パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

novembre 2022

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

日本では丸鶏チキンのローストはクリスマスなど、特別な時のご馳走のイメージかな、と思いますが。

フランスではどこのお肉屋さんの店頭でも丸鶏チキンがロースターで焼かれているし、スーパーでも手頃に丸鶏が買えるので、自宅でローストチキンを作るのもごく普通のこと。

我が家も最低でも月に1度はローストチキンを焼きます。

で、食べ終わった後の残った骨も日本から持ってきたシャトルシェフで煮て、鶏ガラスープを必ずとっております。

しかも。

まずは1番だしの鶏ガラスープをとります。

この1番だしは澄んでいて、私の大好物のあっさり中華そばのスープにぴったりです。

そして今度はこの1番だしをとった後の骨と水で2番だしの鶏ガラスープをとるんです。

この2番だしは鶏骨のだしがしっかり出た濃厚白湯スープ。

我が家はこれでしょっちゅうつけ麺を作っております。

つけ麺のスープはパンチがきいているのが美味しいし、透き通っていなくてもビジュアル的にOKなので、濃厚白湯スープがぴったりなんですよね。

しか~し。

今回はつけ麺じゃないものに挑戦してみました。

IMG_6431

それがじゃん!長崎のソウルフード、長崎ちゃんぽんです!

長崎ちゃんぽんは牛乳を使うので出来上がりの色が白濁しております。

なので2番だしの白湯スープでちょうどいいんじゃないかな、と思ったのです。

そしたらめちゃくちゃ美味しかったんです~♪

オイスターソースや醤油などの調味料と具材から出たうまみが白湯スープと合うし、豆乳(牛乳の代わり)で程よくまろやかになります。

いろんな具材も美味しくて栄養もあるしで、旦那なんか私以上の食べっぷり。

飲むように完食しておりました。

これはリンガーハットのちゃんぽんにも負けてないんじゃないか?

なんて思いました。

って言っても、リンガーハットちゃんぽん、かれこれ20年以上食べてないですけどね。

(ああ、食べたいのぉ)

作り方も具材さえ種類ちょっと多めに揃えればぜんぜん難しくなくて、今回の具材はすべて家にあったものたち。

キャベツ、人参、玉ねぎ、冷凍の海老、豚肉、キクラゲ、ブロッコリーです。

かまぼこがないのは残念ですが、ここはフランスなのでしかたありません。

スープは白湯スープに醤油、オイスターソース、みりん、酒、少しの砂糖と豆乳、すりおろしニンニク(これ大事ポイント)などであらかじめ鍋に作っておきます。

で、フライパンで具材をさっと炒め、作っておいたスープを入れれば、ちゃんぽんスープはこれでOK。

後は茹でた麺をちゃんぽんスープに入れ、麺も熱くなれば出来上がり。

麺を茹でずにそのままちゃんぽんスープに入れるレシピもあるようなので、麺によってはどちらでも大丈夫なのだろうと思います。

フランス人は、と言うか外国の人は日本のとんこつラーメンが大好きな人が多いので、この鶏骨白湯スープちゃんぽんも喜んでくれる率、高いんじゃないかな、と思います。

フランスや欧米在住でローストチキンをよく召し上がる場合はもちろん、日本でも鶏ガラだけなら超お安いので、この2番だし白湯スープちゃんぽん、おすすめでございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

普段まったくおすすめしていないフランスのスーパー「カルフール」ですが。

それでもカルフールで買わなくちゃなものがあるので、毎週最小限のものを買いに行っております。

でも、そんなカルフールで今、ちょっぴし楽しみにしていることがあります。

IMG_6396

それは、買い物して10ユーロごとにもらえるシールを集めると、大幅割引でストウブ社製品が買えるキャンペーン。

ストウブ社はフランス生まれ。

元々はプロの料理人向けだった鋳物ホーローのストウブ鍋は、今日本でも人気なのでご存知の方も多いかと思います。

このストウブ社製品が期間限定でお得にゲット出来るということなんです。

IMG_6397

そんなお得に買える製品はこんな感じで、食器各種からストウブ鍋まで全7種類。

26㎝のストウブ鍋は299ユーロが119ユーロになります。

でも我が家には、ブロカントでゲットした小さなサイズのストウブ鍋が2個あります。

それにル・クルーゼ(やはり人気のフランスの鋳物メーカー)が復刻版として発売した16世紀からの鋳物メーカー「クーザンス」の大きめお鍋も、この時のブロカントで8ユーロでゲットしております。

10ヶ月ぶりのブロカント!大成功の戦利品

クーザンスのお鍋、色も可愛いし本当に気に入っていて、煮込みにローストにめちゃくちゃ活用しております♪

なのでお鍋は今のところ必要なし。

IMG_6398

で、まずは一番手軽なこの左の2個セットのボール型食器に決めました。

25、95ユーロのものが5ユーロです。

(本当に25、95ユーロか?とは過りますが)

落ち着いた色のせいか何となく和の雰囲気もあるので、和食に使えそうかな、と思ったのですよね。

IMG_6399

そして第一弾めをすでにゲット。

IMG_6401

直径は12㎝でお茶碗より一回り大きいくらい。

フォトにもなっておりますが、スープ、シチューを入れるに丁度良い大きさで、具だくさん味噌汁を入れたり小丼的に使っても良さそう。

もちろんレンジ&食洗器対応です。

このキャンペーンは12月18日まで。

まだまだ期間があるので、今度は細長いプレート(3枚めフォトの右のやつ)を出来れば2個ゲットして、このボール型と合わせて使えればな、思っております。

たとえばボール型に主食を盛って、細長いプレートに数種のおかずを盛って添えるとか。

またはプレートにボール型を乗せて、副菜とセットにするとか。

スープ&サンドイッチもグッドっぽいです。

まんまとカルフールの戦略に乗せられちゃってる感はありますが。

我が家はブロカント食器はかなりあるけれど、シンプルな無地の食器は少ないので、ちょこちょこ活用出来そうです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

恒例日曜マルシェコーナーです。

でも更新がすっかり遅れてしまって、今回ご紹介は10月最後の日曜日のマルシェとなります。

前回はブロカントで買ったパリのブランド「モルガン」のトレンチコーデでした。

紺色トレンチコートのカジュアルコーデで青空マルシェ

IMG_6344

で、今回もパリブランドの服をチョイス。

老舗ブランド「キャロル(CALOLL)」のニット素材のカットソーにデニム、黄色のポシェットをチョイス。

靴は白のスニーカーです。

カットソーは我が街リサイクルショップで買ったもの。

普段キャロルの服は、私には落ち着き過ぎ感があってお値段も私にとってはお高めなので、買うことはないのですが。

これはちょっとポップな白&赤のハート柄が可愛いな、と思い購入。

良い素材なので肌触りが良く着やすいのもグッド。

バッグは赤と迷いましたが、あえて差し色の黄色で大袈裟にならないポシェットをチョイス。

こんなコーデで暖かな10月の終わりのマルシェへGO!

IMG_6321

お天気が良いだけで気分がアップしますが、途中ではこんな青空模様。

清々しい朝です。

IMG_6337

読みたい人は誰でも持っていっていいし、逆にすでに読んだ本は置いていっていい、無料の屋外本棚ボックスでは、マルシェでよく合うマダムに遭遇。

旦那もほぼ毎週ここに読み終わった本を置いて、興味がある本があれば持ってきております。

本棚ボックスの上の紅葉が綺麗です。

IMG_6327

そしてマルシェのポルトガルバーに到着~。

この日は2日後の11月1日がカトリック教会の祝日の「トゥッサン(Toussaint)」=諸聖人の日。

トゥッサンは日本で言うお盆のような感じで、学校も「ヴァカンス・ド・トゥッサン」で秋休みに入っています。

なのでこの日の前後にお墓参りに行く人が多く、それもあってマルシェも大賑わい。

ちなみに私たちも前日に旦那の亡くなった前の奥さんのお墓参りにいって、お墓を掃除してお花を添えてきました。

会ったことはもちろんありませんが、今のパリ郊外での穏やかな自分の暮らしのことを考えるといつも、ただただすみません&ありがとうございますのお参りです。

IMG_6328

そして私はカフェオレ、旦那ヴィーニョ・ヴェルデで乾杯。

IMG_6330

1つびっくりしたことがあって。

それはマルシェのすぐぞばの木々にまた緑の若葉が出ていたのです。

というのもこの半月前には。

IMG_5913

同じ木がこんな風に黄色に色づいていたのです。

この後、落ち葉になったと思うので、今年の10月の暖かさで再び若葉が生まれたということ。

これにはびっくり。

どれだけ暖かかったんだろうという今年の10月。

IMG_6332

この後はマルシェプチ歩き。

相変わらずの行列で大人気の我が街フランス総菜屋さん。

いつか全総菜を制覇したいけどなかなか難しい。

IMG_6325

お花屋さんはトゥッサン週間なので菊の花が並んでおります。

フランスでもこんな時は菊なのですよね。

IMG_6326

日本では菊と言えば葬儀、お墓、悲しみ。

のイメージで、フランスに来てもやはりお墓には菊だったわけですが。

家庭菜園の影響もあっていろんなお花や植物のことを知ってからは、菊も可愛いな、と思うようになりました。

それに菊にもいろんな種類があるんですよね。特に今は。

添えてもらう側もきっと辛気臭くない可愛い菊がより一層嬉しいんじゃないかな。

なんて思います。

この菊も鮮やかな黄色で愛らしいです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

少し前になりますが、久しぶりにマルヌ川へカヌー遊びに行ってまいりました。

春や夏の緑の中のマルヌも美しいけど、秋のマルヌも最高でした♪

で、この記事を書きながら思い出しながら、私ももう1度秋のマルヌを楽しみたいと思いますが、ご一緒に3、4分、音楽と共に楽しんでいただけたら嬉しいです。

チョイスした音楽は今フランスで注目の女性シンガー「Adé」。

彼女は2021年に解散した人気バンド「テラピー・タクシー」のボーカリストでシンガーソングライター。

何日か前に彼女がラジオで弾き語りで生歌を披露していたけど、想像以上に歌が上手くて聞き入ってしまいました。

それではオニバ!レッツゴー!

IMG_5925

マルヌ川は長いのでカルティエによって川の雰囲気も景色もまったく違うのですが、その中の、特に気に入っている岸辺から出発です。

IMG_5927

いつもの橋の下をくぐり抜け、さあ行きますよ~。

IMG_5937

色づき始めた木々とそれが映る水面の間を、オールを漕ぐ水の音を聞きながらゆっくりす~いすいと進むのが何とも心地よいのです。

これがカヌーの良さだな、としみじみ感じます。

しかも旦那が漕いでくれるので、私はただぽ~っとこのひと時を満喫するだけ。

すみませんねぇだんな。

IMG_5932

釣り師少年です。

まだ13、4歳ではなかろうか。シブいね!

IMG_5944

わお、赤く色づいた木々がありました!

鮮やかで印象的です♪

IMG_5952

マルヌは川沿いの通りも魅力。

たくさんの美しい古いメゾンが並び、都会のパリ市内とはまったく違う風景が流れていきます。

IMG_5955

わんこ散歩の方もたくさん。

夏にはここでバシャバシャがむしゃらに泳ぐわんこもいるんです。

今、ノミ駆除のお薬は飲むタイプが主流になったので、バシャバシャ泳いでも大丈夫。

がむしゃらに泳ぐわんこ、可愛いんですこれがまた。

あ!でも数年前に、ここでまるで水泳選手のようにクロールでバシャバシャ泳ぐ人を見かけたことがあったのでした。

あれはいったい何だったのだろう…。

IMG_5957

広い場所に出ました~。

IMG_5958

ここは深いのでいつも絶対に落ちたくないと思います。

でも万が一落ちてもライフジャケット(救命ベスト)着てるし、何とかあの岸辺までは辿り着けるだろう。

ライフジャケット大事。キリッ。

IMG_5959

そしてまた小川に入ります。

やっぱり穏やかで浅い小川が落ち着く~。

IMG_5970

ちなみに、この日の旦那からのサービス飲料は小さなビール。

これをいつものように炉端焼き屋さんのようにオールにのせて妻に渡してくれました。

至れり尽くせりです~。

(カヌーに乗ってる時だけはね)

IMG_5961

ほろ酔い気分で木漏れ日の中をゆらりスイふわ~。

なんて贅沢な時間。

実はこうして私が一杯飲みながら旦那の漕ぐカヌーに乗っていると、カヌーやカヤックですれ違う人によく「プティ・ボヌール(petie bonheur=小さな幸せ)だね!」って言われます。

そうなんです、ほんとにプティ・ボヌール・タ~イム♪

IMG_5964

また広い方に出ました~。

IMG_5966

ここは特に大きなお宅が並びます。

番犬してる大きなわんこもいて、ここではしょっちゅうこれでもか~!

くらいに吠えられます。

怪しいもんじゃないから、ただの一庶民だから許してちょうだい。

IMG_5975

また鮮やかな木々が現れて秋色に見惚れます。

でももうそろそろ終わりの時間が近づいています。

IMG_5994

そこに現れた白鳥の親子さん。

奥の灰色がかった子が、身体の大きさは親と変わらないけど子供ちゃんです。

今マルヌではよく白鳥の親と子供を見かけるので、調べてみたら。

白鳥は5月から6月にかけて卵を産み、1ヶ月でヒナが生まれるそう。

そして3ヶ月で飛べるようになるそう。

この子もちょうど3、4ヶ月って感じかな。

IMG_5996 - コピー

光の中で白鳥はやっぱり美しい。

そりゃバレリーナも踊る。

IMG_6000

そして白鳥が去ると同時にカヌー時間終了~。

岸辺に戻ってまいりました。

でも前回は岸辺に着く直前に危うく転覆しそうになったので、ちょっと緊張します。

持ってきた防水袋にカメラを2重に入れて準備態勢。

(実はカヌーに乗ってフォトしている間ずっと出し入れを繰り返していた)

でも大丈夫。

何事もなく無事岸に着くことが出来ました!

良かったです。ほっ♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございまして、今回行ったのはドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」。

でもご紹介商品はすべてリドルのものとなっております。

今回はチーズ系食材率高しで、すでにいただいてリピを決めた美味チーズもあります。

IMG_6282

購入したのはコチラ。

IMG_6283

まずはフランス東部アルザス地方のチーズ、マンステールとラードン(日本でいうベーコンに近い豚加工品)の薪焼きピッツァ2、49ユーロ。

「FEU DE BOIS」が薪焼きという意味になります。

マンステールはウォッシュタイプのチーズで強い匂いが特徴。

そのままでも加熱しても美味しいです。

ラードンも東部でよく使われる食材の1つ。

やはりラードンを使うアルザスの薄焼きピッツァ、タルト・フランベ(アルザス語でフラムクーッシュ)をご存知の方も多いかと思います。

で、このピッツァはまだいただいていないのですが、マンステールは手軽に買えるので、美味しかったら自分でも簡単に作れるな、と思い、まずはお試し買いです。

IMG_6284

クリスマスのビール3、29ユーロ。

今の時期から新年明けで商品がなくなるまでの期間限定のクリスマスのビールです。

スパイスが使われているのが特徴で、各メーカーでお味もそれぞれ違います。

我が家はこのビールが好きなので、店頭に並びだすと毎週買います。

ちなみに。

新年明けて少し経ってからの売れ残りは、リドルややはりドイツ系スーパー「アルディ」でしょっちゅうお買い得になるので、ビールがお好きな方は、その時期もねらい目でございます。うひ。

IMG_6286

スイス発祥&フランスのチーズ4種で左から時計回りに、BIO(オーガニック)のスイス発祥のエメンタールで1、99ユーロ。

A.O.Pマーク付きのオーヴェルニュ地方のブルー・ドーヴェルニュ1、39ユーロ。

同じくA.O.Pマーク付きのフランス北部ベルギー国境近くで作られる1/4サイズのマロワル2、35ユーロ。

そして、クリーミィータイプのブルー2、15ユーロ。

A.O.P(Appéllation d’Origine Protégée)とは1992年に出来たEUの原産地保護呼称で、これがついていると信頼出来る食材なので安心。

ブルー・ドーヴェルニュもマロワルもリピで安定の美味しさです。

マロワルは独特な匂いとオレンジ色の表面が特徴で、料理に使ってもグッド。

ブルーは旦那が気に入っていて、これもほんとしょっちゅう買っております。

熟成してくると中がさらにクリーミィーになってうまし。

IMG_6287

イタリアのチーズ2種で、左がD.O.Pマーク付きのBIOのゴルゴンゾーラ・ドルチェ1、99ユーロ。

右がモッツァレラチーズの1種のブッラータ2、35ユーロ。

D.O.P(Denominazione di Origine)とは特定の地域で伝統的製法で作られたイタリアの原産地保護表示。

このマークがついているイタリア食材は品質が良いので安心。しかもBIO。

で、これがリピに決定したチーズです!

ゴルゴンゾーラはピカンテとドルチェの2種があって、ピカンテはイメージする青かびたっぷりのゴルゴンゾーラ。

そしてドルチェは青かび少なめでピカンテより柔らかめ。

クリーミィーでとっても美味しかったのです。

本場イタリアでは今はピカンテよりドルチェの消費量の方が多いとか。

うんうんそれ納得って感じです。

ブッラータはよく買っているもので、我が家の定番です。

IMG_6285

イタリアのプチトマト缶0、58ユーロ。

甘味が強いプチトマトなのがポイント。

しかも0、58ユーロという驚きの安さ。

さすがリドルです。

IMG_6342

で、ブッラータはいつも通りこんな風に生ハムにのせて、バジルをトッピングしてお気に入りのEXVオリーブオイルをかけていただきました。

この時、生ハムもイタリアのものを合わせるのが我が家的には大事ポイント。

やっぱりイタリアにはイタリアでって感じです。

それからバジルをルッコラにしてもそれまた美味。

超簡単なのに大満足出来る1皿なので、まだお試ししたことがない場合は、おすすめでございます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ