パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

décembre 2016





Brigitte…2008年から活動を始めたSylvie HoarauとAurélie Saadaの女性2人によるデュオ

RIMG4301 - Copie
わたくしのお気に入りBrigitteからはじまった今宵第2夜は

RIMG4326 - Copie

ここもまたヴィトンやシャネル、カルティエ、ブルガリなど高級ブランド店や
オテル・リッツやパークハイアット、オテル・ヴァンドームなど一流ホテルが立ち並ぶ
ヴァンドーム広場です

RIMG4302 - Copie

宝飾店が多いのが特徴で
RIMG4311 - Copie
今の時期はさらにキラキラ地帯となって結構眩すぃって感じでして
RIMG4314 - Copie
モンテーニュ通りの方がシックっちゃシックですが
こちらは歩くだけの庶民派もウィンドーの宝石たちを見るだけでも楽しめる場所
RIMG4308 - Copie
でも閉店と同時に宝石たちはしっかりしまわれるようになったので
(確か数年前は多くのお店で結構そのまま飾られていました)
RIMG4313 - Copie
本物宝石たちのウィンドーショッピングしたい方は多くのお店が夜7時頃までなのでそれまでにどうぞ
RIMG4317 - Copie
もちろん本気でお買い上げしたい方も!
RIMG4318 - Copie
ショパンも住んでいたという広場もノエルの美しいイルミネーションに彩られております
RIMG4337 - Copie
え?何々?モンテーニュ通りとなんか若干かぶってるって?
まあまあまあまあ
慣れないと結構ちょこちょこ似てるっちゃ似てるんですよね パリ
前に旦那3人ともフランス人のジャポン娘?で街中歩いてた時も迷ったことがありましたっけ
で なんや結局あたしらなんちゃってパリジェンヌや~
ってゲラゲラ大笑い そんなもんです
ここはとにかくこのヴァンドーム広場が目印で~す

…………………………………………………………………………


皆さまそれぞれに素敵なクリスマスをお過ごしください
Joyeux Noël

………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG4262 - Copie
ここはシャンゼリゼと交差するモンテーニュ通り
RIMG4263 - Copie
ディオール、セリーヌ、ヴィトンなどブランド店が並ぶかなりラグジュアリーな雰囲気
そう言えば昔の同僚に
セリーヌに落ちてしかたなくこの会社にはいったの
っていう子がいたっけ
綺麗で優しくてセンスがよくてすご~くいい子だったのです
ニックネームははるるん
実は私がつけたのです
RIMG4264 - Copie
建物の向こうに少しエッフェル塔も見え隠れするのでそれも楽しみつつ
RIMG4269 - Copie
ディオールのでかリュミエールはあちゃ~
撮ったらこんなんなっちゃった
気を取り直しまして
RIMG4270 - Copie
みなさまこんな通りのおしゃれレストラン&バーでリラックス一杯してるけど
さすがに小銭じゃ無理無理ちゃんであろう
RIMG4273 - Copie
一泊10万円以上?の最高級ホテル、プラザ・アテネはやはりすごい存在感でありまして
RIMG4274 - Copie
やはり美しいです
RIMG4276 - Copie
RIMG4279 - Copie
つい庶民派チックな場所に肩入れしちまうけど
RIMG4280 - Copie - Copie
たまにはこんな美しいリッチな通り歩きもいいものです


Cœur de pirate…カナダ・ケベック出身の女性シンガーソングライター
Arthur H…パリ出身のシンガーソングライター
Marc Lavoine…フランスのロンジュモー出身(どこそれ知らなかったです)歌手、俳優

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG4047
パリ散歩の途中でちょっと寄って来ました、
アリーグルのマルシェにあるお気に入りバーの「ル・バロン・ルージュ」
→「一杯ひっかけるのがいいのよLe Baron Rouge ~パリのビストロ 12区~
RIMG4050 - Copie
ここでは私はいつもミュスカデ一杯2ユーロ50サンチーム。
このお値段ですからこのお値段なりのお味ですが、ここで高級なお味は必要ありません。
まったく気取らない下町の雰囲気も一緒に楽しむバーなのです。
RIMG4052 - Copie
近所の方々は並んだ樽ワインの中からお好みのものを買って空き瓶に詰めてもらって持ち帰っています。
前に隣り合わせになったほろ酔い気味のおっちゃんが、〇〇も近所に住んでてよく買いに来るよ、
って教えてくれましたっけ。でも誰だかわからなかった~。どうやら有名人のようでしたが。
RIMG4055 - Copie
赤のグラスワインは一杯1ユーロ50サンチームから。白は一杯2ユーロからあります。
RIMG4053
そりゃおしゃれなカフェも美味な1皿を出すレストランも素敵ですが、こんな味味店もいいものです。
日本で好きだった昭和なにおいの今はなきお茶の水のバー「まいまいつぶろ」や今も大盛況らしい門前仲町(通称もんなか)の魚三酒場ともどこか通じるものがあると私は感じています。
魚三の、安い熱燗、好きでしたねぇ。魚三でのわたくしのおすすめは、ブリカマ、中とろ刺、うに、かき揚げ、焼きハマ、白子豆腐などでしょうか。くさやもあるけどあれはすごいにおいで今だに未経験。
でも食べてみると意外に味はそれほど強くなく美味しいよ、って言いますね。
RIMG4054 - Copie
平日の昼間から真冬の立ち飲みテラスカウンター?で生牡蠣と白ワインの渋めムッシューがたもおられます。あ、でも生牡蠣は何度もブログで書いておりますがおすすめできません。
RIMG4046 - Copie
シャンゼリゼやエッフェル塔も素敵ですが、パリの下町でジモティにまぎれての一杯も楽しいものです。
カードを使いまくってしまった方も、ここなら小銭で安心して飲めますよ~。

店名・・・「Le Baron Rouge」
住所・・・1、rue Theophile Roussel 75012 Paris
Tel・・・01 43 43 14 32  
営業時間・・・火~金曜日(10時~15時、17時~22時)
土曜日(10時~22時)
日曜日(10時~16時)
月曜日は定休  

                じゃ、つづく

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG4500 - Copie - Copie
パリのカルティエご紹介の間にちょっと休憩?記事を入れさせてくださいませ。
週末ごはんのご紹介で~す。
じゃ、とっとと行きましてまずは前菜3種盛り合わせで右から時計回りに、
日本名は「エゾバイ」と呼ばれているものでバイ貝の1つの「Bulotscuits」、ブルゴーニュのパセリとハムのテリーヌ、そしてシェーブルとほうれん草のサモサとなっております。
RIMG4505 - Copie
2皿めはブルグル(挽き割り小麦)のリゾット&ホタテのポワレと海老のフリットで、ちょっと盛り付けがとっちらかりましたが、お味は自分で言うのはずずしい話ですが、結構美味しくて、
旦那は大変気に入ったようで、美味しい♪と大喜び。よかったです。
RIMG4508 - Copie
3皿めは白ブーダンにじゃがいものピュレ添え。
白ブーダンは、白身のお肉とミルク、卵などで出来た腸詰ソーセージで、
黒ブーダンもありますがそちらは豚の血で出来たまったく中身が違う腸詰です。
ビストロメニューにでもよく見かける黒ブーダンは好き嫌いが激しく分かれるので、
苦手そうな方は頼まない方がいい1皿です。
RIMG4512 - Copie
そしてデザートは、スーパーマーケットのカルフールの「Gault &MIllau」セレクションの、
タルト風のレモンのデザートです。
「Gault &MIllau(ゴー&ミヨ」とはフランスではミシュランと並ぶくらいよく知られたレストランガイドで、アンリ・ゴー(Henri Gault)という方とクリスティアン・ミヨ(Christian Millau)という2人の料理評論家(2人とも男性)によって1969年に創刊されたのだそう。
で、でで、このゴーミヨが実は今年日本でも12月に発行のはずだったのですが、がが、
なんとびっくり詐欺?のようなことが起こっていたらしくコチラ記事を拝見させていただき知りました。
→「ゴーミヨ日本版、頓挫?
ゴーミヨ自体がどうのではなく、フランス側の発行パートナーにどうやら問題があったよう。
お金がかかわってくるといろいろありますねぇ、この世の中。
さてさて、コチラ、カルフールのゴーミヨセレクションデザートですが、
これちょ~っとレモンがきき過ぎで酸っぱ~い!旦那は若干むせておりました。
これもう少し酸味を抑えたらぐぐんと美味しいと思うのに残念です。
RIMG4493
お皿さんはこれは北フランス「ムーラン・デ・ループ」の1枚。
雑誌の料理ページで同じ柄の丸皿が素敵に使われていて、同じのだ♪と嬉しかった1枚です。
RIMG4494
リゾット&魚介には北東フランスの「サンタマン」。
RIMG4495
白ブーダンにはこれは裏に刻印がなかったのですがほぼ未使用で状態のよいこのタルト皿
…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG4464 - Copie
これがカルフールのゴーミヨセレクションのレモンのデザート。
RIMG4469 - Copie
そしてこの他にもコーヒーのムースもお試ししてみたのですが、
これもコーヒー風味がちょ~っと強過ぎるかな、と思いました。
レモンもコーヒーもかなりリッチに使っているかもですが、バランスがちょっとなんだか…。
この2つは私的にはですがちょっといまいちでしたねぇ。

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG4129
さて「Jaurès」駅のマクドナルド前の大通りを少し行くと右にヴィレット貯水池が見えてくるのですが、その反対側の左はと言うと、
RIMG4130
こちらもまたわたしのお気に入り店がございまして。
緩やかな坂を下って川べりに降りますと、
RIMG4131
アーティステックな雰囲気のカフェ&バー&イベント会場でもある
「POINT EPHEMERE」が右手にあるのです。ちなみに以前記事はコチラ。
冬編記事→「POINT EPHEMERE
夏編記事→「POINT EPHEMERE
ちなみに数分かかるかかからないくらいの距離ですが、
こっち側は10区、そしてヴィレット貯水池の方は19区となっております。
RIMG4132
この日は奥では写真展が開かれていましたが、展示もその時々でいろいろ。
RIMG4133
ブランドショップはもちろん大型店やスーパーマーケットでもそうですが、テロ事件が発生して以来ここでも警備の方がいつも入口にいるようになりました。
RIMG4134
ここは春夏の川べりで風に吹かれながら一杯飲むのが楽しいのですが、
趣向を凝らしたイベントもHPをのぞくとなかなか面白そうなのです。
HP→「POINT EPHEMERE
入っていただいて左の「AGENDA」をクリックするとイベントのスケジュールのページで、
右の「BILLETERIE」をクリックするとイベント料金とチケット予約のページになります。
で、毎年年末のカウントダウンパーティーも行われているのですが、
今年は「Kiblind Magazine」というアーティスト達のチームによる「Soirée(ソワレ)」=パーティーが一晩中開かれるようで、DJも何人かいらっしゃるので音楽を聴きながら飲みながら大いに盛り上がるのかなぁ?な~んて想像しております。踊るのが好きな方とかみんなで盛り上がりたい方にはいいかもかも。
ま、自分も音楽聴きながら料理しながら1人で変な踊り踊るのは好きですけどねぇ。ぷぷ。
RIMG4136


                  じゃ、 別の場所編につづく

…………………………………………………………………………



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ