フランスの不思議

子供の頃見た外国映画では、
欧米人たちは脚付きバスタブの泡のお風呂で優雅に入浴していたものです。
でも日本では泡のお風呂は馴染んでいないし、
洗い場で身体を洗って、風呂釜では綺麗なお湯につかるもの。
そして、家族がいれば同じお湯で追い炊きもして、
順番につかっていました。日本の我が家はそうしておりました。
で、フランスですが、洗い場は基本、ありません。
なので私はお湯につかって、バスタブの中で身体を洗って、
最後に必ずシャワーの綺麗なお湯で流して出ます。当たり前です。
ところが、旦那もですがフランス人はバスタブのお湯の中で身体を洗い髪を洗い、
そのあと綺麗なお湯で流しません。
身体に泡が残ったまま出て、タオルでさっとふいておしまい。
石鹸成分が残っていてもぜんぜん気にしないんです。
子供の頃から、あの泡はどうするのだろうか、となんとなく思っていたのですが、
想像はしていたけど、やはり流しません!
でも特に湿疹とかできるわけではないし、問題はないよう。
欧米人は胃も肌も強いのかもしれませんねぇ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

我が家の週末ごはんをよくご紹介させていただいているので、
1皿ずつ出していることをブログを見てくださってる方はご存知かと思います。
でもこのスタイルにはやはり最初は慣れませんでした。
日本の家庭の食卓では、ごはん、汁もの、おかずを一緒に並べるスタイル。
パン食でもですよね。でもフランスは基本的には
テーブルに全部並べていただくということはあまりしません。
特にちゃんとしたランチとか夕食は。
たとえばサラダとメインだけの簡単な食事でも1皿ずつ順番にいただきます。
それにサラダは基本的にはメインの後になります。
チーズをいただく場合はそのサラダの後。サラダ、チーズの順です。
サラダがなければメインの後にチーズ。その後デザートとなります。
でもサラダでもご馳走感のあるものだと前菜になることもあるし、
レストランでは前菜の中におしゃれなサラダが入っていることもよくあります。
でも基本的にはフランス家庭ではメイン、サラダ、チーズの順番。
旦那の嫁になった時は、まさかお店じゃあるまいし、
普通の家庭でも順番にいただくとは思っていませんでした。
それにテーブルに美味しいものが並んでる方が
どれから食べようかな、と私はテンションが上がります。
でも、旦那はテーブルにいろんなものが並んでいても、
やはり1皿ずつ順番に食べております。
和食の場合は私は今も日本式に全部一緒に並べるのですが、
旦那は最初スープとしてお味噌汁を飲み、ごはんはごはんだけをひたすら食べ終え、
おかずはおかずだけを順番に食べ終えていきます。
あれこれちょこちょこ食べるのが日本式だよ、と何度言ってもそれは合わないよう。
日本の食べ物はほぼ何でも食べる男ですが食事スタイルは今もフランススタイル。
和食はいいけれど、フレンチはやはり順番に出してもらう方がいいようです。
そう言えばパリの日本人経営の和食屋さんに行ってもフランス人向けに
お味噌汁、副菜、メインの順で出すところが多く、
日本人の私が行った時、一緒に出した方がいいですよね、
と聞かれたことが何度かあります。
もちろん私は一緒に出していただき、お味噌汁、ごはん、おかずを、
自分の食べたいようにちょこちょこいただきます。そして。
食べた~♪と大満足するのです。うひ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

ずっと書こうと思っていたことをふと思い出しました。
それは永久脱毛のこと。
私はパリに来る前に日本でレーザーによる永久脱毛を受けてきました。
それは、慣れないパリでやらなくちゃいけないことだらけだし、
でも脱毛は女性としてやはりちゃんとやっておかないといけない。
それに11年前のことですが、もうその頃日本ではあちこちで
かなりお手頃な価格で受けることが出来たから。
いくらだったかすっかり忘れてしまったのですが、
とにかく私が受けたところも銀座でしたがぜんぜん高くなかったです。
そして渡仏前に受けておいて本当によかったと今思っております。とにかくラクチン。
しかもフランスでは今だにレーザーなどの永久脱毛がポピュラーじゃなく、
永久脱毛をする一部エステサロンも少しはあるようなのですが、
とても高いらしく、基本的にはほとんどがワックスか脱色。
以前知り合いのフランス人の女性にムダ毛の処理について聞かれたので、
日本でレーザーを受けてるから何もしなくていい、と言ったら、
日本にはそんなのあるの?とめちゃくちゃびっくりしておりました。
ということで、フランスだけじゃなく海外に出ることを考えてる日本の女性の方は、
なるべく永久脱毛、日本で受けておいた方がいいと思います。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

エマニュエル・マクロン大統領が火曜日にTV演説を開くとお伝えしたのですが、
結局、フランス全土から市長や村長を600人招いてのTV討論の形でした。
が、途中からムッシューマクロンの長々1人舞台演説でチャンネルを変えました。
ちなみに生放送は15チャンネルの「BFM TV.」。やっぱり。
…………………………………………………………………

さて、フランスに来て気が付いて長年疑問のことが今日のタイトルです。
フランスに住んで11年めになるのですが、口臭が強い人がとても少ないんです。
今まで他人で気になったのがほんと、1人とか2人とか。
日本にいた頃は職場で、1メートル離れててもきつい人がいたり、
満員電車で顔が近いときつい人がいたりして、結構な頻度でした。
でもそれはそれぞれ磨きが足らない人もいるだろうし、
体調とか内蔵が悪いとかでもあるんだろうな、
と思っていたのです。が、フランスに来たら、めっちゃ少ない。
かと言って、日本のようなよく考えられた歯ブラシがあるわけでもなく、
磨きにくい大きめ歯ブラシで、しかも旦那もですが結構適当な磨き方。
歯磨きしっかり派の自分には考えられないんです。
あんな磨き方じゃ汚れとれないでしょう、と。
体調や内臓の調子が悪いだってもちろんフランス人だってある。
でも口臭がない不思議。
これはもう体質、と言うか、体質&歯の質の違い?
ただし、入れ歯は結構早いみたい。
ご近所さんでも60歳過ぎで入れ歯の人が結構いて。
60歳で入れ歯って早いですよねぇ。やはり適当な磨き方のせいかしら。
その入れ歯は、フランスの歯科医は高いので、
東欧の費用の安い国に行って作ってきたそうです。

で、体臭です。これはやはり日本よりずっと多くて、
正直、倒れそうな時も今までありましたし真冬でさえも気になることがよくあります。
まず体質があるだろうし、あとはやはり食べ物ですよねぇ。
とにかくフランス人は肉食星人ですから。
旦那も真夏の超暑い時、たまにあるので、そんな時はmoiちゃんすぐイエローカード!
するとすぐ制汗スプレーしに行っております。
でも制汗スプレー、ガンになる危険性があると言われているんですよね。
なので、自分も真夏の暑い日、出かける時だけは使いますが、
ほんとにちょっと、1秒くらいにしております。
口臭も気をつけておりまして、ミントのボンボンはいつも持っているし、
出かける前日からニンニク系生ネギ系は食べないようにしております。
ニンニクたっぷり餃子なんかはめちゃくちゃ美味しいけど、
後がきついですからねぇ。周りが。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ