パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

août 2021

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

旦那の夏の仕事終わりの7月30日。

自分は職場でアペリティフ(食前酒タイム)があるかもなので、何時に帰るかわからないので、パリに行きたかったら行っておいで。と旦那。

ということで、飲食店の衛生パス提示が始まる8月1日の2日前に、パリ散歩してまいりました。

前回に続き、衛生パスコードを携帯に入れてのお散歩です。

衛生パス提示義務が始まったパリの青空散歩

IMG_0335 - コピー

この日はガイドブックでもしょっちゅう出てくるカルティエを中心に、ぷらぷら歩いてまいりました。

IMG_0325 - コピー

この時は朝の早い時間。

どこもお掃除とか開店準備におわれていて、パリが動き出したばかり。

そんな光景も心地よいものです。

IMG_0332 - コピー

朝から観光で張り切る可愛いちびっ子たち(&パパママ)をたくさん見かけました。

言語は英語とドイツ語が多かったです。

コロナの各国の状況を反映しておりますね。

IMG_0340 - コピー

曇りがちな午前だったけど、それまたフォトにはおつ。

IMG_0355 - コピー

東京ほどには見ないカラスさん。

モノクロームチックなこの日のパリフォトに貢献してくれました。

IMG_0374 - コピー

IMG_0455 - コピー

IMG_0381 - コピー

IMG_0393 - コピー

IMG_0402 - コピー

歴史あるオーソドックスなパリのレストランでは、オープン前のスタッフミーティングが行われておりました。

皆さん、真剣な眼差しでチーフ?の話を聞いておりました。

ついこの間行ったビストロでは、厨房から、ウィ、シェフ!の声が聞こえていましたっけ。

ウィ、シェフ!は、気軽なビストロでは、そんなに聞かない言葉。

なのでシェフさんの料理人としての誇りとこだわりがあるのかもしれません。

料理人さんがおしゃれ帽子かぶって、鼻歌歌いながらラフ~に料理しているようなお店も好きですけどね。

IMG_0473 - コピー

で、飲食店での衛生パス提示が始まる直前のパリでしたが、めちゃいつも通り。

この翌々日からはレストランはもちろんカフェでも提示が必要。

私は持っておりますが、持ってない場合はいったいどうなるのでしょう。

1年ちょっと前はマスク必要ないって言い張っていたのに、その後マスクを義務化したフランス政府。

180度言ってることが変わってびっくりしましたっけ。

ワクチンの接種は、私は受けて安心したけど、政府の無理くり押し付けはやはり良くないんじゃないかな、と思います。

追記・・・衛生パス提示について。結局8月1日からはフランス全土での飲食店での衛生パス提示義務はまだ始まっておらず、政府がいつからか、どのようにするかを決めるのを、待っている状態です。毎日情報があれこれ変わっております。本当に始まったらまたお伝えさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

いよいよ今日から旦那の1ヶ月のバカンス休みが始まりました。

フランス人の夏休みが長いのは渡仏してきた時から知っていたけど。

やはりフランス人の家族になって、目の前でホントに1ヶ月仕事を休む実際の様子を見て、改めて、1ヶ月ってすごいな~、と実感したのですよね。

フランスの労働者、羨ましいです。

ということで先週のおうち定食はさっぱりあっさり冷やし麺でした。

パリでおうち定食屋。レモンだれの冷やし鶏そば
R0140168

今週は久しぶりに神田神保町エチオピア風カレーの定食です。

日本にいた時は、カレーと言えば私が行くお店はいつも神保町エチオピア。

フランスに来てそのエチオピアカレーが食べれなくなり、でもどうしても食べたくなって。

自分であれこれやってみて、何とか近いお味が作れるようになりました。

R0140170

そのエチオピア風カレーです。

渡仏してきた年に作るようになったのでかれこれ14年くらい作る続けているレシピ。

日本から遊びに来た、やはりエチオピアカレー好きのお友達に作ったら、エチオピアのカレーって作れるんだね、とびっくりしておりました。

エチオピアのカレーのポイントは何と言ってもスパイスのクローブ。

これを利かせるのが大事なんです。

スパイスを揃えるのが少し手間ですが、ほんと~に美味しいです。

旦那もこれが大好きでお鍋に汁がなくなるまで食べております。

赤唐辛子を減らせば、外国の方も喜んでくださると思います。

レシピは旧ブログの方でご紹介させていただいていて、長い間、そして今も記事ランキング1位のレシピです。

神田神保町エチオピア風カリー
R0140180

副菜1品めは週末ごはんの残りのじゃがいものサモサです。

前もって包んでおいたので、後は揚げるだけ。

揚げたてサクサクで最高です♪

R0140173

2品めは人参のクミン風味炒めで、ズッキーニの種とレーズンも足しました。

人参とクミンはボン・マリアージュ。

R0140172

3品めはパプリカのスパイスマリネです。

レンジで簡単に作ってみましたが、あっさりでなかなか美味しかったのです。

パプリカが美味しい季節ですね。

R0140178

スープも作りまして、残り野菜をたっぷり使って、これもスパイス入り。

我が家は、まず最初にスープを全部いただいてお腹を満たすことを食事ポイントにしているので、どんな料理の時もかかせません。

R0140176

そしてデザートはミルティーユとプルーンです。

旬のプルーンが美味しくてはまりそう。

料理に使ってもこれまた美味しいのを最近発見。

身体にも良いのでどしどしいただきたいです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ