パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

septembre 2022

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

南ブルターニュのヴァカンス旅行に来ております。

フランスの地方に行くと、フランスの最も美しい村にもよく寄ってみます。

今回も無理のない範囲で行ってみております。

IMG_5524 - コピー

やはり最も美しい村なので、魅力があります。

IMG_5511 - コピー

選ばれるだけあるな、と思います。

が。

正直な感想を書きますと、地域ごとの最も美しい村はどこもかなり似ております。

IMG_5521 - コピー

ブルターニュは重厚な石造りの家が有名です。

そんな石造りの家が並び、紫陽花を中心とした花々が咲いている、というのがブルターニュらしい風景。

それがブルターニュの最も美しい村的風景。

IMG_5513 - コピー

もちろん本当に美しいのですが、いくつも見ていると、正直慣れてきちまいます。

IMG_5510 - コピー

そして、最も美しい村に選ばれているので、観光客が結構います。

なので観光客相手のお店が街の中心地に並んでおります。

なので観光客お値段となっております。

IMG_5498 - コピー

世界各地の観光地、どこも同じですね。

で、これは今まで旅をたくさんしてきて結局いつも同じ考えに行き着くのですが。

ネット情報にもガイドブックにも出ていないスペシャルな美しい場所がやはりあるのです。

なぜ今の時代にこれだけ魅力のある村が紹介されていないのか。

と、不思議で疑問ですが。

そこはお金とかお上とか、ま、いろいろあるのでしょう。

何にしても、フランスで最も美しい村になっていないことが私的にはありがたい感じです。

IMG_5505 - コピー

今回もそんな山間の珠玉の村に出会いました。

村を歩いている時は、久しぶりに胸が高まりました。

やっぱりちゃんと自分の足で歩かないと(車だけど)、こんなところは気づけないんだな、と改めて思いました。

でもこれはパリ市内もまったく同じだな、と思います。

これが旅&歩くことの醍醐味。

最も美しい村より美しい村では、グラスワインが1杯1、60ユーロ。

ポルトガルよりも安いね、と旦那と笑ってしまいました♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

人間2人とわんこ4ぴき、うさっち1ぴきで、秋のヴァカンス旅行に来ております。

IMG_5442 - コピー

滞在先は大好きな南ブルターニュで、一軒家を借りております。

初めての9月ヴァカンス旅行だけど、賃貸料が7月&8月よりずっとお安いし、道は空いてて予定より早く到着するし、暑くないしで。

べべっ子たちに負担があまりかからなかったのもグッド。

すでに全員、慣れてゆったり過ごしております。

IMG_5455 - コピー

我が家が家を借りる時はお庭があって囲いがしっかりあって、わんこが自由に遊べるか、が1番大事。

なので、家自体が素敵とかはあまりポイント比重を置いていないのですが。

着いてみたら、思っていた以上に可愛いお家だったので良かったです。

IMG_5454 - コピー

シャンブルはこんな感じ。

でも私はリビングのソファでわんこたちと寝ているので、旦那1人で使っております。

さぞかし広々で気持ちが良いことでしょう。

IMG_5446 - コピー

お庭も素敵で、ブルターニュらしく紫陽花が咲いております。

IMG_5452 - コピー

楽しいのが、すぐお隣が牧場で、呼ぶとすぐ羊ちゃんがやって来ること。

IMG_5450 - コピー

羊ってこんなに懐っこいの?とびっくり。

めちゃくちゃ可愛いんです♪

IMG_5462 - コピー

昨日は早速このお庭でバーベキューをしました。

景色が変わると、食事もさらに美味しく感じます。

今日もたぶんバーベキューかな。

IMG_5438 - コピー

で、これは道中のアンちゃん(ジョアンナ)フォト。

運転している旦那の首にくっついちゃって、離れなかったんです。

IMG_5430 - コピー

旦那に、危ないと怒られていたけど、完全無視でこの表情。

ま、何事もなく無事に着いたのでね。

ということで。

田舎なのでネット環境に不安がかなりあって、よく途切れてしまうのですが。

ここブルターニュからも可能な限りいつも通りに更新出来たら、と思っております。

ではではまた~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーです。

今回行ったのはドイツ系スーパー「アルディ」とフランス系スーパー「カルフール」。

でもご紹介はアルディ商品のみとなります。

IMG_5318

で、買ってきたものはコチラ。

IMG_5319

まずはアルディのグルメ食材「ペイ・グルマン(Pays Gourmand)」シリーズの、コルシカ島産のシャルキュトリー(加工肉類)セット3、49ユーロ。

これが、アルディ&リドルでリピなしに決定した食材です。

じゃ、ご説明を。

少し前にリドルでやはりコルシカ産シャルキュトリーを買ったのですが、それがしょっぱ過ぎて、お値段高めのわりにまったく美味しくなかったのです。

なので、リピなしを決めました。

そしたら今度はアルディでも、コルシカ産シャルキュトリーが売り出されたのです。

で、アルディのはどうかな、と思って買ってみたのですが、これもやはり塩分強めで、最初にうまみよりまず塩味がきちゃうんですよね。

結局これもイマイチだったのです。

でも、コルシカのシャルキュトリーが全部しょっぱいのか?

と言いますと、そうじゃないんです。

コルシカはシャルキュトリーの名産地で、美味なものは本当に美味なんです。

ということで、残念だけどリドルでもアルディでも、コルシカのシャルキュトリーはもう買いません。

ちなみに。

リドルのコルシカ産シャルキュトリーは、かなり長い期間売れ残っておりました。

やはり消費者はわかっているのですね。

IMG_5320

これも「Pays Gourmand」シリーズ食材で、アルザス地方のソーセージ「Knacks」で2、19ユーロ。

「Knacks」はフランスのどこのスーパーにも売っているお手軽ソーセージ。

日本のウィンナーに近いお味です。

でも以前我が街マルシェで本場「Knacks」を買ったら、やはりスーパーのよりずっと美味しかったのです。

で、「Pays Gourmand」シリーズなので初お試し。

もうバーベキューでいただいてみましたが、マルシェで買ったのには負けるけど、なかなかグッド。

こちらはまた売り出したらリピしようかな、と思っております。

冬に美味しいシュークルートに入れてみたいんですよね。

IMG_5321

BIO(オーガニック)のターメリックパウダー1、39ユーロ。

カレーをしょっちゅう作る我が家なので、ターメリックの消費がとても速くて、すぐなくなっちゃいます。

数本常備しておいても良いくらいなんです。

なのでまだ家に使ってないのもあえるけど買っておきました。

IMG_5322

ピッツア生地1、05ユーロ。

もうすでに使ってみましたが、なかなか悪くなかったです。

リドルのBIOのピッツア生地もたまに買うけど、お味的にはリドルのよりいいかも、と思いました。

美味しいピッツェリアの美味しい生地とはまったく別物ですが、冷蔵庫または冷凍庫に1つ入っていると、時間がない時やチーズが残っていて食べ切りたい時なんかにすぐ作れるので便利です。

IMG_5325

BIOのズッキーニ1、49ユーロ。

今年我が家の家庭菜園のズッキーニが花ばかり咲いて、肝心の実の方が育たなかったのですよね。

毎年今の時期はズッキーニは買わずの済んでいるけど、今年はしかたありません。

でも、もういただきましたが美味しいズッキーニでした♪

IMG_5324

白い部分のポワローネギ2、59ユーロ。

そうめんが大好きな我が家にとっての今の時期の必需品。

他にもおそばや冷奴、ラーメンにもたっぷり使います。

IMG_5323

メロン1、79ユーロ。

少し前にマルシェで2個で5ユーロだったのですが、アルディはさらに安かったです~。

旦那と4わんこが大好きだし、私も最近食べれるようになったので、3日くらいで食べきれるようになりました。

IMG_5326

ヴォルヴィック8リットル入り4、80ユーロ。

アルディの特売品だったのですが8リットルでこのお値段、安いです。

軟水なので、フランス在住の日本人の方は、お米はヴォルヴィックで炊く、という方が結構いらっしゃるようです。

私は普段お米を炊く時、普通にエビアンとか家にあるミネラルウォーターで炊いているのですが。

ちょっとヴォルヴィックでお試し炊きをしてみようと思います。

でもそんなに大きな違いは私じゃわからないような気もするのですが、どうかなぁ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

わんこ散歩をしていると、同じようにわんこ散歩している人としょっちゅうすれ違います。

そんな中ここ数年、柴犬に出会うことがものすごく多くて(ほぼ毎日)、見かけるとつい寄っていって、ご主人さんに了解を得てから、いい子いい子させていただきます。

そんな時、フランス語で可愛いという意味の「mignon(ミニョン)」という言葉と一緒につい「Kawaii~♡」って言葉も発してしまいます。

するとかなりの高い割合で柴犬ちゃんのご主人さんがすぐ聞くのです。

「あなたは日本人ですか?」と。

日本にいた時からよく「可愛い~♡」って言葉を使っていたのですが。

今もうフランスでも「Kawaii」という言葉がかなり浸透しているんですよね。

Kawaiiという言葉は21世紀に入って世界に一番広まった日本語と言われているそうですが、時代だな~、とつくづく感じます。

この間はアジア&仏ハーフのティーンエイジャーの女の子が柴犬ちゃんを連れていたので「Kawaii♡」とまた発したら。

瞳がキラリと光って、やっぱりすぐ「日本人ですか?」と聞かれたので、そうです、と答えました。

そして私も「もしかしたらあなたも日本人ですか?」と聞くと。

彼女は韓国とフランスのハーフで、日本が大好きなんだそう。

日本人の私と話している時の嬉しそうな顔といったら、こっちが嬉しくなっちゃうくらいでした。

考えてみればKawaiiだけじゃなく、日本文化と、そして日本食のおかげでいつのまにかたくさんの日本語がフランスでも浸透したな、と感じます。

ポップカルチャーでは「Manga」「Anime」「Otaku」「Cosplay」「Emoji」。

世界中の人の胃袋を虜にしている日本食では「Sushi」はもちろん「Ramen」「Gyoza」「Teriyaki」「Tataki」「Yakitori」「Teppanyaki」など。

日本食つながりになりますが、フランスの料理人さんが今使うようになって’いる日本食材や日本語もどんどこ増えていて。

「Dashi」「Mirin」「Sake」「Miso」「Konbu」「Shitake」「Panko」「Umami」「Maki」など。

他にも「Pokemon」「Karaoke」「Tunami」「Bonsai」などなど。

それから忘れちゃならない「Bento」!

老舗デパートのギャラリーラファイエットでは弁当箱コーナーがあるし、弁当箱ショップも出来ているようです。

かなりお高いんですけどね。

何れにしても日本人としては光栄なことなのです。

日本は経済では中国に抜かれ、韓国にも近い将来抜かれるだろうと言われているけど。

でもスペシャルな日本文化&日本食は、どこの国もマネしようとしてもなかなか出来るものではないんじゃないかな、と思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

恒例日曜マルシェコーナーです。

前回は、普段自分があまりチョイスしないような、ちょっと変わったデザインの白シャツ&デニムコーデでした。

変形白シャツコーデで旬の果物が並ぶマルシェ&購入食材

で、今回はいつも通り?のスタイルに戻りまして。

IMG_5385

シルバーのロゴ入り白Tシャツと、今年の夏のセールで買ったH&Mのグレイのシフォンのロングスカート。

それに白いコットンの帽子と白いバッグ、足元は白のスニーカーです。

セールの終わり近くに超お安いお値段で買ったスカートは、柔らかい色合いが気に入っていて、しかも意外に合わせやすいのでなかなか重宝しております。

秋にはだぶっとしたニットを合わせて、抜け感のあるコーデも良いかな、と思っております。

IMG_5369

こんなコーデで出発。

街のセントラルの花壇のお花が植え替えられていて、少し秋チックになっておりました。

市から依頼された専門の方が2ヶ月に1度くらい替えてくださっていると思うのですが、お花や芸術にお金をちゃんとかけてくれるところは、フランス的かもしれません。

IMG_5371

で、到着したマルシェは賑わいを取り戻し、すっかりいつも通りの活気ある我が街マルシェになっておりました。

夏のヴァカンス期は完全に終わった、って感じですね~。

それでもまだまだ夏の雰囲気いっぱい。

1日でも長くこんな雰囲気が続いて欲しい!

IMG_5372

ポルトガルバーもご覧の通り大大賑わい。

お馴染みさんも、交代でヴァカンス休みを取っていたスタッフさんも、皆戻って来ております。

IMG_5373

すっかり元に戻った中で、私はカフェオレ、旦那はいつものヴィーニョ・ヴェルデ。

この後私もヴィーニョ・ヴェルデを一杯いただき、旦那とお買い物タイム。

IMG_5375

屋内店舗もすべて開店で、何買おう?と思うけど。

フランス総菜屋さんもイタリア総菜屋さんもアジア総菜屋さんも、お肉屋さんも魚屋さんも大行列が出来ていて、かなり並びます~。

IMG_5376

お花屋さんも開店で、マルシェにも花が咲きました。

そう言えば、このお花屋さんで買ったハイビスカスがお庭で咲いてくれていて、とても綺麗なんです。

寒くなってきたら家の中に入れて、絶対大きく育てたいと思っております。

枯らさないぞ!

IMG_5379

で、購入したものです。

トウモロコシ、プラム2種、ミラベル、そして帰り道のBIO(オーガニック)のパン屋さんで買ったバゲット・トラディションです。

IMG_5383

そしてこの日のお昼ごはんはバーベキュー。

買ってきたトウモロコシを早速焼きました。

醤油をぬりぬりして焼いた焼きモロコシ、めちゃくちゃ美味しかったです♪

醤油を何度もぬればぬるほど、焦げた醤油が香ばしく美味しいんですよね。

お肉もアルザスのソーセージもズッキーニも全部美味しくて。

簡単大満足のごはん。

寒くて本当に無理になるまで、バーベキューやり続けたいと思いま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ