パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

我が家の車のボンネットを支える棒が壊れてしまったので、先週旦那がネットで注文。

そしたら土曜日の夕方に旦那の携帯に宅配会社からメールが来て。

今日のお昼に担当ドライバーが小包を届けに行ったが、ベルを鳴らしても誰も出なかったので持ち帰った、との内容。

でも旦那も私も家にいて、しかもお昼は庭でバーベキューをしていたので誰か来たらすぐ見えるはずだし、庭にいてもベルは聞こえるはずなので、おかしいね、と話しました。

念のため、旦那がベルがちゃんと鳴るかの確認もしましたが、しっかり大きく鳴りました。

で、日曜日はお休みなので、月曜日に改めて届けます、とのこと。

月曜日でもぜんぜんかまわないのでそのままその話は終わり、月曜日になりました。

その朝7時半に、また旦那の携帯に宅配会社からメールが来て。

ドライバーが出発しますので、午前の早い時間に到着します、との内容。

で、その午前中、バカンスなので私も旦那も家にいたのですが、ベルは一度も鳴りません。

そしてお昼に旦那が庭に出たら。

IMG_5139

庭の中にこの箱が転がっていたとのこと。

担当ドライバーはベルを鳴らさず、塀の外からこの箱を投げ込んでそのまま去ったということです。

ということは。

おそらく土曜日もベルを鳴らしていない。と言うか、来ていないんだね。

と旦那と話しました。

なので言い方悪いかもだけど、担当ドライバーか宅配会社が嘘を言っているということ。

ま、でもたぶんドライバーでしょうかね…。

IMG_5140

届いた支え棒はすぐに旦那が修理してしまったので、これは壊れた古い方なのですが。

発泡スチロールで梱包されていたので投げても簡単に壊れる心配はないけど、無言で投げ入れはあまりにも適当過ぎです。

でも実はこの宅配便の小包無言投げ入れ、2度めなんですよね。

1度めの時は唖然として、さすがフランス、と笑っちゃったのですが。

適当な嘘までつくとなると、それはちょっと笑えません。

でも、わんこ散歩の時によく宅配ドライバーさんを見かけるのだけど、私が見た人たちは皆、ベルを鳴らしていたり、携帯で家に電話していたりします。

それに届け主さんと和やかに会話してる人も見かけます。

そんな光景を見ると、届けてくれるってありがたいな、と思っていたのですが。

我が家にこれを届けた担当者はかなりの適当さんなのでしょう。

ちなみに宅配会社は日本にもあるアメリカ系物流会社ですが、日本ではもちろんきちんと配達してくださっているはずです。

日本でこんなことしたら、会社に大クレームが来るどころじゃない、ツィッターとかに投稿されるどころじゃない。

そりゃもう大変なことになってしまいますねぇ、きっと。

でもこのやり方が通るって、さすがどフランスです~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ