだされていたポスターの方はモノクロだったのですがそれも綺麗でしたよ~。
そしてもう1本が2011年頃制作のメガネのCF。
少し前までよく放送されていたものです。
それではどうぞご覧ください。

ディオールのCFの映像から数十年、
年齢を重ねダンディな白髪ムッシューになりました。
で、ちょっと面白いのがCFの中でアラン・ドロンが言っているセリフなのです。

「以前、彼は威圧的だった。」
「以前、彼は…あれ?前何だったっけ?」
(そしてカメラの前に座り)
「以前、彼はアラン・ドロンだった」
「でも、それは以前だよ」

威圧的だったどうかはわかりませんが、今のアラン・ドロン、このCFのように、
まるで昔の自分は昔の自分、今の自分は今の自分、
というかのように超ラフな雰囲気なのです。
クイズ・ミリオネラーにも気軽に出てきてクイズに答えて楽しんでいらっしゃったり、
少し前はある番組で以前の恋人、ミレーユ・ダルクと一緒にゲストで出てきて
それまた楽しんで。
なんかまったくお高くとまってなくて気取ってなくて
変なプライドが感じられないんですよね。
そこに好感もすごく持たれていて、
今の彼をサンパ(感じがよい)と思っている人も多いのです。
こんなアラン・ドロンを見ていると、
美しかったり若かったりの時期を過ぎた後の自分に引きずられず、
いい意味でそこは諦め、開き直ることで結局は人生の後半も楽しめているのかな、と。
そしていい年齢の重ね方をした人はやはり表情に出るし、素敵だな、と思います。
ところでアラン・ドロンが生まれた街、ソーのソー公園、
久しぶりに行きたくなったので今年の春はお花見もかねて行ってみようかな、
と思っております。その際はまたレポレポさせていただきたいです❀
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


今日は久しぶりにコマーシャルシリーズで~す。
以前ご紹介させていただいたフランスのポッキーの「MIKADO」のこのCF。
→「お気に入りのフランスのコマーシャル2本
この時に、日本のポッキーと味は同じですか?とご質問をいただいて。
でも何年も「MIKADO」を買っていなかったので、
先週末のお買い物でふいに思いついて買ってみました~。
それがコチラ。
RIMG5913 - Copie - Copie - Copie
パッケージはもちろん日本のとぜんぜん違いますね。ってか今のポッキーを知らないけれど。
でも「MIKADO」の名前の上にしっかりあのかわいい「glico」のマーク。
カルフールではこのミルクチョコ味とブラックチョコタイプの2種がありましたが、
確か他にナッツかなんかまぶしたのがあったと思います。
でもジャポンのようにあんなに種類は多くありません。
シャンパン味ポッキー?そんな小洒落た味、フランスじゃあ、あるわきゃあありません。
ロブション監修のビール?そんな小洒落た味、フランスじゃあ、あるわきゃあありません。
ってか、思いつかない??いや考えないかな…
RIMG5919 - Copie - Copie - Copie
さて、お味は?
日本のポッキーとまったく一緒で~す。
久しぶりですが、うん、やっぱり王道美味しい♪
じゃ、ポッキーのお味についてはこれ以上話がありませんのでCFの方のご紹介を。
今回ご紹介のCFは、ここ数年の中で何本か放送されている「MIKADO」CFの中でも、
途切れず流れ続けているもの。というのも、フランスの企業はジャポンのようにシーズンごとに新作CFを流す、には特にはこだわっていないようで、人気なのは数年流れたりするのです。
もちろんジャポンでも数年同じCFを流す企業もありますが。
そんな中で「MIKADO」CFはおしゃれなのあったり、ユーモアがきいているのがあったりで
しかも日本的感覚の洒落っ気やユーモアを感じさせるものが多くて。
やっぱり日系の広告会社が制作にかかわってるのじゃないかな、と私は常々思っているのですが。
そんなこんなの1本でございます。
ほんじゃ、ご説明はこのくらいにいたしまして早速ご覧ください。
説明が長くCFが短いこと、どうぞお許しくださいませ。

いかがでしたでしょうか。
ちょっとクスっとしてしてただけましたでしょうか。
さてこのCFのタイトルは何だとお思いになりますか。
答えは「La stratège」=戦略家という意味。
タイトルがまたいいな、と私は思ったのですよね。
それにしてもこれもなのですが「MIKADO」のCFはいつも大人たちが出て来て
舞台もオフィスやギャンブルの場だったりで、完全に大人向けなのですよねぇ。そこも面白いな、と。
ま、それくらいフランス人たち、甘いもの、お菓子、だ~い好きってことも言えるのかな。
そうそうそれからまったくこれと別の話なのですが、昨日、クリント・:イーストウッドの昔の、
いわゆる日本でいう「マカロニ・ウエスタン」映画が放送されていたのですが、
フランスでは何と「ウエスタン・スパゲティ」って言うんですよ。ま、近いけど、でも違うんですね。
これ、前からちょっと書こうと思ってて昨日思い出しました。
フランスでは「ウエスタン・スパゲティ」です~

………………………………………………………………………


最後まで見ていただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


ベルギー出身のラッパーでシンガーソングライターの「ストロマエ(Stromae)」が歌うことをやめ、
別のことに挑戦すると決めたそうです。
ルアンダ人の父とベルギー人の母のもとでブリュッセルで生まれたストロマエ。
その才能とスペシャルなセンスでフランスはもちろんヨーロッパで大人気で私も大好きなシンガーです。
一番印象的な彼の曲は何と言ってもこれ!



女性と別れたばかりで深酒してついそのへんの誰かに話しかけてしまう設定で。

最高だ!最高だ!
彼女は最高だった!俺は最低だった!
俺たちは最高だった…
ちょっとそこのオネエちゃん、いや、マドモアゼル!
俺はアンタをナンパしないよ。誓うよ。
俺は独身だよ、昨日から…
俺は子供が出来ないんだ…でもそんなことで…
5分だけだよ、失礼なことはしないから。
俺は礼儀正しいんだよ‥ただ今ちょっと酔っぱらってるけどさ…

みたいな感じではじまるこの曲。
それまでもストロマエの曲は面白いなぁ、と思っていたけど、
いやいやこの曲&ヴィデオクリップはさらにスペシャルな印象だったのです。
別のことでも彼のことだからきっと大いに才能を発揮するのだろうけど、
彼の歌声が聴けなくなるのはほんと残念なのです。

…………………………………………………………………………


一方。
フランスのフランソワ・オランド大統領が昨日、来年の大統領選の再出馬を断念すると発表しました。
ru[1]
昨夜はTVニュースを見ていたら、画面がいきなりオランド大統領に変わり、演説がはじまり、
自分が大統領になって成し遂げたということを長々と並べ立て、
観ている人たちは皆、再出馬するのかしないのか、それを早く言ってください、
と思ったと思うのですが、や~っと、再出馬しないという言葉が出た時は観ていた旦那大喜び~。
サルコジもオランドも消えた~、って。
で、なんとシャンパンまで開けてくれちゃって。
17年ぶりの左派政権だったそうではじめは多くのフランス国民も期待があったのだろうけど今は支持率が下がりまくりで、ちょっといたたまれない感じもあるのです。
それにしてもやめることをとても残念がられる人もいれば、やめるのをこんなに喜ばれる人もいる…。
でも結局誰がやっても一緒じゃなかろうか、と、シャンパン飲みながら私は思っちゃったのですが…。

…………………………………………………………………………



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ