週末の独り言

FotoJet (407)

フランスでは丸鶏ローストがお手軽でお手頃なので、
食べたいな、と思ったら買ってきたり、自分でも焼いたり。
そしてその後はその鶏ガラでだしをとってラーメン。が我が家のコース。
で、これがある日の我が家のラーメンで~す。
塩漬けの豚肉があったので、鶏ガラだしに入れて
豚のだしをとる&煮豚も一緒に作っちゃう、をし、和風だしも合わせました。
今回はココリリーさんブログで見たラーメンのビジュアルを参考にさせていただいて。
ココリリーのLovely Days☆
麺はアジア食品屋さんで買ってきた生の中華麺で、
トッピングは煮豚にさっとゆでたきくらげの千切りとネギ、ゆで卵、海苔。
ゆで卵が半熟じゃないのが惜しいところですが、
お味は自家製なら十分。下町の昔ながらのラーメン屋さんで、
500円で出してくれていたら嬉しい感じです。
千切りのきくらげ、かなりよかったです~。
ということで、我が家のフランス男も日本のラーメンが大好き。
毎回スープも全部飲み干してしまうくらいです。
塩分は身体によくないから全部は飲んじゃだめ。って言ってるんですけどねぇ。
フランスでも最近、塩分の摂り過ぎが問題になっていて、
今年2018年はフランス人の平均の塩分摂取量が10~12gと言われています。
日本では男性が10、8g、女性が9.1gとのこと(ちゃんと細かい~)。
フランスも塩分めっちゃ摂ってるんですよ~。
でも、だろうなぁ、と。というのもフランス人が大好きなバゲッドとチーズ、
かなり塩分含んでるなぁ、とは以前から思っていたこと。
で、現在、国が推奨しているのが塩分6g。
我が家もこれを参考に6g以内に収めるようにしてはいるのですが、
書いた通り、ラーメンスープを飲み干す男、そして、チーズに目がない男。
それだめ~、っと毎回言ってるんですけどやめられないようです。
日本人の高血圧が醤油や味噌、漬物などの伝統的食習慣からくるもの、
と言われておりますが、フランス人の食事も決して薄味じゃないです。
でも、脳梗塞を経験した人を見る頻度が日本より少ないのが不思議なんです。
うちは父が高血圧で脳梗塞になり数年のリハビリ期間があって亡くなったので、
脳梗塞を経験した人はわかるのですが、こっちは明らかに多くないと感じるんです。
これが不思議なんですよねぇ。あんなに塩分摂ってて。
で、飲酒もなのですが、常々思っていたのが、
やはり元々の体質が私たちアジア人と違うんだろうなぁ、と。
それしか素人の私には思いつかないんです。
ちなみに、フランス人は胃癌もとても少ないそう。
それはストレスの違いだよ、とは、
フランスで診察を受けたことがある日本人のお医者さまがおっしゃっていたこと。
実はその時私も少し胃の調子が悪くて診察を受けたのですが、
診察の結果、特に問題はない、と。
でもそんなに心配なら、ストレスが大きく関わる胃についてはずっと医療が進んでいる
日本に帰って診察を受けた方がいい、と言われたんです。
で、自分心配性なのがわかっていたし、すぐ帰れる状況でもないしで、
帰らなかったわけですが、あれから5年くらい?
今、胃は特に問題はないようです。
とは言っても、いつ何があるかわからないわけですが、
今はもうあまり考え過ぎないようにと思っております。
これも自分が選んだ異国暮らし。
未来の病気やら暮らしやらの心配より、何と言っても今ですから。
それにしても、話をラーメンに戻しますが、日本のラーメンって、
たぶん10年後はsusihiに負けないくらい広がってると思うんです~。
パリの日本のラーメン屋さんで行列してるフランス人見ると、
やっぱり美味しさは世界共通や~、
と、嬉しくむふふと思っちゃいます~。へへへ。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (400)

先週おでんをたっぷり作ったので、
ご近所さんのジャン=ピエールさんの奥様にはじめておでんをおすそ分け。
でも昆布はさすがに無理だろうなぁ、と思ってなし。
で、昨日ジャン=ピエールさん宅に寄った旦那が、
空のお皿を持って帰ってきたのですが、
初お試しのその結果は!
さつま揚げとか竹輪は食器洗い用のスポンジみたいで無理だったそう。
でも大根とじゃがいもと玉子は美味しかったんですって。
そっか~、スポンジか~、とちょっと納得して笑ってしまいました。
すると旦那が、今度は野菜と昆布も入れてみなよ、って。
いやいや、昆布無理でしょう~、スペシャルだもんと私。
そうやってスペシャル昆布をすすめる旦那ですが、
一緒におでんを食べている時、私が、
はぁ~、本当にポトフ・ジャポネ、デリシューだ…としみじみ言ったら、
旦那も、ふむ、と深くうなずいて、スープがなんとも言えない、デリシューだと。
何度か書いているけれど、
昔はステーキばかり食べていてお魚も野菜も嫌いだったんですって。
ところが今じゃ、だしのうまさがわかる男。
辛いのもどんどん大丈夫になってきて、
この間は青唐辛子とトマトのパスタを作ったら、
それがめっちゃ辛くなっちゃって、私でさえも無理だったんです。
ところが旦那は、辛い辛い~、言いながらも食べられる~。
味覚って変わるものです。あとは慣れですかねぇ。
お豆腐もはじめは、何この食感~、って言ってたけど今大好きですし。
ということで我が家のおでんは醤油はほんの少しでだしが利いた関西風。
札幌の叔母が送ってくれた日高昆布をたっぷり使います。
それとパリに来た友人が持ってきてくれた
茅乃舎のだしパックにお塩はゲランドの天然塩。
ほんと美味しくてぜんっぜん飽きないです~。
さつま揚げやちくわ、白滝はアジア食品屋さんで買えるんですよ。
でも大好きなちくわぶはさすがに売ってないですねぇ。
はんぺんはオペラ地区のアジア食品屋さんに行けば売っております。
ちなみに自分一番好きなのは迷うけど玉子。2番めが白滝。そして3番めがちくわぶ。
でもちくわぶないから、大根かなぁ。う~ん、竹輪も何気に美味しんですよねぇ。
旦那にもおでんベスト3を聞いてみたら、全部美味しくて選べないそう。
ってかなんで3つ選ばなくちゃいけないの?って若干怪訝そうな顔してました。
そうねぇ、好きなおでん具材ベスト3で盛り上がれるのは日本人の特権かしら。へへ。
もう寒くなってきたし月3回はおでんしちゃいそうです♡
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

mqShLN12_sxEMS_1520687532_1520687697[1]

ちょっと前のことになりますが、ご近所さんで、長年一緒に暮らしていて
お子さんも2人いるカップルが入籍し、
そのアペロパーティーに招待されお宅にうかがった時のこと。
一昨年の12月に亡くなったご近所ジャン=ピエールさんの奥様の隣りの席に、
やはりご近所さんのティエリーさんも招待されて座っていて、
2人が楽しそうに話しているのを見て少し驚いたということがありました。
亡くなったジャン=ピエールさんとティエリーさんは家がお隣同士。
でも、私も理由は知らないのですが、何か問題が起こって2人は折り合いが悪くなり
以来、ずっと付き合いをやめていたのです。
でもジャン=ピエールさんが亡くなって、少し月日が流れ、
ジャン=ピエールさんの奥様とティエリーさんは和気あいあいと話していて。
しかもほんと無理とかなく自然で。
で、家に帰ってきて旦那に、
ティエリーさんとジャン=ピエールさんの奥様、普通に仲良く話してたね、
と言ったら、ジャン=ピエールさんととても親しかった旦那が、
ティエリーとジャン=ピエールは2人のことで奥さんは関係ないもの。当たり前だよ、
って超あっさり。
フランス人らしくていいなぁ、と思ったんですよね。
そんな旦那も人に立ち入ることは一切しません言いません。
だからティエリーさんとジャン=ピエールさんの間に何かあったか
旦那は知っているだろうけど私にはその時、今2人はうまくいってないんだ、とだけ。
なので私も、ああ、そうなんだ、ってそれでおしまい。
ティエリーさんとジャン=ピエールさんの奥様のこともなのですが、
こういうのってフランス人のとても素敵なところだなぁ、って思うのです。
人の口によって傷つけられることも悲しい思いをさせられることもほとんどないです。
ここは私もマネしたいな、と思っている点。
どフランス人なので大ざっぱでびっくりすることも日々多々あるんですけどね。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (587)
フランスに長期で滞在する場合、必ず必要になるのが滞在許可証。
移民が多いフランスは特に取得が厳しいことは聞いていたけれど、
確かに厳しかったのです。しかし残りたい人にはそれなりに手段もあって…。
今回は私の滞在許可証更新の経験と
10年の滞在許可証(10年カード)を取得するまでのだいたいの流れと
その間垣間見たフランスのコネ社会についても少し書きたいと思います。

私が日本でフランスの学生ビザをとってパリに来たのは2008年の4月で、
入国してから3か月以内に現地の県庁または支庁に行って
滞在許可証の申請をしなくてはなりませんでした。
現在はまた少し変わっているかもなのですが、当時この許可証は
パリだと学生の場合だいたい半年ごとの更新で、
パリ以外だと郊外も含め1年ごと。
入国してすぐの申請では書類さえしっかり揃っていれば
比較的スムーズに取得は出来ます。
でもそれ以降の更新というのが厳しく、しかも担当者によっても、
または担当者の気分によっても対応が変わってくることもあるという…
マニュアルにそってきっちりやる日本のお役所とは
ぜんぜん違うのでこれにはびっくりしました。
実際、県庁受付カウンターで担当者に激しくどなりつけられ
涙ボロボロで大泣きしながら訴え続けているアジア人女性も見たことがあります。
とは言うものの私はパリでの更新もニースに住んでいた時も
感じのいい担当者にあたり、毎回スムーズに出してもらえたのです、
2011年の申請の時までは…。
そのことはまた後で書かせていただくことにして、先ず残りたい人の手段についてを。
フランスの滞在許可証は学生用、結婚やパックス(結婚カップルとほぼ同等の法的権利を受けられる同居カップルの契約)などの配偶者用、労働、研修生、研究者、アーティスト用などそれぞれあるのですが、私は最初に書いた通り学生での更新。
で、パリに来てすぐ入学した語学学校は日本の留学会社を通したところで、
予め7か月分の授業料を払い込んで通ったのですが、
その後もフランスに残るのであれば引き続き語学学校に通い、
そこでもらった証明書を滞在許可証更新の際に提出しなければなりません。
でも最初に通ったところは授業料が高くてとてもじゃないけど通い続けられない。
なので多くの人がそこよりずっと安い授業料で滞在許可証が「通る書類」
を作ってもらえるところを探さなくてはならないのです。
で、私も来てから知ったのだけど外国人が多いパリにはやはり結構あるんですね~。
そんな中で「通る書類」を作ってくれることでよく知られていたのが、
13区にあった(過去形です)中国系女性経営者兼校長の語学学校。
でもちゃんと政府公認だし安い授業料のわりに授業はちゃんとしているし、
それに出席率が足らなくてもかなり大目にみてくれる…。
なので働きながら通ってる人も多く、
私も2010年から1年ほど働きながら通いましたが、
日本から料理やパン職人修行に来てる人なんかもいました。
最初に、残りたい人の手段と書きましたが、
ここはそんな残りたい人のための強い味方?代表学校だったのです。
しか~し、この学校、2013年に閉鎖になってしまったのです。
理由は、中国人女性経営者のフランス人のご主人で、
政府関係者に強力なコネを持っていたその方が突然亡くなり、
するとすぐに経営者宅に強制捜査が入り、
ものすごい金額の隠し財産が出てきたから。
フランスがコネ社会だとは聞いていたけど、
厳しい滞在許可証更新なのに「通る書類」をどんどん出してくれる裏には
こういった理由があったんですねぇ。だけど、ど、
コネを持っていたご主人がいなくなった途端、とっとと捜査が入る…。
このどちらにもつくづくフランスらしさを感じたものです。うんうん。
他にも、労働許可証を取りに行った知り合いは、
県庁受付カウンターでろくな説明も聞いてもらえず追い払われそうになり、
そんな場合は、この人の名前を出して、と上の人に言われていた人の名前を出したら、びっくりするような速さで特別対応してもらったと言っておりましたし、
(このパターンとても多いようです)
レストランで働いていた知り合いの同僚で、
滞在許可証が切れてノワール(黒、違法滞在者)になっていて捕まった中国人は、
強制送還のはずが、やはりコネで無罪放免になり、その後も普通にパリにおったそうな。
日本もコネ使いがたくさんあるけれど、
いやいやいやいや、フランスも負けてない、
というかこのようにと~ってもあからさまなのであります。

               つづく

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!






旦那が歩いて5分の職場からお昼ごはんを食べに帰ってきて
また職場に戻った火曜の午後2時頃のことであった。
ベベっ子たちが「ワンワン!ビビ!(おしっこ)」と言うので庭に出したら…
ん?



FotoJet (365)
庭の真ん中に超無造作に箱が置いてある。ってか転がっている。ってか落ちている?
なんだなんだ?…と、
FotoJet (366)
近づいてみると、ほんと箱。しっかり封がしてあり、持ってみるとずっしり重い。
どうやら宅配便のようであった。
旦那がお昼に外で受け取って、時間がないからここに置いていったのかな、
とも思ったけど、それにしては場所が無造作過ぎる。
はて?と思いながらリビングのテーブルの上に置いておいた。
そして夕方、旦那が仕事から帰ってきた。
で、テーブルの上の箱を見て、
「届いたんだね!自転車の赤いタイヤだよん♪」
ってめっちゃ嬉しそうに言うんであった。
え?…ってことは…
旦那が受け取ったんじゃない。あたしは家にいた。でもベル鳴らなかった…
これはどう考えても…
FotoJet (371)
あの塀の向こうから投げたんか~い!投げよったか~!
商品がゴムのタイヤだとわかっていたので大丈夫だと思ったんだろうけど、
これにはさすがにびっくり!
早速開封してる旦那に、
これあそこから投げたよね?ねねね?って。
すると旦那、ワクワクドキドキ赤いタイヤ広げながら、
たぶんね~、ぷぷっ、って。
で、フランス暮らしにかなり慣れたmoiちゃんではありますが久しぶりに思いましたよ。
フランスって…この人たちって…と。
ということで「火曜日にあったどフランス」でありました。

これはノンフィクションとなっており写真も再現となっております。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ