パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

janvier 2020

IMG_3552 - コピー
観光スポットからだいぶ離れたジモティしか来ないようなパリの裏通り。
その裏通りにあるこちらのビストロは、
以前通りかかった時に外から見ていたら、
出てきたお客さんが、ここ美味しいよ~、と教えてくれたお店。
で、この日はじめて入ってみました。
IMG_3553 - コピー
前菜は手長海老とイカ入りの自家製パスタ。
IMG_3560 - コピー
メインは仔牛のローストで、
前菜もメインもボリューミィーでビストロらしい料理だけど、
奥に繊細な味わいが感じられてめちゃくちゃ美味だったのです。
お隣席のお客様2人も、デリシューだわ、を連発。
ここは当たりだな、と思っていたら、
キッチンから何か取りに来た料理人さんがアジア人で、日本人?
お店の方に聞いてみると、シェフが日本人なんですよ、と。
ちょっとびっくりしました。
だって本当に地元の人しか知らないような
パリの端っこにあって、しかも日本人シェフだという情報が
まったく出てこない店だから。
で、パリの日本人料理人というのはほんと~に浸透したな、
馴染んだんだな、と改めて感じたんです。
この数日後、日本人シェフさんのレストランがフランスではじめて
ミシュラン三ッ星になったとニュースがありました。
(小林圭さんのパリのレストランKEI)
パリの日本人の料理人さんの活躍はますます勢いづいております。
日本人の真面目な仕事ぶりもフランス人が評価するところ。
今後ますます日本人料理人さん率が増えていくのでしょう。そして。
日本人料理人さん&仏人カップルも増えていくのではないでしょうか。
というのも、その日本人シェフさんと可愛らしいスタッフさんが
自然で素敵な雰囲気だったので、ふとそんなことが浮かびました。
そんなこともとてもいいことだな、と思います。
マンガや寿司やラーメンに負けないくらい
日本人たちもどんどん世界へ飛び出して、
欧米人に圧倒されないでさらに堂々と活躍して欲しい。
フランス人の可愛い子ちゃんやイケメンだってどんどこゲットして欲しい。
な~んて思っちゃっている今日この頃でございます♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

そこは日本人の女性がいる飲み屋さんで、
駐在員のお客さんが多い店。
で、何人かの女性たちがかなりの割合で、
お客さんの既婚駐在員さんたちと付き合っていたそうです。
そこまではまだよくありそうですが、
その不倫駐在員さんたちが子供も連れて家族同士で、
週末に楽しいバーベキュー大会を開催してる。
という話を聞いた時は、本当に呆れました。
職場も、夜の飲みも、不倫も、バーベキュー大会も、
職場の皆で仲良く一緒って…。
中坊か、と突っ込みたくなります。
海外駐在員は諸経費が多く出るので自由に使えるお金が多いのは、
私も日本で働いていた時の職場で知っております。
伝票担当の女性担当者が、毎回すごい量の駐在員がいて、
いったい何に使ってるんだか、と愚痴っていたこともありました。
それにしても、もし私がその人たちの奥さんだったら
残念な旦那過ぎるし、自分も悲し過ぎます…。
でも自分が選んだ人なので、自分にも責任はありますかね…。
実際にこの話をしてくれたのは
お店の女性の1人で、当時親しくしていた子。
その子もお店のお客さんと付き合っていて、
一時の事とわかっていても好きになっていくから辛い、
と私のアパルトマンに来た時に落ち込んで泣いておりました。
女性は好きになるとどうしようもなくなっちゃう場合がありますからね…。
でもその後日本に帰って、
新しい出会いがあってこんな時が来るとは思ってもみなかった、
と幸せそうなメールが来ました。
新しい恋がちゃんと待っていたのです。
辛い時は環境を変えてみるのも大事なことだな、と思います。
実はこの話を記事にしようかどうか、
ちょっと迷いました。
と言うのも、日本のネットを見ていて、
正論かもしれないけど、他人の問題にキリキリ怒って発言してる人たちが、
正直恐いな、と感じていたからです。
なので、この記事も同じにならないだろうか、と思ったのです。
あと、もし自分がそのキリキリ人たちのパートナーだったら、
安らげなくて家に帰りたくなくなるかもな、
とも思ってしまいました。
そんな思いも含め、
パリの真実の1つということで、やっぱ書いとこう、と決めました。
ただし何年も前の話で、
そのお店が今もあるかどうかわかりません。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3328 - コピー
ご覧ください。はい、売っております!
これはパリ郊外我が街の駅ビル内のリカーショップ。
ズラリと日本のウィスキーが揃っておりますが。
IMG_3329 - コピー
その中に白州の12年ものも山崎の12年ものも置いています。
お値段は白州が132ユーロ、山崎が128ユーロ。
結構なお値段ですが、たとえば日本だと白州12年は、
35,000円くらいにまで高騰しているようなので、
ここフランスではそれよりずっと安く買えるというのが不思議ですが。
IMG_3330 - コピー
日本のウィスキーはフランスでも上質なものとして、
リカーショップでもレジの後ろのガラス棚に並べられ特別扱い。
私もお店の方にお願いしてフォトを撮らせていただきました。
その時にお店の方に、今、日本では、
日本のウィスキーがなかなか手に入りにくくなってるんですよ、
とお伝えしたら、外国が全部買い占めているんだよ、と。
どうやら日本の原酒不足はご存知ないようでした。
日本からフランスに旅行で来たら、
この日本のウィスキーのお土産っていかがでしょうか。
またはフランスから日本に一時帰国のお土産にいかがでしょうか。
やっぱりちょっと変かしら?

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3607 - コピー
ここはメトロ10号線の「モベール・ミュチュアリテ」駅。5区になります。
IMG_3611 - コピー
駅を出るとすぐ真横にパリらしい古く美しいアパルトマン。
IMG_3609 - コピー
そしてその下はこじんまりとした商店街。
でもなかなかの充実度で、M.O.F(国家最優秀職人章)の、
チーズ熟成士ローラン・デュボワさんのお店があったり。
IMG_3610 - コピー
テリーヌ型の豚の煮こごり「フロマージュ・ド・テッド」で
2019年のグランプリをとっている
「シャルキュトリー・サンジェルマン」もあります。
IMG_3608 - コピー
その一角にあるのが今回ご紹介のパン屋さん
「メゾン・ディザベル(Maison d’Isabelle)」。
このお店も2018年にクロワッサンコンクールで1位をとっているんです。
IMG_3612 - コピー
ということでクロワッサンとバゲット・トラディションを買ってみました。
クロワッサンは1ユーロ、バゲット・トラディションも1ユーロ。
かなり良心的なお値段です。
IMG_3613 - コピー
さてさてクロワッサンのお味は?
まわりがサクサクパリパリで中はしっとり。
バターの香りが程よくあっさりとした軽い味わい。美味しいです♪
しかも家に持って帰っていただいた時でも
サクサクパリパリがそのまま。
珍しく旦那も、美味しいと満足してくれました。
IMG_3614 - コピー
バゲットはと言うと、これもなかなか。
ただし小麦の香りがもう少し感じられるとさらにいいな、と思いました。
なのでここはクロワッサンがやはりおすすめ。
でもバゲットもぜんぜん悪くないので、
ここでパンを買って、ローラン・デュボワさんのチーズと、
シャルキュトリー・サンジェルマンのフロマージュ・ド・テッドや
お惣菜を買っても、素敵な食事になりそう。
しかもここでは毎週、火・木・土曜にマルシェが開かれるんです。
時間は火・木が7時から14時半まで。
土曜が7時から15時となっております。
マルシェ開催日に来ていろいろ買い込んでも楽しそうです♪

お店の住所・・・47 boulevard Saint Germain 5区
TEL・・・01 43 54 04 14
営業時間・・・火~日曜の6時から20時半

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

マスクがまったく浸透していないフランス、パリで、
マスクが売り切れ続出中だそうです。
理由はもうご存知の方もいらっしゃると思いますが、
フランスでもコロナウィルスに感染した患者さんが3名出たから。
1人はボルドー、2人はパリで中国帰りの方々。
で、今毎日のニュースの中心はコロナウィルスなんですが、
もちろん私もコロナウィルスは恐いのですが、
パリでマスクの売り切れの方にもびっくりしております。
だって、マスクしてたら、穴が開きそうなほど見られるここフランスで、
マスクが売り切れ続出なんて想像もしておりませんでした。
なのでついにフランスもマスクが変じゃない時代がやってきたのかな、と。
それにしてもコロナウィルス恐いですねぇ~。
で、我が街マルシェへ行く日、
マスク状態はどうかな、と思いながら行ってみました、
IMG_3682 - コピー
んが、まったくマスク浸透してな~い。さすがパリ郊外。
パリは東京でいうと山手線くらいの大きさで、
その周りがパリ郊外的な感じ。
距離感で言うとパリと郊外はかなり近いんです。
なのでコロナウィルスもそんな遠いものじゃないのですが、
感覚的には離れている感があるので、
パリ市内でマスクが売り切れ続出でもそれはパリ市内のこと。
ここは郊外なのでまだ大丈夫、といった雰囲気があるように感じます。
でももしこれから患者さんが増えてしまったら、
さすがにマスクしてる人が出てくるかもしれません。
増えないで欲しいですけどねぇ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ