パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

décembre 2019

IMG_2906 - コピー
前回はスーパーリドルのお菓子編でした。
お土産にも!スーパーリドルのおすすめ品~お菓子編
今回もスーパーリドルで見つけた、日本で珍しい食品編です。
まずはアルザスのパスタ2種で左が「ニ」右のが「スペッツェル」で、
両方とも0、95ユーロ(95サンチーム)の安さ。
パスタと言うとイタリアが思い浮かびますが、
アルザス地方(&ドイツ)特産のこのパスタも美味しいんです。
でもこの美味しさに目覚めたのはこの秋のパーティーの時。
秋の夜のパーティーはジャルダン・ディヴェールで
アルザス方面出身のリディアが出してくれた
アルザスのパスタ・生スパッゾルがイタリアのパスタとは違う食感で
卵たっぷりで超美味だったのです♪
で、生も買いたいけど、まずはリドルで見つけた
この乾燥アルザスパスタをお試し。
そしたら0、95ユーロなのにぜんぜん悪くない。
しかも、右上に青と黄色のマークがついておりますが、
これはPGI(地理的表示保護)といって
国に保証された信用出来る本物の証。
茹で時間はイタリアの乾燥パスタより若干多めで、
味見しながら茹でて、あとは好きな具材とささっと炒めます。
リディアのは付け合わせになってて、
茹でてからバターでさっと炒めてあって香ばしくて、それもグッド。
この軽さ、珍しさ、そしてびっくり安さでお土産にもおすすめです。
IMG_2926 - コピー
お次はアカシアのはちみつで5、99ユーロ。
はちみつだけなら珍しくないですが。
IMG_2928 - コピー
これは中に蜂の巣がそのまま入っているのです。
そしてこの巣も食べれちゃうんです。
巣ごとのはちみつは新鮮で栄養もたっぷり。
日本でも輸入品が手に入るようですがかなりお高い。
ただしお土産にはちょ~っと重いんですよねぇ。
1、2個なら持って帰れるかな?!
IMG_3002 - コピー
そしてビールで1、99ユーロ。
でももちろん普通のビールじゃありません。
何とヌガー風味のビールなんです。
IMG_3003 - コピー
前回ご紹介したお土産におすすめのお菓子の中に
プロヴァンス・モンテリマールのヌガーがありましたが、珍しいビール版。
お菓子のヌガーとは違って甘くはないですが風味は完全にヌガー。
2つセットでお土産にしてもちょっとかわいくてオサレです♪
さてさてリドルですが、前回もご説明させていただきましたが、
フランス全土で展開していて、
ここ数年で、パリ市内にもどんどん店舗が増えております。
パリ市内の店舗はこちらを確認してください。
Supermarché LIDL à Paris
今、スト中のパリで通常通り動いているのが無人運転のメトロ①と⑭号線。
まだパリの中心地には店舗がないリドルですが、
それでもその2つの線で、どこの店舗が一番近いかな、と見てみたら、
12区のリドルが徒歩圏内かなと思います。
駅は①号線の「ルイイ=ディドロ(Reully-Didrot)」または、
①と⑭号線が通っている「ガール・ド・リヨン(Gare De Lyon)」。
地図はコチラ→LIDL
パリは小さいので動いてる電車やバスを利用すれば、
他のリドルも行くのは可能だと思います。
興味のある方は、滞在なさるホテルなどから
行きやすい店舗を探してみてくださいね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2908 - コピー
フランスは大規模ストになっちまっておりますが、もうすぐ年末。
日本からパリにやって来る方がそれでもたくさんいらっしゃると思うので、
最近我が家で買ったお土産にもよいおすすめお菓子をご紹介。
買ったのは全部ドイツ系スーパー「リドル(LIDL)」です。
リドルは超お手頃お値段のわりに商品の質がよく、
ドイツ系でもちゃんとフランスらしい工夫ある
オリジナルのものが季節ごとに揃うので、
フランスにはスーパーはリドル派、結構多しです。
ちなみにカルフールは質のわりに高いです。
パリ市内のリドルの場所については最後にご紹介させていただきますね。
ということでまずは3品。
左のアルザス地方のプレッツェル0、65ユーロ(65サンチーム)、
右上のブルターニュのダークチョコのクレープ菓子1、29ユーロ、
右下のプロヴァンス・モンテリマールの特産のヌガー2、49ユーロです。
プレッツェルは以前にも一度ご紹介しましたが、
岩塩が程よく香ばしくて量もたっぷりなのに65サンチームにびっくり。
クレープ菓子はダークチョコのビター感がグッド。さくさくっとつい食べちゃう。
ヌガーは見た感じがいかにもフランスのお菓子感がよいよい。
そして何よりアーモンドのカリカリ食感がやみつきになって美味しいんです。
この中でお土産としてはこのヌガーがフランスらしくて、
かさばらないので一番おすすめかな。
IMG_2924 - コピー
続いては、セップ茸のポテトチップス1、79ユーロ。
これはクリスマス&年末の期間に特別に出ている風味で、
ちょっとトリュフの風味と重なっていけます。
我が家はあっちゅ間に食べちゃったのでまた購入予定。
ってかポテチっていつでもあっちゅう間に食べちゃうけど…。
IMG_2934 - コピー
そして、イタリアのクリスマス菓子のパネトーネで、
ピスタチオクリームとダークチョコ風味で6、19ユーロ。
少し前にカルフールで買ったこのパネトーネが美味しくて。
お土産にも!大満足のカルフールのパネトーネ
その後すぐまた買いに行ったのですが、すでに売り切れていたんです。
で、ちょっとショックな気分でリドルに行ったら、
この「FAVORNA」のパネトーネ発見。
これより安いドライフルーツ入りの定番もあったのですが、
カルフールで買って美味しかったのが、
高い方だったので、リドルでも高い方を買ってみたんです。
IMG_2939 - コピー
取り出してみると、
ダークチョコがこのように上にたっぷりかかっております。
IMG_2943 - コピー
そしてパネトーネ生地の中に、
とろ~りとしたピスタチオクリームがたっぷり入っているのですが、
このとろりクリームとダークチョコのコンビネーションが美味しい♪
で、ショックからす~ぐ立ち直ったというわけなのです。
今回のパネトーネ事件?で思ったのですが、
パネトーネは何種類かあったら、とりあえず高い方を買った方がいいかも、と。
これもとても気に入ったのでこれまたリドルで買ってこようと思っております。
賞味期限が4月末までなので大人買いしちゃおうかなぁ。
6、19ユーロですけどね。ぷぷ。
ってかまたカルフールみたいに売り切れも考えられますけどねぇ。
さてさてリドルですが、フランス全土で展開していて、
ここ数年で、パリ市内にもどんどん店舗が増えております。
パリ市内の店舗はこちらを確認してください。
Supermarché LIDL à Paris
今、スト中のパリで通常通り動いているのが無人運転のメトロ①と⑭号線。
まだパリの中心地には店舗がないリドルですが、
それでもその2つの線で、どこの店舗が一番近いかな、と見てみたら、
12区のリドルが徒歩圏内かなと思います。
駅は①号線の「ルイイ=ディドロ(Reully-Didrot)」または、
①と⑭号線が通っている「ガール・ド・リヨン(Gare De Lyon)」。
地図はコチラ→LIDL
パリは小さいので動いてる電車やバスを利用すれば、
他のリドルも行くのは可能だと思います。
興味のある方は、滞在なさるホテルなどから
行きやすい店舗を探してみてくださいね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月5日から年金改正法案反対の大規模ストが続いているフランス。
17日火曜日の反対デモは、パリで約72,500人の参加者となりました。
クリスマスはどうなるのか?との声もだいぶ前から上がっていたのですが、
ここ数日でその不安がますます募っております。
フランスのクリスマスは日本のお正月のように家族で過ごすのが習慣。
もし日本の年末年始に日本全土でストになったら大大大混乱になるでしょうが、
それがフランスで現実的に起ころうとしております。
地元へ電車で帰る人々は今週末12月20日金曜日あたりからの
チケットをすでに購入しているようですが、
大規模ストライキ中のSNCF(フランス国鉄)は
毎日運行状況が変わっているので、
SNCFはチケットの変更を受け付けていますが、
変更しても当日その電車も動くかどうかわからないという…。
で、動かない場合どうするか?
を考えなくてはならない事態となっております。
これまではストでもクリスマス時期は参加側は抑える、が通常でしたが、
今回は、たとえ一年に一度のクリスマスでも、違います。
夢見るハッピーライフ定年人生がかかっている、
指折り数える定年退職年齢と年金問題なので譲れないでしょう。
62歳から64歳への定年退職引き上げ案も大反発をくらっておりまして、
とにかくフランス全土のスト参加の労働組合員たちが、
今年のクリスマスはストを続けるぞ!状態。
クリスマスに出勤予定だった電車やメトロ職員さんたちが、
今の状況のままで出勤をしてくれるとはちょっと考えられない。
今日のニュースでは、パリに住む学生さんが、
地方に住む親御さんのところに帰れないかも、
とがっくり肩を落としておりました。いや~、かわいそ過ぎる。
別の人は、これがフランスよ、と潔くさっぱり諦めておりましたが。
そして。書き入れ時の世界一観光客が多いパリですが、
各店舗の客足も当たり前ですが大幅に減少していて、
ターミナル駅の周辺のカフェやレストランは閑古鳥だそう。
今回のストの影響でフランス全土の店舗での収益は
約50%減っている状況とのことです。
しかもそれだけじゃ終わらない。
フランス電力も一部ストに入って、電気が止まったお店が、
あり得ないよ~、と嘆いております。
フランス政府が譲歩を考えないともっともっと大変な状況になりそうですが、
もうクリスマスは迫っております。
今週末から来週あたまにかけて、
フランスはいったいどうなるのでしょうか。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0007780 - コピー - コピー
担当サイト→ハネムーンSのフランス特派員最新記事のお知らせです。
R0007771 - コピー - コピー
今回はわたくしのお気に入りのパリの端っこ14区にある、
テルモピル通りをご紹介。
ハネムーンフォトにいかが?
花と緑が美しいパリの裏通り14区テルモピル通りへ

R0007815 - コピー (2)
かれこれ5年半近く前、
近くのビストロでランチをした後、ぶらぶら歩きで見つけたこの通り。 
以来、大好きになって季節ごとにフォトするのが
自分の中の恒例となっております。
ブログでも何度もご紹介させていただいていて、
5年半前には日本のサイトやブログで紹介しているものは、
他にはありませんでしたが、今はいくつかあるようですね。
R0007764 - コピー
なんせ14区の観光客がいっさい来ないかなりマニアックな界隈の、
そのまた奥ですから、たまたまとかで見つけるのはかなり難しい場所です。
R0007772 - コピー - コピー3
そんなお気に入り通りを、
今回は通りの歴史などと併せてご紹介させていただいております。
ただ1つ、ご紹介にあたり、心配がありまして。
静かな住宅街なので、もし訪れる機会がある時は、
住民さんに迷惑がかからないよう、そっとお邪魔していただきたいのです。
といいますのも、やはり大好きだったこのクレミュー通り、
インスタ映えの美しいパリの裏通りが通行禁止に?
が有名になり過ぎてマナーを欠いた人が続出し、
住民さんに迷惑がかかっているからです。
テルモピル通りは1958年まで実は住民しか入れないプライベート通りでした。
入れるようになったのは翌年の1959年から。
せっかく住んでいなくても入らせてもらえるようになったので、
住民さんも快く承知した上でそれがずっと続けばいいな、と願っています。
日本の方はそんなことしないとは思うのですが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2951 - コピー
週末はお友達ローランさん家でサプライズパーティーが開かれました。
フランス全土でスト中ですが参加者は皆周辺ご近所なので問題ないはず、
と思ったのですが…。
IMG_2953 - コピー
今回のパーティーはローランの40歳のバースデーパーティーで、
土曜日はお仕事のローランに秘密で奥さまのクリステルが準備。
IMG_2954 - コピー
でもローランの職場はパリ市内で、スト中の今はスクーターで行っているとのこと。
お仕事は夕方17時までだけど、果たして家に着くのは何時なのでしょうか?
IMG_2957 - コピー
こうした状況の中、
時間にきちんと行きたい旦那は妻をいつものようにせかせ
約束の19時に到着一番乗り。
ほんとは少し遅れていくのがフランスのマナーなので、
いつも、そんな急がなくても大丈夫だよ、
みんないつも遅れてくるじゃない、と妻は言うのですが、
時間に遅れたくない旦那、いくら言ってもだめなのです。
このきっちりしたところ、妻より日本人ぽい。
IMG_2963 - コピー
ということで素敵なお宅をゆっくり拝見。
暖炉がとっても暖かい。
我が家も暖炉があるのですがずっと使ってないんですよね。
でもやっぱりこの暖かさで雰囲気的にも素敵。
IMG_2969 - コピー
薪もありますよ。はぁ~、スイスって感じ~。
あ、ちゃうちゃうここはフランス!
IMG_2961 - コピー
窓から見えるのは今年6月に結婚パーティーが開かれたお庭。
絵本のよう!素敵なフランスの結婚式に招かれました
あれからもう半年も経ちました。
アットホームで素敵な結婚式だったのですよねぇ。早いですねぇ。
IMG_2979 - コピー
そうこうしているうちに次々と招待客さんが到着。
そして外でブルンブル~ンとバイクの音が!
20時過ぎ、ローランがパリからやっと帰って来た!
そして入ってきた!
でもあまりびっくりしてない~。
薄々感づいていたようです~。
IMG_2983 - コピー
で、20時半、アペロ(アペリティフタイム)のはじまりです。
皆、それぞれ好きな飲み物をいただきます。私はシャンパンをチョイス。
好きなこともあるけど、シャンパンてあまり酔わないから安心なんですよね。
このフランスのアペロ、たっぷり2時間くらいはあるんです。
最初知らない頃は、お腹減ったな、いつごはんが食べれるのかな、
と思ったものです。今は慣れたので待てるようになりました。
いつ食べれるかわからいってのは先の見えない不安があるのですよ。ぷぷ。
IMG_2986 - コピー
そして、お食事タイムです。
前菜は大好きなブルゴーニュの郷土料理、ウフ・モレです。
半熟卵に赤ワインとヴィネガーなどを使ったソースをかけた1品。
超美味しい♪ソースも全部パンでぬぐっていただきました。
IMG_2989 - コピー
クリステルお手製のパテはニンニク入り。
めちゃくちゃ滑らかに仕上がっております。
どうやって作ってるのかしら?
IMG_2996 - コピー
そしてメインは鶏のクリーム煮込み、グラタンドフィノワ添え。
鶏は王道の美味しさで、グラタンドフィノワがまたすごく美味♪
少し鶏のブイヨンが入ってるのかな。
これはちょっとマネして作ってみたいです。
IMG_2999 - コピー
メインの後はいろんなチーズ&果物と、サラダがあったのですが、
撮り忘れてしまっての、デザートです。
赤いフルーツのムースともう1種、チョコレートケーキがありました。
でも私はお腹いっぱいでいただかなかったのです。
デザートは別腹、の、別腹というのがないのですよね。
この後はお楽しみプレゼントタイムもあって、
私たちは、私が日本から買ってきた日本酒をプレゼント。
お酒大好きローラン、とても喜んでくれて、
す~ぐ冷蔵庫に入れておりました。
で、その後もず~っとワイワイ賑やか時間。

IMG_2962 - コピー
しか~し、気が付けば何と朝の4時!びっくり!
家でわんこ&うさっちが待ってるから帰らなくては。
ということでまだまだしゃべりたい旦那を何度もツンツンして、
帰ってきたのでした。
スト中ではあるけど今回も楽しかったパーティー。
座って美味しいものが出てくるってやっぱり最高だわ♡

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ