パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

décembre 2019

IMG_3050 - コピー
我が家のクリスマスごはんのご紹介です。
まずはイブの日で、アペリティフのおつまみにポムドーフィンです。
ポムドーフィンとは茹でてつぶしたじゃがいもに
卵や牛乳、薄力粉を混ぜて揚げたもの。
甘くないドーナツのような感じですが、
おつまみにイケるんです。
IMG_3053 - コピー (2)
2品めはパリのビストロでいただいた
海老入りのヴェリーヌが美味しかったので再現。
思いだしながら作ってみましたが美味しくできました。
海老の下は二層のピュレになっているんです。
ちなみにヴェリーヌとはガラスの器に入れた前菜やデザート。
器をガラスのものにするだけでおしゃれ感が出るので、
この簡単方法おすすめです。
IMG_3059 - コピー - コピー
お魚は帆立のソテー、菊芋添え。
それに瓶詰のつぶつぶトリュフをかけました。
綺麗に盛り付けたいと思ってそちらばかりに気がいき、
お味的にバランスがいまいちでした。
菊芋が多過ぎたかな、と。
IMG_3061 - コピー
メインはカネット(メスの鴨)のローストです。
マルシェのお肉屋さんでおすすめしてくれたものを買いました。
はじめてのカネットでいいものだったので失敗したくないと思い、
かなり温度と焼き時間に気をつけたのですが、
いただいたら、うまみがつまってて柔らかくてすご~く美味でびっくり!
旦那もデリシューだと大絶賛。
デリシューはなかなか出てこない言葉なんです。
これはレストランで出てきても嬉しいかもしれません。
でも私の腕ではなくお肉そのものが素晴らしかったのです。
さすがお肉屋さんおすすめのお肉。
また買ってこよう!!
IMG_3074
で、クリスマス当日のメニューです。
ヴェリーヌが1つ残っていたので旦那に食べてもらって、
お次は帆立とオレンジのタルタルに2種のソース添え。
ハーブのソースが少しゆるかったのですが、
とても美味しく出来ました。
これは我が家の定番の1品に決定です。
ちなみにソースは前日に作っておいたので
この日は材料を切って、サラダを洗っただけです。
IMG_3078
お魚はミ・キュイ(半生)のサーモンの白ワインソース添え。
料理番組で三ッ星シェフさん(名前忘れてしまいました…)が
紹介なさっていたものを作ってみました。
これも美味しかったです。
ただし、シェフさんの盛り付けはもっと洗練されておりました。
イクラがもっと少なくて美しかったです。
イクラもっと食べたいと思ってつい欲張ってしまいました。
お肉はカネットをまたいただき、
デザートはアイスケーキを買っておきましたが、
食べれませんでした。
わたくしとしては鴨ちゃんが成功したのでほっとしました。
次は年末とお正月のごはん考えなくちゃです。
やっぱ和食だわ♡

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2914 - コピー
フランスで店舗がどんどこ増えている、
ドイツ系スーパーリドルのおすすめ品をご紹介しております。
お土産にも!スーパーリドルのおすすめ品~お菓子編
お土産にも!スーパーリドルのおすすめ~珍しい食品編
で、今回はトリュフ編でございます。
ということで3品並んでおりますが、
左はトリュフオイル3、59ユーロ、真ん中がトリュフ塩4、29ユーロ、
そして右が少し前にもご紹介しましたが、
トリュフ入りブリーチーズ4、49ユーロとなっております。
IMG_2917 - コピー
フランスのトリュフの老舗メーカーと言えばメゾン・ドュ・ラ・トリュフですが、
ここ数年で各メーカーやスーパーで、
オリジナルのトリュフ商品がかなり出てきております。
このオイルはリドルでは今のクリスマス時期にだけ出るスペシャル商品で、
20ユーロのメゾン・ドュ・ラ・トリュフのオイルより
3、59ユーロと、ずっとお手頃価格なのが魅力。
でもちゃんとトリュフが香って十分美味しいです。
我が家は今の時期に数本買っておいて、なくなったら、
メゾン・ドュ・ラ・トリュフのを買ってきます。
メゾン・ド・ラ・トリュフで出ているトリュフ入りマスタードも美味なのです。
絶対喜ばれるパリ土産はトリュフ入りマスタード!
でも残念ながらマスタードはリドルにはないんですよねぇ。
来年あたり出てきそうかな?
トリュフオイルの使い方ですが、じゃがいものピュレに混ぜたり、
ホタテのカルパッチョにかけたり、きのこのリゾットにかけたり、
レタスと一緒にさっと混ぜてもOK。
結構使い勝手いいので私は気軽にささっと使います。
IMG_2919 - コピー
トリュフ塩もメゾン・ドュ・ラ・トリュフ(20、50ユーロ)が有名ですが、
リドルでも今年初登場(だと思います)。
我が家の使い方の定番はトリュフ塩おにぎりです。
これがたまらない美味しさなんです。
いいお肉のステーキに添えてもグッド。
フランスのレストランでもいいお肉にいいお塩添えは定番です。
最近見つけて美味しかったいただき方は、
茹でるか蒸した菊芋に食べる時、トリュフ塩をかけること。
菊芋とトリュフの香りが合うんです。
IMG_2922 - コピー
トリュフ入りブリーチーズは間違いない美味しさ。
間にサマートリュフがたっぷりはさんであります。
メゾン・ドュ・ラ・トリュフでは20ユーロ近くしますが、
リドルだと4、49ユーロ。
約5倍の違い。でもこだわりない方には十分美味しいかと思います。
さてリドル。繰り返しになってしまいますが、説明を念のため。
ここ数年で、市内にもどんどん店舗が増えております。
パリ市内の店舗はこちらを確認してください。
Supermarché LIDL à Paris
今、スト中のパリで通常通り動いているのが無人運転のメトロ①と⑭号線。
まだパリの中心地には店舗がないリドルですが、
それでもその2つの線で、どこの店舗が一番近いかな、と見てみたら、
12区のリドルが徒歩圏内かなと思います。
駅は①号線の「ルイイ=ディドロ(Reully-Didrot)」または、
①と⑭号線が通っている「ガール・ド・リヨン(Gare De Lyon)」。
地図はコチラ→LIDL
パリは小さいので動いてる電車やバスを利用すれば、
他のリドルも行くのは可能だと思います。
興味のある方は、滞在なさるホテルなどから
行きやすい店舗を探してみてくださいね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3043
フランスは多くの人がクリスマス休暇に入りました。
ストは相変わらず続いていてパリ市内は
特にターミナル駅周辺が混乱気味のよう。
ご旅行予定の方はご注意ください。
ということで我が家も旦那が年明けまでお休み。
お仕事最終日にはパトロンからシャンパンがひと箱ずつ配られました。
このシャンパンはパトロンの奥さまのご兄弟が、
シャンパーニュでワイナリーを持っていて、そこのもの。
美味しいんです♪
箱を見た時は4本かなと思ったら、6本入っていてわお!
でも身体のためにゆっくりペースでいただきます。
IMG_3041
ここ数年はクリスマスでもあまりすごいことはしないで、
お食事だけちょっと豪華な食材を使っての特別メニューにしております。
でも、テーブルクロスにアイロンかけなくちゃだし、
今午前10時半過ぎですが、
このブログを書いた後は早速アイロン&料理にとりかかろうと思っております。
うっかり忘れないように記事は予約投稿にしようかしら。
IMG_3044
昔日本にいた頃、一度超きついクリスマスを過ごしたことがあります。
離婚時期とぴったり重なったのです。
あの時は、これからクリスマスのたびに、
このことを思い出すんだろうな、と思ったけど、
時間が解決してくれますね。
さて。毎年この時期はフランスのクリスマスの素敵なCFを
ご紹介しているのですが、今年のを見つけました。
おしゃまなかわいい女の子が、
自分だけの特別なサンタさんと電話で何度もお話します。
そしてクリスマス当日に…。
ちなみに、通信会社のCFです。
フランスのCF制作会社もなかなかやりますよ。
よろしければフランスのクリスマスの雰囲気を楽しむ感じで
ご覧になってみてくださいね♪
でもあれ、日本はその後すぐ、ほんとすぐお正月モードで
つっこみたくなるくらいびっくり変化なんですよねぇ。
フランスは1月末くらいまでクリスマスモードが続きます。
どっちも微妙だな…。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスですね~。普段と違うご馳走がいただける特別な日です。
フランスのクリスマスのご馳走はと言うと、
シャポン(雄の去勢鶏)、パンタード(ホロホロ鶏)、
スモークサーモン、フォアグラ、帆立などなど。
山のものも海のものもたっぷりいただきます。しか~し。
その食材の中で、特にフォアグラと帆立は偽装が多いとニュースで見ました。
フォアグラはやはりフランス製というのが大事ポイントですが、
中にはたくさんのブルガリア製が混じっていて、
でも瓶には、フランスの〇〇社製と明記されていて、
偽装が行われているそう。
以前、フランスのステーキハッシェ(フランスのハンバーグ)のお肉が、
ポーランドで作られていて、怪しい危険なお肉がたっぷり混ぜられていて
問題になってる、と記事にしたことがありますが、
フォアグラでも同じことが行われているんです。
ま、お金お金の人間社会、想像つきますけどね。
もっともらしくメゾン〇〇とかついていても、
偽物を買わされる場合があるようです。
そして私も大好きな帆立も冷凍ものは、
冷凍する前に水をたっぷり含ませて冷凍してグラム数を増量させているとのこと。
フランスは帆立が結構お高いのですが、こんなことやってるんですねぇ。
なるほど~、と思っちゃいました。日本でもありそうかな?!
中国で作って、仕上げだけ日本に持ってきて、はい日本製!
っていって売るというのを聞くけど、
どの世界も国もこんなことがうずまいているようです。
モンサンミッシェルのお土産屋さんのキーホルダーも、
ほとんどが中国製ですし。
フランスハネムーンで絶対外さないモンサンミッシェルツアー⑸お土産編
ちゃんとしてるとこはほんのちょ~っとだけかもしれませんね。
我が家はフォアグラは、鴨に強制給餌(ガヴァージュ)までさせて、
グルメを気取っていただくほどには、美味しい、ありがたい、
とは思えないので購入はしないのですが。
せっかくクリスマスなので、という気持ちが利用されているのですね。
なるべく騙されたくないけど、きっとこの世の中、
気づいていないことだらけなんだろうなぁ、なんて思います。
でもでもせっかくのクリスマス。
買い物で気をつけつつも楽しく過ごしたいですね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加


フランスに来て知ったフランスの名曲の中で、
今でもしょっちゅうかかっていて、
いろんなシンガーにカバーされているのが、
シンガーソングライター「ルノー(Renaud)」の1985年の曲、
「ミストラル・ガニョン(Mistral gagnant)」。
ミストラル・ガニョンとは昔のフランスの駄菓子で、
今はもう手に入らなくなってしまったもの。
ルノーのこの曲は、娘さんに作ったもので、
今はもうないミストラル・ガニョンに思いをはせながら、
過ぎ去った日々や思いについて語る歌。
フランス人なら誰でも知ってる曲と言っていいと思います。
そのミストラル・ガニョンがコチラ。
IMG_3039 - コピー

旦那も子供の頃、よく買っていたそうですが、
この袋の中にパウダー状のボンボンが入っていて、
袋を開けると当たり外れのマークがついていて、
当たりだともう1つもらえるのだそう。
食べ方は、袋にストローをさして吸う、
するとパウダーが口の中ではじけるんだそう。
あとはコップに中身を入れてお水を注ぐと
シュワシュワの飲み物にもなるのですって。
で、当たりがあって口の中ではじけて、って
こんなの日本にもあったなぁ、フランスも一緒だな、と思って。
ミストラル・ガニョンってなあに?
と旦那に聞いて知った時、なんかほっこりしたんですよねぇ。
ちなみにミストラルとはフランスのローヌ渓谷に吹く烈風のことで、
ガニョンとは当たりの意味。
当たりのミストラル、という名前なんですね。
けれど今はもう売っていないミストラル・ガニョン。
でもこの間パーティーに招待してくれたローラン家のローランが
スト中のフランスのサプライズのホームパーティーへ!
ルノーのコンサートに行った時、入場の際、チケットを見せるのと交換に、
ミストラル・ガニョンが配られたそう。
それを聞いて、え?まだ手に入るの?買えるの?と思ったんです。
その時そこにいたフランス人たちも、どこかでまだ買えるの?と、
興味を示していて。皆にとって懐かしいお菓子なんですね。
で、旦那が、パリでどこか一か所で買えると聞いたことがあると言うので、
ネットで探してみたけど見つかりませんでした。
配られたのはコンサートのために特別に作られたものかもしれません。
なんだか本物が見てみたくなるようなこの名曲。
ミストラル・ガニョンを知らないのに懐かしい気持ちになります。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ