パリのパン屋さん&パティスリー

R0007463
そんなナンバーワンのクロワッサンと言われているのが、
ここ「ブレシュクレ(Blè sucré」。パリ12区の下町っぽいところにあります。
来てみるとほんと、街の普通のパン屋さんの雰囲気。
R0007464
店内もこじんまりで超庶民的。
特別なおしゃれ感がないのがよいよい。
R0007467
ファーブルトンやブリオッシュもあります。
R0007465
パティスリーも王道チックなものが揃っておりますが、
本日のお目当ては何て言ったってクロワッサン。
R0007466
でもショーウィンドーに見当たりません。
あれ、人気なので売り切れか?
そう思いながらお店の方に尋ねると、
もちろんあるわよ♡と
くるっと振り返って後ろにあるクロワッサンを見せてくれました。
ああ~、よかった。ほっ。
って、もちろんあるわよ♡くるっ。がちょっと可愛かったぞ。
R0007469
ということでクロワッサンとバゲット・トラディションを購入。
さてさてお味です。
バゲット・トラディションは正直に申し上げます。
旦那とわたくしの感想ですが、美味しくなかったです。ほんとに。
R0007476
が、クロワッサンは美味しい♪
外側はざっくり系ではなくサクサクシュワシュワ繊細系。
そして中身はバターがしっかり香って、少~しだけお砂糖が多め。
その3つのバランスがグッド。これは人気なのわかる~。
わたくしもサクサクシュワシュワ繊細系が好みなので、
甘みは抑えめの方が好きだけどそれでもかなり気に入りました。
旦那も、美味しい♪とあっちゅう間に食べておりましたよ。
お菓子感覚でもいただける感じですね。
こちらの方のブログでは
西方見分録 -パリレポートー
マドレーヌも超美味しいとありまして、このクロワッサンなら期待出来るかも。
我が家からもパリ市内にしては近いので近々お試ししたいと思います!

住所・・・7 rue Antoine Vollon 12区
TEL・・・01 43 40 77 73
営業時間・・・7時~19時30分

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!






Foto (865)
たまたま通りかかったマレ地区のサン=ポールの裏通りにある
昔ながらの繊細でノスタルジックな雰囲気のパン屋さん。
よく見たらM.O.F(最優秀職人章)のパン屋さんではないですか。
そのM.O.F職人のクリスチャン・ヴァブレさんは、
パンの世界大会「ラ・クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジェリー」の
創始者でもあるそう。しかも後で知ったのですが、
この建物は1850年代に建てられた歴史的建造物。
どうりでやっぱり素晴らしい。
Foto (866)
店内も素敵です♪来るだけで見ごたえがある感じ。
でもパン屋さんなのでパンはどうなのどうなの?
Foto (867)
パティスリーもそろっておりますが、
やっぱりパンを買おう!ということで。
Foto (868)
基本のバゲット・トラディション。
さてさてお味は?
うん、ちゃんと美味しいです!
が、スペシャルなものは感じません。
旦那と、美味しいけど、ここのバゲット~、ってのはないね、と。
やっぱり今のところここ、
パリのパン屋ガナGanaのバゲットの美味しさは本物!
がスペシャルで美味しいかなぁ。
好みもあると思いますが。

店名・・・Au petit Versailles du Marais
住所・・・27 rue Francois Miron Cnr 1 Rue Tiron, 4区
TEL・・・ 01 42 77 83 13

HP・・・Christian Vabret
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (600)
やってきたのはサンマルタン運河近くの人気パン屋さん「リベルテ」。
去年、東京・吉祥寺と京都にもオープンしたということで、
日本でも人気のようですね。
Foto (601)
打ちっぱなしっぽい店内はモダンなインテリアショップのよう。
Foto (602)
そこにパンとパティスリーがシンプルに並んでおります。
Foto (603)
今回はバゲットは買うとして、パティスリーも1つ店内でいただこうと思い、
どれにしようかな、と迷って。
Foto (605)
パリブレスト5、80ユーロをチョイス。
5、80ユーロってなかなかのお値段です。
さてさてお味は?
美味しいけど特別すごい美味しさではないかな。
なのでちょっと高いな、と感じました。
Foto (604)
そしてバゲットトラディション90サンチーム。90サンチームは良心的です。
こちらは家に帰って旦那といただいたのですが、大丈夫、美味しかったです。
結構塩がきいているんですよね。
うちの近所の小さなパン屋さんのバゲットトラディションと味がよく似ていて、
違いはこちらの方が塩が強めということ。
焼き立てだと何もつけないでどんどん食べちゃうかも。
オサレな内装ですがティーンエイジャーから年配のムッシュー&マダムまで、
地元住民の方々が気軽にパンやキッシュ、ガトーを楽しんでいて
店内は気取りのない庶民的な空気。
パリ10区下町のジモティに愛されるパン屋さんなんだな、と思いました。

住所・・・39 rue des Vinaigriers 10区
TEL・・・01 42 05 51 76

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (233)
美味しいパンを探して、のコーナーでございます。
本日は15区の有名パン屋さん「ラ・メゾン・ピシャール(La Maison Pichard )」。
2017年にクロワッサンコンクールで第1位に輝いているそうで、
ちょうど近くに行ったので寄ってまいりました。
Foto (235)
つい最近ご紹介した→「パリのパン屋ガナGanaのバゲットの美味しさは本物!
このガナと同じく、ここも薪釜でパンを焼いているそう。
店内が余計な装飾がなくすっきりしているのもいいです。
Foto (234)
そしてパンも焼き上げて表面に出るいでたちとか色とか質感とか、
凝った感がなくパンそのものが美味しそうです。
ここは大丈夫かも、という予感…。
Foto (236)
ということでお試ししたのはバゲットとクロワッサン。
バゲットは皮が程よくパリっとしていて中はモチっとしっとり。美味しいです。
ただ好みで言うとフリュート・ガナの方が好きです。
そしてクロワッサンはサックサクというよりザックザク。
中も繊細な層というよりはやっぱりザックザク。
バターの風味もかなりしっかりで美味しいです。
なんかこのクロワッサンは初めて旅でパリに来た時に泊まった
ホテルの朝食で出て、これが本物のクロワッサンというものか、
と思ったザックザクで美味しかったクロワッサンに似ています。
その時、各テーブルをサービスしていたマダムが
映画に出てきそうなくらいキュートでねぇ。
パリの朝とマダムとクロワッサンがおしゃれ過ぎました。
でも、あんな感じのマダム、住んでからぜんぜん見たことないな…。
あ。話逸れちまいました。で、旦那も、うん、美味しいね、って。
このパン屋さんも大丈夫。成功です!
今度は評判のりんごのパイとバゲット・ビエノワーズを買ってみたいです。
またその際はお味レポいたしますね!

住所・・・88,rue Cambronne 15区
TEL・・・01 43 06 97 37
営業時間・・・
HP・・・La Maison Pichard

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

最初に、サイト「ハネムーンS」フランス特派員記事のお知らせです。
今回はパリ15区の裏通りにあるレストランをご紹介。
海外初心者さんにうれしい親日家のシェフ!
パリの隠れ家レストラン「ル・ベリゼール」

このお店を知ったきっかけはTVの料理番組。
シェフさんがフランスの大定番「ステーク・ハッシェ」牛ひき肉のステーキの、
美味しい作り方を紹介なさっていたのです。
で、こんな定番レシピということはお店でもそんなものがいただけるのかも、
と思って行ってみたら、美味しかったんです♪
でも伝統的過ぎないんですよね。それがまたよいところ。
フランスらしいものを召し上がりたい方にかな~りおすすめです!
…………………………………………………………………
Foto (230)
パリ15区のお弁当屋さん「OKAWARI」さんを取材させていただいた時、
同じ通りですぐそばにある「ピエール・エルメ」にも寄りました。
Foto (231)
1月だったのでガレットデロワもたくさん並んでおりました。
ピエール・エルメのガレットはどんなお味なんだろう、と興味がありますが。
Foto (229)
この日買おうと決めていたのはコレ。
幻の逸品とも言われるクロワッサン「イスパハン」。
残念だったポワラーヌのパンについて書いたこの記事に、
普通です。フランス一有名なポワラーヌのパン・ド・カンパーニュ
同感です、とコメントをくださったkamikoさんがおすすめしてくれたもの。
甘いものをほとんど食べない自分なのですが、クロワッサンが好きなのと、
フランボワーズのコンポートとライチが入っているというのを知って、
どんなお味なんだろう、一度は食べておきたいな、と思ったのです。
で、一回めは7区のピエール・エルメで売り切れ。
なのでまた機会をみてと思っていたら、ちょうどおうかがいすることが決まった
OKAWARIさんのすぐそばにピエール・エルメがあったというわけなのです。
なので、今回は売り切れる前、早めにご訪問。
Foto (232)
さてさてお味はというと、美味しかったです~♪
中のコンポートは甘酸っぱくてフランボワーズ&ライチと言われればそんな感じ。
実は買った日はお腹がいっぱいだったので袋のままキッチンにおいて、
翌日の朝いただいたのですが、一晩おいてもサックサク。ってかザックザク?!
美味しいパン屋さんのクロワッサンでも一晩置くと
しなっとなることがほとんどなのになと思ったのですが、理由がわかりました。
生地がクロワッサンの生地というよりパイ生地に近いんですよねぇ。
なのでクロワッサンの形はしているけどやっぱりスイーツかな、これは。
お値段も1個2、90ユーロなので買いやすい。
あんまり甘くないのもいいしこれはまた気軽にリピしようと思いました♪
とはいうものの売り切れるのが早いのでそこは気をつけなくちゃですが。

※追記・・・kamikoさんよりコメントいただきまして、
シャンゼリゼのピエール・エルメとロクシタンのコラボカフェでは、
夕方でも買えるそうです。
シャンゼリゼなら便利ですね♪

住所・・・185 rue de Vaugirard 15区
TEL・・・01 43 54 47 77
HP・・・Pierre Hermé Paris 15e

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ