パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

septembre 2018

FotoJet (35)
北ブルターニュの貸家のある街のお隣街にあった
素敵なブロカント&アンティーク屋さん。
FotoJet (38)
食器類の状態もよくて。
FotoJet (37)
レアなものもたくさん。
FotoJet (36)
古いピッチャー&洗面器セットは、
インテリアに使うと存在感があって素敵なんですよねぇ。
我が家にもあって寝室に置いてあります。
FotoJet (39)
外に置いてあるものには砂ぼこりなどもついておりますが、
エマウスでもそうなのですが、ちょっと指できゅっきゅっ、
として汚れが取れれば問題なし。
家で洗えば綺麗になります。
FotoJet (40)
外にあるものがかわいいので、
これは店内も期待できるなぁ、と思いながら中へ。
FotoJet (41)
そうしたら、店内も綺麗でかわいいものがい~っぱい。
イメージするアンティーク屋さんそのもの。
古いもの好きにはたまらない世界です。
FotoJet (42)
FotoJet (43)
この青い照明も素敵でした。
欲しかったけど、我が家はエマウスとブロカントで集めた照明が結構あるので、
旦那に却下されました~。
FotoJet (44)
我が家にあるものと同じものもたくさんあったので、
旦那がお値段をチェック。すごく安いわけではないけれど、
やはりクリニャンクールの蚤の市なんかに比べたら半額近く。
FotoJet (45)
地方のお店はこれがいいところ。
FotoJet (46)
このお店、見るだけでも、いるだけでも楽しいので、
いつかまた寄りたい場所の1つ。
ブルターニュはパリからそう遠くないので、
そう気軽に思えるのもよいところなのです。
…………………………………………………………………………

さて、パリにご旅行に来る方にコメントをいただきまして、
参考にしているブロカントとエマウスのサイトを教えて欲しい、
とのことだったので、記事を2つほどご紹介させておいていただきますね。
→「保存版!蚤の市とブロカント好きのための便利サイト
→「これを読めばOK!エマウスまとめ記事
バカンスが終わりパリは秋の本格的ブロカントシーズンが始まっているので、
古いものがお好きな方には今の時期はおすすめです。
お気に入りがどうぞ見つかりますように。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (29)
オクラの美味しい時期が終わってしまうので
急いでレシピご紹介でして、
「オクラとクリームチーズのわさび醤油ごはん」
でございます。
で、すでにタイトルにも書いちゃっているので
また言っちゃうのあれですが、
これがですね、超簡単で美味しいんですよ~♪
でも実ははじめは
ごはんにのっけることは考えておりませんで、
ごはんなしの和えもの副菜だったのです。
で、作ってみて味見して美味しかったので、
いつものようにオクラとクリームチーズで
ネット検索してみたら、
出てくる出てくるこの組み合わせ!びっくりガ~ン!
でもわさびプラスレシピはなかったので
これはオリジナルで使えるな、と。
同時にふと思い出したのが
大好評いただいてるこのレシピだったのです。
Cpicon 納豆とクリームチーズのごはん by ルロワ・モワ
納豆とクリームチーズ組み合わせは
今でこそたくさん出ておりますが、
はじめてこのレシピをご紹介させていただいたのが
2008年~2009年にやっていた、
自分のホームページでした。
その時はこの組み合わせは他にはありませんでした。
その後、ホームページを閉じたので2012年に改めて
クックパッドでご紹介させていただき大好評に。
そして今はたくさんの類似レシピが出ていて、
料理動画サイトにもなっております。
なんか流れがこのレシピたちとよ~く似ているんですよね。
Cpicon これがオリジナル。梅とパクチーのおにぎり by ルロワ・モワ
Cpicon 醤油とバルサミコ酢の超美味ドレッシング by ルロワ・モワ
レシピに著作権がないので
それぞれのマナーのみが問われるのですが、
マナーのない人、料理研究家さんが多いのがとても残念です。
さて調理ポイントです。
オクラはレンジで簡単に加熱しておりますが、
我が家のレンジだと100gで1分くらいでした。
でもそれぞれのお宅のレンジで
加熱時間が若干変わってくると思うので、
少し調節しながら歯ごたえが残るくらいに加熱してください。
ちなみに写真手前がわさびのせで
奥が梅肉のせとなっております。
わさび好きな方はぜひぜひわさびのせをおすすめします!
それとわさび&梅肉のダブルのせもイケます。
お子様はわさびなしで。わさびなしでも十分美味しいです。
旦那は納豆も食べれるのですが好んでは食べないので、
このオクラとクリームチーズとわさびの方がずっと好きなよう。
あっちゅうまに完食しておりました~。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・こすりながら洗いヘタと切り取ったオクラ100g ・角切りに切ったクリームチーズ30g ・かつお節適量 ・醤油小1/2 ・お好みでわさび適量(お好みで梅肉でも) ・温かいごはん軽くお茶碗2杯分

作り方
オクラはラップをして1分くらい加熱する。
手で触れるくらいになったら輪切りにする。
オクラ、クリームチーズ、かつお節、醤油をさっと混ぜる。
お茶碗にごはんを盛り、①のオクラクリームチーズ和えをのせ、
上にわさびをのせて出来上がりです。
わさびを混ぜながら召し上がってください。

あ~んど。
おつまみになさりたい方や、ダイエット中の方には。
FotoJet (986)
ごはんにのせないで、海苔で巻いても美味しいです。
この時味付けしないで、わさび醤油を添えていただいても美味。
お試し済みです。
また、納豆&クリームチーズを油揚げに入れて焼いた、
レシピをつい数日前見ましたので、
このオクラ&クリームチーズを油揚げに入れても美味しいのでしょう。
とにかくこのオクラとクリームチーズとわさび組み合わせがいいのですよ♪
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (4)
北ブルターニュの貸家から歩いてすぐのところにあったカフェ兼クレープ屋さん。
夕暮れのお散歩の途中で何度か立ち寄ったお店です。
FotoJet (3)
店内はイメージするブルターニュの
クレープリー(crêperie・クレープ料理店)らしさいっぱい。
FotoJet (5)
コーヒーカップのようなかわいいカップはシードル専用。
ブルターニュでは本場ガレット(そば粉で作るクレープ)には、
林檎で作った発泡酒のシードルを合わせるのが定番。
でも甘めなのでもちろん別のお好きな飲み物でもOK。
FotoJet (6)
こんな温かい素敵な雰囲気の中で本場ガレットをいただけば、
気分も上がりますね♪
FotoJet (7)
お店の方もとっても感じよくて気さく。
ここで一休みしている間も、
予約の電話がしょっちゅう鳴っておりました。
FotoJet (8)
でも実は私たち、ガレットをいただくには毎回中途半端な時間だったので、
こうしてビールだけ、だったのです。
そんなビールのかわいい白熊さんラベルはブルターニュ産。
気に入って飲んでいたものです。
FotoJet (9)
建物も古い石造りの家を改装してブルターニュらしい雰囲気。
いつかまた行けたら、今度はちゃんとガレットをいただきたいです。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (974)
この地域を昔キャンピングカーで旅したことがある旦那が連れて行ってくれた場所は、
小さな小さな島に浮かぶ一軒家。
最初見た時は思わず息を飲みました。
FotoJet (972)
大中小、様々な島があるブルターニュですが、こ、こ、これは…。
すると。
FotoJet (975)
ムッシューがつかつかやって来まして。
FotoJet (976)
留めておいたボードに荷物と一緒にひょいっと乗り込み。
FotoJet (977)
発進。
FotoJet (978)
実にさりげない動作で岸辺をいくわけです。
FotoJet (979)
面白いです。
FotoJet (981)
あの家の住人さんかな、と見ていたら、
別方向だったので違ったのですが。
皆さん、ここの暮らしはこうなんでしょう。
FotoJet (982)
わたしの知らない暮らしで興味が尽きず思わずため息をつくと、
旦那は、むふふと。どうだ、ここすごいだろう、みたいに。
墓地の時とはぜんぜんちゃうんです…。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (943)
北ブルターニュ、雨が降ったり止んだりの午前中に通りかかった超静かな町。
FotoJet (942)
町の中心にはアジサイが咲く美しい墓地がありました。
FotoJet (944)
ちょうど小雨が止んでいたので車を降りて少しお散歩。
FotoJet (946)
昔から十字架のある風景には心惹かれるので、
旅でヨーロッパに来ていた時もしょっちゅう1人でふらっと歩いていたのです。
FotoJet (953)
特に雨の日や真冬の暗い日や霧の日が好み。
FotoJet (947)
この時はまさしくそんな午前。
FotoJet (945)
でも1つ私的には困ることがありまして。
旦那がこういう雰囲気にまったく興味ないんです。
なので私がゆったりとした気持ちでフォトしていると、
そのうち、まだ?まだ?って急かすんです。
(時には先生のように、戻りなさい!ぶひっ!と言うことも…)
なのでこの時もはじめゆったり、急かされて冷や汗速足、みたいな。
1人だと1時間でも2時間でもいられるんですけどね…。
どっちが外人やねん、ていう…いやあたしがここでは外人か…。
で、この後は。
FotoJet (950)
墓地の前にある町で唯一のカフェへ。
お鬚が印象的なムッシューとマダムが営むお店です。
常連さんはそれぞれにロゼワインとカフェで談笑中。
といっても皆さん、口数笑っちまうくらい超少なめ。
20年一緒に住んでる家族のようです。
でもきっとそれに近いものがあるのでしょう。
FotoJet (948)
カフェが1軒だけの小さな町の暮らしというが経験がないので不思議なのだけど。
でも、ま、少し行けば大きな街もあるので不便というわけでもないのでしょう。
それにきっとやはり自分の町が落ち着くのかな。
FotoJet (954)
カフェを出て車に戻るとまた降り出した小雨。
ですが、なかなか悪くない小さな素敵時間を過ごしました。
こういう時間が昔から、旅の醍醐味、と思ってるのですが、
この感じ、伝わるとよいのですが、どうかなぁ。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ