パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

septembre 2018

FotoJet (206)

イチジクが旬の時期になりましたね。
ということで今日は久しぶりにちょっとフレンチでおしゃれな1品、
「イチジクとシェーブルのパイピッツァ」のご紹介です。
タイトルにつけている通り本当に簡単です!
手間なアパレイユ(卵、バター、粉などを合わせて流し込む生地)作りはなし。
さっとバターで焼いたイチジクとシェーブル(ヤギのチーズ)を
市販のパイ生地にのせて焼くだけ。
あとはお好みでハチミツをかけていただきますが、これが美味なのです♪
実はイチジクとシェーブルとハチミツの組み合わせはフランスでは王道。
ビストロの前菜などでもブリック生地(チュニジア料理で使う薄い皮)や
パイ生地で包んで焼いたものがあるんです。
はじめていただいた時はその組み合わせと美味しさが新鮮だったものです。
以来、我が家もブリック(か春巻き)で包んで焼いたものをたまに作りますが、
今回は極力手間を省いたパイピッツァ。
ちょうど我が家のお庭のイチジクが食べ頃になっていて、
冷凍庫を見たら賞味期限が近くて冷凍しちゃったシェーブルとパイ生地が。
で、作ってみたら、大成功だったというわけなのです。
でもシェーブルが手軽じゃなければゴルゴンゾーラなどの
青カビ系チーズやモッツァレッラ、クリームチーズなどにしていただいてもOK。
その際、青カビ系の場合シェーブルより塩分が多いので量を調節してくださいませ。
モッツァレッラの場合だとハチミツよりEXVオリーブオイルの方が合うかもです。
ワインのおつまみにぴったりですし、お酒を召し上がらない場合も
おもてなしにも喜んでいただけると思います。
女子会で出したらテンション上がるかもしれません♡
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………
材料(4人分くらい)
・チルドの市販パイ生地1枚 ・縦半分に切った完熟イチジク8個くらい ・バター20g ・きび砂糖大1(または砂糖) ・シェーブルチーズ150gを食べやすく切ったもの(またはゴルゴンゾーラチーズなど) ・ハチミツ適量

作り方
オーブンを200度で予熱開始。
フライパンを中火より強めの火で温め、バターを溶かし、
イチジクを切り口を下にして並べ、柔らかく焼けたら、裏に返し、
両面程よく焼けたら、きび砂糖を振り入れ、
フライパンをゆらしながら全体にからめ、キャラメリゼにし、火を止めておく。
キッチンペーパーの上にパイ生地をのせ、フォークで数か所穴を開ける。
これを十分に温めたオーブンで10分くらい焼く。
取り出し、②のイチジクとシェーブルチーズをのせる。
200度のオーブンで様子を見ながら焼き、
シェーブルがとろっと柔らかくなってパイ生地もこんがり焼けたらOK。
皿に盛り、お好みで少しハチミツをかけていただいてください。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (197)
週末ごはんのご紹介です。
まずはマルシェで買ってきた大好物のトリュフ風味のロースハム。
しっかり1品になるよう少し厚切りにしてもらいました。
トリュフが香るだけでなぜこんなに美味しくなるのでしょう。
魅惑の香り~。
FotoJet (194)
お次は卵が残っていたので使わなくちゃと、
今年の夏、我が家でよく作っていたオムレツにしました。
あるものが入っているのですが、これが美味なんです。
これは簡単なので近々レシピをご紹介させていただきたいと思います。
FotoJet (195)
メインはちょ~っと見辛いのですが、
市販の魚のスープに千切りサボイキャベツとエゾバイ貝を合わせたもの。
このレストランでいただいたものをちょっとだけマネしてみました。
超パリっぽい庶民派マルシェ&日本人シェフのレストランでランチコース
ドレッサージュがいまいちなのですがお味は大丈夫。イケました♪
簡単なので我が家のエゾバイ貝の定番になりそうです。
でも次回はもうちょっとドレッサージュを美しくしたいです。
………………………………………………………………………
あ~んど。
日暮れが暖かめだったので、お庭でバータイム。
FotoJet (198)
これは8時半くらいかな。
もうほんとどんどん日が短くなっています。
とは言っても日本に比べたらずっと遅いんですよね。
もし今日本に帰ったら、この日が暮れる時間とか朝明けていく時間の感覚が
とても不思議に感じると思います。
日本に住んでいてヨーロッパに旅で来ていた時は逆だったんですけどねぇ。
FotoJet (200)
季節も暮らしもいつのまにかこっちスタイルになりました。考え方もかな。
でも、一番好きな食べ物はやはり、お鮨です。これは変わりませんねぇ。うんうん。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (184)
久しぶりの我が街マルシェでございます。
毎週末行っていたのですが、いろいろと他にも記事があったので、
バカンス後初の投稿です。
FotoJet (185)
バカンスでは閉まっているお店が多くて閑散気味でしたが、
もうすっかり元通り。
FotoJet (188)
ポルトガルバーも賑やか。
FotoJet (202)
人気フランス総菜屋さんも大行列。
FotoJet (204)
どこもかしこも活気がいっぱいです。
特にお魚屋さんはいつもにも増して多かったように感じました。
想像するに。バカンスでは海辺に行く人が多いパリの人たちなので、
帰って来てもバカンスの思い出と共に魚介の美味しさを再び!的な感じかなぁ、と。
実は我が家も現在、お肉より魚介が主流になりつつあります。
FotoJet (189)
八百屋さんでは今が旬のミラベル(mirabelle)が山積み。
ミラベルは夏の終わりから秋にかけての短い期間だけ出回るすももの1種。
北東部のロレーヌ地域のものがよく知られておりますが、
我が家のご近所さんのお庭にも毎年たくさん実がなっております。
すっぱさがなくて甘みがかなり強いのが特徴。
今の時期、パリのビストロやパティスリーでも
ミラベルを使ったデザートが並ぶんですよ。
FotoJet (193)
珍しいフレッシュなデーツ(Dattes)もありました。
日本でも最近知られるようになってきたナツメヤシの果実、デーツ。
栄養価が高くスーパーフルーツとも言われておりますが、
普段いただいているのはドライのデーツ。生ははじめて見ました。
どんなお味なのかしら。今度買ってみましょ、調べてから。
FotoJet (190)
そしてそして。あの後ろ姿は!
R1162309
今回はメロンなイタリアンムッシューです♪
実は初めてお名前を知ったんですが、
最初「P」が付くんですよ。
ペッピーノ?パオロ?ピエトロ?ピナコラーダ?
いやいや違うんですよ~。
でもプライベートなことだからシミツにさせてください♡

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加


毎週末、お天気に恵まれている秋のパリ郊外です。
ということでマルヌ川ツアーにまたまた出発。
今回は音楽どうしようかな、と思っていたちょうどその時、
レディオから流れてきたのがこの名曲。
あ、これにしよう、と即決め。


それでは3分くらいツアーですがお付き合いいただけると嬉しいです♪
………………………………………………………………………

FotoJet (164)
今年の春買ったばかりの旦那修理の二艘め中古カヌーは木製のカナダ製。
最初乗る時は沈まないかしら、と不安だったけど、大丈夫。
2回目ツアーもス~っと無事漕ぎだせました~。
FotoJet (165)
今だに広めの川は落ちたらと思うと少し恐いのだけど、
岸辺が近い小川は安心ゆったり。
緑と水辺と…ホント最高に気持ちいい♪
FotoJet (166)
ボンジュール!と明るくかわいいギャルソンくん。
普段から水と楽しむ、をしているときっと心にも良いんじゃないかな。
そんな気がします。
FotoJet (167)
白鳥さんが一部の秋を背景に通り過ぎていきます。
綺麗~、美しいあなたたちは秋が似合う~。
FotoJet (168)
あの家いいね、と旦那。
買えば、って妻。
鼻で笑う旦那。
FotoJet (169)
ボンジュール!と今度はムッシューグループ。
マルヌ川で出合う人は皆、笑顔です。
FotoJet (170)
大好きな光の感じが好きな橋の下を通り抜けて。
FotoJet (171)
今度はマダム&ムッシューたち。
どうやら一番後ろのムッシューがジョークばっかり言ってるみたい。
ずっと3人でゲラゲラ笑ってて、なんだかこっちも楽しくなってきちゃう。
FotoJet (172)
橋の上のムッシューも笑顔でボンジュール!
こういうのが毎回素敵な瞬間。
FotoJet (173)
また白鳥さんたち。
FotoJet (174)
岸辺に立つと意外に白鳥さん大きくてびっくりしますが、
水辺のあなたはほんとに綺麗。
FotoJet (175)
その後にはべべさんたちもやって来ました。
1人の子だけまだグレイ。
かわいい癒される~。
FotoJet (176)
またね~。
FotoJet (177)
今度はパパとかなり綺麗なちびっ子ギャルソンくん。
フランスの子供は女の子も男の子も綺麗な子がたくさん。
そのまま大きくなる人もいれば、
髭が濃くなったりして見事におっさんぽくなる人もいます。
でも私もおっさんチックなおばさんだからどっこいどっこいね。ぷぷ。
FotoJet (178)
お気に入りのお店地帯に突入で~す。
休憩タイムした~い、と妻。
わかったわかった、と旦那。
FotoJet (179)
そしてシェ・ジェジェンヌ。
古き良き時代を行くマルヌ川クルーズ ~シェ・ジェジェンヌ(Chez Gégène)編~
FotoJet (180)
しょっちゅう通っているけど、今年初。
あるだけで癒される存在の古き良き時代店です。
FotoJet (181)
岸辺につないだカヌーを眺めながらのひと時。
木製カナダカヌーは幅が狭めなので、先頭に座る私は足先が少しきつい、
と最初思ったけど慣れちゃえばぜんぜんOK。
でも太れないわ。ダイエットゆるく続けましょ。
キャベツなスパゲティー豆腐カリカリetc…。
FotoJet (182)
住居を兼ねた船が通り過ぎます。
ナンバープレートはパリ市内のアルファベット。
セーヌからやってきたようです。
ときどきこうしてマルヌやパリ郊外のセーヌを行くんだろうなぁ。
船で暮らすってどんな暮らしなんだろう…。
FotoJet (183)
こうして楽しい午後は穏やかに過ぎていって…。
素晴らしきマルヌ時間なのでありました♡

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (163)

ああ、一週間がめちゃくちゃ早い。秋になって行くのも早い。
日暮れがですね、日に日に早くなっているのですよ。
それを見るたびに寂しい風が心に吹き抜けていきます。
でもお天気はここのところ素晴らしい秋晴れ日多し。
この週末も恵まれております♪
ということで本日はレシピコーナーでございまして、
にんにく使いなのでジャポン連休だから試していただきやすいかな、
と思いまして「豆腐とカリカリにんにくのペペロンチーノ風」のご紹介です。
お豆腐は我が家の冷蔵庫にだいたい入っているものの1つ。
で、ときどき忘れてしまうのですが、このお豆腐も見たら賞味期限がその日!
なので食べなくちゃと思い、とりあえず焦って思いついた、
たっぷり玉ねぎと合わせて薄切りカリカリガーリック入りの
熱々にしたオリーブオイルをジュっとかけるという
3分くらいクッキングしたら、これが美味しかったのですよ!
はじめはゴマ油と思っていたのですが、それだとありきたりなので、
ネットで検索したら豆腐に熱々オリーブオイルがけがなかったので、
よっしゃ!とオリーブオイルチョイス。これが大成功でした♪
調理ポイントは、豆腐の水切りをしないかわりに、
切ってキッチンペーパーで包んで優しく水気をとってからお皿に盛ること。
これで水分を結構抑えられます。
それとガーリックは揚げたてカリカリの食感がアクセントになってグ~、
オリーブオイル熱々ジュッ、もこれまた何より大事なので、
ガーリックオリーブオイル作りはクッキングの最後に。
そして出来たらすぐ召し上がってくださいませ。
あえて味付けはお塩と粗びき黒胡椒のみですが、
これが美味しさを引き立てています。
でもいただいてみて、お好みでちょろっとお醤油を足してもOK。
で、これはもちろんゴマ油でも美味しいと思いますし、
玉ねぎと一緒にたとえばかつおぶしや海苔もいいですし、
野菜だったら豆苗なんかをのせても美味しそうかな、と。
どうぞあるものお好きなものを活用なさってください。
ただし玉ねぎめっちゃ合うのでぜひこれだけはお願いします。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・木綿豆腐200gくらい ・水にさらして辛みをとった玉ねぎの薄切り40g ・いいお塩少々 ・粗びき黒胡椒適量 ・EXVオリーブオイル20ml ・薄切りにんにく1~2個分 ・お好みで赤唐辛子の輪切り適量 ・あればハーブ少々

作り方
豆腐を5mmくらいに薄く切ってキッチンペーパーで優しく包んで
水分をとってから皿に並べる。塩と粗びき黒胡椒をかける。
しっかり水気をとった玉ねぎをのせる。
小鍋にEXVオリーブオイルとにんにくを入れ中火よりやや強めの火にかける。
にんにくがカリッとなったら、①の豆腐玉ねぎの上にジュッとかける。
赤唐辛子を入れる場合はにんにくが色づいた頃に足してください。
あればハーブを飾って出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ