週末の独り言

Foto (3)
お天気に恵まれた日、旦那とパリ郊外の我が街をゆっくりお散歩。
さくらは散ってしまったけど順番に美しい花たちが咲いてくれています。
Foto (829)
やっぱり春は最高です♪
この素晴らしさを新鮮に教えてくれるために、
冬があるのかもしれません。
あんまりパリの冬苦手ばっかり言ったら、冬もつらいかも。反省~。
Foto (830)
素敵なかわいい家を見るのも2人共大好き。
みんなそれぞれ好みがありますが
自分はやっぱりヨーロッパの古い家に見とれます。
写真で見てた子供の頃からそれはずっと変わらないんですよねぇ。
で、叔母が、moiちゃんは昔から外国が好きだった、としょっちゅう言います。
結局それが今のフランス暮らしにつながっているのでしょうね。
でも日本の温泉宿に行くと何とも風情を感じます。
なんで定番の朝食があんなに美味しいのでしょう?
どうして家でやっても同じはならないのでしょう?
Foto (831)
街のセントラルのお花は係の方々がいつも美しく手入れしてくださっていて。
我が街の真ん中の市民の憩いの場です。
Foto (832)
花や家や春の風景を見ていると自然と歩くのがゆっくりになります。
それに気がついて、ああ、いい時間だなぁ、と。
そして。ゆっくり歩くのはゆっくり生きると一緒だな、と感じます。
今は自分は急がなくてはいけないことがないのでよかったです。
超がつくドジ子なので急ぐと全部空回り~、ですしね。
あ、でもよくせっかちな旦那に
仕度が遅い、時間に遅れる、と怒られるんですよ。
その時は、フランスではそんなきっちりしなくて大丈夫だよ~。
と堂々言い放ちます。
Foto (833)
ここもお花が綺麗。
Foto (834)
憧れの小さなお城のようなお宅です。
と思っていたら、旦那が教えてくれました。
何と!高級老人ホームらしいよ、と。
え?そうなの?と妻はびっくり!
Foto (835)
相当リッチな方々かと思われますが、
いいですねぇ、こんな素敵な家で人生の最終章を過ごせるなんて。
暮らす場所が美しいってとても素敵で大事だと思います。
ごはんが美味しいのと同じくらい。
Foto (836)
新緑の中を歩くのも気持ちがいいです。
空気がぜんぜん違います。新しい酸素が作られているからかな。
Foto (837)
春ははじまったばかり。
お天気の良い日は1人でも2人でも4ぴきとでも、
ゆっくり歩きのお散歩をたくさん楽しみたいと思います。とは言っても。
3ぴきはお散歩大好き過ぎてぜんっぜんゆっくり歩けないのですけどね。
それでケガしましたし…。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

ある日、ある角度で鏡に写っている自分の顔がふと目に入りました。
あれ?何か顔の輪郭が若干変わっている。
ん?と思いよくよく確認すると、
頬の肉が少し落ちてきているんです。たるんできたということですね。
なのでそのせいでほうれい線が目立つようになってきているのです。
あちゃ~、自分で気づいちゃいました~。
で、普段から、あんまりいろいろいじったりやり過ぎない方がいい、
だって仕方ないことだから、と思っていたのですが、
この落ちてきたのは加速を止めたい、止めなきゃ、とやっぱり思いました。
で、頬の運動を始めました。
でも簡単で、歯磨きした時のうがいで、
頬の筋肉を出来るだけたくさん使うようにすること。
その後に口をひょっとこみたいにすぼめて突き出すを1分×3回。
これを1日3回の歯磨き時に今やっております。
やらないよりやった方がマシかな、って感じでやっているのですが、
ちょっと頬がキュッとなってきたような“気“がするんですよ。
でもなんにしてもやはり仕方ないことです。
もちろんぜんぜんカモンじゃないけどあんまり無理はしません。
でもね、もし人に言われたりしたらショックだと思います。
自分で気づくより何十倍も悲しいと思います。
だからネットとかでたまに有名人とかそうじゃない人でも、
劣化したとか意図的にシワが目立つような写真が載せられていたりすると、
キツイなぁ、本人悲しいだろうなぁ、
言ってる人だってもし自分が同じこと言われたらショックだろうに…と、
とにかくなんかいたたまれなくなります。
誰でもいつかシワもほうれい線も出てきますしね。
フランス人は基本的に人の容姿のことをほとんどチェックしないので、
その点はよかったな、と自分に甘いかもしれないけど思います。
でも、だから、たとえば結構ぽっちゃりした人も多いし、
お腹が出てても夏にお腹が見えるセクシーな服とか着てます。
それも誰も何とも気にしない、っていうか普通っていうか。
それから実は日本よりパリの方がずっと“おしゃれじゃない“人が多いです。
これも人の容姿のことをチェックしないことと少し関係があるかなと思います。
他のことでも言えるのだけど、自分にも人にも厳しくないんですよね。
これ、自分の見てくれにはマイナスかもしれないけど心にはラクでよいです。うん。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

日本で働いていた時は、休みが取れると1人でも、誰かとでも、
とにかく海外に旅に出ていました。
一番最初に行った国はポルトガル。
首都リスボンはパリと同じようにスリがものすごく多いけど
どこか素朴で懐かしい雰囲気。
地方はさらにもっとそんな雰囲気で美しくて食べものも美味しくて。
はじめての外国のポルトガルに恋をしました。
いつか住みたいと夢を見るくらいでした。
そんなポルトガルに何度も行くようになり、その間に他のヨーロッパ諸国や
アメリカ大陸、アジアも、島々も含め旅をしました。
危険な場所もあったけど、でもどこも全部それぞれに面白くて
好きじゃないと思ったところは1つもありません。
そしていつか住みたいと思ったポルトガルは、
今人生の不思議でフランス暮らしになって。
ここから飛行機に乗らなくても車で数日かけて行こうと思えば行けるので
そういった意味では少しだけ身近な夢になりました。
そんな中で身近ではなくて死ぬまでにもう一度行けたらいいな、
と思うのがモルディブです。
海の世界が素晴らし過ぎました。
私は一度溺れかけて以来、足のつかないところは恐くてダメなのですが、
モルディブの海だけは恐さよりも海の中を見たい気持ちが勝って、
足がつかなくて心臓をバクバクさせながらも何とかシュノーケリングが出来ました。
色とりどりの魚の群れは別世界。
海の奥からウミガメがゆっくりと上がってきた時は崇高さを感じ心が震えました。
あの世界をもう一度見たいのです。
それに1200近くもの島々からなるモルディブ自体も不思議でどこか非現実。
もう一度だけ、今度は旦那と行けたら、なんて時々夢を見ます。
でも…それはたぶん無理なのです。
うちはわんことうさっちがいるからです。
シッターさんにお願いすれば、と思う方もいるかもしれないけど、
フランスでは動物のシッターさんはポピュラーではないし、
動物ホテルも預けるところはあるけどとても少ないです。
それに何より、私が人にまかせるのが無理なのです。
元気ではちゃめちゃなところがあったり、恐がりでママしかダメな子もいます。
もしどなたかにおまかせして散歩中にリードが外れたら、とか、
ごはんを食べなかったら、と思うともう恐ろしくて旅行どころじゃありません。
何かあった後では遅いのです。
モルディブにまた行けたらどんなに素晴らしいかとほんと思います。
でも、今は何よりもわんことうさっちたちなのです。
かわい過ぎてどうしようもありません。
なので、今はこの子たちと行ける範囲の旅と思っております。
でもよかったな、と思うのが、ここがヨーロッパであったこと。
車で日帰りでたとえばベルギーに行こうと思えば行けないことがないのは、
今もちょっと不思議で好きな感覚です。
モルディブは、行けたことを幸せだったと思わなくちゃです。
ということで、パリ散歩も小さな楽しい旅の1つ。
春がいよいよやって来たしこれからパリは素敵な季節。
パリに行くのが夢、という方々に私が感じるパリをこれからもお伝えします。
な~んて、この間スリにやられそうになったのでえらそうなこと言えませんけどね。
でもそんなこともリアルに。また遭いたくは絶対ないですけど。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

この記事を書こうと思ったのは札幌の叔母と電話で話したことがきっかけ。
親戚の話になり、私が〇〇さんは元気?まだ働いてるの?と言ったら、
叔母が、元気だよ~、まだ60代だからぜんぜん働いているよ~、
経験があるしまだまだ働き盛りだもの、と。
それを聞いて、日本とフランスはぜんぜん違うな、と改めて感じたのです。
フランスも定年退職制度があって今の時点の法律だと
公務員などは別ですが基本は62歳。
で、ほとんど人がとにかく定年退職を心待ちにしているからなんです。

少し前にヴェテリネール(動物病院)へ行ったら、
経営者の先生と旦那が定年退職まであと何年だという話をしていました。
先生はちょっと忘れちゃったのですが、あと3年だとか4年だとか言っていたかな。
とにかくとても待ち遠しくてしかたない様子で話していました。
先生が辞めたら別の良い先生を探さなくちゃだから若干心配なんですけどね。
一年近く住んだことがあるニースで出会った動物病院の先生は、
診断と治療が的確で動物に心から優しくてお金に細かくなくて
(ついでと言って歯石取りやってくれてお金をとらないような人)
それまで出会ったフランスの動物病院の
大ざっぱな先生たちの中で一番信頼出来て、
動物のためにずっといてほしいくらいの人でした。
でも定年退職であっさり辞めてしまいショックでした。
ほとんどのフランス人にとって仕事は人生の中心ではまったくないんです。
そして退職後の残された人生は、もう働かず、
年金もらって好きに生きる、という考え方なのです。

フランス人が退職したらやりたいことで多いのが別の土地へ移り住むこと。
それはフランス国内もあればヨーロッパの別の国や
オーストラリアやニュージーランド、カナダ、なんてこともあります。
キャンピングカーでヨーロッパ&アジア大陸を周りたい、っていう人もいます。
旦那の夢もそれ。それで気に入るカンパーニュを見つけたらそこに住むのもいい、
なんて言っております。ほんとは定年退職前に辞めたいくらいなよう。
私もパリが大好きだけど人生の最終期は
緑と水辺のある場所でのんびり過ごしたいので旦那について行くだけです。
そこで旦那と動物たちと暮らし、好きな古いものに囲まれて、
好きな料理して、出来るなら小さな畑も作って、
70%くらい自給自足出来たらいいな、なんて。最後の夢ですけどね。
少し前に梨花さんがショップ閉店のコメントで、
残された人生はゆっくり生きたい、と話していらっしゃったけど、
そのお気持ちがとてもよくわかります。
人生は短い。自分も残りは短い、もう精神的に疲れることはしたくない、
と思っております。
でももし両親がどちらかでも生きていたら、
そんなことは言っていられなかったかもしれないし、
フランスにも来ていなかったし心配でそばにいたと思います。
そう思うと、国だけじゃなく人それぞれ家族や周りの状況の違いもありますね。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

この数週間、フランスで燃料増税反対デモが激化しているのは
日本でもニュースになっているかと思います。
今回のこの反対運動は「黄色のベスト(gilets jaunes)」=ジレジョーヌと呼ばれ、
増税反対者たちがジレジョーヌを着て、
毎週土曜日のシャンぜリゼ大通りをはじめフランス各地でデモが開かれ、
警察との激しい衝突が繰り広げられております。
TVニュースでは毎日このジレジョーヌ運動のことが
これでもかというくらい流れているのですが、一方で、
カルロス・ゴーン氏のニュースはたまに流れても、
3秒くらいであっちゅうまに終わる不自然なここ最近。
運動は運動、ゴーンさんはゴーンさん、ちょっと変だな、と思って、
旦那にこのことについて改めて聞いてみました。
旦那が言うには、TVはゴーン氏について報道を控えるようにしている。
それはフランスに本社がある大企業ルノーは政府にも大きく関わっていて、
ゴーン問題がフランスで大きく取り上げられると
困る政府関係者、企業関係者がわんさかいるから。
おいしい思いをしている人がたくさんいるということですね。
でも旦那はゴーンさんが日産のお金を私的に流用していたらしいのは知っていて、
TVではほとんどニュースにしていないけどネットの情報で知るそうです。
TV局は昔からずっとコントロールされているからね、と。
ちなみに2チャンネル、3チャンネルが特に政府の影響力が強いとのこと。
改めて旦那に聞いてみた、と書きましたが、少し前に、
フランスで日本の陰謀説と言われていることについても聞いてみていたのです。
その時も、それは政府が流した情報だと思うよ、と。
今回、ジレジョーヌ運動が起こって、みんな意識がそちらに向かって、
ほっとしているゴーン関係者たちがたくさんいるだろう、と。
でもこれはあくまでも旦那が感じていることなので、
日本人で政治のことがよくわからない私にはなんとも言えないのですが。
でもやはりフランスで生まれている人間の意見として興味深いです。
それに日本でも同じようなことがよくあるので、
どこの国も一緒だな、と、ちょっと思っちゃってるんです。
ということで、昨日もだったのですが、これからもしばらく毎週土曜日、
シャンゼリゼを中心にデモが繰り広げられそうですが、
はっきし言ってもう毎日のジレジョーヌ運動ニュースに飽きています。
はじめはこういう時の団結力はさすがフランスすごいなぁ、
と思っていたのですが、だんだん首をかしげております。
関係ないお店のショーウィンドーを壊したり火をつけたり暴力を使うのはおかしい。
シャンゼリゼにあるショップがリュクス(豪華)中心なので面白くない、
というのは気持ち的にはわかるけど、でもやっぱり暴力使っちゃったら違っちゃう。
なんだかリュクス壊しが、異常なお金を得ていたゴーンさん潰しとも重なりますが。
とにかく、シャンゼリゼデモネタ利用はもう飽き飽き。十分です。
他にないの??

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ