フランスの不思議

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。

…………………………………………………………………
それはゆるスタイルかな、って思うんです。
パリでお店に置いてあるのはたまに見かけるけど、
実際に着ている人はほとんど見たことがないです。
去年から日本で流行っているワイドパンツも、
パリでは履いてる人を
ほとんど見たことがありません。
私が思う理由ですが、
フランス女性はセクシーが大事だということ。
これが大きいと思います。
パンツは身体にぴたっとした
スキニータイプをはく人がほとんどで、
しかも圧倒的にスカートよりパンツの人が多い。
なのでワンピースを着てる人も多くはありません。
ふんわりしたゆるワンピも、
身体の線が出ないので、
本当におしゃれな人は別として、
セクシー重視のフランス女性の多くが、
選ばないかな、と思うんですよね。
以前フランスの下着メーカーのデザイナーの
ドキュメンタリーを観たことがあるのですが、
国によってデザインを変えているそう。
やはりアジア系女性は清楚で派手ではないもの、
欧米系女性はセクシーで大胆なものを好む、
と話していました。
フランスでは40代50代、
それから60代くらいの女性でも、
胸を強調したり、透ける服の下に
見せるためのセクシーな下着を
つけている方もいらっしゃいます。
男性の女性のタイプも傾向の違いがありますね。
日本人は、清楚とか、可愛いタイプがいい、
っていう人、今も結構多そうです。
欧米は逆で、セクシー女性がお好き。
アメリカもですが欧米は全体的にその流れが
昔からありますよね。
もう1つ思う理由が、
フランスより日本の方が
ずっと流行に敏感な人が多いということ。
日本の雑誌で昔からよく
おしゃれパリジェンヌ特集とかありますが。
あれは本当にごくごく一部のパリジェンヌだと、
パリに来て感じました。
これは私だけじゃなく、
パリに来た日本人の方々の多くが
感じることでもあると思います。
超おしゃれな人ももちろんいるけど
多くのパリジェンヌがおしゃれには、
と言うか流行にはそれほどには
こだわってはいない印象です。
髪型もで、流行りのヘアスタイルっていうのがなくて、
パーマをかけてる人も少ないし、
(ストレートパーマの人はいる)
短いかセミロングかロングか。
それ+天然のウェーブのまま。
ロングだったら本当にナチュラルなロングヘアです。
でも皆、髪色とウェーブでナチュラルなロングでも
それぞれ雰囲気が違って自然で素敵なんですよね。
それが流行りの髪型がない理由かもしれません。
で、私もフランスに住んでから、
服も髪型も流行は関係なくなって、
自分で良ければいいや、にさらになりました。
流行が関係ない日々は正直、超ラクチンです。
ただ、あまりにもラクチン過ぎて、
自分のケアについても手抜き傾向で
これは女としていいのか?
と自分に思うことがたまにあります。
もし今日本にいたら細かい情報が多いので
(情報過多な面もありますが)
もう少しケアに力を入れていたと思うんですよね。
そこは、これから少し気をつけていきたいな、と、
思ってはおります~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。

…………………………………………………………………
それは…ゴキちゃんです~。
日本の夏のセミの鳴き声とか
花火とか浴衣とか盆踊りとか、
だ~い好きで、毎年夏になると思い出して、
ノスタルジックになっているのですが。
あのゴキブリだけは日本の夏の恐怖です~。
でも夏だからしかたない、って思っていたし、
世界中に黒光りor茶色光りで、
体長は3、4㎝とかあって動きが速い
あやつはいる、と思っていたんです。
んが、パリに来た年、
やつは私の前に一度も現れなかったんです。
アパルトマンはやつが簡単に入室できる2階でしたが、
出なかった。
なのですが、その後ニースに移ったら、
ニースのアパルトマンは6階だけど
キッチンでたまに出ました。
ただし、めちゃくちゃ小さいんです。
1㎝もないかも。
1㎝もないと恐怖感がまったく違うんですよね
気持ちは悪いけど、退治は自分で出来ます。
そしてまたパリに住んで今の旦那の家に来たら、
やはり出ないんですよ。
パリは、というかヨーロッパは、
乾燥していることが大きいのかな。
日本&アジアは強い湿気がゴキちゃん向きで、
成長させてしまうのでしょうね…。
なんなんでしょう、やつは。
人間よりず~っと小さいくせに、
人間に鳥肌を立たせる恐ろしさ。
子供の頃、真夏の深夜、寝ていたら、
何かいやな気配を感じて目を覚まし、
月の光の中で辺りを見ると、
やつが障子(って懐かしい)を
背中を光らせながら上がっているのを見てしまい、
ぎゃ~~!と飛び起きた~!
するとやつは、やつは、
私に飛んで向かって来た~!
何という恐ろし過ぎるフェイント!
で、私が深夜に気が狂ったように悲鳴を上げると、
やつは素早くどこかに身を潜めました。
で、親を起こして殺虫剤をまきまくってもらいましたよ。
そんな遠い昔の想ひ出もありますが。
フランスで迎える13年目の夏の今、
やつの姿を思い出そうとしても、
何かちょ~っと薄らぼんやりしているんですよ。
これには自分でもちょっと新鮮びっくり。
いや本当に思い出したいなら、
ネットで検索すれば出てきますけどね。
って。ぜんぜん思い出したくありませんけどね。
なので、ゴキちゃんについては正直
今フランス暮らしでよかったなぁ、
と思います。
でもあれですね。地球温暖化がさらに進んで、
ヨーロッパの夏がさらに暑くなっていったら、
ゴキちゃんサイズも大きくなるかも…。
やだやだやだ~!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。

…………………………………………………………………
IMG_7251 - コピー
それは、日本のカレーと
この「焼き餃子」です!
と私は思っております。
この2つを出して、美味しい!
と喜ばないフランス人には、
いまだかつて会ったことがありません。
たぶんフランス人だけではなく、
多くの外国人がそうではなかろうか。
以前オペラ地区の日本人街の
ラーメン屋さんの行列で、
日本の餃子について家族に熱く語っている、
フランス人パパさんもいましたっけ。
どうやら家族は餃子に初挑戦するらしかった。
あの様子めちゃくちゃ可笑しかったなぁ。
さて、でも焼き餃子。
実は私は以前はそれほどしょっちゅうは、
食べなかったんです。
というのも日本に住んでいた時、電車で、
餃子を食べたであろう人の
強いにんにく息がもうほんと~に苦手で。
なので自分でもそういう餃子を食べた後の、
息がいやだったのです。
でも食べようと思えば手軽に食べれるものが
フランスに来て食べれなくなったら、
食べたくなるんですねぇ。
しかもフランス人の胃袋をつかむつかむ!
で、各ご家庭と同じで、
我が家流餃子のレシピが
だいたいあったのですが。
去年日本に帰った際に久しぶりにいただいた、
東銀座の萬福の餃子のショーロンポーみたいに
汁が飛び出るジューシィーさが忘れられず。
パリのラーメン激戦区にまだない銀座萬福の味
フランスに帰って来てから、
再現に挑戦しているんです。
で、汁が出てくるかなりジューシィーな餃子が、
今回やっと出来たんです♪
再現率で言うと80%くらいかもですが、
めちゃくちゃ美味しくて自分で唸ってしまった。
で、私12個も食べてしまったです~。
旦那は18個食べましたけどね。
ちなみに私は野菜多めでにんにく少なめの、
あっさりタイプが好み。
でも餃子はそれぞれ好みがありますね。
ベジタリアン餃子もありますしね。
ということでこれからも100%目指して、
しょっちゅう餃子作りに励もうと思います。
今度はにんにくたっぷり肉肉しいのにも
挑戦してみようかな?
今じゃ案外はまったりして。ぷぷ。
フランス人ダーリンの胃袋をつかみたいなら、
カレーはもちろん餃子も超おすすめ。
あ、もちろんフランス人女性の胃袋だって、
ガッチリつかんじゃうと思いますよ~♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。

…………………………………………………………………
IMG_7207
フランスは昨日6月28日、
統一地方選挙の決選投票日でした。
第一回投票日がコロナ急拡大で、
レストランやカフェ、映画館など娯楽系がすべて、
営業不可になった3月15日。
その後コロナで決戦投票が延期となっていての、
昨日です。
で、マルシェに行く前に旦那も投票所へ。
私は選挙権がありませんので、
家で待っていました。
投票率は過去最低の40%だったとのこと。
日本は今どれくらいなのかな、
と調べてみたら
2017年の衆議院議員総選挙は53、68%。
2019年の参議院議員選挙は49、80%とのこと。
日本、低い低いと言われているけど、
フランス、低かったですねぇ。
コロナの影響で足が遠のいた人が多かったのと、
若い人の投票率の低さも言われております。
インタビューでは、
投票しても何も変わらないから、
と答えている人が多かったです。
今回の選挙で躍進したのは、
ヨーロッパエコロジー=緑の党(EELV)。
マクロン大統領の共和国前進(REM)は
各地で敗北。
近々内閣改造があるようですが、
マクロン大統領より支持率が高く、
存在感が増している
エドゥアール・フィリップ首相を、
マクロンさんはどうするのか。
そこだけちょびっと興味があります。
ところで最近は、
マスクの人が徐々に減ってきていて、
何とビズ(頬と頬をくっつけるフランス式挨拶)
をする人も見かけます。
コロナ禍の時は、ビズは本当に消えてしまうかも、
なんて思ったりしたのですが、
やっぱりビズは消えない?!
少し嬉しくもありましたが、
でもあともう少し我慢した方がいいかな、と。
まだワクチンも出来てませんしね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

…………………………………………………………………
IMG_6759 - コピー
年に一度ワンクールで放送される、
料理人たちが競いあう人気番組
トップシェフ(TOP CHEF)。
昨日は優勝者を決める最終回でした。
(対戦はコロナ拡大前と思われます)
パラスホテルで前菜、メイン、デザートを作り、
食べた人たちによって投票が行われ、
優勝者が決まります。
最後に残ったのは左がダヴィットさん、
右がアドリアンさん。
IMG_6763 - コピー
ダヴィッドさんは離婚経験があり、
お子さんが2人いらっしゃって、
現在のパートナーは。
IMG_5592 - コピー
男性です。
IMG_5598 - コピー
対戦中には、その彼と2人の子供たちが、
一緒に応援に来て、フランスらしくていいな、
と私は思いました。
ダヴィッドさんは、厳しい制限時間内で、
緊張感マックスの中で料理を作ってる時も、
決してピリピリイライラしない、
穏やかな雰囲気。
IMG_6731 - コピー
アドリアンさんは、審査する三ッ星シェフから
最高の誉め言葉を言われても、超冷静な人。
アドリアンさんもピリピリしなくて、
途中でおトイレに普通に行っておりました。
この方、技術はもちろん、アイディアがすごかった!
本物のクリエイターとはこういう人のこと、
と感じました。
IMG_6737 - コピー
これはアドリアンさんが決戦で作った前菜。
緑のトマトは実は海老のムースで出来たもの。
この1皿もダヴィッドさんの、貝殻に入った、
黒いラビオリとスープの前菜も
審査員たちから絶賛されておりました。
IMG_5579 - コピー
アドリアンさんの奥さまは日仏ハーフだそう。
可愛らしいです。
IMG_6771 - コピー
お子さん2人も両親のいいところをもらって、可愛い~。
パパの仕事のことはまだよくわかっていないようでした。
IMG_6773 - コピー
結果はそれぞれのレストランで知らされます。
包丁を抜いて、赤の印がついていれば優勝者。
後方ではダヴィッドさんの元奥さまとお子さんが、
見守っております。
IMG_6772 - コピー
アドリアンさんもご自分のレストランで。
結果は大差がついていなかったよう。
IMG_6777 - コピー
で、優勝したのはダヴィッドさん!
なのですが。実は今日、フランスのネットで、
ダヴィッドさんのパクリ疑惑が騒がれております。
決戦でダヴィッドさんが作ったメインが、
2016年に優勝して現在レストランのオーナーシェフの
ザヴィエさんがお店で提供しているものと
同じものとのこと。
しかも決戦のデザートも、同じザヴィエさんが
2016年の対戦で作ったものとのこと。
あちゃちゃダヴィッドさん…。
で、アドリアンさんが怒っているとか。
そりゃそうや~。
私も一生懸命考えたレシピを死ぬほどやられてて、
さんざん悲しい思いをしてきております。
なので2人共応援してたけど、
本当ならダヴィッドさんに心からガックリ。
本当の勝者はアドリアンさんだ、
パクリを説明しろ!という声が
たくさん上がってるようです。
このコロナ禍の間にすでにダヴィッドさんは、
他の番組にもちょこちょこ出ていたのですが、
もう出てこれないかもですね。
何にしても本当なら誰のせいでもなく、
自分のせいですね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ