パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

担当サイト更新のお知らせ

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

※上記の記事に追記しております。
…………………………………………………………………
R0011168 - コピー - コピー
 担当サイトハネムーンSのフランス特派員最新記事のお知らせです。
今回はわたくしのお気に入りスポット、
パリの下町19区のヴィレット貯水池。
実は以前住んでいた地区でもあります。
ブロカント家具や雑貨が可愛い、
長年のお気に入りカフェと
良心的なお値段のオーガニックレストランなども
併せてご紹介させていただいております。
そしてそれだけじゃなく
注意点もお話させていただいております。
パリの観光地とは違うちょっと通な穴場がお好みの方に、
とてもおすすめです!
おしゃれなヴィレット貯水池でロマンティックに
ヴィレット貯水池でおすすめのお店まとめ

R0011073 - コピー - コピー
このヴィレット貯水池は、
毎年セーヌ川沿いと共に、
パリプラージュが開かれる場所。
もしパリプラージュに行かれる場合は、
わたくし的には断然こちらのヴィレットがおすすめ。
広々しているし、ジモティ中心なので、
パリの気取らない庶民の雰囲気が
満喫出来るんです。
R0011078 - コピー - コピー
ここはヴィレット貯水池で一番のお気に入りの
一軒家カフェ。
R0011107 - コピー - コピー
ブロカント家具と雑貨を使ったおしゃれな店内は、
インテリアの参考にもめちゃくちゃなります。
R0011202 - コピー - コピー
たくさんのアーティストたちも
移り住んでいるこの界隈。
なのでおしゃれなバーや、
こだわりのビストロも揃っております。
R0011225 - コピー - コピー
日の長いパリの夏。
夕涼みも兼ねてこのヴィレットの水辺で過ごすのは、
本当に気持ちがいい。
お天気のいい夕暮れは
ピクニックする人たちもたくさん。
私もまた1人でも旦那とも行こうと思っております。
お弁当とワインを持っていってもいいなぁ。
ということで6月も終わりですね。早い。
フランスもいよいよバカンスシーズン突入。
パリはこれから少しずつ人が減っていきま~す。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について 
このブログは何年もの間、
毎日、日本時間の午前0時頃、
フランス時間の前日17時頃(冬時間では16時)
に更新しております。
R0010561 - コピー - コピー
フランスでも日本のガイドブックでも一切紹介されていない、
我が家ご近所のお気に入りパリ郊外スポット、
「ジョワンヴィル=ル=ポン」の街。
19世紀から20世紀前半にかけては、
パリ市内の富裕層の別荘がたくさんあって、
気軽に来れるヴァカンス地としてにぎわった街。
当時は映画撮影所もあって、
ジャン・ギャバンやジャン・マレー、ドミニク・サンダなど、
多くのフランス映画界のスター達が撮影のため、
通った場所でもあります。
その街のここはマルシェ。
R0010563 - コピー - コピー
新鮮な食材がズラリと並び、
地元の方が馴染みのお店で買い求めております。
R0010564 - コピー - コピー
お魚屋さんの脇には日曜限定オイスターバーもあって、
我が家もよく訪れております。
R0010573 - コピー - コピー
生牡蠣6個とグラスの白ワインのセットで10ユーロ。
茹で海老をつけると+5ユーロ。
海老好きの私は海老も必ずつけます。
ただ生牡蠣は季節によって美味しさが違って、
めちゃくちゃ美味しい時もあれば、
小さかったり、しょっぱかったりもします。
この平均的じゃないところが大雑把フランスらしい。
でも、雰囲気が楽しいので、それ全部含めて、
楽しむ、という感じでしょうか。
R0010566 - コピー - コピー
あ!ロングのクリームの可愛いチワワちゃん♪
知り合いのムッシューのチワワっ子です。
R0010570 - コピー - コピー
女の子で名前はデジー。
実はこのマルシェのオイスターバーは、
デジーのパパに教えてもらって来るようになったんです。
我が街マルシェも超楽しいのですが、
別のご近所街のマルシェも
負けないくらい楽しいと知った次第です。
ほんとだったら今はブロカント市のシーズンで、
この「ジョワンヴィル=ル=ポン」でも、
毎週末あちこちで開かれていたはず。
この街の広々とした素敵な豪邸街を眺めながらの、
ブロカントはちょっとスペシャル。
各お宅でお庭も開放していたりして、
夢のようなお庭と美しいメゾンを見ることも出来ます。
パリ市内からもRERのA線で20分もかからず来れる街。
パリ市内とはまったく違う、ちょっと驚き新鮮な、
ゴージャスパリ郊外豪邸街が広がります。
気軽に行ける日帰り旅にも最適。
終息したら私もす~ぐ行きたいと思っております♪
行き方などさらに詳しいことをお知りになりたい時は、
こちらを参考になさってください。
夏編→ガイドブックに載らないパリ郊外の大豪邸街へ!
秋編→パリから郊外へ日帰りオプショナルツアーはいかが?
はぁ~、可愛いデジーに早く会いたいなぁ~。
パパさんと元気にしてるかな~。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について 
R0000833 - コピー
今回は私が以前行って思い出深かった、
パリのとっておきの場所へご案内させてください。
R0000839 - コピー
ここはパリ唯一のシャトーホテル
「セント・ジェームス・パリ」。
シャトーホテルとはお城や貴族の館を改造したホテル。
R0000799 - コピー
19世紀に建てられたこの建物は
アドルフ・ティエール元大統領(1797ー1877)の夫人が設立した、
アドルフ・ティエール財団のサロンとして使われました。
広い敷地には美しい庭園ガーデンやパティオがあって、
数あるパリのホテルの中でもスペシャル。
R0000770 - コピー
12,000冊の本が収集されているホテルのバー、
「ル・バー・ビブリオテック」も超素敵なんです。
そしてバーのスタッフもさりげない気遣いで、
居心地が良いんです。
R0000780 - コピー
ここはお仕事で2018年に来た場所なのですが、
実はそのずっと前、フランスに来た2008年、
語学学校の寄り道で偶然見つけてから憧れていた場所。
まさか10年後、パリにまだ住んでいて、
お仕事で来れるとは思ってもいませんでした。
R0000784 - コピー
なので取材の時はめちゃくちゃ嬉しかったなぁ。
そして、一回のみのチャンスなので
絶対写真を失敗できない、したくない、と超必死。
ま、でもそれはいつものこと。仕事ですから当たり前です。
R0000803 - コピー
パリはこうして素晴らしい建物が今もたくさん残っていて、
しかもそれが今も使われているのが素敵なところ。
どこもかしこも時間は流れているけれど、
こんな場所の中にたたずむと、
当時の空気はここにしっかり残っているな、と感じます。
R0000831 - コピー
エントランスも別世界。
R0000829 - コピー
どこを切り取ってもフォトジェニックで、
心臓が高まる高まる!はは。
R0000932 - コピー
お部屋もクラシック過ぎず、
パリジェンヌのおしゃれなアパルトマンに招かれたよう。
R0000865 - コピー
全部のお部屋のデザインが違うので、
それを見るのも楽しかったんです。
この部屋に泊まったらずっと部屋にいたいな、とか、
この部屋から見る朝の16区の風景、素敵だろうな、とか、
この部屋のデザインは少し落ち着かないかな、とかね。
それくらいバラエティに富んでいるんです。
R0000899 - コピー
また素敵なのが、
いくつかのお部屋にジャルダン・ディベールがあるんです。
R0000925 - コピー
ジャルダン・ディベール(Jardin d’hiver)とは、
天井がガラス張りになっていて、
冬でも光がいっぱい入る空間。
私の夢の住まいなんです~。
R0000852 - コピー
ああ、ここも夢のようなパリ時間でした。
また春か夏にもう一度必ず訪れたいです。
ずっとそう思ってきたけど、今回のコロナワールドで、
今の世界は何が起こるかわからない、
終息したら好きな場所は必ず行っておこう、と、
改めて思いました。
そのためにも今は家にいます。
1日も早く終わることを願って。
以前の詳しい記事はこちらになります。
終息後、パリに行きたいという方は、どうぞ参考になさってください。
パリ唯一のシャトーホテル「セント・ジェームズホテルパリ」【前編】
パリ唯一のシャトーホテル「セント・ジェームズホテルパリ」【後編】

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について 
R0010689 - コピー - コピー
担当サイトハネムーンSのフランス特派員最新記事のお知らせです。
今回はヴェルサイユ宮殿と街にある素敵な
レストラン、バー、ビストロのご紹介です。
フランスハネムーンで絶対行きたい!
世界遺産・ヴェルサイユ宮殿【グルメ編】

R0010678 - コピー - コピー
ヴェルサイユ宮殿の中にあるのは、
フランスを代表する3ッ星シェフ、
アラン・デュカスのレストラン。
窓からのヴェルサイユ庭園の風景は
このレストランのスペシャル・ビュー。
朝食、昼食、そしてアフタヌーンティーも楽しめるので、
広いヴェルサイユ見学の間の優雅な休憩にもぴったりです。
R0010735 - コピー - コピー
ヴェルサイユの庭園に面して建つ白亜のホテルは、
中庭のテラスバーが最高に気持ちがいいんです。
R0010740 - コピー - コピー
スタッフの方々のさりげなく素敵な対応も◎
このテラスバーは私のヴェルサイユでの
お気に入りアペロ専用バーに決まり。おすすめです!
R0010749 - コピー - コピー
そしてもう1店はヴェルサイユ宮殿から歩いてすぐの、
賑やか通りにあるビストロ。
R0010769 - コピー - コピー
ここがめちゃくちゃ美味しいんです♪
見てください、この美しい前菜。
お味もこの美しさに負けないんだなぁ。
このビストロは星つきレストランの
イタリア系フランス人シェフのビストロ。
R0010814 - コピー - コピー
星レストランもすぐそばにあるので、
併せてご紹介させていただいております。
今はこの写真を見て、
美しいヴェルサイユでの夏の1日を思い出しております。
お仕事なので超忙しかったけど、
ヴェルサイユの街を歩きまくって充実してたなぁ、と。
いつかコロナが終息して普通の日々が戻ってきたら、
私はまたヴェルサイユに日帰り1人旅に行くつもりです。
マリー・アントワネットの人生を思い浮かべながら、
花と緑のプチ・トリアノンをゆっくり歩きたい。
それからテラスバーでアペロして、
このビストロでまたお食事したい。
あ、思い切ってレストランでもいいかな。
ああ、夢が広がります~。
皆さまもよろしければ、
美しく美味しいヴェルサイユをイメージして、
どうぞ少しだけ楽しんでみてください♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について 
IMG_4584 - コピー
現在のモンサンミッシェルの様子がニュースで伝えられていました。
IMG_4585 - コピー
もちろんモンサンミッシェルも、
この世界中のコロナ拡大のため、観光客が消えております。
IMG_4589 - コピー
半年前に訪れているので少し不思議な気持ちで見ました。
IMG_4590 - コピー
ここは島のメインストリート「グラン・リュ」。
メインストリートと言っても広くはなく
いつもは世界中からやって来た人々が、
ぞろぞろと歩いていて、いつでも賑やかな場所。
IMG_4591 - コピー
私が宿泊した島内のホテル「レ・テラス・プラール」。
この階段を上がったり下りたりして、
朝も昼も夜も島の中を探検しました。
夜中にホテルの部屋から眺める島が、
森閑とした中で灯だけが煌めいて。
綺麗だったなぁ。
IMG_4595 - コピー
住民の方々は、
今のこんなモンサンミッシェルが信じられない、と。
中には観光客は好きじゃないから、
今のモンサンミッシェルはいい、と、
率直に話すムッシューもいらっしゃいました。
私も観光客の1人だったけれど、
ムッシューのお気持ちもわかります。
IMG_4603 - コピー
半年前に行ったモンサンミッシェルの旅のすべてを、
担当サイトでご紹介させていただいております。
すでに訪れたことがある方には懐かしんでいただいたり、
訪れたことがない方には
家から出ないで旅行気分になっていただいたり。
フランスの世界遺産モンサンミッシェル、
宜しければ楽しんでみてください。
絶対外さないモンサンミッシェルツアー⑴行き方・準備編
絶対外さないモンサンミッシェルツアー⑵現地観光編
絶対外さないモンサンミッシェルツアー⑶ホテル・トイレ編
絶対外さないモンサンミッシェルツアー⑷オムレツ・食事編
絶対外さないモンサンミッシェルツアー⑸お土産編

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ