パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

septembre 2019

2019年9月13日金曜日、
パリ市内及び近郊のRATP(パリ交通公団)が、
大規模なストライキを行います。
詳しいことは外務省の海外安全ホームページにのっております。
RATPのストライキについて
ご旅行中の方は、移動方法をご確認ください。
………………………………………………………………
R0010018 - コピー
ここはエッフェル塔のすぐそばの裏通り。
本日ご紹介するのはここにあるレストラン「ヴァン・エッフェル(20 Eiffel)」です。
R0010021 - コピー
予約をしていなかったので12時開店と同時に来ました。
私がお客第一号。
R0010022 - コピー
店内は白が基調のシンプルモダンで光がいっぱい入って明るい。
R0010024 - コピー
パリは春夏は明るくて爽やかだけど、
長い秋冬は暗めになるので、その季節のことを考えると、
店内が明るいというのは私は大事だな、と思います。
歴史ある建物のクラシックで重厚なのも素敵なんですけどねぇ。
R0010030 - コピー
お昼のメニューは2品で24ユーロ。3品34ユーロ。
デザートは食べれそうだったらいただくことにして、
まずは白の辛口のグラスワインをお願いいたしました。
お値段を忘れてしまったのですが6ユーロか7ユーロだったと思います。
このワインがすご~く美味だったのです。
サヴォワ地方のものだそう。
フォトする前に一口飲んでしまったのでちょっとあとがついていまして、
見苦しくて申し訳ございません。
R0010032 - コピー
そして前菜がやってきました。
エスカルゴのクリーム仕立てです。
大好きなニンニクパセリバターのエスカルゴとは違って、
とても優しい風味で薄塩薄味。
上にのってるカリカリの薄いサブレと一緒にいただくと、
ちょうど良い風味で食感です。
R0010042 - コピー
メインは赤ヒメジとカリフラワー、麦のリゾット添え。
これも超~優しいお味。
お魚だけいただくとちょっとアクセントが足らないかな、と思うのだけど、
リゾットと合わせると美味しいです。
でももうちょっと何かパンチが欲しいかも?
R0010045 - コピー
2品が軽かったので、デザートもお願いしてみました。
一番甘そうじゃないような気がして、苺のスフレです。
これが思った以上に甘さが控えめ過ぎて
考えようによっては前菜にもなりそうな感じ。
もう少し甘味をつけてもいいのではないかと思いました。
こうしていただいてる間に次々とお客様がやってまいりました。
それもこの近辺の高級住宅街の住人さんらしく、かなりセレブな雰囲気。
お値段が高くないのにこの雰囲気が楽しめるのは、
このレストランの魅力だな、と感じました。
お料理は素材を最大限に大事にしていてとにかく優しい味わい。
コースをいただいても後でお腹がもたれる、
ということはないと思います。
雰囲気も含め、一度行ってみるのは悪くないと思います。
でもデザートはスフレじゃない方がいいかも。

住所・・・20 rue de Monttessuy 7区
TEL・・・01 47 05 14 20
メトロ・・・「ビラケム(Bir Hakeim)」6号線、「Alma-Marceau(アルマ=マルソー)」9号線
HP→20 Eiffel

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0012896 - コピー
我が家が、というか日本人のわたくしが
はまっているイワシから始まった干物作り。
パリ暮らし我が家が手作りする日本の伝統食品
で、今度はアジとサバでやってみました。
R0012898 - コピー
イワシは3時間くらいの天日乾しで十分ですが、
アジとサバは、ネットでいろいろ調べてみた結果、
今回は、1ℓの水に対して10%の自然塩を混ぜて
45分漬け込みます。
その後に専用ネットに入れて
5~6時間の天日干しにしてみることに。
R0012914 - コピー
直射日光はよくないと書いていらっしゃる方もいますが、
いくつかの情報で夏以外の日差しなら問題ないとのこと。
やはり日光はうまみを引き出すような気がしますしね。
3時間経ったところで裏返しにして
両面にほどよく陽に当てます。
R0012920 - コピー
これが5時間半くらい天日干ししたもの。
手前の少し白っぽいのがアジ、
奥の少し黒っぽいのがサバです。
アジもサバも自分でさばくのは初めてだったので、
かなりへたくそです。お恥ずかしい。
でもとにかく見た目は完全に干物♪
R0012928 - コピー
さてさて実食!
美味しいです~。
長年食べたかったあの干物です。
こんな簡単に出来るなんてびっくり。
どちらも美味しいけど、
どちらか選ばなきゃだめ、と言われたら、
アジですねぇ。毎日でも食べたいかも。
でも今回の水の量に対し塩10%と
漬け時間45分は少し長かったのです。
もう少し塩抑えめがいいと思いました。
なので次回は塩の量と漬け時間を
変えてみようと思います。
いい塩梅に出来たらご紹介させていただきますね。
海外在住で干物が召し上がりたい方は、
自家製おすすめです!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0095 - コピー
暖房がつけたくなる朝も出てきたパリでございます。
それでも青空が広がる日が多いので清々しい9月です。
ということで、すっかりいつもの活気を取り戻した我が街マルシェ。
ポルトガルバーも賑やか~♪
IMG_0093 - コピー
この日は途中でお隣家パトリスさんが通りかかったので合流。
男2人の仕事のことやら、最近私たちが知った
美味しい牛肉が買える場所なんかを話ながらシュワシュワが進みます。
その牛肉の件は近いうち写真も撮ってきてご説明させていただきますね。
そこを知っていれば、もうパリの有名お肉屋さんで奮発して買う必要なし。
IMG_0097 - コピー
3人で楽しくお話していると、
すぐそばのパン屋&パティスリーの方が、
フランスの結婚式などのお祝い事にかかせない、
「ピエス・モンテ(pièce montée)」を運んでいました。
ピエス・モンテとは小さなシューや
マカロンなどを高く積み上げた三角のケーキ。
聞いてみると、洗礼式のための注文だそう。可愛いですねぇ。
IMG_0107 - コピー
すると今度は、ポルトガルバーの脇で開店しているピッツア屋さんが、
お試しのピッツアをお味見用にふるまってくれました。
生地もちゃんと手作りで厚くなく薄過ぎずなかなか美味しい。
今度はシュワシュワをいただきながら1枚注文かしら。
IMG_0100 - コピー
お!人懐っこいポルトガルのムッシュー登場!
お茶目なうえ、しょっちゅうおごってくれる気前のいい方。
でもおごってもらうことばかり考えてる人も見ていると正直たまにいるので、
そこはマナーは必要ですね。
お金のマナーは人間性と品性が出ると思います。
IMG_0102 - コピー
パトリスさんとお別れした後は(家に帰ればお隣だけど)
お買い物タイム。
IMG_0110 - コピー
この日一番の目的はアジです。
お!ありましたありました!
IMG_0109 - コピー
フランス語では「シャンシャール(chinchard)」。
日本に紹介したいので写真撮ってもいいですか?
とお店の方に聞いたら、とっても喜んでくださいました。
もちろんシャンシャール買いました!
IMG_0111 - コピー
八百屋さんではジロール茸(Girolle)も出てまいりました。
これもお買い上げ。
IMG_0112 - コピー
大好きマッシュルーム、
フランスではシャンピニオン・ドュ・パリ(Champignon de Paris)も
買いました。いろいろレシピを考えているけど、
なかなか時間がありませぬ。
IMG_0113 - コピー
これは夏の終わりから初秋にかけての時期のみ食べれる、
フランスの果物、ミラベル(Mirabelle)。プラムの一種です。
パティスリーやレストランなんかでも、
今の時期だけ美味しそうなミラベルのケーキが出てきます。
IMG_0115 - コピー
これは南仏が発祥の野菜「ブレット(Blette)」。
ほうれん草のような感じでよくキッシュなどに入っております。
IMG_0117 - コピー
山積みになっているのはフヌイユ(Fenouil)。フェンネルです。
我が家ではバーベキューかオーブンでローストが多いですが、
オレンジと相性が良いのもよく知られていて、
生のまま切って一緒にサラダにすると◎
久しぶりに食べたくなりました。
近々作ろうかな。
………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0129 - コピー
フランスに来て、ビストロの
アペリティフのおつまみで出てきて知った
ラディッシュ&バターの組み合わせ。
初めて食べた時は正直、
これは合っているの?と思いました。
それが今ではすっかり慣れて、
簡単で大好きなおつまみの1つになりました。
で、数日前、旦那と話していて、
旦那の子供の頃の
食事についての話題になったのです。
旦那は祖父母っ子でしょっちゅう
預けられていたそうなのですが。
その時、ラディッシュ&バターが
よく食卓に出てきたそう。
理由は安くて家計に助かる超お手軽野菜だったから。
でもその頃のラディッシュって
今よりず~っと辛くて子供にはきつかったそう。
で、その苦みを少しでも和らげるために
バターをつけたんだそう。
子供の旦那がラディッシュを一口食べて、
うぇ~、って顔をすると、
おばあちゃんが、バターたっぷりつけなさい、
っていつも言ったそうですよ。
それを聞いて、だからラディッシュ&バターなのか、と、
長年思っていたこの
不思議組み合わせの謎が解けたのです。
今はおしゃれにいただく
フレンチスタイルのような感覚ですが、
元々は決しておしゃれでも何でもなかったんですねぇ。
ということで、でも今のラディッシュは程よい辛み。
ご紹介させていただいているこのレシピ。
Cpicon フランス風ラディッシュの塩麹バター添え by ルロワ・モワ
これはバターに塩麹を混ぜたオリジナル版ですが、
塩麹バターがラディッシュによく合って美味しいです。
不思議な組み合わせ~、と思ったそこのあなたさま、
どうぞ一度フレンチ気分でお試しになってみてください。
塩麹がなければ、バターにいいお塩を少し添えて。
我が家も今、塩麹がないのでそうしております。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0122 - コピー
フランスに来る時に、お刺身とお寿司と日本のお笑いについてはある程度、
気軽に食べれなくなる、楽しめなくなる、と覚悟して来ました。
でも、たこわさは地味だったのでまったく考えませんでした。
で、フランスに来て、思った以上にお寿司が浸透していること。
そして生ものを使わなくてもお寿司が作れること。
マルシェで買った魚で、作ろうと思えば生のお魚のお寿司も作れること。
それらをフランス生活10年間で学びました。
そんな時に、ご近所さんの、
日本によく行く日本好きの青年が大好物と言った「たこわさ」。
「たこわさ」ですよ。渋い。
それで「たこわさ」に改めて自分の中でスポットが当たったのです。
いんや、「たこわさ」いんやいんやいんや、たまらん。
IMG_0121 - コピー
で、マルシェでタコが特売だった今日、買ってきて、
茹でて「たこわさ」作りましたよ~。
いや~、美味しい。いくれでも食べれる!
旦那と競争のようにいただきました。
茹でた、たことわさび、そして醤油、何でこんなに合うの?
アメリカでは、一度食べるとやみつきになると言われてそうな。
食べ物の文化は違っても、
美味しい、という感覚はそれほど変わらないんですね。
これはいつか我が家のフレンチパーティーでも一度お出ししたいです。
今日はマルシェのお魚屋さんで、
たことアジにばかり目がいったわたくしです。
アジの理由はまた近々。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ