パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

décembre 2022

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

こちら大晦日のパリは朝の気温が何と16度!

とても暖かい2022年最後の日を迎えております。

IMG_6989 - コピー

そんな天気のおかげか、何度もブログでお伝えしておりますが、今年の秋が暖か過ぎて勘違いして咲いた近所の桜並木の桜が、12月の終わりの今もまだ咲いております。

IMG_6991 - コピー

しかも最近の暖かさで、花が咲いていなかった何本かの桜にも花が咲き始めました。

IMG_6993 - コピー

いつ散ってしまうかな、と思いながら毎日わんこたちと一緒に桜の木の下を通っていたので。 とても嬉しくて、ささやかな楽しみになっております♪

IMG_6997 - コピー

で、このフォトをした日、久しぶりにわんこ散歩仲間のご近所さんと、この桜の木の近くで偶然会いました。

彼女のわんちゃんはポルトガルの犬種の若いポダンコと目の見えない老犬の小さなテリア。

我が家にも7年前に空に行ってしまったポダンコのポルカがいたので、そんなことも含め、わんこ散歩で会った時にちょこっと話すようになりました。

2ひき共甘えっ子ちゃんで、特にテリアちゃんは目が見えなくても撫でて撫でてと身体をくっつけてきて、それがまた可愛らしかったのです。

でも久しぶりに会ったこの日はテリアちゃんがいませんでした。

なので、もう1ぴきのあの子は大丈夫ですか?と聞くと。

7月3日に死んでしまったの。と言いました。

その彼女の表情は何とも言えない影があって、私は何とも言えない気持ちになりました。

それにはテリアちゃんの他にもう1つ理由がありました。

彼女の家の前には我が家が親しくさせていただいている日本人カップルが住んでいて、彼女のお父さまが自死したことを7月に聞いていたからです。

長い間心の病気だったそうで、会うと明るかったんだけどね…と、日本人カップルさんは残念そうにそれだけ話していました。

それから約5ヵ月経ってのこの日でした。

彼女は、私がお父さまが亡くなったことを知っていることは知らないですし、私も、いつかまた散歩中に会ったら、ボンジュールをいつも通りに言って、いつも通りに話せばいいと思っていました。

なのでこの時、テリアちゃんの姿がなかったので、どうしたのかな、と思って普通に聞いたわけです。

で、話を戻しまして。

7月3日に死んでしまったの、と言った後、彼女はこう続けました。

「セ・ラヴィ(それが人生よ)」と。

で、私は「そうですね」と言いました。

そして、またね、とお互い笑顔で言って別れました。

その後、この桜の下を歩きながら。

お父さまが亡くなったのも7月の初めだったので同じ時期だったんだな。

こんな辛過ぎることはないな。

ご家族のその悲しみは一生癒えることはないだろうな。

と、そんなことが頭を過りました。

私の母の父も彼女のお父さまと同じ亡くなり方だったのですが、それでも残された家族の人生は続きます。

母も含め、家族それぞれ人生を自分らしく幸せに生きたように感じているし、そう思いたいです。

(空のご先祖さま、えらそうにすみません)

なので次回2023年のいつか彼女に会う時は、そしてまたその次会う時は、ほんのちょっとずつ元気になっていったらいいな、と思います。

ということで。

じゃ、わたくしこれから今夜&明日元日の食事作りにがんばりま~す。

それでは、Bonne fin d’annêe sous les cerisiers  en hiver。

冬の桜の木の下から、良いお年を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

日本では今頃は、大晦日&お正月に向けての準備で忙しくしている方も多いと思います。

こちらフランスでは何と言ってもまずはクリスマスが1番大事。

なので年末年始は、シャンゼリゼでカウントダウンはあるけれど、一般的なフランス家庭では日本ほどには、お正月~!とはなりません。

お休みも1月1日だけで、2日からは普通の毎日に戻ります。

びっくりするくらいお正月にそっけないんです。

でも大晦日と元日はご馳走はいただきます。

いただくものの定番はまずは生牡蠣や海老などのシーフード。

それからクリスマスから引き続きで、フォアグラや七面鳥や鴨など。

最近はシャルキュトリー(加工肉食品)やチーズ、パスタなど様々なトリュフ風味の食品も、今の時期スーパーや食品店に並びます。

そんなフランスの今の時期の食事情なのですが、悪い輩はどこの国にもいるものです。

そんな高級食材を盗む泥棒たちが今の時期は大発生するというニュースがやっておりました。

その中でも特に多いのが、人の山に勝手に入って盗むトリュフ泥棒と、人の養殖場に忍び込んで盗む生牡蠣泥棒。

隠しカメラを取り付けたり見張りをしたり、いろいろと対策はしているようですが、なかなか有効な手立てがないようです。

で、ある牡蠣養殖業社さんが最近始めた対策がありまして、それは。

・これは盗まれた牡蠣であること。
・販売したのは牡蠣泥棒であること。
・なので自分のところにすぐ連絡ください。

これらの文面と共に住所と電話番号を小さなプラスチックのメモに書き記して、牡蠣の殻の中に忍ばせ、殻を閉め、狙われやすい出荷前の袋詰め生牡蠣の中に混ぜておくんだそう。

なるほどです。

フランスでは生牡蠣を買ったら、家で自分で開けることがほとんどなので、泥棒はメモが入ってることに気付かず売りさばくはず。

その後その対策が上手くいっているかどうかまでは、残念ながらニュースではやらなかったのですが。

盗人はとっちめなければなりません。

御用になってれば良いのですけどね。

IMG_7078

そんな牡蠣泥棒、高級食材泥棒が大発生の今ですが、我が家も年末年始のために生牡蠣を購入しました。

いつものドイツ系スーパー「リドル」で、牡蠣の名産地マレンヌ=オレオン産のI.G.Pマーク付き生牡蠣が12個入りで6、99ユーロです。

マレンヌ=オレロン産は、塩田地跡に作られた緑の藻類が豊富な浅瀬の海水地で熟成されるため、牡蠣の身が緑色になるのが特徴。

I.G.P(Indication Geographique Protegée)はEUの地理的保護呼称で、これがついていると信頼出来る食材。

すべてがとは言えないけど、マレンヌ=オレロン産生牡蠣、美味しいんですよ。

我が家は、旦那は生牡蠣が好きではないので、主にわたくしが独り占め出来る予定。

でもそれじゃああまりにもなんか私が欲張りみたいなので、旦那には加熱した牡蠣料理でも作ろうかな、と思っております。

加熱すれば2個くらいは食べれるんですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございまして、今回は(も)ドイツ系スーパー「リドル」と「アルディ」。

クリスマス週だった先週まとめ買いした食材たちで、前々回とその前の記事でご紹介させていただいたクリスマス・イブとクリスマス当日の料理に使った食材がいくつか入っております。

IMG_6923 - コピー

買ったのはコチラ。

IMG_6924 - コピー

まずはリドルの食材からでして、グルメ食材「デュリュクス」シリーズのコレイユ(卵巣)なしの冷凍ホタテ10、19ユーロ。

ホタテが大好きなので、我が家のクリスマスには欠かせません。

本当は新鮮な生ホタテが一番良いけど、数年前のクリスマスに、どこのスーパーに行っても魚屋さんに行っても生ホタテが売り切れで買えなかったことがあります。

ホタテだけじゃなくマグロもなかったし、他の魚も超品薄でした。

以来、毎年冷凍ホタテを必ず確保しております。

それに街の魚屋さんはハカリを細工していて信用出来ないことが最近わかったので。

パリ郊外、とある魚屋さんの不正に気付く

今の街ではホタテが欲しい時は冷凍で十分。

クリスマス当日にカルパッチョでいただきましたが、ちゃんと美味しかったです。

IMG_6925 - コピー

これも「デュリュクス」シリーズでラベルルージュ(フランスの高品質マーク)の本場ブルゴーニュのエスカルゴ3、89ユーロ。

エスカルゴは大好物ですが、普段は安いエスカルゴでブルゴーニュ産はなかなか買えません。

それがリドルで3、89ユーロ!しかもラベルルージュ!さすがリドル。

これは年末年始ではなく、それらが終わった後、エスカルゴ食べたい!

って時にいただこうと思います。

IMG_6926 - コピー

リドルの地方食材「サヴール・ド・ノ・レジオン」シリーズの北フランスの若芽のアンディーヴ2、29ユーロ。

フランスでアンディーヴはとてもお安く買えますが、これは柔らかい若芽なので少しだけお高め。

北フランスのピカルディー出身の旦那はアンディーヴが大好物で、特にこの柔らかいのを好みます。

で、これはクリスマス・イブのホタテとアンディーヴのソテーに使いました。

残りは今週サラダにしてすでに完食しました。

IMG_6928 - コピー

アルディ食材でして、アルディのグルメ食材「エクセランス」シリーズの、トリュフ0、7%入りの生タリアテッレ1、85ユーロ。

トリュフ好き我が家なので、リドルとアルディで新しいトリュフ食材が出ると1度はお試し買いして、リピかリピなしか決めております。

これはまだいただいていませんが、どうかな?

IMG_6927 - コピー

クリスマスのご馳走用にチョイスした野菜&ハーブで、カルフールで買ったものとリドルで買ったものが混ざっておりまして。

左から時計回りにカルフールで、ハーブのセルフィーユ0、99ユーロ。

カルフールで、ベトラーヴ(ビーツ)0、81ユーロ。

リドルで、BIO(オーガニック)のレモン1、69ユーロ。

カルフールで、2色のプチトマト6個0、35ユーロ。

リドルで、キーウィ1個0、49ユーロ。

ハーブはセルフィーユ以外にも欲しかったのですが、他のハーブはしなしなで使えそうにないものばかりだったので、セルフィーユのみ。

なのでクリスマス料理に飾るのはセルフィーユのみになり、それがちょっと残念でした。

2色プチトマトは、クリスマス料理の彩りが足らなかったら使おうと思っていて少量だけ購入しておきましたが、使わず残りました。

でも今週サラダに入れて完食。

キーウィはクリスマス当日のホタテとサーモンとフルーツのカルパッチョに使いました。

プチトマト6個だけとかキーウィ1個だけとか、フランスの多くのスーパーはものによっては少量買いも可能なので、そこは便利だな、と思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

白菜が美味しい季節ですね。

フランスでも我が家がいつも行くドイツ系スーパー「リドル」で数年前から今の時期、白菜が並ぶようになったので。

日本にいた時のように近所で気軽に買えるようになったことが本当に嬉しいです。

そんな白菜で、今、旦那と2人ではまっている簡単おかずがあります。

IMG_6867

それがじゃん!

この白菜の甘酢あんかけ「醋溜白菜(ツゥリゥパーサイ)」です!

中華総菜です。

冷蔵庫に白菜が1/4くらいあって、白菜のシンプルなおかず何かないかな、とネットで検索したら出てきた「醋溜白菜」。

でも実はあまり甘酢系のおかずは好んで食べないので、どうかな、と思ったのですが、主な食材が白菜だけなのが気になって作ってみることにしたんです。

そしたらな~んか美味しくて、旦那と2人箸が止まらない。

地味な見た目で食べてもガツンはないんだけど、とにかくな~んか食べちゃうんです。

で、結局それから短期間の間に3度作っております。

作り方はいくつかのレシピを混ぜて参考にさせていただいて。

ニンニクの薄切りと生赤唐辛子(なければ乾燥赤唐辛子)の輪切り、ネギの斜め切りを油で香りよく炒めたら、まず白菜の芯の部分を入れさっと炒めます。

そして葉の部分も入れ、またさっと炒めたら、合わせておいた甘酢を入れ軽く煮て、片栗粉でとろみをつけて仕上げにゴマ油をかけて出来上がり。

甘酢は醤油、オイスターソース、酒、砂糖、中国醤油、黒酢があれば黒酢ですが、我が家は黒酢がないので米酢を使いました。

3度作ってみて私的に思った作り方&美味しさポイントは、白菜からかなり水分が出るので甘酢の味がかなり薄くなります。

薄いとボヤけまくったお味でまったく美味しくないので、しっかり味の甘酢にすること。

なので甘酢を入れて混ぜて味が薄かったらそこで手早くさらに調味料を足しても大丈夫です。

その調味料ですが、酢と砂糖をちゃんときかせるのが大事。

甘いおかずがあまり好きじゃないので最初かなり砂糖の量を少なくしたのですが、これはちゃんと入れた方がぐぐんと美味しくなることがわかりました。

中国醤油は本場では本当は使わないようですが、黒酢がないので色を濃くするためと味も良くなるかな、と思ってちょっと入れてみたら結構美味しくなったと思います。

仕上げのゴマ油も超大事。

お好きであれば必ずかけた方がいいです。

白菜の優しい甘みと淡泊なうまみが甘酢で引き立って、副菜にも良いけど、野菜好きの方にはメインになる美味しさだと思います♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

前回はクリスマス・イブの夕食をご紹介させていただきました。

2022我が家のクリスマス・イブの夕食

で、今回はクリスマス当日の昼食のご紹介です。

フランスでは基本的にはクリスマス・イブの夕食は少し遅い時間から始まりますが、クリスマス当日の食事の時間はそれぞれのご家庭によっていろいろ。

我が家はいつもお昼に始めます。

IMG_6965 - コピー

前日のままのテーブルコーデで、お皿だけ変えて赤いバラ柄のブロカント皿をチョイス。

飾ったお花とちょっと合わせてみました。

IMG_6970 - コピー

で、まずはアミューズブーシュ(一口大のオードブル)で、ウズラの卵のウフ・ア・ラ・コックです。

添えたのは鱒の卵、トリュフクリーム、スモークサーモンの3種のプチトースト。

ウフ・ア・ラ・コックは半熟のとろりとした卵にトーストをつけていただく卵料理。

それのウズラ版で、クリスマスの料理本に載っていたレシピ。

でもプチトーストがウズラの卵に入らなくて旦那と大笑い~。

ウズラの卵のサイズに合わせ、プチトーストをもっともっと小さくすべきでした。

次回は超小さくするか、ウズラの卵じゃなく普通の鶏さん卵にしようと思います。

IMG_6973 - コピー

前菜は菊芋のポタージュ、トリュフクリーム&トリュフオイルがけと。

IMG_6974 - コピー

穀物入りの自家製チップス、リドルの冷凍食品のパネ(バースニップ)のケーキ、トリュフ風味です。

チップスはポタージュに自分で好きに散らしていただきます。

パネのケーキは買ったけど忘れていて、今回冷凍庫をチェックして見つけたので前菜に入れてみました。

形は可愛いのだけど、もうちょっと小さいサイズの方が上品だし食べやすいな、と思いました。

IMG_6978 - コピー

魚料理はホタテとサーモンとフルーツのカルパッチョです。

数年前のクリスマスに作ったことがあって、久しぶりにまた作ってみました。

魚介とフルーツって本当に良く合って、さっぱりで美味しいです♪

IMG_6980 - コピー

そしてお肉は、カネット(canette)=雌鴨のローストで、付け合わせはリドルの冷凍食品の野菜のフラン、前日も前菜でいただいたシチリアのライスコロッケのアランチーニ、じゃがいものローストです。

数年前のクリスマスにいただいてとても美味しかったカネットを、今年久しぶりにメインにしてみました。

鴨は大好物ですが、カネットは肉質がきめ細かくてしっとりしていて繊細な味わい。

和食にも合いそうだな、と思います。

IMG_6938 - コピー

今回のカネットはマルシェの鶏肉専門店で買ったもの。

数年前のクリスマスの時に買ったのと同じお店で、とても美味しかったので事前予約しておきました。

我が家にしてはかなりお高め価格で28ユーロでしたが、クリスマスなので大大奮発です!

まだ全部いただき終わっていないのですが、すべていただいた後は残りの骨で美味しくてコクのある鴨だしがとれるので。

一番だしはもちろん二番だし三番だしまでとって、最後の最後まで楽しみたいと思います。

鴨だしで作る中華そばがコクがあって美味しいのですよねぇ。

ああ、鴨だしの夢がどんどん広がります~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ