パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

mars 2020

まず17日正午から始まったフランスの外出禁止(制限)に関する、
取り締まりの新内容をお伝えいたします。
自筆の外出証明書を持っていれば許されている、
生活必需品の買い物、通勤、通院、子供や助けが必要な人の支援、
単独の自宅周辺での運動、犬の散歩。
違反した場合、罰金額は当初は38ユーロでしたが、
昨日までにフランス全土で違反者が多数出たため、
いきなり135ユーロに増額されました。
最高375ユーロになることもありますので十分ご注意ください。
って、日本人は守る方が多いと思いますが。
IMG_4292
週末の日曜日、パリっ子がこぞってセーヌや公園でピクニックをし、
月曜日、マクロン大統領によって外出禁止(制限)が発表されてから、
ほぼ毎日晴天に恵まれているパリです。
昨日、チワワ娘メメリリの予防注射のために動物病院へ行った旦那が、
結構人が歩いていて守ってないっぽい、と。
それを聞いて、やっぱり。さすがどフランス!と思いました。
なので罰金がすぐに大増額になったというわけですね。
今日のニュースでは、配給に並んでいた
ホームレスがインタビューを受けていて、
警察に止められて、何してるの?と聞かれ、
家に帰るとこです、と答えたら、
家はどこ?と聞かれ、道だよ、と答えたら、
感染しないよう対策を守ってね、で終わったそうです。
対策したいけどできねぇよ~、って明るく言っておりました。
苦笑いしちゃったけど、それでも気をつけておくれムッシュー。
で、我が家では日本人のようにきっちりした性格の旦那が、
買い物も含め外出は最低限にする、
と決めましたので家にこもっております。
動物病院も、私は一緒に行きたいと言ったのですが、
旦那にダメ言われ、仕方なくメメリリを任せた次第です。
IMG_4295
本当は自宅周辺でのわんこ散歩は許されていますが、
今のところみんなお庭遊びで大丈夫そうなので様子を見ております。
でも思いました。
建物が密集したパリ市内で毎日1日中、
その建物の中で過ごすのはちょっとキツイかもな、と。
なので田舎へ避難した都会のパリっ子の気持ちもわかるな、と。
パリ郊外の田園住まいで今回は助かりました。
IMG_4294
フランス、スペイン、イタリアで外出禁止(制限)になって、
家にこもってる皆さん、やることも様々なようで、
ゲームをたくさん揃えたり、簡単エクササイズでダイエットを始めたり。
この機会に読みたかった本を読んだり、
ブリコラージュ(日曜大工)をしている人もいます。
我が家の近所でも平日なのに
あちこちでカチンコチンの音がして不思議。
イタリアでもお天気に恵まれているようで、自宅の庭で、
アぺリティーボ(イタリアのアペリティフタイム)をしたり。
それから、鏡がたくさんある洗面所で、
鏡に映ってる人たち(自分)にワインでチンチン♪
と1人で乾杯してるおかしな人のyoutubeも紹介されてて。
それはどうかなぁ、とウケちゃいました~。
でもいい。こんな時だからこそ明るくヘンテコもいいのだ。うん。

ということで厳しい状況は続いておりますが、
年配の方々、病気をお持ちの方々、そして、
医療現場でがんばってくださってる方々を思い、感謝し、
決まりをしっかり守って日々を過ごしたいと思います。
ではではまた明日。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3870 - コピー
外出禁止になってしまったパリ、フランスで、
不安も含めせつない思いもあり、
ここのところコロナ記事が続いてしまいましたが、
今日は気分を変えまして楽しく思い出しながらのパリ散歩です♪
ということで。
古い建物が立ち並ぶパリはそれだけで絵になる街。
でもそんな建物をくぐり抜けるとその奥に、
表からはわからないような、とびきり美しい中庭が
隠れていることがよくあります。
ここもそんな場所。
IMG_3867 - コピー
庶民的な商店街の奥の煌びやかで美しい小さな中庭。
IMG_3866 - コピー
クリスタルのシャンデリアと対の古い鏡が印象的。
屋外でもこんな風に装飾されているのがパリチック。
IMG_3862 - コピー
奥が美容室になっているので、
誰でも入れるようになっております。
IMG_3865 - コピー
でも皆、商店街を通り過ぎていくだけ。
地元の方々には当たり前にある美しい一角なのでしょう。
IMG_3857 - コピー
こちらも同じ商店街にある中庭。
でもこちらは普段は住民の方しか入れない場所。
IMG_3856 - コピー
たまたまドアが開いていたので、
ちょっとだけお邪魔させていただきました。
IMG_3853 - コピー
私がパリで初めて住んだアパルトマンにも、
これよりはもっと小さいのですが中庭があったのですが。
その中庭のある風景の中に自分が住んでいるのが
いつも不思議で素敵で。
パリに住んでるんだな、と実感したものです。
それでもやはりどこか非日常的でしたねぇ。
危険もたくさんあって、出来れば経験したくはないけど経験しながら、
それでもやっぱりパリはいいな、
パリにやって来てよかったな、と思います。
今回はまたパリ散歩したら、この曲に合わせてフォトを撮ってこよう、
と思っていたけど、今行けなくなってしまったので、
ご紹介しちゃおうと決めた大好きな
ニース出身で今もニース在住のフランス人DJ「The Avener」の曲。
だけど、パリが舞台の映像が美しいんです。
主演の2人のダンスも素晴らしく、そして美形♡
ああ、終息したらまたパリをじゃんじゃん楽しむぞ!
&これからもちゃんとパリ情報も発信していきますよ~!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて。昨日の夜、マクロン大統領のTV演説が再びあり、
イタリア、スペインに続き、フランスでも外出禁止が発表されました。
今日正午から最低でも15日間、制限がされます。
食料品を含む生活必需品の購入や医療上の外出、
在宅勤務が出来ない職種などは許されますが、
それ以外で外に出ていたら基本的に罰金が課せられるとのこと。
ということで、外出禁止に至るまでになった
フランス人たちの気質からくる行動とその流れを、
私なりに書いてみたいと思います。
まず数日前から、外出禁止になるのでは、
という話がSNSを中心に出ていました。
理由はもちろんフランスのコロナ感染の急拡大。
そして政府や専門家から出ていた話は、
手洗い、人と人との距離を置く、咳が出ている場合のマスク装着など、
こんなにコロナ感染対策を呼び掛けているのに、
ぜんぜん守ってない人が多過ぎるぞ、ってことです。
お上も、実行してない人が多いこと、ちゃ~んとわかってたんですね。
で、このSNSで出回った外出禁止かも情報からの、
この、晴天だった日曜日のフランス人たちのはじけっぷりです。
娯楽施設閉鎖後初のフランス日曜の驚きの現象
外出禁止になる前に楽しもうぜ!
せっかくの太陽だぜ!ってことですね。
でもこれがまた決定的になったと伝えているところもあります。
で、この日曜日の午後、旦那の会社のパトロンから
日曜日なのに珍しく電話がきて、
近いうちに政府が新たな発表をするらしい、
なので週の頭は仕事がいつ止まっても困らないように準備しよう、
との話だったようです。
そしたら早速翌日の月曜日のお昼に、
今夜、マクロン大統領の新たな発表があります、
と各ニュースで伝えられ、いよいよだな、となったわけです。
でも外出禁止は想像していたけど
仕事での外出も禁止になるのかなどわからなかったので、
旦那の職場でもですが、多くの人たちが、
それに向けて準備したようです。
で、発表は、外出禁止ですが、仕事での外出はOKでした。
旦那の同僚の歯医者さんで働いている奥さまは、
歯医者は休業になったのですが、
すぐ病院の手伝いに行くよう指示があったとのこと。
フランスも病院のベッド不足やお医者さん不足の心配が出てきて、
定年退職した方々も何かしらの形で手伝ってくださってるようです。
心配も過ぎりますが心より感謝いたします。
さて外出禁止第1日めの今日。
とても静かです。なんだか変な気分です。
でも、だから非常事態というものを感じております。
今日のお昼のニュースでは、昨日のマクロン大統領の発表を受けて、
昨夜の夜から今朝にかけてパリを出て、
田舎に避難する人が続出した模様。
今日の昼12時からはもう外出出来ないのでその前に、と焦ってのこと。
両親の家や地元に帰る人もいれば、
バカンスのように急遽田舎に家を借りた人もいるようです。
万が一自分が無症状のウィルス感染の場合、
ご両親のところというのが大丈夫なのかな、と思いましたけど…。
当たり前ですがエッフェル塔もモンマルトルもオペラ地区も、
ほんの少しの住民さんが歩いている以外は人気がないようです。
で、今日から15日間は外に出る際は、
記入した外出許可証明書を持っていないと罰金38ユーロです。これこれ↓
IMG_4290
最悪50%の人が感染するかも、と話す専門家もいます。
今は私もそのうち感染するかも、と覚悟していて、
とにかく栄養と睡眠をたっぷりとって備えようと思っております。
最後に1つお伝えさせてください。
パリ在住のフルーティストmariさんがご自身のブログ
「パリ暮らし」の中で、日本大使館からの伝達も含め、
外出禁止の内容を丁寧にご紹介してくださってます。
フランス在住者にとても参考になるので共有させていただきますね。
外出禁止についての詳細

mariさん、快くお返事くださってありがとうございます!
フランスの方はもちろん、日本の方も他の国々の方も、
そしてイタリア在住の方もみんなで何とか乗り切れたらと思います。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の金曜の夜、フィリップ首相により、
コロナウィルスの急速な拡大による、
翌日土曜日からのレストランやバー、映画館、食材以外の商店などの、
フランス全土の全娯楽施設閉鎖の発表がありました。
で、昨日はその後の初めての日曜日。
前日に、あまり気にし過ぎるのはよくないね、
と旦那と話し、フランス統一市町村選挙の投票の後、
どのような状況になっているのか、知りたいこともあり、
我が街マルシェのバーに行ってみようと決めていました。
ちなみにマルシェは食材の商店の集まりなので開店OK。
でもマルシェ内のバーはバーなので開店しているのかが疑問。
それも含め、2人の予想はさらに閑散としているか、または、
街のレストランやバーが全て閉鎖になったので、
逆に人が集まっているか、というどちらかの両極端なもの。
で、青空が広がる中、マルシェに着いたのですが…。
IMG_4248
びっくり!バーは開いていてしかも大盛況!
2週前に来た時の閑散とした様子がまるで嘘のよう。
で、旦那と顔を見合わせて思わず笑っちゃいました~。(ちょっと苦笑い)
IMG_4249
ニュースでは煽るようなものも含め毎日毎日、
コロナウィルスの話題ばかりですが、
まるで何事もないかのように皆さん太陽の光を満喫し、
ワインやコーヒーを飲みながらそれぞれ自由にひと時を楽しんでおります。
自粛のじも感じられません。
時々聞こえてくる会話では、年配のグループ内では、
政府のやり方は普通じゃないわよ、と話してる人もいますが、
基本的にはコロナの話題はなしで、ただただいつも通り。
IMG_4256
バーカウンターもお馴染みさんたちがズラリと並び大賑わい。
バーだけじゃありません。
IMG_4257お魚屋さんも。
IMG_4260
お肉屋さんも。
IMG_4261
お総菜屋さんも大行列。
IMG_4262
この日の夜のニュースで知ったのですが、
実はフランス全土でこの日開催されたマルシェがとても賑わったそう。
そして3月16日以降、公園の閉鎖が決まったパリ市内では、
何とたくさんのパリっ子たちが太陽を利用し、
公園やセーヌ川沿いでワインやビールを飲みながら
ピクニックを楽しみ、この日曜日を満喫したそう。
IMG_4269
見回りの、フランスらしく左腕にタトゥーがいっぱいの
がたいのよいポリスさんも頼もしい。コロナなんかはねつけそうですね。
ということでこの日曜日の青空の下の現象は、
多くのフランス人の基本の気質のようなものを改めて知ったようで、
とても興味深かったです。ですが、が、一方で。
写真でもおわかりになるかと思うのですが、
皆さん、距離が近い。そしてマスクもしておりません。
咳などがなければマスクはしなくてもいいと思うのですが、
週末のまとめ買いで行ったスーパーでは、
咳が出ているのにマスクをしていない人が2人いて、
やはりその時は超怖かったんですよねぇ…。
なのでお互いの距離と咳が出てる時のマスク、そして手洗いは、
ほんと~に徹底していただきたい。
心からのお願いです。

………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4241
ちょっとちょっと~。
コロナウィルスがユアラップに広がっていて、
イタリアなんて国全部封鎖に加え外出禁止になってるっちゅうに、
しかもフランスも今日15日から、娯楽系がすべて閉店が決まったちゅうに、
そんな今日、フランスでは統一市町村選挙が行われました。
これには意義を唱える国民も結構多くて。
いやいや人が集まる場所を閉めるんだったら、
人を集める選挙も危なくねぇ?っていう人も多いんです。
ま、でも選挙なのでそこんとこ微妙だと私は思っております。
ということでわたくしは選挙権はないのですが、
選挙に行く旦那についていってみました。
場所は家から近いプチ商店街の一角。
スーパーマルシェやお肉屋さん、パン屋さんが並んでいます。
IMG_4242
この日からレストランやビストロ、バー、映画館など娯楽系はすべて、
政府の次の発表があるまで閉店になりましたが、
食材店やスーパーは開店OKなので開いております。
気になったのが、お客さんとお客さんの並ぶ距離の間隔。
1m開けるのがいいとされていますが、
スーパーのレジでもパン屋さんの列でも、
気をつけている人もいるけどすっかり抜けている人もいて、
距離20㎝ぐらいの人もいます。
私よりそれにいち早く気が付いた私より日本人的な旦那は、
あ~あ、近けぇよ、とつぶやいておりましたが、
私は、フランスらしいな、と。
自分だったら1m開けていただきたいですけどね、
IMG_4244
ということでこのすぐそばの建物で投票です。
写真は遠慮させていただいたのですが、
観察させていただきました。
数日前からニュースで放送されていましたが、
並ぶ時はここでも1mの間隔を置いて並ぶ、が今回の選挙の基本。
見ていたら投票事務所内では皆さん、結構守っておりました。
すぐ前のスーパーやパン屋さんではしてなくてもです…。
入る前に簡易手袋をしている方やマスクをしている方もいらっしゃいました。
で、入ってまず消毒ジェルが置かれていまして、
投票に来た方は全員手を消毒。
その後、投票し、最後にもそばにある消毒ジェルで消毒というコースです。
旦那も無事投票を終え、出てきました。
今回の我が街は、現職で、
いつもびっくりするくらい真っ青のコバルトブルーのアイシャドーをしている
青い目の保守系女性市長(なんかちょっと違和感があるのは否めません)や、
社会党系で、利権政治を死ぬほどしまくっていた前市長などが
懲りずにずうずうしくまた立候補しております。
フランスに来て、政治も政治家もどこの国も一緒だな、
とつくづく感じちゃっておる今日この頃です。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ