フランスの不思議

フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について
IMG_4430
毎日お天気に恵まれているパリでございます。
空の流れはイギリスからフランス、イタリアへと動いていくので、
きっとイタリアも晴天続きかな。
ヨーロッパの多くの国々で外出制限があるけど、
今が我慢のがんばり時。皆でコロナを乗り越えよう!
ということで超久しぶりに週末ごはんのご紹介でして、
ヨーロッパ応援混合メニューでございます。
まずはお料理しながらアペロしながら旦那とつまんだのは、
フランス・アルザス地方のアルザス風ピッツァ、タルト・フランベ。
でもこれ冷凍で買っておいたものでただ焼いただけです。
日本でも簡単に出来るレシピをご紹介させていただいてるので、
ご興味があったら見てみてください。簡単です!
ヨーグルトで本格的。アルザスの郷土料理タルトフランベ
IMG_4437
で、前菜です。
これも自分レシピであれなのですが、
スペイン定番を自己流で作った1品。
レンジで簡単!タコとじゃがいものガリシア風サラダ
でも実は冷凍タコあったと思って解凍してみたら、イカだったんです~。
で、解凍しちまったのでしかたないイカで作ってみたらイカもイケます♪
ちなみに、私はほんとはパリに住みたかったんじゃなく、
ポルトガルが一番候補で、二番目がスペインのアンダルシアだったんです。
でもわんこの関係で、直行便があって、
一緒に暮らせる部屋も探しやすいパリにしたんです。
なのでポルトガル・スペイン、ちょっと思い入れ強し。
でも今となってはパリでよかったと思っております。
住めば都~。今じゃ第二の故郷~どんだけ~。
IMG_4439
これは私だけメニューでして、
生牡蠣があんまりな旦那が私のために買ってきてくれた、
牡蠣の名産地西フランス、オレロン産の生牡蠣。
緑色の陸藻の海水池で沈んでいるので、
ほんのり緑色を帯びているのが特徴。
でも今回のはそんなに色が強くありませんでした。
でも美味しかった~。

お次はイタリア在住とすかーなさんのコチラのブログで。
それでもイタリアなワケ NEW!inトスカーナ
紹介されていた、とすかーなさんのお知り合いの、
日本語を話されるかなりすごいイタリア人料理人
(料理学校の校長先生兼シェフさん)の
動画レシピを参考に作ってみました。
そうです!今回記事のタイトルにもなっている、
イタリアの変なレシピとはこれのこと。
でもでも変なのはレシピではなくこの動画。
ポイントは最初に言わない材料6人分と効果音。
なぜここで?みたいな。
でもそれで久しぶりにおかしい方の涙が出ちゃいました~。
めちゃかわいいです♡料理しない方でも笑えます。
お・す・す・め。
IMG_4445
んで。肝心のお料理「トマトとミントの食べる麦スープ」
めちゃ美味しかった~!
ミントがいいお仕事。先生はスペルト小麦を使っていらっしゃいますが、
我が家は押し麦で代用。我が家の定番になりそうです。
動画で笑い、作ってもおいし。最高やな。
トスカーナも大好きなので(特にシエナ)今、無性に行きたい。
本気で考え中でございます。むふ。
IMG_4450
メインはパンタード(ホロホロ鶏)のローストで、
フランス定番のインゲンのくたくた煮とじゃがいものピュレ添えです。
以前行ったパリ郊外ビストロでいただいたパンタードが、
超美味しくて、そのビストロのキッチンの女性キュイジニエさんの、
パンタードの焼き方を見ていたら、
焼き汁をとにかくかけながら焼いていて、
そのままマネっ子しておるんですが、ほんと美味しい。
ドイツ系スーパー「リドル」でお買い得で買っておいたパンタードで、
次回少し先になりそうだけどまたあったら、
ちょっとまとめて買っておこうかな、なんて思っております。
昔私は、旅行で海外に来ていた時は、旅後に体重がかなり減るくらい、
同僚が、やつれた~、と言うくらい洋食続きがだめだったのですが、
あれは思い込みと、現地の普通の料理を知らなかったこと、
そして人は馴染むというのを知らなかったことだと、
つくづく感じております。
今じゃあーた、和食1洋食3くらいの割合でもぜんぜん問題なし。
ただ、何にしてもまず野菜が美味しいな、と思いますねぇ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について

IMG_4413
旦那も仕事がコロナ影響お休みになって、
家族皆で自宅にこもる日々でございます。
で、昨日旦那にマスクをしてもらって
1人で買い物に行ってもらったのですが、
(私はフランスでは珍しめ専業主婦で旦那が家計管理すべて担当)
カルフールは1m間隔で大駐車場の中まで人が並ぶ
大大大行列になっていて、入るのに2時間3時間待ち。
で、諦めてドイツ系スーパー「リドル(LIDL)」へ行ったら、
カルフールよりはぜんぜんマシだったそうで、
1人につき1つのキャディ(カート)で1度に5人までの入店。
10分待って入れたそう。
並ぶのがでぃ嫌いな男なのでリドルも大行列だったら、
買い物やめたことでしょう。
IMG_4415
だのに。必要なものだけでいいと言っても、
お願いしてないものまで結構買ってきちゃうんです~。
でもこれはいつものこと。
このコロナのずっと前から買いだめ傾向な男です。
これには結婚当初ほんと困りましたよ。
節約家なのに食べ物だけはどんどこ買うんですよねぇ。
どうしてこんなに買うのか?と聞くと、
今の時代はいつ戦争が起こるかわからない、
だから備えは普段からしておいた方がいい、
と非日常的なことを。
あ…でもまさしく今かもしれません。
マクロン大統領も演説で、
我々はウィルスとの戦争状態だと言っていましたものね…。
日常現状になっている…。
いかんいかん、前向き思考前向き思考!
IMG_4418
で、これらすべてを消毒タオルで2人で拭き拭きしてから、
冷蔵庫や棚にしまっております。
フランス家庭がどこでも今これをやってるかは
全国調査してないのでわかりませんが、
旦那の知り合いたちは結構やっているそう。
でも普段あまり手を洗ってなかった人たちが
やってるとは考えにくいな…。
だからそれで商品を触りまくるから不安なんですよね。
IMG_4420
そんなわけで今のところ食料はいっぱい。
買い物行かなくても一か月くらいは乗り切れそうです。
あ、でもスーパーにはほとんどの食料はたっぷりあって、
焦ることはぜんぜんないよ、と旦那。でも。
明日はわからないぞ、ですって。
もう~そうやって不安を煽らないでよ~。
のわりには今ネットでおかしな動画見て吹き出してる。
あ、今大声上げて笑っとる~。
呑気なんだか心配症なんだか…
どっちやねんそこのフランス人。

………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントくださったポロポロさんが、情報の1つとして、
参考になるサイト記事を教えてくださいました。
新型コロナウィルス感染症対策専門家会議の副座長、
尾身茂さんのわかりやすいお話も併せて紹介されております。
私もネットで分からない言葉を調べながら、
クラスターを叩く日本の対策や迅速検査キッドなども含め、
興味深く拝見させていただきました。
専門家会議の「クラスター対策」の解説

IMG_4327 - コピー
自由に外へ出れないとか
ほとんどのお店が閉まってるとか
どこでも人と人が距離をあけないといけないとか、
パリやローマやミラノやマドリッドが幽霊街のようになるとか。
こんな日が来るなんて考えたこともなかったけど
今は歴史的な緊急事態の中にいるのでしょう。
IMG_4333 - コピー
ずっと天候が悪かったのが、今パリはほぼ毎日お天気が良くて。
この状況の中、静かな春の時間を過ごしております。
わんこたちもうさっちも元気でガムをがしがしして、
ストレスを発散しております。
IMG_4334 - コピー
ほんとはポルトガルに住みたかったけど、直行便がなくて、
乗り換えの飛行機でチワワのミルク坊やが貨物室になるかも、
と航空会社に言われ、それだけの理由で、
直行便がたくさんあるパリに住むことにしたのですが。
テロが続いた時はほんと怖かったし、
去年のノートルダムの火災もほんと悲しかったです。
そして今度は思いもしなかったこの状況。
でも今フランスが大好きで、ヨーロッパが大好きなので、
その中の住人としてこの経験を共有できることは、大きいです。
IMG_4343 - コピー
今年の春はあちこちで咲く花々が見れないのは寂しいけど、
長い人生を思えばこういう時だってある。
美しくて楽しくて美味しくて素晴らしいヨーロッパは、
必ずまた戻ってくる。
その時は、買い物はそんなには好きじゃないけど、
ちょっとがんばって消費しちゃいますよ~!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の時点でのコロナ感染者数はヨーロッパでは、
イタリアで59,138人、亡くなった方が5476人。
スペインで28,572人、亡くなった方が1720人。
フランスで16,689人、亡くなった方が674人。
そして日本が1,824人、亡くなった方が52人。
つい1ヶ月前くらいは、ヨーロッパでのアジア人に対しての
コロナ差別ネタが出回って、私も気にしてパリを歩いていたのですが。
今となっては、フランスも含めたヨーロッパがコロナの中心になって、
何だったのだろうか、といった感じです。
その頃の、例えば2月14日の時点では、
イタリアは3人、亡くなった方は0人、
スペインは2名、亡くなった方は0人、
フランスは11人、亡くなった方は0人。
そして日本では21人、亡くなった方が1人でした。
でもこの翌日に日本では79人、翌々日に171人とどんどん増えていって、
このまま急増するのかと、フランスに住んでいる私も心配したのですが、
1ヶ月ちょっと経った今のこの状況。
なぜかと考えてみると、私は専門的なことはまったくわかりませんが、
国によって状況が様々なのはもちろん、医療の事情と方法が違う、
それと習慣と気質が違うということも
とても大きいのかな、と思います。
フランスはまめな手洗いが習慣化してないし、
この記事でフランス人の行動を書きましたが。
外出禁止に至るまでのフランス人たちの行動
外出禁止になるかも、とSNSで噂になって、
禁止前の最後?の晴天の日曜を思いっきり満喫する国民性に、
日本人とはまったく気質が違う、とつくづく感じました。
ただ、この週末の連休、日本のあちこちで、
人手が出て繁華街も含め混雑したと知って少し驚きました。
自粛疲れで緊張の糸が途切れたのが原因と言われているようだけど…。
日本は外出禁止じゃないし、心配し過ぎもよくないと思うけれど、
このままオーバーシュートなしでいってほしい。
だってヨーロッパ、本当に大変な事態となっています。
昔々、ヨーロッパで14世紀から15世紀にかけて
やはり肺炎を起こす感染症ペストが流行って、
やはりパンデミックが記録されていて、
全世界で1憶人が亡くなったということだけど。
ペストは歴史の中の病気と思っていたけど。
今、恐ろしいことにそれと近い状況を実感、経験しております。
そんな中、理由はいろいろ出ていて何がほんとかわからないけど、
それでも、日本の感染拡大が抑えられつつあって、
亡くなる方が少ないのは事実。
日本人として誇りでありフランスに住むものにとって希望で、
何とかヨーロッパも、日本のように、
この急拡大が収まっていってくれたら、と。
毎日毎日、不思議に静まり返ったフランスの片隅で、
ニュースを見る度に願っている状態です。
日本、すごい。

※追記
この記事にいただいたコメントで返信させていただきましたが、
言葉が足らなかったようなので改めて書かせてください。
日本の感染拡大が緩やかであることをすごいと思っております。
でも収束してるとはまったく思っておりません。
なので、連休の日本の賑わいが不安だ、という友人のメールで、
私も、フランスの外出禁止前の異様な賑わいを見ていたので、
それと重なり心配になりました。
ただそれを書くのは住んでいないので差し出がましいかもと。
日本の検査数が少ないことは知っておりまして、
フランスもで、検査数よりも重症の方を優先する
医療体制をとっております。
日本が、命を落としている方の数が少ないというのは、
亡くなる方が急増している国から見たら、
やはり大きいことだと思っております。
書き方が下手でお気を悪くした方がいらっしゃるかもしれません。
その点はお詫びさせてください。ごめんなさい。
とにかく、亡くなる方が1人でも増えないことを
願っております。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、イタリアのコロナウィルスによって亡くなった方が、
3045人となって、とうとう、
中国の亡くなった方の数を超えたことを知りました。
フランスも大変な状況になっているけど、
私はどうしてもイタリアの状況が心配で悲しくて、
頭から離れません。
イタリアは高齢者が多く、お医者さんの数が足りなくて、
しかもお医者さんの年齢も高めとのこと。
定年退職したたくさんの方々も今手伝っているようで、
感染した患者さんを助けようと現場でがんばっている、
そんな方々もたくさん命を落としているとのこと。
退職してやっとゆっくりできる時間を、
楽しみに待っていただろうに。
残された大切な時間だったろうに。
感染で亡くなった方ももちろん本当にお気の毒なのですが、
助けようとして亡くなった方のことを思うと、
それがせつな過ぎます
外出禁止(制限)でここ数日ストレスを感じていて、
本当にコロナ、早く終わってほしいと思っていたけど、
もうそんなことよりイタリアが1日も早く終息してほしい。
そして。この記事でイタリアの患者0号について書いたけど。
イタリアの拡大が突出している疑問
今は、イタリアうんぬんではなく、中国の患者0号を、
確定するのが大事なのだろうと思います。
武漢の研究所から誤ってもれたとか、
実はアメリカが持ち込んだとか、
怪しい情報が出て、私も研究所もれを一瞬信じてしまったけど。
やはり、武漢の市場の野生動物の売り買いが原因ならば、
中国政府、本当に本気で取り締まってほしい。だけれど。
それはたぶんとても難しいことなんでしょう。
中国は今お金持ちがとても増え、東京にもパリにもたくさんで、
ブランド品を大量買いし、世界にお金を落としてくれているけど、
その一方で。世界中に溢れている中国製品を、
経営者に言われるままに1日1,000円ちょっとの日給で
ただせっせこ作ってささやかな暮らしをする
中国人もたくさんいるわけで。
結局今世界は、中国を利用し中国に利用され、
回っているように思えてなりません。
それから。去年の秋日本に帰って、
お友達のホテルのようなマンションに招待してもらった時、
グーグルのロボットみたいなのがあってびっくりして。
日本は未来の世界みたいでフランスと違い過ぎる、と言ったら、
でも今は中国の方がもっともっと進んでるんだよ、と。
それにもほんとびっくりしたのです。
だって昔は中国は何もかもが遅れていて、
服だって皆が人民服で北朝鮮と変わらないイメージでした。
それが今日本より進んでいるなんて。
経済大国第2位になった中国は、
監視圧力の政府の下、商売上手の人たちがうまく立ち回って、
世界最先端のハイテクも使って、
さらなる大国になっていくと思いました。
そして貧富の差もさらにどんどん広がって行くのでしょう。
その中でたくましくしたたかな中国人が生きるために、
法をすりぬけて野生動物の売り買いをし続ける。
で、これからもさらに世界はお金のために
そんな中国を利用し、利用され続ける。
終わるわけありません。
このコロナ騒動は必ず終息はするだろうけど、
きっとまた近い時に同じような事態が起こるのだろうと。
もう2度といやだけど、そう思ってしまいます…。

せっかくの週末だっつうのに、
この内容になってしまってあれなのですが。
イタリアの止まらない拡大がショックで
書かずにはいられませんでした。
とにかく。イタリア、がんばれ、がんばれ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ