パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

septembre 2018

FotoJet (268)
週末ごはんのご紹介です。
まずはもやしを洋風で作った1品。
レンジで簡単なわりになかなか美味しかったので、
これは近々レシピをご紹介させていただきます。
ちゃんとフォトもしておいたんです。よかった~。
FotoJet (269)
久しぶりにズッキーニの花の天ぷらです。
今年は旦那が家庭菜園をほとんどしなかったので、
この花は最近お気に入りのスーパーで買ってきたもの。
そこがとにかく種類が豊富で新鮮。
マルシェにもないような世界中の珍しい野菜や果物があったりするし、
お魚も新鮮なものが真空パックになって売られているんです。
今はフランスでも生でお魚を食べる場合は
ほとんどが一度冷凍した方がいいと言われているので、
そのまま冷凍庫に入れられるのも便利。
先週末もお買い得になっていた鯛をお刺身用に買っておきました。
食べるのが楽しみで~す。
FotoJet (271)
そしてこれは私だけの1品で、
生牡蠣とエゾバイ貝の盛り合わせです。
これもそのスーパーで買ったもの。
ちなみに牡蠣はブルターニュのもの、と言いたいところですが、
ブルターニュよりもう少し下がったマレンヌ=オレロン産の牡蠣。
全部1人で美味しくいただきました。
FotoJet (270)
生牡蠣を食べない旦那には、
ムール貝のエスカルゴ風を。
喜んでくれていたのでよかったです。
FotoJet (272)
メインはソーセージをひき肉がわりにしたトマトのファルシーです。
とは言ってもファルシー用に売っていたひき肉チックなものに
パン粉を混ぜて少し塩胡椒で味付けして詰めてオーブンで焼いただけ。
フランスのファルシーはよくソーセージが使われるのですが、
うまみが出てこれがなかなか美味しのです。
お肉大好き旦那は2個、私は1個いただきました。
ということで、だんだん肌寒くなってきたここパリ郊外。
あと何回お庭ごはんが出来るかな、なんて思っています。
秋よ、ゆっくり静かに来ておくれ…。
ってかこのフォトじゃお庭だか中だかわかりませんね。
今気が付きました。はは。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (229)
今回は超和風な1品、
「崩し豆腐と干し椎茸のとろみ汁(うどんでも美味)」のご紹介です。
なんかたぶん私のレシピだとフレンチを見ていただけることが多いようなのですが、
でもねぇ、そう毎日フレンチとかはあれですからね。
やっぱこうほっとする味がジャポネーズは必要でございます。
でも、これ、フランス人男の旦那が大好きでして。
特に干し椎茸のうまみがなんともいえんらしい。
これは旦那の家族も同じ反応でして、
旦那弟さんご夫婦に以前干し椎茸の1品を作ったら、
シャンピニオン・ジャポネがめっちゃ美味しいと。はじめての味だと。
日本のカレーも焼き餃子もなんですが、
フランス人にとっても美味しいものは美味しいらしい。
さて、調理ポイントですが、ほんと順番に足して煮るだけなのでありません。
今回野菜だけなのですが、鶏肉を足しても美味です。
その場合は、水溶き片栗粉の代わりに、
鶏肉に少々のお酒と塩をもみ込んで片栗粉を薄くまぶして
最後に入れてさっと煮ていただければOK。
これでお肉は柔らかく汁に適度なとろみもつきます。
ささみでも胸肉でももも肉でもとても美味しいです。
今回はオクラがあったので入れましたが、
他の緑のものでも大丈夫。ほうれん草、小松菜、インゲンetc…。
それから旬の他のきのこを入れてももちろん美味しいです。
えのき、しめじ、なめこ、エリンギetc…。
あるものをどうぞご利用なさってください。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・干し椎茸25gを水700mlで戻して薄切りにしたもの(戻し汁も使います) ・豆腐150g ・人参の千切り30g ・オクラを斜めに切ったもの60g ・和風だし小1~2(麺つゆやだしパックでももちろんOK) ★酒大3 ★醤油小2 ★みりん小2 ★塩適量 ★おろし生姜お好み量 ・片栗粉小2+水少々(合わせて溶いておく) ・お好みでうどんやそうめん、そばなど ・お好みで七味唐辛子適量

作り方
鍋に干し椎茸の戻し汁と干し椎茸を入れ、火にかける。
アクが出てきたらとり、和風だしと人参をいれて軽く煮る。
★を味をみながら入れ、オクラと豆腐を崩しながら入れ、
さっと煮たら水溶き片栗粉でとろみをつけて生姜を混ぜ出来上がりです。
生姜は混ぜずに出来上がりに上にのせても美味しいです。
お好みで七味唐辛子もかけて召し上がれ~。

あ~んど。
FotoJet (230)
ちょっとわかりづらいですがこちらは茹でうどんにかけたもの。
これもと~っても美味しいです♪
旦那はあっちゅうまにちょるちちゅる~っと汁まで完食してましたよ。
素麺でもおそばでも美味しいのでこれまたあるものでどうぞ~。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加


今週末もマルヌ川ツアーへご案内です♪
秋がどんどこやって来てるから
とにかく可能な限りマルヌへ行きたいのですよ!

曲は何にしようかな、とyoutubeを見ていたら、
行きついた永遠のグループ「ABBA」。
明るくて華やかで、これいいな♡と即決め。
出来たら少しボリュームアップで合わせて聴いていただくと、
ダイナミックな雰囲気を楽しんでいただけると思います。
それではまた3分くらいですが、お付き合いいただけると嬉しいです♪
………………………………………………………………………

FotoJet (207)
今回はマルヌ川の水上住民さんの船がたくさん停泊している港からの出発で~す。
最高のお天気に恵まれ暑いくらい。
夏の続きみたいでテンション上がりま~す♪
しか~し、落ち着いて静かにカヌーに乗り込まなければ。
そうしないと揺れて恐い恐い。
FotoJet (208)
そして無事、先頭を陣取ることが出来ました~。ので、
OK♪と調子よく軽~く伝えて、後はすべて旦那におまかせ~。
FotoJet (209)
秋のはじまりだってことを忘れそうなくらいの強い光。
キラキラ眩し過ぎる~。
FotoJet (210)
小川もいいけどたまには広め川も楽しい!
それに岸辺も遠くないからもし落ちても何とかあそこなら泳ぎつけるぞ、
と常にそのことも忘れません。
だって海で溺れかけたことあるんだもの。
あの時はほんと死ぬかと思った…。
FotoJet (211)
我が街から一番近いガンゲットレストラン
(古き良き時代からあるダンスホール)が見えてきました~。
ここも意外に老舗です~。
FotoJet (212)
またまた水上住人さんの船停泊地帯へ。
FotoJet (213)
ちびっ子の自転車が置いてありますよ。
小さなお子さんがいるご家庭ですね。
日本だと船の生活って馴染みがないけど、
フランスではこのようにたくさんの方が船住まいを満喫。
ここから普通に職場に通ったり学校に通ったりしてるんですよ。
FotoJet (214)
お!住人さんがテラスでランチタイム中で~す。
いいないいな、自分ちでランチクルーズですよ♪
FotoJet (215)
ボンジュール!ボナペティ!(こんにちは。どうぞ召し上がれ)、と私たち。
メルシー!ボン・バラード!(ありがとう。素敵な川散歩を)、と住人さん。
赤ワイン片手にめっちゃ気持ち良さそう♪
ああ、一度お呼ばれしたい。
アペリティフに美味しい海苔巻き、メインだって何か作るから。
何ならデザートも作るよ。フランス人だものねぇ。
FotoJet (216)
お!あちらでも船のテラスごはん。
FotoJet (217)
またまた、ボンジュール!とご挨拶。
皆さん、週末を、太陽を、暮らしを人生を、楽しんでますね~。
素敵だなぁ~♪
FotoJet (218)
ちなみにこの水上生活用の底がこうして平たい船は
「ペニッシュ(Péniche)」って言うんですって。
以前、家探しTV番組で見たのだけど、
フランス中で普通に一軒家やアパルトマンと同じように買えるみたい。
お値段も家を買うのとほとんどかわらなかったですよ。
パリのセーヌ川のペニッシュは特に人気が高いようだけど、
いやいや、マルヌも最高でしょう♡
FotoJet (219)
さて、先に進みま~す。
すると、向こうの方にボードに立って漕ぐ
ハワイ発祥のサップをやってる人がいます~。
いつも思うけど、あれバランス結構難しそう。
でもちょっと面白そうだなぁ。
FotoJet (220)
旦那は昔、このあたりでも家探しをしたことがあるそう。
そしたら予定金額より高かくて諦めたんですって。
ここだったら素敵ね~。でも妻は今で十分幸せです♡ありがた~い。
FotoJet (221)
あ、かわいいお花~。スイレン?と妻。
蓮だよ、と旦那。
え、何が違うの?
茎が伸びてるでしょ。それは蓮。
へぇ~、そうなんだ~、知らなかった~、と妻。
FotoJet (222)
こちらの水上住人さんちは洗濯日和で~す。
パンツは見えないとこに干すのかしらねぇ。
FotoJet (223)
あ、ボンジュール!
あの人去年も会った気が…。
FotoJet (225)
こんな緑の屋根の下を通り抜けるの大好き~。
川が美しい~。川って綺麗~。
FotoJet (226)
ボンジュール!
エンジン付きは早いのぉ。
FotoJet (227)
マルヌ川のあっちとかそっちとかもいいけど、ここも素敵~。
生きてるってすごく感じるなぁ。
自然の中にいるとそれをすごく感じる~。
(妻の心の呟きです~)
FotoJet (228)
光と風と緑と水辺と。
なんて最高に贅沢な時間なんだ♪

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (111)

秋に美味しい鮭と干し椎茸を使った簡単フレンチ、
「鮭のポワレ、椎茸クリームソースのキャベツパスタ仕立て」のご紹介です。
ただ今千切りキャベツがとても気に入っておりまして、
いろいろレシピを考え中。
ボリュームが出て食べ応えがあるし、
何よりシャキシャキ感がなんとも言えないのですよね。
で、今回は大好きな鮭さんを合わせてメインになる1品で、
あれこれ使わずフライパン1つで出来るようにしました。
でも大丈夫。とっても美味しく出来まして旦那も大満足。
調理ポイントは、鮭の下準備と焼き方。
そのまま焼くポワレの場合は塩を振って水分を出してから焼くことが大事。
そして十分に温めたフライパンで皮から下にして
ヘラで上から軽く押さえて焼きます。
これで皮がパリっと焼きあがって、皮も美味しくいただけます。
実はこのヘラ使いはTVの料理コーナーでシェフさんがやっていたこと。
で、マネしてみたらほんと皮がパリっとなってグ~だったんです。
他のお魚でも皮が美味しいものはこのやり方でパリっとなるのでお試しください。
鮭の他にも鶏肉や豚肉でも、干し椎茸のかわりに他の旬のきのこでも
もちろん美味しいかと思うので、どうぞあるものをご利用ください。
また、動物性のものを控えたい方は
生クリームを豆乳にしていただいても美味しくいただけます。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・生鮭2切れ ・干し椎茸10gを水250mlにつけて戻したもの(戻し汁も使います) 
・サボイキャベツの千切り120g(普通のキャベツでもOK) ・玉ねぎのみじん切り30g ・オリーブオイル小1+大2と1/2 ・薄力粉大2強  ・ブイヨン1個 ・生クリーム40~50ml(または豆乳か牛乳でも) ・塩胡椒適量 ・バター5g(省いてもOK) ・あればフレッシュなハーブ少々

作り方
鮭に塩をして20分おき、出てきた水分をキッチンペーパーで優しくふく。
その20分の間に、干し椎茸の軸を切って薄切りにする。
小さめのフライパンに干し椎茸の戻し汁と
ブイヨン、塩胡椒を少々入れ、火にかけ煮立ったら、キャベツを入れる。
再び煮立ったらアクをとって中火にし、蓋をして2~3分煮る。
程よく歯触りが残るくらいに柔らかくなったら火からおろし、
ザルに上げてキャベツと煮汁を分けておく。
同じフライパンをキッチンペーパーでふき、強めの火にかける。
十分温まったらオリーブオイル小1を入れしっかり馴染ませ、
中火よりやや弱めの火に調節して、鮭を皮から入れ、
上からヘラで軽く押さえながら皮がカリッとなって、
鮭の身の2/3くらいまで火が通るように焼く。
返してもう片面も軽く20~30秒くらい焼き、皿にとっておく。
同じフライパンをキッチンペーパーでしっかりふき、オリーブオイル大2と1/2と
玉ねぎを入れ、中火よりやや強めの火でしんなりするまで炒める。
薄力粉を振り入れ、炒め合わせたらキャベツの煮汁と椎茸を入れ、
強火にしてアクがあればさっととり、
生クリームを様子を見ながら少しずつ入れる。
お好みのとろみのところで止め、味をみながら塩胡椒とバターを混ぜる。
少し深さがある皿に、④の椎茸クリームソースを入れる。
真ん中に煮キャベツを盛り、その上に鮭をのせる。
あればハーブを飾って出来上がりです。
鮭と共にキャベツもパスタのようにソースにからめながら召し上がってください。
キャベツがまた美味しいんです♪
……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (172)
バカンス前になりますがご近所さんジャン=ピエールさんの奥様の
バースデーパーティーに行ってまいりました。
今回、パーチィーのテーマはカンパーニュ(田舎風)。
ということで私はこの白地に花柄のコットンのワンピースに
大きめ麦わら帽子を選んでみました。
ワンピースはなんと9年前にニースで買って一度も着ていなかったもの。
やっと着てあげることが出来ましたが、
流行は今まったく気にしていないのでぜんぜんOK。
なんとなく田舎風な感じですし。
FotoJet (173)
で、ジャン=ピエールさん宅でもお庭ごはんです。
お皿を見ていただくとわかりますが70歳のバースデーパーティー。
でもこのパーティー日近くまでいくつかずっと知らなかったのです。
20年近い付き合いの旦那も。それもまたすごいのですが。
フランスは恋の相手とかじゃない限りは
他人の年齢チェック習慣がぜんぜんないんですよね。
そういうところもさっぱりしてていいなぁ、と常々思っております。
FotoJet (177)
お天気も上々。
空のジャン=ピエールさんもこの日は庭に降りてきて、
いつものように寡黙気味に、でも楽しそうに座っていたと思います。
FotoJet (175)
さて、まずはアペリティフタイムです。
生野菜ディップにオリーブにピーナッツにスナック。
FotoJet (176)
私のお気に入りはフランスではポピュラーなこの生のカリフラワー。
マヨネーズをちょっとつけていただくと、カリカリっと美味しんです♪
FotoJet (179)
メインのバーベキュー担当はご近所男性軍。
その中にはティエリーさんも入っていて、
率先してお肉を焼き焼きしておりました。
ティエリーさんのことはこの記事で書いておりますが、
どフランス人だけど心のマナーがある人との付き合い方
そりが合わなかったジャン=ピエールさんが空にいって、
そのジャン=ピエールさんが以前は担当していたバーベキューを、
今度はティエリーさんがごく自然にやっていて。
とても素敵な光景だなぁ、と。
実は心の中で結構感動って言うか何て言うか、
とにかく温かい気持ちになりました。
FotoJet (180)
想像よりもずっと大人数で知らない方もたくさん。
ジャン=ピエールさんのお姉さんにもはじめてお会いしました。
と思ったら、一度会ってるよ、って旦那。
今だに外国人の顔はよっぽど特徴がない限り一度では覚えられません。
って言うか、カンパーニュスタイルは半分くらい、いつも恰好も半分くらい。
旦那が、テーマはカンパーニュだ、と念を押すものだから…。
FotoJet (182)
バーベキュー担当者さんたちは、バーベキューがお得意っぽい。
ちゃんと火加減を調節して、肉をよく動かしております。
旦那に見習ってほしくて、教えてもらいなよ、
とツンツンするけど、学ぶ気なしな男。ふぅ~。
FotoJet (183)
猫のキャネル(canelle)ちゃんもメンバーです。
ちなみにキャネルはシナモンという意味。
FotoJet (185)
久しぶりに会うちびっ子がちびっ子じゃなくなっててびっくり。
少し前はマモン(ママ)にくっついていたんですよ。
男の子ってこの変化がすご過ぎる~。
FotoJet (174)
皆、背も伸びて大人への階段中。
FotoJet (186)
でもこの坊やだけはまだまだちびっ子盛り。
ちょっかい出しても可笑しいかわいい反応してくれました。
FotoJet (190)
2時間近いアペリティフタイムの後は、やっとお食事タイムで~す。
FotoJet (189)
お肉、サラダを数種類の中から各自好きにとります。
私はチキンと北アフリカのマグレブ地域生まれの
スパイス入り羊肉ソーセージ「メルゲーズ(merguez)」と、
自家製クスクスのサラダとごはんのサラダをチョイス。
ジャン=ピエールさんの奥様はお料理上手なので美味しいんです。
我が家のスペアリブのマリネ液は奥様から教えてもらったもの。
スペアリブはこのマリネ、と決めているくらいなのです。
FotoJet (191)
ちびっ子はさっさと食べてゲーム中。
時々指でツンツンするとやっぱり可笑しいかわいい反応♡
今度会う時もそのままでいてね…。
FotoJet (192)
デザートも数種類。
私は苺のタルトとチョコレートケーキ。
ついすすめられるままに2切れのせてもらったけど、
食べれるかな、と不安が…。でも皆と話しながらだと大丈夫。
甘さが控えめだったこともあって美味しくていただけました。
FotoJet (193)
それにしてもフランス人は甘いものもよく食べます。
皆、おかわりしてましたよ。旦那も。
FotoJet (188)
途中で小雨が降りかけたのだけどすぐに止んで。
おてんとう様も優しいジャン=ピエールさんの奥様の誕生日のために
お天気をちゃんと見守ってくださっていたようです。 
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ