パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

mars 2020

IMG_3874 - コピー
日本でフランスで全世界で猛威を振るうコロナウィルスに、
気分が滅入りそうになりますが、今日はパリの楽しい記事を。
パリ散歩中、メトロ「サンティエ(Sentier)」の駅に出たので、
このすぐそばにある美食通りとも言われるプチ人気通りに寄ってみました。
2区の「ニル(Rue de Nil)」通りです。
IMG_3877 - コピー
ここがちょっとした美食人気通りになったのは、
このレストラン「フレンチ-」がきっかけ。
ロンドンなどで修業したグレゴリー・マルシャンさんが、
2009年にオープンして以来人気を誇っているお店です。
HP→FRENCHIE
その後、同じ通りに系列の2店をオープン。
IMG_3880 - コピー
こちらはサンドイッチ店の「フレンチ-・トュー・ゴー」。
HP→Frenchie To Go
IMG_3878 - コピー
そしてこちらがワインバーの「フレンチ-・バー・ア・ヴァン」。
HP→「Frenchie Bar à Vins
ちょうど夜の開店のために料理人さんたちが準備なさっていたのが窓から見えて、
その中でお1人、アジア人の料理人さんが、座って何か作業をなさっていたのです。
で、こんにちは。もしかしたら日本の方ですか?とフランス語で聞いたら、
そうですよ、と。あ!私も日本人です♪と日本語でお伝えしたら、
え?そうなんですか!とすぐ来てくださったのです。
IMG_3916 - コピー
それがこの方、小野田洋平さんです。
何とこのバーのシェフ(料理長)さんなんです!
ここでも日本の方が活躍。嬉しい。
ブログでご紹介したいのですが
お写真撮らせていただいてもよろしいですか?
とお聞きしたら、少し照れながらも快くOKしてくださいました。
いろいろお話してくださったのですが、面白いな、と思ったのが、
ここでは、アメリカ、ロシア、イスラエル、デンマーク、
コロンビア、アルゼンチン、台湾、日本、そしてフランスと、
めちゃくちゃ様々な料理人さんが一緒に働いているんだそう。
なので厨房では英語が飛び交ってるそう。
で、小野田シェフももう今英語もOKなので、
しばらくパリでがんばったらニューヨークへ行ってみたいな、
なんて奥さまとお話なさっているそう。
今はほんと、日本の方がどんどこ世界に出て行く時代なんですね。
パリ郊外の隅っこ住まいですが皆さんを心から応援したい。
で、この通りでのおすすめ品も教えていただけて
めちゃくちゃラッキーでした♪
小野田シェフに感謝でございます!
IMG_3872 - コピー
この通りでのもう1つの美食スペシャルは、
パリのレストランに選び抜かれた食材を提供している、
アレクサンドル&サミュエルさんが開いた
「テロワール・ダヴニール」。
HP→Terroir d’Avenir
八百屋さん、魚屋さん、肉屋さん、パン屋さんが揃っております。
IMG_3873 - コピー
うんと小さな通りですが、ここに来れば、
一通りの、しかも旬の厳選食材が買えて、
お腹が減っていれば食事も出来るという。
ただし、レストランとバーは大人気で
予約または早めの来店がよいようです。
IMG_3879 - コピー
ということでわたくしもちょこっとお買い物いたしましたので、
近々ご紹介させていただきますね。
こんな風に、フランス人も日本人もイタリア人も中国人も世界中の人々が、
どこの街でもこうして好きに歩けたり旅したり、
心配なく母国を行き来出来る日々が、
1日も早く戻ってきてほしい。
いつも通りに出来るって幸せなことですね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は学校が休校になって、
親御さんたちの困惑が広がっているとのこと。
多くの日本の会社の働き方を考えると、
たとえば共働きだったり1人親の方だと相当大変だと思います。
フランスは現在のコロナウィルス感染者が191人。
すでに多数の感染者が出ている北部のオワーズ県と、
南部のオートサヴォワ県に加え、ブルターニュのモルビアン県で多数、
感染者が出てしまいました。
そのモルビアン県の地区カルナックの学校が2週間休校になって、
子供たちはその間、自宅待機になりました。
で、カルナックでは親が会社から許可を得られれば、
自宅で仕事が出来るとのこと。
その許可が得られれば、というところが、
日本ではかなり難しく上司や同僚に気を遣う点だと思います。
古い体質の日本企業なんかだと、
戻ってきたら席がないぞ、なんていう
笑えない冗談を言う上司がいるかもしれません。
その点はフランスと日本の大きく違うところ。
フランスには日本の古い体質企業のようなやり方は
存在しないと言ってよいと思います。
なのでカルナックの親御さんも、
会社からの許可は比較的得られやすいと思います。
問題になっているのは、子供が2週間自宅待機しても、
親や家族が全員一緒に自宅待機していなければ、
感染拡大防止にはならないだろう、ということ。
許可を与える企業を中心にそんな声が多数上がっているようです。
それにしても、多少あたふたはしていらっしゃいますが、
親御さんたちの負担が切実なもの、
までにはなっていないように感じます。
休校が決まった日本のお子さんの親御さんは、
シングルマザーで派遣でどうしたらいいのか、とか、
非正規社員で契約切りかも、とか、
こちらも胸が痛くなってきます。
世界中の研究者さんががんばってくれているだろうけど、
治療薬が早く出来てほしい。
多くの方がそうだろうけど、終息が見えない今、
そればかり願っています。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4117
フランスはこの週末でコロナ感染者がさらに増え130人となりました。
そんな中、週末のパリ郊外我が街マルシェへ
いつも通り行ってみました。
そうしたらお客さんの数が半分近くに減っていてびっくり。
IMG_4118
多くの感染者が出ている北部オワーズ県と南部オートサヴォワ県では、
人が集まるマルシェが普段より人が少ないのはニュースで見ていたけど、
我が街マルシェもとうとうコロナの影響がでてきたようです。
で、マルシェバーもいつもよりお客さんが少なかったのですが、
年配の方も含めお馴染みさんたちの姿は結構あって、
いつも通り飲みながら楽しそうに語らっておりました。
そう言えばニュースのインタビューでも、
商店街のお肉屋さんの行列に並んでいた70代くらいのムッシューが、
コロナウィルス?みんな騒ぎ過ぎだよ~、
と明るく答えておりました。
振り回されない煽られないこんな大らかなムッシューみたいな人も
必要だな、と感じました。
IMG_4119
とは言うものの、今は外出の際はいつもコートのポケットに
消毒用リキッドを入れて歩いておりまして。
念のため一杯している間に一度旦那と消毒しときました。
IMG_4123
この後はお買い物をしたのですが、
この日一番行列が出来ていたのが何とイタリア総菜屋さん。
イタリアでたくさんの感染者が出ていますが、
それは関係ないようです。
IMG_4129
で、私たちもイタリア総菜屋さんで、
オリーブ、ルッコラ、赤唐辛子入りのペッコリーノチーズを購入。
想像よりも赤唐辛子がぴりっと効いていて美味しかったです。
ということでいつも通り、ではなかった我が街マルシェ。
ルーブル美術館も職員たちが感染を恐れ就労を拒否し、
3月1日から休館となっております。
パリも今週はこういった異変が他でもありそうです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3931 - コピー
前回はパリのオペラ地区のデパートの様子をお伝えしました。
世界でコロナ騒動中のパリのデパートの様子
今回はオペラ地区にあるアジア食品店の様子をお伝えします。
ここは中華、韓国、日本の食材が結構豊富に揃っているお店。
で、こちらもいつも通りでアジア人のお客さんはもちろん、
フランス人のお客さんもたくさんいらっしゃいました。
IMG_3930 - コピー
総菜コーナーのスタッフさんがお1人だけマスクをしておりましたが、
その他にはお客さんも含めマスクの人は見かけませんでした。
日本とまったく違いますね。
IMG_3935 - コピー
レジはお客さんで大行列。これもいつも通り。
今、フランス人も若い方から年配の方まで、
アジア食材をよく知ってる方がたくさん。
日本のお菓子も人気。美味しいですものねぇ。
IMG_3928 - コピー
で、私が買ったのが牛肉の薄切り。2パックで15ユーロです。
ちょっと高いけど、薄切り肉は、
フランスのスーパーには置いていないのでしかたありません。
IMG_3976 - コピー
このお肉でスキヤキをしました。
去年日本に帰った時にお友達の家でご馳走になって、
と~っても美味しかったので、パリでやろう!
と決めていたのです。
旦那ははじめてのスキヤキでしたが、甘辛の味付けが気に入ったよう。
溶き卵も何の問題もなく、しっかりつけていただいておりました。
お肉は家にあったステーキ用の牛肉の半解凍の、
薄切りしたものも一緒にいただいてみたのですが、
十分美味しかったので、
次回からは半解凍お肉でいいなと思いました。
ということで、パリのアジア食品店も通常通りでした。
今後もまたパリの日常を落ち着いて見て行きたいと思います。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3944 - コピー
日本ではコロナの影響で、多くの方が外出を控えていて、
イベントなどが次々と中止になっていているとのこと。
イタリアも感染が広がっている北を中心に同じ状況のようですが、
パリのデパートの様子をお伝えさせていただきます。

IMG_3951 - コピー
ここはオペラ地区にある老舗デパート「ギャラリーラファイエット」の食品館。
コロナ騒動の前はいつも人がいっぱいでしたが、
やはりそれよりは少ないです。というのもパリも日本と同じで、
ここ数年、中国からの観光客がものすご~く多いのですが、
その中国人観光客の姿が今ほとんど消えたからです。
IMG_3952 - コピー
でもそれ以外の観光客はほぼいつも通りのように感じました。
イートインコーナーもにぎわっております。
アジア系のレストランもアジア人のスタッフさんと欧米人のお客さんが、
ごく普通にやりとりしております。
IMG_3953 - コピー
いつもだったらマスクをしたアジア人がかなりいるのですが、
マスクをしている人はこの時は1人も見かけませんでした。
1組だけいた中国語を話す若い4人の女の子たちもマスクなし。
パリでマスクはコロナを疑われるのを知ってるのかもしれません。
それから、お店の方々ですが誰も彼女たちを気にしていませんでしたし、
彼女たちも気にしていないようで楽しそうにしていました。
IMG_3954 - コピー
私もアジア人ですが、誰も私が目に入らないよう。
ということは気にならないということでしょう。
IMG_3957 - コピー
あのたくさんの中国人観光客たちは消えたけど、
他に大きな変化はこの時は感じませんでした。
フランスのコロナ感染者が増えた数日後の今日でも、
それほど大きく変わっていることはたぶんないと思われます。
もう過ぎたことになりますが、
少し前に出回ったパリのアジア人差別情報は、
2くらいのことが9くらいになって拡散されたかな?!
と改めて思いました。
IMG_3958 - コピー
すぐ近くにあるユニクロもまあまあお客さんが入っておりました。
IMG_3961 - コピー
この時の日本人2人が署名していた場所です。
オペラ地区のロマ人と署名しちゃう日本人
右の赤いファサードの奥あたりでロマ人の女2人に狙われておりました。
まだパリにいるのかな、それとももう日本に帰ったのかな。
超危なかしい2人だったけど無事だったかしら…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ