パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

août 2022

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

先週末のマルシェの帰り道の途中、旦那が我が家の通りとは別の通りへ歩き出したので。

どうしてそっち?と聞くと、いいからいいからこっちこっち、と旦那。

その別の通りはこの記事で書いた、閉店した花屋さんの跡地があって、本来は3階建て以上の建物を建てるのは禁止なのに、市が特別に許可して大型アパルトマンが建つことが決まったところ。

閉店した大きな花屋さんの跡地が大問題になっている

で、何だろう?と思いながら旦那について行きました。

すると旦那は、閉店した花屋さんの跡地の横を通り過ぎ、先に進みます。

花屋さんの跡地の次は家が2軒続きます。

そしてその次は、使われなくなって長く放置されている古い農場なのですが。

旦那がその農場の前で立ち止まり、農場の壁に貼ってある1枚の掲示板を指しました。

そこには、ここに20mの新しい大型アパルトマンが建つこと。

市が許可していることなどが書かれておりました。

そして旦那は今度は、通りを隔てたお向かいの家の壁を指しました。

そこには建設反対の看板が掲げられ、それと同じものが周辺あちこちに掲げられておりました。

たぶん花屋さん跡地問題より先に、この農場跡地に大型アパルトマンが建つことが問題になっていたのでしょう。

私はわんこ散歩の時、花屋さんの前は通るけど、農場跡地の手前でいつも曲がって別の通りに入るので、気が付かなったのです。

ちょうどと言うのか、長年放置されていた農場と閉店した花屋さんはどちらも広い土地で、同じ通りで同じ側。

なので、市は、この通りを隔ててこの一方側にだけ、3階建て以上の建物を建てることを、続けて特別に許可したということなのです。

で、思いました。

この2つの跡地に挟まれた2軒の家はどうするのだろう?

このままなのだろうか?

それとも売却するのだろうか?と。

もし売却するにしてもこれはしかたありません。

2つの大きな跡地に挟まれちゃっていて、しかも両脇に大型アパルマンが建つとなったら、1番影響があるのはこの2軒。

この建設問題は、花屋さんの問題の前からもうすでに始まっていたのです。

市は本当に良くないことをしたと思います。

市が特別な許可を出さなければ、建設業者だって、大型アパルトマンを諦めて、戸建て住宅街にするとか別の建設予定にしたかもしれません。

でもお金が動き、今こんな状況になっているのでしょう。

来年、再来年にはいったいここはどうなっているのか。

もしかしたら通りの片側には、大型アパルトマンがズラリ建ち並んでいるのかもな。

なんてことを思っている今です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

去年の夏、パリ郊外の東西南北をあちこち巡ったのですが。

今年の夏も日帰りの小さな旅をしております。

IMG_5151 - コピー

日本ではフランスといえばパリ市内か南仏の情報が中心だけど。

小さな都会、パリを少し離れて郊外に行くと、たくさんの美しい町や村があるのです。

IMG_5158 - コピー

去年今年と巡ってみて思ったのは、たぶんフランス全土がそうだと思うのですが。

ガイドブックで出ていたり、少しでも観光地として知られていたり、ネットで情報が出てくるような場所よりも。

偶然見つけたような観光地じゃない場所の方が、昔ながらのさりげないフランスのカンパーニュの風景が残っていて、静かで美しいことが多いということ。

もちろん好みがあるので、活気ある観光地が好きという人もいるだろうし、とにかく観光地に行っておきたい、という人もいると思います。

でも、旦那も私もツーリステイックじゃない場所がやはり好きだな、落ち着くな。

と改めて感じました。

IMG_5160 - コピー

レストランもパリ市内とはまったく違います。

古い農家や家を改修しているところがたくさんあって、パリ市内では考えられないほどゆったりした時間を過ごすことが出来ます。

中にはレストラン自体が小さな村のような雰囲気で小川や森があって、食事の前や後にお散歩が楽しめるところもあるんです。

しかもお値段もパリよりお手頃。

シチュエーションとお味が素晴らしくてお値段も良心的だと、見つけちゃった感でめちゃくちゃ嬉しいです♪

IMG_5172 - コピー

通りかかった教会に入ってみるのも、小さな旅の楽しみ。

IMG_5175 - コピー

自分が移住地をヨーロッパに決めたのは、ヨーロッパの古い教会のある風景が大好きだから、というのも理由の1つ。

子供の頃から、教会も含め、西洋の雰囲気がなぜか落ち着くのです。

でも最近、新しく作られる教会はモダンなところも多くて、我が街もやけに斬新な教会が大型アパルトマン街に出来ました。

IMG_5188 - コピー

やっぱり教会は、古典的だったり素朴なところがいいな、と思います。

IMG_5195 - コピー

車や電車を乗り継いで、パリから行く小さな旅。

サンドイッチや飲み物を持って気に入った場所でピクニックをするのも最高です!

完全に秋になる前に、私も今度はピクニックかな、なんて思っておりま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございます。

今回はドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」。

でも、秋に向けて同じくドイツ系スーパー「アルディ」もスペシャル食材に力を入れてきているので。

夏の終わりは悲しいのだけど、スーパーに関しては、ちょびっと楽しみです。

IMG_5334

ということで今回買ったものはコチラ。

IMG_5336

まずはレアなBIO(オーガニック)食材①で、セップ茸入りのポレンタの粉1、99ユーロ。

イタリア料理のポレンタは、とうもろこしの粉のリゾット版のようなもの。

付け合わせにグッドで、我が家はお肉の付け合わせにすることが多いです。

BIOっていうだけでも嬉しいけど、セップ茸入りというのがレアで嬉しい。

質の良い牛ステーキに合わせようかな。

それとも思い切ってベジタリアンな1品にしてもいいかな。

なんて思っております。

IMG_5337

レアなBIO食材②で、クコの実2、49ユーロ。

アジア食材のイメージのクコの実は、フランスでもアジアンスーパーで売っているイメージ。

でもそれがリドルで売っていること、しかもBIOなことが新鮮。

さすがリドルです。

クコの実というと私はまず韓国料理のサムゲタンが思い浮かびます。

でも何十年も食べていない。

なのでやっぱりまずはサムゲタンを作ろうかな、と思っております。

IMG_5335

チーズ3種で、左がイタリアのゴルゴンゾーラ1、99ユーロ。

真ん中がギリシャのフェタ2、19ユーロ。

右がノルマンディー地方のポン・レヴェック3、49ユーロ。

すべてEUの質の良い食材の品質マークである原産地保護呼称「A.O.P(Appéllation d’Origine Protégée)」つきです。

3つ共、料理用に購入です。

A.O.P食材だと、料理に使うのはもったいない気がしてしまいますが、このお値段なので比較的気軽に使えるのが嬉しい。

IMG_5338

パン2種で、左がクロワッサン1個0、35ユーロ。

右がグルテンフリー食材であるスペルト小麦とクルジュ(ウリ科の野菜)の種のパン1、39ユーロ。

クロワッサンは我が家の定番で、0、35ユーロというお値段の割に悪くないのは、このコーナーで何度もご紹介させていただいております。

で、スペルト小麦とクルジュのパンは初お試し。

これがなかなか悪くなかったのです。

まずクルジュの種が表面だけにいっぱいかな、と想像していたのですが、中にもかなりいっぱい。

生地自体も、スペルト小麦なのでぱさっと感は否めないのですが、種がとにかくたくさん入っているので、嬉し満足感。

今、パリにはグルテンフリーのパン屋さんがかなり増えているけど、品質と値段が合ってないことがよくあるので。

だったら、このパンでも良いかも、と思いました。

あ~んど。我が家の人間2人はグルテンアレルギーはないけど、グルテンとか関係なくまた買ってもいいな、とも’思いました。

なのでリピ決定です!

IMG_5340

ここからはカルフールで、まずはBIOのブイヨン1、79ユーロ。

BIOのブイヨンはリドルでもアルディでも売ってないので、カルフールで買っております。

でも、このブイヨンもなるべく頻繁には使わないように心がけております。

というのも、BIOでもやっぱり市販ブイヨンの独特な風味があるな、と感じるのですよね。

なのでちょっと風味が足らない時に少し足す的な感じで使っております。

IMG_5339

BIOのマヨネーズ1瓶2、09ユーロ。

これもBIOだとリドルとアルディにはないのでカルフール。

マヨラーではない我が家ですが、ソースやドレッシングのアクセントにちょこっと使うことがよくあります。

あと定番ですがサンドイッチにもよく使います。

バターとマヨネーズを少し塗っただけのキュウリのサンドイッチが好きです。

IMG_5341

マスタード1、10ユーロ。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今フランスはマスタードがほぼ品切れ状態。

理由は、フランスのマスタードは、原料であるからし菜の種子のほとんどを、カナダやウクライナ、ロシアから輸入していること。

カナダは今年干ばつになっていて、ウクライナとロシアは、ロシアのウクライナ侵攻が続いているため、フランスのマスタードが不足になっているんですよね。

そんな中で唯一残っていたのがこのお値段が安めのマスタード。

色がからし色じゃないので、これマスタードなの?

と思ったのですが、一応マスタードのよう。
(でもこれだけたくさん残っていたのでお味は怪しいのかも)

フランス人はマスタードが大好きで、サンドイッチ、ハンバーガー、ソーセージ、ステーキなどにマスタードをたっぷり添えます。

旦那も、これらを食べる時は、必ず自らマスタードを冷蔵庫からとってきます。

でも。

私はマスタードなしでもぜんぜん大丈夫なので、不足で買えなくても特に問題はありません。

IMG_5342

そして、3種のレタスセット1、35ユーロ。

リドルでも同じセットが売っていて、いつもはリドルで0、99ユーロで買っていたのですが。

1度カルフールで買ったら、それがパリパリ新鮮で、これは珍しくカルフールの方が質が良いかも、と思ったのです。

IMG_5343

でも今回買ってみたら、それほど変わらなかったのです。

以前カルフールのがパリパリ新鮮だったのは、たまたまだったのかもしれません。

なので、カルフールの方が0、36ユーロ高いだけだし、たいした違いはないかもです。

我が家はいつもリドルの後カルフールに行くので、次回はリドルで買っちゃっていいな、と思いました。

根っこがそのまま付いているので、紙袋だけとって水を入れたカップに根っこを浸して、冷蔵庫でそのまま保存。

これで数日間はパリっと新鮮なままいただけま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

この夏、我が家は家にある物を大片付けしておりまして、少しずつシンプルシックな家を目指しております。

で、片付けが一番大変だったのは屋根裏部屋。

旦那が集めたブロカント雑貨と不要品(物を捨てられない男)がたまりにたまって、足の踏み場もないくらいになっておりました。

でも、かなりの量の不要品を処分したので、歩けるようにはなりました。

そんな屋根裏部屋を今回はちょいとご紹介させていただきます。

IMG_5355

ここが屋根裏部屋への階段。

この階段にも物がたくさんあって、上がるのもそれらをよけて、って感じだったのですが、ほとんど何もなくなった~♪

西日が入るので明るいは明るいです。が。

屋根裏部屋というのはそれだけで暑いので、夏は結構暑くなります。

IMG_5353

じゃん。ここが我が家の屋根裏部屋で~す。

ちょっと不気味な男性マネキンがいるのがポイント?!

旦那がこのマネキンに昔の飛行士のつなぎを着せております。

このマネキンのことを忘れてたまに1人で用事でここに上がると、一瞬ぎょっ!となります。

IMG_5348

戸棚の中には細かなブロカント雑貨がいっぱい。

でもほんの一部。

IMG_5350

まだまだ片付けは終ってなくて、もっとスッキリさせて、下の階にあるブロカント雑貨や一部の家具もここに片付ける予定です。

またこの部屋がいっぱいになってしまうだろうけど、下の階の掃除が大変だったので、下がとにかくスッキリすると嬉すぃ。

しかも今回の片付けて、忘れていた可愛い物や、私がここに移ってくる前からあった可愛い物が見つかって。

ちょっとお宝発見的でもあったのです。

IMG_5352

ということでやっと普通に歩けるようになった屋根裏部屋でございました。

IMG_5359

で、見つけた可愛いお宝代表。古いぬいぐるみちゃんたちで~す。

以前は下の階に飾っていたのだけど増え過ぎて、すべて屋根裏部屋にしまいこんだままになっておりました。

埃がかなりついていたので、お天気の良い日にみんなを全部手洗い。

IMG_5360

実は今日もまだ庭で乾かされております。

しっかり乾いたら、1つ1つほころびなどを直して、綺麗にお手入れしてあげようと思っております。

IMG_5361

不気味だと感じる人もいる。

なぜ集めるのか理解出来ない。

という人がいる古いぬいぐるみやお人形。

その気持ちは…わかるわかる。はは。

でも我が家は旦那も私も古い物が大好きなので、可愛い♡

って感じます。

綺麗にしてあげた後は、何人かの子を交代で飾ってあげようかな、なんて思っております。

でもあの男性マネキンはどう考えてもやっぱり不気味だ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

10年前、我が家の近くにあった古い家が取り壊され、新しい家が2軒建ったことがあります。

新しい家の持ち主は同じカルティエの違う通りに住むアジア女性。

まだ建設中の時に旦那が通りかかったら、その持ち主と業者の男性がその現場にいたので、少し話をしたそう。

その時、1軒がアジア女性の家で、もう1軒が業者のその男性の家だと本人たちが言うので、変だな、と旦那は思ったそう。

そして間もなくその2軒の家が完成したのですが。

それはアジア女性が住むのではなく、業者の男性が住むのでもなく、2階建てのアパルトマンでした。

アジア人女性と業者の男性は嘘をついたのです。

静かな住宅街なので、その中にアパルトマンが建つとなると、反対する人が出てくるかも、と思い、2人で前もって口裏を合わせておいたようです。

今まさしく我が家の近所で大型アパルトマンの建設問題が起こっていることを、前々回の記事で書きました。

閉店した大きな花屋さんの跡地が大問題になっている

これを想定したのですね。

で、工事がまだ完全に終わらないうちに入居が始まり、すぐ全室満室になりました。

入居させちゃえばこっちのもの的な感じだったのでしょうか。

で、結局特に問題にならず、それから10年経ったのですが。

当初はフランス人の学生さんやアフリカンの若者など結構いろんな住民がいたのですが、今は見事に全所帯が東欧系住民となりました。

理由はこの記事で書かせていただいております。

実感。フランスはさらに移民がどんどん増えている

で、話を戻しまして。

この大家さんは、このアパルトマンの他にもいくつか不動産投資をしているそうなのですが。

我が街は数年後にメトロ駅が出来るので、ただ今大型アパルトマンの建築ラッシュ。

アパルトマンだけじゃなく、新築の家もたくさん建設中です。

この建築ラッシュが始まったのが5、6年くらい前からなのですが、アジア女性大家さんは少なくても10年前から不動産投資を始めていたということ。

しかも東欧系の住民がどんどん増えていることもあり、賃貸物件の需要もさらに増えていくように思います。

というか、彼らはこの建築ラッシュ現場で働いているのかもしれません。

とにかく東欧系住民のこれほどの増加までは予想していなかったかもだけど、アジア女性大家さんは行動が速かったんだな、それも能力の1つかな、なんて思います。

業者と口裏合わせしての嘘はちょっと苦笑いですけどね。

旦那も、家賃収入で返済出来るし資産にもなるので、自宅以外の不動産購入を以前考えたことがあるそう。

でも亡くなった前の奥さんに反対されてやめたのだそう。

やっぱり買っておけば良かった~、なんて言っております。

でもね。あんまりお金お金ってなって、金の亡者になったらそれも哀しいので。

我が家は今で十分かな、なんて思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ