パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

octobre 2022

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

そろそろ秋色が本格的になってきたかな、プロの美味しいお料理も食べたいな、と思って。

お天気に恵まれた今週、パリ散歩に行ってまいりました。

IMG_6107 - コピー

毎日天気予報をチェックして一番良い日を決めて、予めレストランも予約してのお散歩日の朝。

見事に予報が当たって、清々しい秋晴れ!

晴れているだけで、それだけで幸せ気分になる秋パリなのです。

IMG_6181 - コピー

タイトルにもしておりますが、10月いっぱいまで暖か予想。

この日も23度まで上がったのですが、20度前後の日が10月末までは続くとのこと。

フランス南西部はもっと暖かくて、海で泳ぐ人もいるくらい。

嬉しいプレゼント的な感じです♪

IMG_6143 - コピー

この日のお散歩コースは、最近お気に入りのカフェからスタート。

とぼけてて愛嬌のあるムッシューが人気者の、気軽で安くて美味しいスタンドカフェです。

IMG_6130 - コピー

散歩コースはいつもだいたいの道のりを決めているけど、寄り道もしょっちゅう。

そんな時に新鮮発見があるのがまた楽しいんですよね。

この日もオープンしてまだ一ヶ月半のブロカント食器店を発見。

お値段もクリニャンクールの蚤の市より安めで良心的。

コロナでたくさんのお店が閉店してしまったけど、新しいお店もぞくぞくとオープンしているな。

と感じます。

IMG_6160 - コピー

観光地の賑わいがこれまたかなりすごいことになっております。

IMG_6150 - コピー

アジア系観光客もすごく増えてて、日本人の方々も何組か見かけました。

(日本語が聞こえてきました)

や~っとですね~。良かった♪

IMG_6155 - コピー

でもスリも大発生?!なのでそこんとこは要注意。

あちこちで獲物探しをするロマ系スリの姿を見かけました。

IMG_6112 - コピー

メトロ駅の構内でも、警察に捕まって、手錠をかけられ抑え込まれているロマ系の男スリを見かけました。

これからクリスマス、年末に向けて、奴らには十分気をつけなくちゃです。

IMG_6165 - コピー

可愛いらしい光景にも出くわしました。

IMG_6173 - コピー

たくさんの方々がスマホを向けておりました。

IMG_6209 - コピー

で、いつも通りこの日もたくさん歩いて、結局7時間くらい歩いたでしょうか。

23度あったので結構暑くなって、後半少しバテました。

IMG_6214 - コピー

それでもいつでも楽しいプチパリ旅行。

やっぱりたまには都会に出なくちゃで~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

麺類が好きで、ラーメン、おそば、パスタなど少なくても週に1回は食べております。

IMG_6055

で、今週食べようと思い立った麺がこちら。

少し前にドイツ系スーパー「リドル」で買った出前一丁ゴマ風味です。

袋を開けてみたらちゃんと粉末スープの他に、ゴマ油の小袋も入っておりました。

コレコレ。出前一丁はコレがないと。

でもただ袋通りに作るだけじゃ物足りないな、と思い、アレンジも含め出前一丁を検索してみると。

何と10月31日に「にんにく入れたらウマかった!出前一丁 辛にんにく&ごまラー油」という新商品が発売されることを知ったのです。

で、これはマネしてやってみるしかない!

と思い、簡単アレンジで作ってみました。

IMG_6062

それがじゃん!こちらです!

で、もうタイトルにもしておりますが、めっちゃ美味しかったのですよ!

結構すするのが止まらない感じです。うんうん。

でも作り方は超~簡単。

検索で見つけたアレンジレシピも少し参考にさせていただきまして。

にんにくのみじん切り(2人分で2片)と豆板醤(2人分で小1と1/2くらい)を油で香りが出るまでしっかり炒め、後はお水を表示より少しだけ多めに入れて、袋通りに作るだけ。

トッピング具材は今回は白髪ねぎと白炒りゴマをごま油で和えたもの、冷凍しておいた茹でキクラゲ、そして前日に作っておいた焼き豚と煮卵です。

簡単インスタントラーメンなので、具材でちょっと豪華にしたいと思い、前日に焼き豚と煮卵は作っておきました。

見ためが結構赤いのでかなり辛そうに見えますが、実際にはそこまで辛くなくて、フランス人の旦那は、私に負けないくらい美味しい美味しい♪と喜んでズズッと食べておりました。

にんにく&辛味が本当に良く合います♪

それにたまのインスタント麺も美味しい~。

IMG_6063

副菜は手作り餃子で、3日前に餡を作って冷蔵庫で寝かせておきました。

我が家の餃子は必ず餡を3日以上寝かせるのが大事ポイント。

これでお肉と野菜、調味料がよく馴染んで美味しくなるんです。

これもよく味が馴染んで、いただくと小籠包みたいにジュっとスープが出てきて、美味しかったです~。

日本にいた時は餃子はあまり食べなかったし、作れなかったのですけどね。

海外にいると人間いろいろ工夫してやるもんです。

ということで、この日のごはんは、インスタントラーメン&餃子だったけど、大満足。

これはフランスだけじゃなくヨーロッパ在住で(ヨーロッパの出前一丁は共通のようなので)、出前一丁ごま風味が手に入って、にんにく&辛いのが(でもあの分量だとそれほど辛くありません)大丈夫な方には、私的には超おすすめです!

これは、アジア料理でおもてなし、の時のシメに出しても、フランス人も含め外国人に喜ばれるのではないかな、とも思います。

おもてなしでインスタントラーメン?

って思うかもですが、トッピング具材で見ためを良くすればぜんぜん問題なしだと思います。

私は、このラーメン、アジア料理おもてなしの強力レシピになるな、と思っております。

でも我が家はまずはとにかく自分たちが食べたい時用にまた、出前一丁ごま風味、絶対買い置きしておこうと思いま~す!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでして、今回も行ったのはドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」です。

今回はリドルの広告を見て、欲しいものがいくつかあったので、いつもより張り切って?行ってまいりました。

IMG_6005

購入したのはコチラ。

最後1つご紹介だけがカルフール商品となっております。

IMG_6026

まず欲しいもの(狙っていたもの)①で、サマートリュフ1、5%入りのラクレットチーズ3、19ユーロ。

ラクレットはご存知の方も今たくさんいらっしゃると思いますが、チーズを溶かしてシャルキュトリー(加工肉類)や茹でたジャガイモもなどにかけていただく、スイスとフランスのサヴォア地方の料理。

その料理に使うチーズもラクレットチーズと呼ばれております。

ラクレット専用グリルもあって、フランスの家庭にある割合はかなり高いと思います。

我が家もあるのですが。

でも最近はラクレットをやる頻度がめっきり減りました。

というのも、美味しいのだけどちょっとでお腹がいっぱいになっちゃうからなんです。

で、これもラクレットグリルでラクレットではなく、ジャガイモの簡単グラタンにしようと思っております。

IMG_6006

欲しいもの②でホットドッグ用のソーセージ1、99ユーロ。

この時はアメリカンフェアだったのでアメリカ食材がいろいろ揃っておりました。

このソーセージは以前お試しで買って気に入ったのでリピ。

それまではアルザス地方のソーセージなんかで代用していたけど、このソーセージが1番アメリカのホットドッグの味わいに近かったのですよね。

さすがリドル。

IMG_6008

欲しいもの③でアメールビエール4、99ユーロ。

フランス生まれの「アメールピコン(AMER PICON)」と同じタイプのリキュールで、いつもはカルフールで「アメールピコン」のマネマネ商品「アマリュス」を6、70ユーロで買っておりますが。

今回はリドルでも同じタイプが売り出されたのでリドルで購入。

我が家は夫婦2人で夕方に1杯か2杯、ピコンビエールを飲む習慣なのですが、私はピコンビエールをいただきながら夕方の料理番組を観るのが大好き。

特に今は料理人&料理に情熱があるアマチュア料理人のコンペティション番組が放送中で、その時間が楽しみなんです。

IMG_6015

欲しいもの④でBIO(オーガニック)の茄子1袋2、49ユーロで2袋購入。

前回も買って、皮が柔らかい秋茄子で美味しかったのでリピ。

なのですが、今回のはこの中の1本だけ皮がちょっと硬かったのですよね。

で、外れもあるな、と思いました。

でも3本はやはり皮が柔らかでとても美味しかったので、また買おうと思います。

もしこのブログで見て、リドルのBIO茄子をお試しして、皮が硬かった方がいらっしゃったら、ごめんなさいね。

IMG_6010

欲しいもの⑤でシートマスクのフェイスパック1つ2、72ユーロが半額で2つで2、72ユーロ。

これは前回も買って、今回も同じく半額になっていたので購入。

このお値段でお肌がしっとりして気分も上がるのだったら良いかな、という感じです。

IMG_6011

ここからは通常商品でピッツァ生地1、05ユーロ。

冷蔵庫に常備しておくと便利なので購入です。

IMG_6012

BIOのポワローネギ2、99ユーロ。

夏は店頭になかったBIOポワローですが、旬になってきたので店頭に並び始めたのかな、と思っております。

ネギは農薬が残りやすい(特に青い部分)と、昔聞いたことがあるので、出来ればBIOが安心。

IMG_6013

生姜0、73ユーロ。

旦那が生姜好きなので、お豆腐の冷奴にも、マルシェで買って冷凍してある鰹にもたっぷりかけます。

あ、夏には素麺にもたっぷり入れたけど、さすがに冷たい麺はもう向かなくなくなりました。

でも大好きなのでもう1回くらいまた食べちゃおうかしら。

IMG_6014

これだけカルフールでわんこ用のBIOのスナックで1、89ユーロ。

これを小さなタッパーに入れて、お散歩の時にいつも持ち歩いております。

で、カカ(うんち)の後、ママが片付けをしている間いい子で待てると、おやつがもらえるという仕組みです。

これで待てるようになったのでグッドなのですが。

とにかくカカをするとおやつがもらえると思って、したくなくても一生懸命そこら中のにおいを嗅いで、カカをがんばる子が1ぴき。

たまに出ていないのに出した気になって、おやつ頂戴の熱い視線を向けるちゃっかり娘です。

そんな時は。

「ミュミュ、ぜんぜん出てないやん」と突っ込んでおりま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

日曜恒例マルシェコーナーです。

前回は肌寒い曇り空だったので、この秋初だったのですが、黒のライダースジャケットを着ました。

オレンジ×黒コーデで秋色マルシェ&特別なシャルキュトリー

で、今回は前回黒だったので、明るめ優し色にしたいな、と思い、お気に入り服をチョイス。

IMG_6001

スモーキーピンクのニットコートに、グレーと白のタートルネック、グレーのデニム、足元は白のスニーカーです。

バッグはピンクとアイボリーのポシェットにしたのですが、フォトに入れるのをすっかり忘れてしまいました。

お気に入り服はこのニットコート。

3、4年前にブロカント市で買ったものなのですが、まったくの新品で確か20ユーロくらい。

これがあったかで、シンプルな白Tシャツにさっと羽織っても可愛いので、重宝しているのです。

タートルネックは我が街リサイクルショップで2、3ユーロで買ったもの。

相変わらずのプチプラコーデで~す。

IMG_5902

こんなコーデでレッツゴー!

この日は澄んだ青空が気持ちのよい完璧な秋晴れ。

こんな空だと色づいた木々を見ても、ちっともアンニュイな気分になりません。

ただただ嬉しいだけ。

IMG_5904

マルシェに続く舗道の花壇もいつも通り綺麗にお手入れされております。

お花さん&庭師さん、ありがとう~!

IMG_5913

そしてマルシェのポルトガルバーに到着です。

ここの木々もすっかり黄色に色づきました。

でもすぐお隣のアパルトマンがピンク色なので明るい秋な感じです。

建物の色大事です。特に秋冬が暗いパリは…。

IMG_5912

ということでヴィーニョ・ヴェルデで乾杯。

週に1度の午前中からお酒タイム。

日本で働いていた時、週末はお昼からお酒を飲む。

と会社の人に言ったら、めっちゃ引かれたことがあったけど。

このバーでは普通です。

っつうか、フランスではかなり多いです。

IMG_5914

あ、私もあれ持ってる。

と思ったお隣席の女性が着ていたあの青いトラ柄トップス。

無造作に着ていて、髪も無造作にまとめていて、何となく良い感じ。

私も大きめ髪留めクリップ買ってきてやってみよう。

IMG_5905

ほろ酔い気分になったら、マルシェそぞろ歩き。

旬のぶどうが並んでおります。

我が家のお庭のぶどうは、今年豊作の予感だったのですが。

途中から育ちが良いのと悪いのが出てきて、結局食べれるぶどうはそう多くはありませんでした。

旦那が言うには、実がなり過ぎて、栄養が行き渡らなかったのかな、と。

果物と野菜を上手に美味しく育てるのって簡単なことじゃないんだな、と改めて思いました。

IMG_5907

みかんに似ているクレモンティーヌも並び始めました。

子供の頃はみかんはひと箱買うのが普通で、それがこたつのテーブルに盛ってあって、こたつに入ってTVを観ながらいただいたものです。

ああ、昭和な時代でしたねぇ。

IMG_5908

お花屋さんのお花も本当にいよいよ秋冬。

私はシクラメンを枯らす女なので、シクラメンには手を出さないと決めております。

IMG_5909

以前は好きじゃなかった菊が今結構好きになりました。

きっかけは、近所にある、旦那の亡くなった前の奥さんと親しかったご近所ジャン=ピエールさんが眠る墓地の花壇に、ある秋、菊が可愛くレイアウトされていたからなんです。

暗い空の下で、黄色や白、紫、赤のこんな感じの手毬のような菊が並んでいて、ぽっと点いたいくつもの灯のようだったのです。

墓地で良さに気づくってのもあれかもですが。

IMG_5922

お天気が良いと帰り道もまた楽し。

それにこの日は帰ってからも楽しみがもう1つ。

IMG_5924

それは久しぶりのバーベキューで~す。

天気予報で晴天なのはわかっていたので、前日から、お肉を我が家特製超柔らなくなるマリネ液に漬けこんで、ソーセージを冷蔵庫に移して自然解凍させておきました。

後は焼き担当の旦那におまかせで、お庭のテーブルで美味しくいただきました。

やっぱり外でいただくごはんが一番です♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今年のはじめにアジアンスーパーで賞味期限が近くて半額になっていた粉山椒を買って、すぐ冷凍しました。

でもすっかり忘れていて、ふと思い出して料理に使ってみたら、想像を遥かに超えた美味な1品が出来ました。

フランスで和食。最高に美味だった手作りのゴマ山椒昆布

これで、ジャパニーズペッパーとも呼ばれる山椒の美味しさに改めて気づき、また何か作ろうと思っていたのです。

IMG_6032

で、今回作ったのが、牛そぼろの山椒風味です!

ゴマ山椒昆布もですが、山椒は佃煮や蒲焼などの甘辛味で引き立つので、牛そぼろがすぐに思い浮かびました。

で、大丈夫。やはり思った通りの美味しさです♪

ゴマ昆布もですが、この牛そぼろも山椒が入ることで大人味になって、さらに美味しくなるな、と、好みもあると思いますが、私は感じました。

作り方は、定番牛そぼろと同じで。

お鍋かフライパンに水、お酒、醤油、みりん、砂糖などの調味料と牛ひき肉を入れ、煮て、途中で生姜のすりおろしを加えます。

汁気がなくなったら、最後に粉山椒(我が家は結構多め)とお好みで白炒りゴマを混ぜて出来上がりです。

煮詰めると味が濃くなっていくので、最初から濃い味で煮ないことがポイント。

最後に混ぜる粉山椒がアクセントになるので、それも含め、お好みの甘辛味になさるのが良いと思います。

この時はシンプルな炒り卵と合わせ、2色丼にしましたが、ふりかけのようにごはんにかけたり添えたり、混ぜ込んでおにぎりにしても美味しいだろうな、と思います。

甘辛牛そぼろというだけでもフランス人は喜ぶと思うのですが、フランスのペッパーとはまったく違う山椒の風味は、さらに新鮮で喜ばれるのではないかな、と思います。

旦那も、この牛そぼろもゴマ山椒昆布も、山椒の香りが独特でいい、と言っております。

IMG_6033

ちなみに、冷蔵庫に常備しておいたカブと昆布の浅漬けも、この時一緒にいただきました。

ポリ袋にカブと人参(少し残っていたので)、赤唐辛子、昆布、塩、お酢、少しの砂糖を入れてしっかり、でも優しくもみもみ。

後はそのまま冷蔵庫に入れて、1、2回取り出してもみもみして、一晩置けば出来上がり。

塩を控えめにして、いただく時に醤油を少しかけても美味です。

私もですが、旦那もこのサラダ感覚の浅漬けが大好きで、あっちゅう間に食べておりま~す!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ