フランスの不思議

今では慣れて当たりまえになったフランス式挨拶ビズ(bise/bisou)。
頬と頬をくっつけてチュッとするやつです。
でも考えてみるとパリに来た最初の一年は、
周りは日本人がほとんどだったので慣れるほどまではいかなくて。
ビズが本当に日常のことになったのは
やはりフランス家庭に入ってからのように思います。
ということでフランス人の嫁になって学んだビズの基本と、
こんな場合はどうなの?という私的対応を書いてみたいと思います。

まずビズのやり方ですが、
頬と頬をくっつけて口でチュッと言う感じです。
ほんとに頬にチュは基本的にはしません。
それを交互に数回やります。
頬と頬といってもどっちの頬と頬からなの?ですが決まりはありません。
だいたい相手の顔の動かし方でどちらの頬かわかるので、
私はそれに合う方の自分の頬をくっつけるようにしております。
でも自分が先に頬を出す場合を思い出してみると左頬が多いかな。
フランス人同士でもときどきお互いに迷い頬をすることがあります。
それはよくあることなので、そんな時は笑いながらビズをすませます。
ほんとに頬にチュはしないと書きましたが、
たまに好意を持っていたり下心がある場合は頬にチュがあります。
そういえばまだフランスに来たばかりの頃、
語学学校にイケメンだわ♡と人気のイギリス人の男子がいて、
各国の女子が、彼とビズしちゃったわ♡なんて喜んでいましたっけ。
そんな風にいいな、と思っている人ならいいけど、
そうじゃない場合もありますのでどうぞお気をつけください。

回数ですが、2回のところ、3回のところ、4回のところなど
地域や会ってなかった期間で違ったりします。
パリでは基本的に2回と言われていますが、
私の住むここパリ郊外のご近所さんや知り合いは3回も結構あります。
パリは東京と同じで地方出身の人も多いですからね。
旦那の出身地ピカルディーは3回だそうですが、
パリ暮らしが長いので今は相手に合わせております。
この回数も慣れている相手なら、この人は2回、この人は3回、
とか覚えますが、はじめての人は何回かわからないので、
2回した後にもう1回頬を出されて、あ、3回だったのね、がよくあります。
それもよくあることなので、やっぱり笑いながらビズをすませます。
会ってなかった期間と書きましたが、
たとえば旦那はお父さんと離れて暮らしているので、
しばらくぶりに会うと4回しておりまして、
その時は私もマネして4回します。

誰とするか?ですが親子や家族、親しい間柄やたまに会う人とします
でも小さな集まりや大きなパーティーなんかの
初対面の場合でも、よろしくね、って感じで、
することがよくあります。でも握手だけの時もあります。
場所や雰囲気、その人にもよりますね。
私は基本的には自分からはいかないので、
他の人たちでビズが始まっていたら自分もという感じです。
私が外国人ということもあり気を遣って握手だけの人もたまにいます。
旦那は、日本から私の知り合いが来た時はあえてしておりませんでした。
でも私は大好きでずっと会っていなかったのでその時は超したかったのですが、
向こうがびっくりしちゃうので我慢しました。
性別は女性と女性、異性間が基本で、男性と男性は握手が多いですが、
親しいけど長いこと会っていない場合なんかは男性同士でもしてます。
そんな場合は4回することもあるよ、と旦那が言っております。
それからたとえフランス在住でも日本人同士だと
やはりビズはしっくりくる習慣ではないので、
私もですがこっぱずかしいしいのでしないことがほとんどです。
日本から来た知り合いにも出来ませんでしたし。

挨拶以外にすることもあって、
一番多いのがプレゼントをもらった時。
これは必ずと言っていいほどします。
しかもジェスチャーも一緒に結構大げさに!

ということでフランスらしいチュッ習慣ビズ。
フランス独自の温かいスキンシップで、
私は素敵な習慣だな、と思っているのですがいかがでしょうか。
なんて今だにこっぱずかしいとか言ってる自分が言うのもなんですが。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

Foto (321)
いつもと変わらない我が街マルシェでございます。
ポルトガルバーの面々も見たことがある方々がいっぱい。
Foto (317)
で、白とピンクのシュワシュワタイム。
最近はわたくしはカシスリキュールなしの
シンプルなヴィーニョ・ヴェルデがお気に入り。
ヴィーニョ・ヴェルデはポルトガルの微炭酸白ワインです。
Foto (319)
ポルトガルバーの常連さんのわんこが待機しているのは馬肉屋さん。
Foto (320)
新鮮な生の馬肉のおこぼれがもらえないかな、と、超真剣。
ねばってましたよ~。
Foto (322)
この後は私たちもお買い物。
Foto (323)
やっぱりマルシェ一の行列店、人気フランス惣菜屋さんについ行ってしまいます。
種類が豊富で美味しいんだもの。
Foto (324)
迷ったけどホタテのグラタン、ノルマンディー風と。
Foto (325)
卵のゼリー寄せをチョイス。
ゼリー寄せは2個買うと1個おまけデーでした。
そしてこの後はこのマルシェの太陽、
イタリアンムッシューのいる八百屋さんへ。
Foto (326)
でも先々週、先週に引き続き今週もいなかったのです。
心配になってお店の人に聞いてみると、
なんと辞めたのだそう。びっくりショック…。
八百屋さんの仕事に少し疲れていたそうで、年齢もあって、
別の街のマルシェのオリーブ専門店に移ったのだそう。
それを聞いて、少し胸がキュッとなりました。
いつも明るくて仮装までしておどけてお客さんを楽しませて。
このマルシェの太陽みたいな存在だったけど、
ムッシューだってそんな思いがあったのだな、と。
オリーブだったらたたき売りもしなくていいし、
少しのんびりとしたペースでお仕事ができるはず。
それに旦那がそのお店がどこの街かも聞いてくれたので、
もう絶対に会えないというわけでもないのです。
かと言って会いに行くのはストーカーみたいで恐いからあれだけど。
行先がわかっただけでもなんか安心。
今頃ムッシュー、すっかり新しい街とお客さんに慣れて、
きっと、いえ、絶対人気者になってると思います。
FotoJet (429)
でもやっぱりいつかまた会いたいなぁ…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


2月9日土曜日も13週目になるジレジョーヌのデモがありました。
動員数はフランス全土で51,400人。
パリではジレジョーヌたちがあえて4つのグループに分かれ別々のカルティエでデモ。
なので警察官もあちこちのカルティエに散らばって警備の振り回され作戦。
そしてエマニュエルマクロン大統領は相変わらず各地で討論会を開催。
もしかしたら春夏まで続くのかも…。
…………………………………………………………………

日本に比べほとんどのことがかなり緩いここフランス。
何年も暮らすと小さなことから大きなことまでそれを感じるのですが、
暮らしはじめてすぐ生活の中でわかるのが、
ほぼ毎日行くスーパーマーケットで目のあたりにすることたち。
一番びっくりしたのは、レジ係の人がおやつを食べながらレジを打っていたこと。
片手でビスキュイをつまみながらもう片方の手で商品コードを通していました。
しかも愛想もまったくない感じ。でもお客さんは何も言いません。
フランスの店員さんは日本のように丁寧じゃないとか、
ギャラリーラファイエットでも商品をたたまず入れられ投げるように渡された、
と、フランスに来る前に留学相談の担当の人が話していたけど、
これか、と思ってびっくりと同時に
フランスで本物現場を見た感でちょっと面白かったです。
それから、これOKなのね、と思ったこと。
これはフランス在住の方が結構ご自分のブログなどで書いてると思うのですが、
購入するものは払う前でも食べだしていいこと。
皆さんよく、カートに入れた商品をつまみながらお買い物しております。
先週は、レジに並んでいたら後ろにいた女性が、
購入予定のバゲットを半分以上食べておりました。
とにかくお腹がものすごく減っているようでした。
それから、ぶどうや苺など小粒で食べやすいものは、
勝手に味見していいこと。甘いかどうか確認て感じです。
今では私も大好きなぶどうは味見してから買うようにしております。
でもときどき買う気はないけど何個も味見してる人を見かけます。
もう1つよくあることが、レジで並んでいると、買うものが1つとか2つとか少しの人が、
自分は買うのこれだけだから先にレジ通させて、と前の人に普通に言ってくること。
すると言われた方はほぼ99%、いいわよ、先にどうぞ、と譲ります。
逆に買うものが少ない人に気づいた人が、先にどうぞ、と自分から譲ることも多いです。
はじめてその光景を見た時は日本にはない習慣だし、
正直何か微妙なものを感じたものです。
けれど今では私も、少ししか買わない人には、先にどうぞ、
とつい言ったしまうようになりました。
すると相手の人は、親切な心遣い、ありがとう、とすごく喜んでくれるので、
こちらもすごく嬉しくなります。
で、つい最近なのですが可笑しかったこと。
レジに並んでいたら前にいたフランス人ムッシューがふと私の顔を見つめ、
ちょっと買いたいもの思い出したからとってくる間カート見ていてくれる?
と私に言うので、もちろんです、と答えると、
ムッシューすぐとりに行って戻ってきたのですが、
持ってきたものがお醤油だったんです~。
これ、ちょっと可笑しかった。
役にたってよかったです♪ぷぷ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

子供の頃見た外国映画では、
欧米人たちは脚付きバスタブの泡のお風呂で優雅に入浴していたものです。
でも日本では泡のお風呂は馴染んでいないし、
洗い場で身体を洗って、風呂釜では綺麗なお湯につかるもの。
そして、家族がいれば同じお湯で追い炊きもして、
順番につかっていました。日本の我が家はそうしておりました。
で、フランスですが、洗い場は基本、ありません。
なので私はお湯につかって、バスタブの中で身体を洗って、
最後に必ずシャワーの綺麗なお湯で流して出ます。当たり前です。
ところが、旦那もですがフランス人はバスタブのお湯の中で身体を洗い髪を洗い、
そのあと綺麗なお湯で流しません。
身体に泡が残ったまま出て、タオルでさっとふいておしまい。
石鹸成分が残っていてもぜんぜん気にしないんです。
子供の頃から、あの泡はどうするのだろうか、となんとなく思っていたのですが、
想像はしていたけど、やはり流しません!
でも特に湿疹とかできるわけではないし、問題はないよう。
欧米人は胃も肌も強いのかもしれませんねぇ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

我が家の週末ごはんをよくご紹介させていただいているので、
1皿ずつ出していることをブログを見てくださってる方はご存知かと思います。
でもこのスタイルにはやはり最初は慣れませんでした。
日本の家庭の食卓では、ごはん、汁もの、おかずを一緒に並べるスタイル。
パン食でもですよね。でもフランスは基本的には
テーブルに全部並べていただくということはあまりしません。
特にちゃんとしたランチとか夕食は。
たとえばサラダとメインだけの簡単な食事でも1皿ずつ順番にいただきます。
それにサラダは基本的にはメインの後になります。
チーズをいただく場合はそのサラダの後。サラダ、チーズの順です。
サラダがなければメインの後にチーズ。その後デザートとなります。
でもサラダでもご馳走感のあるものだと前菜になることもあるし、
レストランでは前菜の中におしゃれなサラダが入っていることもよくあります。
でも基本的にはフランス家庭ではメイン、サラダ、チーズの順番。
旦那の嫁になった時は、まさかお店じゃあるまいし、
普通の家庭でも順番にいただくとは思っていませんでした。
それにテーブルに美味しいものが並んでる方が
どれから食べようかな、と私はテンションが上がります。
でも、旦那はテーブルにいろんなものが並んでいても、
やはり1皿ずつ順番に食べております。
和食の場合は私は今も日本式に全部一緒に並べるのですが、
旦那は最初スープとしてお味噌汁を飲み、ごはんはごはんだけをひたすら食べ終え、
おかずはおかずだけを順番に食べ終えていきます。
あれこれちょこちょこ食べるのが日本式だよ、と何度言ってもそれは合わないよう。
日本の食べ物はほぼ何でも食べる男ですが食事スタイルは今もフランススタイル。
和食はいいけれど、フレンチはやはり順番に出してもらう方がいいようです。
そう言えばパリの日本人経営の和食屋さんに行ってもフランス人向けに
お味噌汁、副菜、メインの順で出すところが多く、
日本人の私が行った時、一緒に出した方がいいですよね、
と聞かれたことが何度かあります。
もちろん私は一緒に出していただき、お味噌汁、ごはん、おかずを、
自分の食べたいようにちょこちょこいただきます。そして。
食べた~♪と大満足するのです。うひ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ