パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

septembre 2019

IMG_0725
日曜日はいつものように我が街マルシェへ。
予報通り、この日はお天気が少し微妙。
フランスの天気予報、結構当たると私は思うのですが、
日本の予報の方がやはり正確なのかしら。
IMG_0723
で、ポルトガルバーでいつものシュワシュワをいただいて寛いでいると。
IMG_0724
すぐそばの移動ピッツア屋さんがお試しおつまみを配ってくださいました。
ニースの郷土料理ソッカ(Socca)です。
ひよこ豆の粉とオリーブオイルと水で作るクレープのようなもので、
私もニースに住んでいた頃、お気に入り店でよくいただいていたのですが、
素朴ですがついつい食べちゃうお味。
グルテンフリーなので日本でも最近注目の料理のよう。
IMG_0726
この後はお買い物タイム。
IMG_0727
人気フランス総菜屋さん屋に寄ったり。
IMG_0733
じゃがいも専門店にも寄りました。
IMG_0732
お店の方に作る料理を伝えると、
それに向いたじゃがいもを選んでくださるのですが、
我が家がよく買うのがフライドポテト用のじゃがいもで、
このお店で教えていただいたもの。
IMG_0734
「モナリザ」という品種で、これを使うとカリっと揚がるんです。
フランスに来て知ったことですが、
フライドポテトを作る時は品種選びがと~っても大事。
どんなじゃがいもでもいいわけじゃないんですよねぇ。
IMG_0738
お!このお店はラグビーワールドカップの応援の旗が飾られております。
フランスでも毎日試合が放送されていて、
思った以上に盛り上がっているんです。
実は旦那の会社のパトロンさんが、
そのラグビーを観に近々家族で日本へ行くんです。
初日本でとても楽しみになさっているよう。
日本を好きになってくれるといいのですけど。
IMG_0739
ということで、マルシェのお買い物の最後はソッカ3ユーロを購入。
お腹がぺこぺこだったので、家に着いてすぐおつまみで完食しちゃいました。
香ばしくてなかなか美味しかったです♪
簡単なので自分でも作ろうかな?

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0695 - コピー
週末のプチパーティーで作って美味しかったお料理のご紹介で、
「ほんのりにんにく香るインゲンとハムのオムレツ」です。
イメージはスペインの卵料理トルティージャの、
じゃがいもをインゲンにした版。
でもじゃがいもに負けないくらい美味です♪
IMG_0697 - コピー
調理ポイントはインゲンを予めレンジ加熱しておくこと。
インゲンって結構火の通りがかかるんですよね。
それからフライパンは小さめのものがグッド。
今回は23㎝のものを使っております。
それとにんにくのすりおろしもぜひ入れてください。
卵とにんにく、よく合うんです。
ハムをベーコンやツナにしても美味しいと思います。
どうぞあるもののご利用でお気軽にお試しくださいませ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(4人分)
・卵4個(塩小さじ1/3、粗びき黒胡椒適量、豆乳または牛乳大さじ2、にんにくのすりおろし2個分) ・筋を取って1㎝の輪切りにしたインゲン180g ・ハムの細切り50g ・玉ねぎのみじん切り100g オリーブオイル大さじ2+大さじ1 ・バター10g ・塩4つまみ ・胡椒適量

作り方
インゲンを耐熱容器に入れ、ふわっとラップをして、
レンジで4分加熱する。ほどよく火が通っていればOK。
フライパンを中火よりやや強めの火で温め、
オリーブオイル大さじ2と玉ねぎを入れ炒める。
玉ねぎがしんなりしたら、インゲンを入れ3~4分炒める。
塩4つまみと胡椒をして火を止める。
ボールに卵を割り入れ、()の、ものを混ぜる。
②のインゲン、ハムも混ぜる。
フライパンをさっと洗い、やや強めの火でしっかり熱してから、
オリーブオイル大さじ1とバターを全体になじませる。
③の卵液を全部流し入れ、卵液の周りがじくじく焼けてきたら、
弱火と中火の間の火加減にし、ふたをして10分くらい焼く。
ふたを取り、表面の卵液にもだいたい火が通っていたら、
フライパンより大きめのお皿をかぶせてひっくり返し、お皿に一度のせる。
そのままフライパンに移し、もう片面もふたをして3~5分くらい焼く。
全体に火が通ればOK。
お皿にのせて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0705
週末土曜日は結構前から天気予報が晴れマーク。
しかも30度近くまで気温が上がるとの予想。
そしてこの1日の後、いよいよ本格的に肌寒くなりそうな感じ。
なので、今年最後のチャンス?と思い、同じ街に住む日仏カップルさんと、
日本人ご家族をお招きしてアペロ&ごはんのお庭パーティー開催。
IMG_0701
旦那にお庭のセットはおまかせして、
(揃ったランチョンマットがこれだけなので料理と合っていないが気にしない)
moiちゃんはせっせこクッキング。
でも気軽な食事にしたかったので大皿料理で
冷蔵庫にあるものばかりで作ることにプチ挑戦です。
IMG_0706
アペロのおつまみは生ハムとラディッシュの簡単なこのレシピ。
わさびクリームチーズをはさんだ生ハムとラディッシュの一口アペリティフ
それと大好評いただいてるパリの中華屋さんポテトも作ったのですが。
Cpicon パリの中華総菜屋さん再現ガーリックポテト by ルロワ・モワ
写真を撮り忘れました~。
やはりポテトはついつい食べちゃいますね。
結構な量を作ったのですが全部なくなりました。
IMG_0710
たっぷり1時間半のアペロの後はお食事で、
1品めは定番の日本風のポテトサラダをお出ししました。
が、写真をこれまた撮り忘れました。
調理ポイントは茹でたじゃがいもはしっかり水分を飛ばすこと。
そして、まずはお酢で酸味をつけること。この2点です。
2品めはお野菜たっぷりのスペイン風オムレツ。
これ、めちゃくちゃ美味しかったので、
近々改めてレシピをご紹介させていただきます。
IMG_0713
ギリシャ風のマッシュルーム和えは冷凍しておいたトマトソースを使ったもの。
でもなんか味が決まらなくて、お醤油や赤唐辛子を追加して何とか調整。
そしたら結構好評で、全部なくなりました。ほっ。
IMG_0717
メインはハンバーグで、ギリシャ風と味がかぶらないよう、
干し椎茸のクリームソースにしました。ソースはコチラ。
フランス人旦那のお気に入り。5分で作る万能干し椎茸クリームソース
これはお招きしたフランス人旦那さまが特に喜んでくださいました。
フレンチな味わいですからねぇ。
IMG_0716
付け合わせは焼きブロッコリーと大好評いただいているコチラ。
Cpicon 超シンプル美味*にんじんのステーキ by ルロワ・モワ
人参をただフライパンでじっくり焼くだけですが、
自然な甘みが出てシンプルにとても美味しくいただけます。
この甘みは自然なもの?と皆さん、びっくりしていらっしゃいました。
この人参ちゃんレシピは超おすすめでございます!
IMG_0719
フランス男2人は(旦那も含む)チーズも食べたい、
と言うので盛り合わせをお出ししました。
カマンベール、コンテ、バスクのオッソー・イラティ、そしてブルーです。
2人共、デリシューと嬉しそうに完食。やっぱりフランス人はチーズや~。
IMG_0720
そしてデザートはジャ~ン!
チーズを召し上がった旦那さまの日本人奥さまが、
手作りのショートケーキを作ってきてくださったのです!
コルドンブルーでお菓子を学んだ方で以前はお教室も開いていたそう。
なのでと言うか、超美味~♡ これは完全にプロのお味。
シャンパンと一緒にいただいて大満足です♪
この奥さまに干物作りの話をしたら、
目がキラキラ。やはり干物がどうしても食べたかったのだそう。
なのでお帰りの際に冷凍しておいた干物をプレゼント。
日本の美味しいお米と食べるわ、って。
わかりますわかります。うんうん。
ということで、お庭の集まりはこれが最後になりそうかもですが、
日本語とフランス語が飛び交う楽しいひと時なのでした、。
日本人と集まれるって幸せ~。えへ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0012996 - コピー
本日はフランスの定番、
超簡単なマスタード入りドレッシングと合わせた、
レタスとクルミのサラダのご紹介です。
ジャポンはドレッシングの種類が
ものすご~く豊富ですが、
(ドレッシングだけじゃなくすべて)
フランスはドレッシングの種類が少ない。
(ドレッシングだけじゃなくすべて)
なのでほとんどのご家庭で
自家製で簡単にちゃちゃっと作ります。
そんな中でもこの
マスタード入りシンプルドレッシングは
定番中の定番。
で、いろんなサラダに合いますが、
今回はレタスとクルミだけでシンプルにしました。
R0012994 - コピー
でもこれがと~っても美味。
お好みでパルメザンチーズをかけてもグッド。
フレンチスタイルですが、
結構どんなお料理にも合います。
調理ポイントはありませぬ。
切って、混ぜて、さっと和えるだけ。
調理時間は5分くらいです。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・レタス両手でひとつかみ分 ・粗くきざんだクルミ40g ★EXVオリーブオイル大さじ5 ★白バルサミコ酢大さじ2(又は白ワインヴィネガー+ハチミツ小さじ1/3か砂糖2つまみ) ★マスタード小さじ1 ★エシャロットのみじん切り15g(又は水にさらして辛みをある程度抜いた玉ねぎのみじん切り)★塩胡椒適量

作り方
★をよく混ぜ合わせてドレッシングを作る。

ボールに手でちぎったレタスとクルミを入れ、
①のドレッシングを入れ、大きく混ぜる。
お皿に盛り、あれば粗びき黒胡椒をかけて出来上がりです。
お好みでパルメザンチーズを振りかけても美味です。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0265 - コピー
ひとけの少ない夜明け前のオペラ界隈。
IMG_0266 - コピー
そんな中で、これからお仕事という人がときどき行き交い、
逆に、たぶん仕事を終えたのであろう
セクシーな服装の女性がお客さんの車から降りる姿も。
IMG_0268 - コピー
日中とはちょっと別の顔です。
IMG_0269 - コピー
ぽつり灯りがともっている小さなカフェを見つけ、ほっとして入店。
IMG_0270 - コピー
お店のマダムにカフェをお願いして、一休み。
お馴染みさんが1人2人と入ってきては、
お互い挨拶を交わし、さっとカフェを飲み、ボンジョルネと言って
森閑としたオペラ通りに消えていきます。
IMG_0272 - コピー
日中いつも観光客で賑わっているこのカフェは、
こんな時間でも思ったよりも人がいます。
グループの観光の方が多いので、
ここから出発してちょっと遠くまで行くのかもしれません。
楽し気な笑い声がしていました。
どうぞ素敵な旅を~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ