パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

mars 2017

RIMG6266
雨降りマルシェから帰ってきての週末ごはんのご紹介でございます。
今回はうちに来たばかりのこのブロカント食器を使ってみました。
→「2月エマウスの新入りブロカント食器たち
先ずはイタリアとスペインのシャルキョトリー(加工肉類)の盛り合わせです。
セットになったものを買ってきたのですがこれが塩気が少なめで結構美味でした。
またドイツ系スーパー「LIDL」であったら買おうと思います。
RIMG6275
お次はお買い得な時に買って冷凍しておいた生食用サーモンを使い、
以前行ったこのビストロ、
→「Le Sot l’y Laisse(ル・ソリレス)
の、わさび入りドレッシングを参考にお刺身サラダ仕立ての1品に。
合わせたお野菜はベビーリーフと先週末マルシェで買った2色彩りが綺麗なビーツです。
この日は前日お酒をちょっと飲み過ぎたこともあってお刺身が食べたかったのです。
やっぱりわたくしは日本人、こういうのが1品あるとお腹が落ち着きます。
ちなみに綺麗彩りビーツはコチラ↓
RIMG6271
なかなかごつい外観ではありますがこれを横に切ると2色の彩りが現れます。
フランスのシェフさんはよくこのビーツを使って超美しい1皿を作り上げているんですよねぇ。私にはそこまでの腕はまったくありませぬが、ちょっと入ってるだけで華やかになります。
RIMG6283
3皿めのお肉メインはこのシチュー専用の器に入れて。
RIMG6286
 豚肉の網脂(クレピネット)包みのワイン煮込みです。
クレピネットの中身は豚ひき肉ですでにあらかじめ成形されていたもの。
フランスではこういうクレピネットや、野菜のファルシーなんかは豚ひき肉がよく使われます。でもスーパーでは牛ひき肉は売っているけど豚ひき肉はほとんど売っていません。
結構豚ひき肉も使うのになぜだろう?とちょっと不思議。あ、鶏ひき肉もないんですよ。
ま、自宅でフードプロフェッサーで作れるっちゃ作れるのですが。
RIMG6293
で、せっかくなのでこれをお揃いのお皿に盛っていただきました。
朝一番で作ってココット鍋で1時間以上じっくり煮込んだのでうまみもしっかり出て柔らか。お野菜は玉ねぎ、人参、そしてマルシェのイタリア系ムッシューのとこで買ってきた
新鮮ほうれん草を最後にたっぷり入れました。
ブル・ブルギニヨン(牛の赤ワイン煮込み)のもう少しあっさりめ版という感じでしょうか。この時もなのですが私はよく赤ワインではなく白ワインを使います。
赤で煮込みより軽めの仕上がりになって特にこれからの季節は白の方が重くないのです。
ということで前日は夜遅く帰宅したのでこの日の朝急いで決めたメニューですが、
市販のものも使って美味しくいただくことが出来ました。
エマウスの可愛らしいお皿さんたちにもありがとうと思います~。

……………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ブログランキングの登録カテゴリーをパリ→フランスに変更しました。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG6242
昨日は、うさぎのタムちゃん(タムタム)の大好きなイタリアンパセリを買いたくて、
結構な雨降りの中、飲み過ぎて11時頃もそもそ起きてきた旦那とマルシェへ。
さすがに人ではいつもよりは少なめです。
RIMG6245
ポルトガルバーもやはり少なめでちょっと寂しげ。
RIMG6244
で、雨に濡れたテーブルを拭き拭きしてとりあえずシュワシュワタイム。
そのあとちょうど写っているマダムも自分たちのテーブルを拭き拭きして準備です。
RIMG6249 - Copie
実はマダムも私もこのタオルハンケチを使いました。
ティッシュを持っていればよかったのですがポケットにこれしか入れてこなかったので。
※後ろに写っているのは休憩に来たお肉屋さんのお兄さん。
RIMG6250
渡仏を決め準備をしている時に派遣で短期で働いた都市銀行の本店の社内販売で買ったもの。日本から何枚か持ってきたハンケチの中でもタオル地のがやはり使いやすいので、
お出かけの際カバンに入れるのは決まってタオル地のもの。
昨日も持っていてほんとよかった~。
それにしても東京ど真ん中からやって来て何気に今はパリ郊外のマルシェのバーの
テーブルの上。なのでちょっと面白いな、と思ってこうしてフォトしてみたのです。
ところでフランス人は日本人ほどいつもハンケチを持つことはなく、
そして使い方もちょっと違う。よく見るのは鼻をかむのに使っていること。ティッシュももちろん使うのですが、ハンケチも使う。実は旦那もそうで、どうして?
と聞いてみたら、外ではハンケチのがエコノミーだって。
で、家ではティッシュを使っているので、な~んか変な気もするのは私だけだろうか。
それからもう1つ、フランス人のちょっとそれどうかな、と思うところ。
それはおトイレに入ったあと手を洗わない人をよ~く見かけること。
例えば公衆トイレに入ると、若い子でもマダムでも、個室から出てきてそのまま出ていく人も結構多い。もちろんちゃんと洗う人もたくさんいるし、旦那も洗いますが、
あれちょっとやだな、って。
それにもし洗わない人がパン屋さんだったりして素手で触っていたら、と思うと…。
ま、それはないことを願いましょう。フランスあるある話でございました。
RIMG6253 - Copie
そして飲んだ後はアメ横チック元気ムッシューの八百屋さんへ。
RIMG6254 - Copie
雨降りでもな~んも関係ない。元気です!
RIMG6255 - Copie
写真大好きなので撮って撮って嬉しいな♪って。
それから旦那に、奥さんにビズ(挨拶なんかで頬をくっつけて軽くキスする)
してもいいかい、だってオイラ、イタリア系なんだよ、でもやっぱりやめておこう、旦那さんやきもち焼くもんね、って。するとマルシェにいた人が皆大笑い。
RIMG6256 - Copie
ムッシューはイタリア系だったのですよ。だから太陽みたいな明るさなんだなぁ、って。
RIMG6258 - Copie
たぶんマルシェのアイドル?なんですねぇ。
RIMG6257 - Copie
憎めないお人でございます。そんなムッシューのとこでパセリとほうれん草などを買って。
RIMG6238 - Copie
帰りは街のセントラル大通りを通ってみると桜が少し咲き始めていました♪
RIMG6239 - Copie
フランスではピンクの色が濃い桜を見ることが多いのだけど、
ここの桜は日本でよく見るのと同じ淡い色。
RIMG6241 - Copie
雨がレンズに落ちてちょっとこのフォトは曇ってしまったけど
やっぱり桜を見れるのは嬉しい。
桜を見ると自分の中の日本人の心が少しせつなく幸せに通り過ぎていくのでした…
やっぱり桜は美しいです

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ブログランキングの登録カテゴリーをパリ→フランスに変更しました。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG6214 - Copie
昨日は夕方から知り合い宅にお呼ばれディナーに行ってまいりました。
アフリカ系さんなこともあり人様料理が大好きなわたくし何がいただけるのか楽しみで楽しみで。
そんな昨日のことはまた近々改めてご紹介させていただきますね。
じゃ、今日は結構な雨降りですがもう少ししたらシュワシュワに行ってまいります。
もう少ししたらと言いますのは旦那が今まだ寝てるからなんですよ。
調子に乗ってアペリティフ飲み過ぎたものだから…

………………………………………………………………………

今日はうんと短めですが読んでいただきありがとうございます♪
ブログランキングの登録カテゴリーをパリ→フランスに変更しました。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG5727 - Copie
さてさて、ちょっと前に久しぶりに行ってきたエマウスのご紹介です。
よく行くいくつかのエマウスの中でもここは小規模店。
でも私のお気に入りの1つでございます。
と言うのも状態のいい商品が揃っている&窓口のお兄さんがサンパ♪(感じがよい)
お兄さんはアフリカ系の方なのですがそんなサンパな上にチャーミングでねぇ。
俳優になれそうなくらいなんです。んだからわたくしたち行く度に、
あの人、ほんとチャーミングだよねぇ~、と話すわけです。
ま、主に私が言うんですけどね。へへ。
RIMG5728 - Copie
この日も素敵な笑顔を何度も見せられてしまったものだから胸をキュンさせながら、
しかしいいものないかしらん、と目ざとく?店内を探索。そこにもう乙女はいない…
RIMG5788 - Copie
そしてめっけた食器さんたちで~す。
まずはこのとても状態のよい大皿1枚&中皿6枚セット。ほとんど傷、シミがありません。
RIMG5792 - Copie
これは人気ブロカント食器「サルグミンヌ」のもの。
RIMG5793 - Copie
お次はこれも状態が非常によいシチュー用の器。
蓋付きのものはなんだか可愛いらしくてつい目が行ってしまいます。
RIMG5798 - Copie
お揃いの大中小のお皿たちもありましたよ。縁どりの赤茶もキュートです。
RIMG5806 - Copie
これはフランスの東、フラッシュ=コンテの「サラン」のもの。
コンテチーズでも有名なところですね。
RIMG5801 - Copie
こちらは取っ手つきの器(たぶんこれもシチュー用)とソース入れ。
RIMG5800 - Copie
鍋しきもありました!お揃いの鍋しきはあまり見ないので若干レアかと思われます。
RIMG5805 - Copie
そしてお揃いの大皿2枚もセットです。
このエマウスはわりとこうして食器がセットで揃っているのもいいところ。
RIMG5807 - Copie
これはパリ郊外「ショワジー・ル・ロワ」の「H・B・C・M」という窯のものなのですが、
調べてみると1920年に出来た窯ですが1955年に閉じているのです。
ということは作られてから少なくとも62年以上は経っているということ。
その後どこかのご家庭のターブルにこの愛らしい赤いバラ柄が何度も並んだのでしょう。
我が家でも大事に使わせていただきたいと思います。
3月になって春の足音も聞こえてきて、いよいよブロカント市の方も始まります。
そうしたらブロカント巡りが趣味の旦那に連れられ毎週末に行くことになるかな、と。
なのでまたお気に入りに出会えましたら、わかる範囲でプチ歴史も調べつつ、
参考にもなるようご紹介出来たらな、と思っております!
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
ブログランキングの登録カテゴリーをパリ→フランスに変更しました。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!



このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はフランスの元祖?イケメン俳優の代表とも言えるアラン・ドロンの、
対照的でなかなか感じのよいコマーシャル2本のご紹介でございます。
まずはその前にアラン・ドロンを知らない方もいらっしゃるかと思うので簡単ご紹介を。
1935年にパリ南郊外のオー=ド=セーヌ県のソーの出身。
ソーと言えば美しいお城や美術館があるソー公園が有名で、4月には桜がたくさん咲くことでもよく知られているところ。ああ、あそこだったのね、
と今回はじめて知ったので思いましたよ。
その街で父親は小さな映画館を経営していたそうですが
4歳の時両親が離婚し母親に引き取られます。
しかし母親の再婚相手の義父とうまくいかず、
寄宿舎を転々とし問題児となって感化院に入った経験も。
その後17歳で軍隊に入り、20歳で除隊後、カンヌでスカウトされ映画界へ。
デビューは1957年ですが彼を大スターに押し上げた作品は何といっても
1960年のルネ・クレマンの「太陽がいっぱい」。
同じ原作でアメリカでも1999年に「リプリー」として作品が作られています。
で、その後もたくさんの映画に主演していますが、私はそれほどは観ていなくて、
でもそんな中で印象的だったのはルキノ・ビスコンティの「山猫」とジャン=リュック・ゴダールが初めてアラン・ドロンを起用したという「ヌーヴェルヴァーグ」でしょうか。
「ヌーヴェルヴァーグ」はゴダール作品がどんどん難解になってきて、
ちょっと理解するのが難しかったのを覚えています。
さて、そんなアラン・ドロンの先ず1本めはクリスチャン・ディールの香水
「オー・ソヴァージュ」のCF。
元祖イケメンの美しさをどうぞご覧ください。

いかがでしょうか。
「オー・ソヴァージュ」とは野生の水という意味。
彼のいい意味での美しい貪欲さみたいなものと商品を
なかなか粋にコラボさせてるな、と思います。
街に貼りだされていたポスターの方はモノクロだったのですがそれも綺麗でしたよ~。
そしてもう1本が2011年頃制作のメガネのCF。
少し前までよく放送されていたものです。
それではどうぞご覧ください。

ディオールのCFの映像から数十年、
年齢を重ねダンディな白髪ムッシューになりました。
で、ちょっと面白いのがCFの中でアラン・ドロンが言っているセリフなのです。

「以前、彼は威圧的だった。」
「以前、彼は…あれ?前何だったっけ?」
(そしてカメラの前に座り)
「以前、彼はアラン・ドロンだった」
「でも、それは以前だよ」

威圧的だったどうかはわかりませんが、今のアラン・ドロン、このCFのように、
まるで昔の自分は昔の自分、今の自分は今の自分、
というかのように超ラフな雰囲気なのです。
クイズ・ミリオネラーにも気軽に出てきてクイズに答えて楽しんでいらっしゃったり、
少し前はある番組で以前の恋人、ミレーユ・ダルクと一緒にゲストで出てきて
それまた楽しんで。
なんかまったくお高くとまってなくて気取ってなくて
変なプライドが感じられないんですよね。
そこに好感もすごく持たれていて、
今の彼をサンパ(感じがよい)と思っている人も多いのです。
こんなアラン・ドロンを見ていると、
美しかったり若かったりの時期を過ぎた後の自分に引きずられず、
いい意味でそこは諦め、開き直ることで結局は人生の後半も楽しめているのかな、と。
そしていい年齢の重ね方をした人はやはり表情に出るし、素敵だな、と思います。
ところでアラン・ドロンが生まれた街、ソーのソー公園、
久しぶりに行きたくなったので今年の春はお花見もかねて行ってみようかな、
と思っております。その際はまたレポレポさせていただきたいです❀
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ