週末の独り言

このブログでよく、これお土産にもいいですよ!的に、
バラマキ土産用をはじめお手軽なものをご紹介しておりまして。
紹介しておいてあれなんですが。
フランスにはお土産文化がないのです。
我が家も親しくさせていただいてるご近所さんやご家族がいます。
なので旦那と結婚した頃、旅行に行ったりして、たとえば、
これ、〇〇さん喜ぶんじゃない?なんて言っても、
旦那は、そうかもね、でおしまい。
で、結局お土産は誰にも買わなかったのです。
徐々にそれがフランスでは普通であることがわかってきました。
もらうことがあるとすれば、たとえば、
バカンス中の間に、そのお宅のお庭に水をまいてあげた、
という時にお礼代わりにいただく、とか、
変わったものだというので話のタネ的にもらうくらい。
それもほんとにたま~にです。
旦那の職場でも、誰かが海外に旅行に行っても、
お土産はありません。でも楽しかった話はたくさんするようで、
それを私も旦那から聞いたりします。
なので、こちらもどこかに行っても
お土産の心配をまったくしなくていいので超ラクです。
日本にいた頃は、1人でも海外に行くくらい旅好きだったので、
そのたびにお土産を探すのがかなり大変で、
そのための時間を作っておりました。
で、何とか見つけたものでも
たまにあからさまに喜んでもらえなかったり。
あれは悲しいんですよねぇ…。
そんな経験があるので、お土産をくれるだけでありがたい、
と思うようになりました。
とにかく、お土産を準備するのがどれだけ大変か、
苦労が十分わかっているので、お土産にいいものを見つけると、
すぐ日本の方々に紹介したくなっちゃいます。
そして、日本もせめてバラマキ土産の習慣くらいは少し減るといいな、
なんて、フランスのお土産文化なしを知ったので思います。
ただし私は日本人なので、11月に日本に帰った時は、
すごいものじゃないけどあげたい人にお渡ししました。
気持ちですね。
日本にない珍しいもので、喜んでくれたので、
私もすごく嬉しかったです。
こんな時は、お土産っていいな、と思います♪
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

私がちびっ子だった頃、お弁当は母の手作りだったのですが、
うちはごはんは基本的に玄米か五分づきで、
今でこそ玄米はポピュラーになりましたが昔はぜんぜん浸透していなかったもの。
しかも母は料理が得意ではなかったので、
ごはんも含めお弁当はいつも彩りもなんもない茶色だったんです。
で、子供の私はその玄米弁当が超恥ずかしくていつも手で隠して食べていたのですが。
子供はいい意味で率直で、悪い意味で意地悪いですから、
私のお弁当はしょっちゅうバカにされ、悲しい思いをしました。
あれは今もずっと忘れらない、今もちょびっと悲しい思い出です。
なので今のキャラ弁が浸透している時代だったらどうなっていたのかな、
とちょっと思ったりします。
きっと子供たちが、かわいいお弁当を見せっ子したり、
自慢しあったりすることがあるのだろうな、と。
でもお弁当に手をかけられなかったり、苦手だったりする親御さんもいるはず。
今両親が別々に暮らしている子供だって多いですしね。
そんな子のお弁当はそれほど手がこんでいないかもしれない。
それが子供同士で比べあいがあった時、子供は悲しいだろうなぁ、と。
私も玄米弁当の経験があるので、子供はいないけどそれを考えてしまいます。
今は運動会の時、親御さんが来られない子供への配慮で、
子供と親は別々にお弁当を食べるところも多いそうですが、
少し寂しい気もするけど、それも仕方ないのかな、とも思います。
ちなみにフランスの小学校のお昼ごはんは、
学校の食堂でいただく給食式や家に帰って食べることが出来るところもあります。
食堂はフルコーススタイルだったり最近はBIO食材を使う学校もとても増えています。
苦手なものを無理に食べさせるということはありません。
それから、入学式も卒業式も授業参観も運動会も家庭訪問もなく、
行事というものがほぼありません。
なので、共働きが多かったり別れているご両親も多いですが、
精神的にも肉体的にも負担が少ないだろうな、と感じます。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

ホリエモン(堀江貴文さん)が、杉浦太陽さんのインスタグラムでの、
台風19号で仕事先の山形から自宅に着いて、家族が無事でほっとした、
という内容に対しての批判について、
「他人の幸せに嫉妬しちゃう奴ってほんと性格悪い」
というつぶやきに賛同します。
杉浦太陽さんの感じたことって当たり前だと思う。
何があってもまずは家族が無事かが一番だもの。
これに対して、
「行方不明の人もいるのに幸せアピールしんどい」
なんて言う人は異常に心がささくれ立っているとしか思えない。
家族が無事でほっとした、と言うことが非難されるなんて…。
元々、ホリエモンが好きというわけではないし、
杉浦太陽さんもよく知らないけれど(辻ちゃんは知ってます)。
今回は心から賛同です
しかもそういった意地悪コメントの多くが匿名というのもいやらしい。
匿名でしか言えない底意地の悪い悲しい人間たち。
今はインターネットは本当に便利で、
ブログにツィッターにインスタグラムにラインに、
いろんな手段があるけど。
いくつもやればやるほど便利にはなるけど
同じくらい振り回されることが多い気がします。
ひと昔前はこういったものがなくて、
他人に対してここまでのねじくれた意地悪は少なかったはず。
超~便利な時代だけど、超~残念な時代です。
なので、SNSってホント、ほどほどでいいなと。
ほどほどの利用で周りに影響されず程よく距離を置く。
自分の心と時間のためにも。
でも…ドラマ、グランメゾン・東京はyoutubeで観ようかな…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

ティーンエイジャーの時、一時期ぽちゃっとしていて、
このままじゃやばいと思い、夜ごはんを豆腐だけにし、
お風呂でうんと汗をかいて3か月くらいで6キロくらい痩せたことがあります。
で、その後は夜ごはんの量に気をつけていたら、
さらに体重が減り、中肉になり、ジョギングとストレッチもかかさなかったので、
たいしたものではないですが体形を長年まあまあ保っていました。
んが、去年あたりのことです。
お腹にいつのまにか肉がつき、ウエストがなくなりました。
それまで体重の増減が多少あってもウエストは変わらなかったので、
自分はお腹には肉がつきにくい方だと思っていました。
が、ついてしまいました。これか。いよいよこういう時がきたか。と思いました。
でももうあんまり無理はしたくない、と思い、
放っておいたのです。受け入れたのですね。
んが。お腹に肉が付きすぎて苦しい。ってかほんと辛い。
それも普通じゃないくらい辛かった。
ある日は苦しくて歩けないことがあったくらいです。
で、ダイエットを開始したのです。
方法は炭酸水を毎日1、5リットル飲むことから始めました。
それで結構解消されていきました。でもまだ十分じゃない。
で、炭水化物の量を1/3にしてみました。
そしたら、炭水化物1/3の効果がすごかったです。びっくりしました!
キューピーちゃん状態だったお腹まわりが普通になりました。
昔のように引き締まった、というわけにはいかないけど、
少なくてもスカートやパンツにお肉がのることはなくなりました。
その時、思い出したんです。
TVでタモさんが、ごはんは毎日一口か二口しか食べない、とよく仰っていたのを。
これか、と。
きっと体質によって向いてるダイエット方法があると思うのですが、
私の場合は炭水化物を減らすことだったようです。
ということで今はまあまあぜい肉少なめになりました。
それから今もう1つ気をつけていることが料理を食べる順番。
まずは汁ものを飲んで、次に野菜などのおかずを食べます。
そしてお米(パン)は最後。お茶碗に1/3です。
この順番だと炭水化物が少しでも慣れればお腹満足。
身体にもこの順番は良いようです。
ということで。でも。ぽっちゃりしていた時、
スレンダーなお友達に悲しいことを言われたことがあるので、
自分で言うのはまだいいとしても、
人のことをデブというのは今も好きではありません。
経験で決めたちょび信念。ちょっと大げさですけど。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

フランスは出産率が高いことをご存知の方も多いのではと思います。
その中には体外受精(人工授精も)で妊娠して出産なさる方も多いです。
そして、それを隠すというようなことは一切なくオープン。
私の周りでも、さらりと会話でそんな話が出てきます。
日本に住んでいた時は、まだまだ言い難い状況だったように思うので、
このフランスのさらりと言える状況はいいな、と思います。
でも今だと日本も妊活という言葉も出てきているので違ってきてるのかな。
どんどんそうなっていって欲しいです。
後は費用の問題ですね。
日本で治療を受けていた知り合いが何人かいたので、
日本では保険が使えずものすごく高いのは知っております。
でもフランスは年齢制限と回数などの決まりがありますが、
治療や体外受精にも保険が使えて、
プラス任意保険のミチュエルに加入していると、
100%ではないけれど、ほぼ保険でカバーが出来るしくみ。
全部実費の日本からするとびっくり羨ましいことだと思います。
それともう1つ、出産で日本との大きな違いがあります。
それは無痛分娩が一般的だということ。
無痛分娩じゃない出産をした人の話をまだ聞いたことがないくらいです。
知り合いの子は、出産の際の体力の消耗が少ないので、
出産後も身体がラクだったと言っておりました。
日本では自然分娩がまだまだ一般的だけど、
私は姉の大変な出産と体力の消耗の記憶が強く残っているので、
出産も出産後もお母さんの身体がラクな方がいいのでは、と思っています。
ただ私が出産の経験がないのでえらそうなことは言えないのですが。
以前の結婚で一度妊娠したことがあるのですが、だめだったんですよね。
あの時、もし無事生まれていたら、どんなに愛しかっただろう、
とは今も思う時があります。
でもだめだったので、そして、もしいたらフランスに来ていなかったので、
自分はこの人生だったんだな、と思っております。
子供はいないけど、旦那と超愛しいわんこ&うさっちがいてとても幸せです。
でも。やっぱり子供ってホント面白くて可愛いな、と思います~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ