毎日がんばって更新しております。
お手数おかけいたしますが、
応援クリックしていただけると、
励みになります。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰る、
マダム卑怯子さん。
2020年11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
日本帰国のその1ヶ月間、
更新をまったくしていないのに、
ランキングで毎日2500前後の
ポイント数が入る不思議。
去年2019年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょう。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。
2020年11月09日

…………………………………………………………………
パリ庶民の暮らし情報と、
料理を中心にご紹介してるmoiです。
今は懐かしい想い出となった出来事を、
はじめてブログで書いてみたいと思います。
2008年にパリにやって来て住んだのは、
エッフェル塔に程近い7区のカルティエ。
近所には活気のあるパリらしい商店街があって、
少しずつお店の方々とも顔馴染みになって、
しょっちゅう声をかけていただきました。
アパルトマンのすぐそばのカフェのマダム。
いつも朗らかな笑顔の八百屋さんのムッシュー。
そしてジモティでいつも賑わっているお肉屋さんの、
元気で超明るい男の子たち。
そこの鶏ウィングのローストと、
ローストポテトがとても美味。
お値段もお手頃だったので、
よく買っていました。
いつもその安めチキン&ポテトしか買わないのに、
男の子たちはいつも気持ちのよい元気な対応。
その中でも特に何かと声をかけてくれたのが、
金髪で青い瞳の可愛い顔をした、
20歳前後の子でした。
その子も同じカルティエに住んでいて、
たまにお店以外の場所でも偶然会うこともありました。
私が慣れないパリ暮らしなので、
何か困ってることない?大丈夫?
などと聞いてくれたりもしました。
でもほんとにそれだけ。
私の方がずっと年上ですし。
で、そのカルティエに住んでいる間、
そんな感じで楽しい日々が続きました。
でもパリ以外の地方にも住んでみたい、
とパリに来る前から思っていたので。
ニースに移ることを決めました。
そしてニースへ旅立つ日、
スーツケースを持ってお肉屋さんの前を通ると、
あの子が、スーツケースを持ってる私を見て、
びっくりしてお店から出てきました。
ニースに引っ越すことを伝えると、
もうパリには戻って来ないの?と。
それはわからないけど…と私。
で、その子が、
メールするからケータイの番号教えて、と。
そこで初めて電話番号の交換をしました。
そして私はニースへ。
誰も知り合いがいないので選んだニースなので、
最初の頃は日本から連れてきた、
チワワ坊やとの2人ぽっち孤独生活。
誰とも会話しない日もしょっちゅうでした。
でもお肉屋さんのその子が、
毎日のようにメールをくれて。
そのうちすぐ近くに住む、
日本人の女性とも知り合って。
少しずつ生活に慣れていきました。
で、夏のバカンス期に入る少し前に、
その子からまたメールが来たのですが。
バカンスの時にニースに行ってもいいかな、と。
ちょっと不安が過ぎったので、
来てもいいけどどこに泊まるの?と返すと。
きみのアパルトマンに泊めて、と。
でもうちは狭いしベッドも1つしかないし、と返すと。
きみの上で眠るよ、と。
も~びっくりでしたよ…。で。
それは出来ない、と返すと。
それからぷっつりメールが来なくなりました~。
これまたびっくり苦笑いです…。
その子からのアプローチは以上で終わりです。
パリに住んでいた時は、
ほんとに親切心だったと思うのですが。
ニースに知り合いがいるとなると、
自分に都合がいいということもあったのですね。
なのでアプローチと言うか何と言うか。
うんと年下くんに利用されなくて、
遊ばれなくてよかったです。
そんな話もよ~く聞きますからね。
でも。今じゃ若い男の子に、
そんなことは絶対言われませんので。
決して悪い想い出ではありません。
楽しい想い出と言えます。
あの子も今じゃすっかり大人になっているはず。
会ってもわからないかもです。
で、今そのお肉屋さんは、
経営者が変わって別のお肉屋さんになりました。
この有名店です。
有名シェフに遭遇したパリの超美味お肉屋さん
今のお肉屋さんのお店の方々は、
愛想があまりないので。
なんかそれはちょっと寂しいんですよね。
でもお肉は相当美味しいです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!