パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

juillet 2023

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は16度、最高気温予想は23度で、お天気は曇りのち晴れとなっております。

フランスのスーパーコーナーです。

今回の食材はドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」。

IMG_9502

買ったのはコチラ。

IMG_9503

まずはリドルの食材からで生イースト1個0、49ユーロ。

リドルで初めて見た生イースト。

最近粉ものをよく作るようになったのでお試しです。

もう少し上達したら天然酵母に挑戦したいですが、まだまだ初級者なのでお手軽イーストで訓練訓練。

IMG_9504

イタリア食材でニンニクのマリネ1、99ユーロ。

カリコリ美味しくて、しかも食べても恐ろしいニンニク臭が口に残らないので我が家のお気に入り。

今日もおつまみにいただきました。

IMG_9506

BIO(オーガニック)のオート麦ミルク1、60ユーロ。

しょっちゅう書いておりますが、我が家はお料理やお菓子以外に牛乳は使わなくて、飲むのはもっぱら植物性ミルク。

長年、フランスでも手軽に買える豆乳を買っておりましたが、最近はこのオート麦ミルクがお気に入り。

お菓子にも豆乳より合う場合がよくあるな、と感じます。

豆乳だと微妙な味になることがたまに(よく?)あるのは否めない…。

フランスはベジタリアンが多いので植物性ミルクが結構豊富に揃っているのが嬉すぃ。

IMG_9505

トマト&ミント入りのタブレ1、96ユーロ。

タブレは元々は中東のひきわり小麦ブルグルを使ったサラダですが、フランスではクスクス(スムール粒)を使ったタブレもポピュラー。

旦那が久しぶりに食べたいというので購入。

我が家は、我が街マルシェのフランス総菜屋さんの超美味しいタブレを再現したものが定番ですが、最近作っていなかったので食べたかった模様。

このタブレがイマイチだったらマルシェタブレ作りましょう。

IMG_9508

トウモロコシ1、79ユーロ。
我が家のバーベキューに欠かせないもろこしちゃん。

お醤油をつけながら焼く日本式の焼きトウモロコシは私以上に旦那のお気に入り。

焦げた醤油の香ばしさがたまらないらしい。

わかってるじゃないか我が家のフランス男。

しかし私と暮らすまでアルデンテを知らなかった男です。

IMG_9509

アーティーチョーク1個0、99ユーロ。

特売でしたが葉が開いていなくてずっしり重くて品質が悪くなかったので購入。

葉が開き気味のものは古い場合が多く、マルシェでも安売りになっているのはだいたい葉が開き気味なことが多いんですよね。

昔、まだ日本に住んでいてフィレンツェを旅した時、リストランテで初めてアーティーチョークを食べ、独特な食感が何とも美味しくて、何じゃこりゃ、と思ったものです。

その時、ワインも一緒にいただいていたのですが、お隣のイタリア人ムッシューが、私がワインを飲むたびに涙を流すくらい笑っていたのが今も思い出されます。

もう20代後半だったのですが、未成年がワインを飲んでるように(気取って?)見えたらしいです。

アジア女性あるあるです。

IMG_9510

キュウリ1本0、69ユーロ。

日本のキュウリは好きなのですが、フランスのデカくて中が水っぽくて大味なキュウリはあまり好きじゃないありません。

でも旦那がキュウリが食べたいと言うのでお買い上げ。

料理するのは結局私なんですけどね~。

IMG_9511

ここからはカルフールでして、我が家の定番のBIOの鶏ブイヨン2、25ユーロ。

以前はスープでもシチューでもグラタンでも、味が足らなければブイヨンってしてたのですが、ある時あるフランスのビストロで、お肉のソースがやたら市販のブイヨンの味がきつくて気持ちが悪くなったことがあります。

以来、使うのが最低限になりました。

BIOでも独特な味があるので、風味が足らない時のみ最低限の量を使っております。

IMG_9513

これも我が家の定番のオレンジとハーブのリキュール、アマリュス7、75ユーロ。

北フランス中心に好まれて飲まれているビエール・アメール。

本物は「アメールピコン(Amer PICON)」にビールを混ぜますが、アマリュスはアメールピコンのマネマネ商品。

アメールピコンが11ユーロ以上するのでだいぶお値段が安くなるんですよね。

でもお味はそれほど変わらないので、我が家はこれで十分。

少し前にフランス系スーパー「オーシャン」でやはりアメールピコンのマネマネ商品を買ったことがあるのですが、それはお味が激しく違って不味かったです。

マネマネ商品でも本物に近いお味と違うお味があるので注意が必要だな、と思いました。

ということで今回は以上となります。

フランスは7月だというのに先週も、そして今週も肌寒予想。

かと思えばスペインやイタリア、ギリシャ、日本、アメリカなどは猛暑で異常気象が続いておりますね。

地球はどんどこどんどこおかしくなる一方。

あと10年、じゃなくて5年、いや3年したら、さらにものすんごいことになっているような気がしております…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は18度、最高気温は23度で、お天気は曇りしょっちゅう雨となりました。

旦那の亡くなったお祖母ちゃんはポーランド人。

まだ十代だった戦時中、フランス人のお祖父ちゃんと出会ってフランスに住むことになりました。

でもお祖母ちゃん以外の家族は戦争の混乱を避け、アメリカに渡りました。

それからもお祖母ちゃんとアメリカに住む家族は連絡を取り合っていましたが、お祖母ちゃんは41才の時に事故で他界。

その後お祖母ちゃんのフランスの家族(旦那家族)とアメリカの家族とは連絡が途絶えてしまいました。

でも家族の歴史を知りたい旦那は長年、アメリカの家族の行方を捜していました。

で、ある時、家で書類の整理をしていたら、お祖母ちゃん宛に送られたお祖母ちゃんの妹さん(2人いるうちの1人)からのポーランド語の古いカードが見つかりました。

旦那はポーランド語がわからないので、近所に住むポーランド系ご家族のところに行き、訳してもらい、内容を理解。

カードにはアメリカの住所(ニューハンプシャー州)も書かれていました。

で、今はインターネットの時代。

ネットで調べたら、その住所の電話番号がわかったので、旦那が電話をしてみたのです。

でも電話に出た誰かに話が通じず電話を切られてしまいました。

かなり落ち込んでいた旦那です。

で、いきなり電話してもそりゃそうだよ。手紙とか書いて送った方がいいんじゃないの?と私。

それが2年前で、それっきりだったのです。と、私は思っていたのです。

でも1週間前に旦那がいきなり「アメリカの親類からメッセージが来た!」と。

話を聞いてみると、キリスト教徒が亡くなるとその人の名前、生年月日と没年月日、生い立ち、家系などがわかる教徒のためのサイトがあって、そのサイトでお祖母ちゃんにカードを送った妹さんの名前を見つけたのが今年の3月。

サイトではメッセージのやり取りも出来るので、旦那がメッセージを送ってみたそう。

で、しばらくはサイトをまめにチェックしていたようなのですが、返信が来ないのでそのうちチェックするのを忘れて、久しぶりに確認してみたら、メッセージが届いていた、と、こういうことなのです。

それが、もう書きましたが1週間前で、でもメッセージが送られてきたのは5月。

で、メッセージに気付くのが遅れたけど舞い上がる旦那、すぐにまたメッセージを送ると、すぐ返信が来て、その相手がお祖母ちゃんのうんと年の離れたいとこ(女性)であること、カードにあった住所にはお祖母ちゃんのもう1人の妹さんが住んでいること、そのいとこもやはりニューハンプシャーに住んでいることなどがわかりました。

そのやりとりの後、旦那がすぐ旦那の弟妹にメールして、このことを報告。

皆が驚き、喜んだようです。

で、翌日に今度はそのいとこさんに旦那が直接電話。

すぐに出てくれて(私もそばにいました)、旦那何とか英語で会話。

さらにいろいろなことがわかったのですが、特にびっくりしたのが、お祖母ちゃん以外全員がアメリカに渡ったと聞かされていたけど、そうではなく、アメリカとオーストラリアに渡った人がいて、今もアメリカの家族とオーストラリアの家族は連絡を取り合っているのだそう。

これらのことがわかり、とにかくついにアメリカの家族と連絡が取れた先週末。

急な展開にこちらはもちろん、アメリカの家族たちも驚いたことと思います。

今週は、アメリカの家族に送る家族写真などを選んだりしている旦那。

いつかフランスから誰かが会いに行くか、アメリカから誰かが来るか、またはオーストラリアから、なんてことも、もしかしたらあるかもです。

それにしてもインターネットがあったからこそ。

もしなかったらこんなことは一生起こらなかったのでしょうねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は12度、最高気温は21度で、お天気は曇りとなっております。

昨夜は一晩中雨が激しく降り、久しぶりに(2ヶ月ぶりくらい?)に肌寒~いパリ。

まるで秋のようです…。

やめて~まだ7月だっつうのに~。カ~ムバックサマ~。

ということで平日のおうちごはんと手作り菓子のご紹介です。

IMG_9565

BIO(オーガニック)のスペルト小麦のピラフ、パスタなしのミネストローネ風スープ、ズッキーニと生マッシュルームのサラダ、人参と白ゴマの甘酢サラダ。

週末のごはんで付け合わせにして残ったピラフに、やはり週末のバーベキューで残ったソーセージをトッピング。

よ~く噛まないとな、な古代穀物のスペルト小麦ですが、もちもち感がクセになります。

ピラフがあるのでスープはパスタなし。

野菜だけですが、あっさりとても美味しかったです。

ズッキーニは家採れで、去年はぜんぜん実がならなかったのですが、今年は順調になってくれているのでほっ。

人参のサラダはこのレシピ。

人参と白ゴマの甘酢サラダ by ルロワ・モワ

和食洋食中華中東、何にでも合うし身体に良いので毎週のように作り置きでしている1品です。

IMG_9529

青紫蘇ネギおろしの冷製パスタ、干し椎茸のポタージュ、生マッシュルームのマリネ。

家庭菜園でもっさもさになった青紫蘇を美味しく消費。

最初はうどんで作ろうと思っていたのですが、ちょうど2人分のパスタが残っていたのでパスタでやってみました。

ぜんぜん問題なし。美味しいです。

ポタージュはこのレシピ。

干し椎茸のポタージュ by ルロワ・モワ

椎茸好きさんにはたまらないお味で、わたくしもそんな椎茸好きの1人。

最近はフランスでも椎茸栽培が盛んになってきて嬉しいんです♪

IMG_9663

野菜ラーメン、シューマイ、半ライス(白米)、搾菜の中華和え。

中途半端に残って冷凍しておいたラーメンスープに、やはり1玉だけ残って冷凍しておいた生麺に春雨を少しプラスして、炒め野菜をたっぷりトッピングして1/2サイズラーメンに。

白米もつけたのは1/2サイズラーメンのこともあるのですが、シューマイは白いお米と一緒に食べたいから。

久しぶりに作った豚肉と玉ねぎのシンプルなシューマイですが、辛子醤油につけて白米と食べると、餃子に負けないくらい…いややっぱ餃子には負けるかな、でもああ美味しい♪

IMG_9647

プチトマトとズッキーニのパスタ、パンと卵のスペイン風スープ、ポテトサラダ。

お隣さん家からいただいた家庭菜園プチトマトと我が家の家庭菜園ズッキーニでシンプルな味付けにしたオイルパスタは、素材の美味しさがグッド。

スペイン風スープは残っていたパスタなしミネストローネに、やはり残って固くなってしまったバゲットと卵を足しました。

固くなったパンがふわふわになってちょっとお麩みたいで、卵と合わさって優しい味わいになります。

もしパスタを入れていて、パンも入れちゃうと、ダブル、いやオイルパスタも入れるとトリプル炭水化物になってしまうので、パスタなしで良かったです。

IMG_9661

鱈の煮付け、ズッキーニの花の天ぷら、ポテトサラダの揚げワンタン、人参と海苔の和え物、キュウリのオリーブオイル梅肉和え、ワカメと玉ねぎの味噌汁、木の芽味噌とカラスミ、白米。

以前作って美味しかった鱈の煮付けをまた作りました。

ちょっと煮汁が少なめになってしまいましたが、甘辛味でごはんが進みます。

ズッキーニの花は毎日次から次へと咲いていますが、食べ切れないので、無理して毎日いただかず、その日の献立に合わせ、使ったり使わなかったり。

天ぷらは1番簡単だけどとても美味しいズッキーニの花料理です。

残ったポテサラを包んで揚げるのは、我が家でよくやること。

揚げちゃうと結構何でも美味しくなるんですよねぇ。

木の芽味噌は前回の記事でご紹介した一品、いや逸品。

フランスで山椒の挿し木を大切に育てている理由

冷凍しておいたカラスミも解凍して、我が家にしてはなななんと言う贅沢!

IMG_9496

そして今週の手作り菓子はオレンジピール入りのガトーショコラです。

ドイツ系スーパー「リドル」のBIOのオレンジの皮で作ったオレンジピールを混ぜて焼いてみたのですが、チョコレートとオレンジはボン・マリアージュなので合うだろうとは思っていたけど。

しっとり濃厚チョコの中でときおりオレンジの酸味と苦みがアクセントになって、予想以上に美味でびっくり。

フランボワーズソースを合わせるのが我が家のガトーショコラのお気に入りのいただき方でしたが、フランボワーズやオレンジ以外でも合いそう。

それにフルーツが入るだけでちょっと特別感のあるガトーショコラになるので、これから別のフルーツでもやってみようと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は17度、最高気温予想22度で、お天気は曇りときどき小雨となっております。

IMG_9642

前々回の記事で、フランスでは手に入りにくい山椒なので、ご近所日本人ご夫婦からいただいたこの山椒の挿し木に特に気を遣い、大切にしていることを書きました。

milieu de l’été 夏の庭で大切にしている日本から来た植物

実はここまで力が入るのには理由があります。

IMG_9268

これは挿し木を分けていただいたご近所日本人ご夫婦から、少し前にいただいた山椒の若葉、木の芽です。

この木の芽で作った逸品が絶品過ぎたのです。

IMG_9648

それがこの「木の芽味噌(山椒味噌)」。

今までごはんのお供には私が食べたことがある中では梅干し、辛子明太子、青じその実の塩漬け、昆布の山椒佃煮→「最高に美味だった手作りのゴマ山椒昆布」が最高と思っていたけど。

この木の芽味噌にはびっくりしました!

香り豊かで上品な風味でちょっと他にはないスペシャルな味わい。

旦那は一口食べて、なにこれ?風味が素晴らしい!と大絶賛。

作ったものを、木の芽をいただいた日本人ご夫婦にもおすそ分けしたら、お2人も大絶賛。

今まで山椒を活用していなかったそうなのです。

なのでこれからは活用するかと思います。羨ますぃ。

この木の芽味噌で、私の山椒欲しい心に火がつきまして、がんばって毎日せっせこお世話しているという、ま、こういうわけなんです。

でもお世話していると、そりゃ木の芽味噌がいつか作れたら嬉しいけど、それはうんと先のことだし生きてるかもわかないし、とにかく山椒ちゃんに根がうまくついて元気に育って欲しいな、と。

日本生まれで日本からやって来たこの山椒ちゃんが可愛くなってきたのですよねぇ。

なので今は欲張らず、根がつくことだけを願っております。

今までは花や植物は切り花や鉢になっているものを買うことしか考えなかったけど、挿し木を知って挑戦してみて、ますますお庭時間が楽しくなっている今日この頃。

もし失敗しても、これから他の植物もちょっとずつ挑戦する予定です。

ところで木の芽味噌ってあんなに葉っぱがあってもほんの少ししか出来ないんですよね。

なので作った木の芽味噌は少しずつ小分け冷凍して、和食を作った時に大事にいただく予定です。

その時はやっぱ白いコメが良いな~。

ああ、日本食最高バンザイ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は12度、最高気温は24度で、お天気は曇りときどき晴れとなっております。

我が家があるカルティエは3階建て以上の建物を建てるのが禁止。

なのに市が特別に許可を出し、カルティエ内にある農場跡地に大型アパルトマンが建てられることが決まりました。

でも周辺で反対運動が起こり、しかも農場の朽ちた建物に希少なコウモリが住み着いていること、そして農場の後ろの林に野性のキツネが住み着いていることもわかり、大型アパルトマン建設にストップがかかったことを、3月のこの記事で書きました。

我が街の大型アパルトマン建設にストップがかかった理由

この時から約4ヶ月経ちましたが、最近、農場跡地に大々的な広告版が張り出されました。

それは、メゾネットタイプのアパルトマンと低層タイプのアパルトマンが融合した新しい住宅地が開発されるという内容。

メゾネットタイプというのはそれぞれの部屋に内階段があり、庭付きも多く、戸建て住宅のような感覚で暮らせる集合住宅。

広告で見ると、この新住宅地のメゾネットは二階建て。

なので、大型アパルトマンの計画が変更になった模様。

そして予定地の周辺を見てみると、あちこちの家の壁に張り出されていた建設反対の看板もすべて撤去されていました。

コウモリやキツネがどうなるのか、と気になりますが、とにかく大型アパルトマンは建たないようです。

元々、市がここだけに特別に許可を出しのが問題だったので、それが通らなかったのは良かったと思います。

ところでこの農業跡地の前には何軒かの家が並んでいるのですが、その中の、やはり建設反対の看板を出していた家が一軒売りに出されておりました。

この家は平屋なので、大型じゃなくても新しく二階建て以上の建物が建つと、平屋の方に大きなマイナス。

なので新住宅地が出来る前に売却したいのでしょう。

ただしここはもう1つ問題があるのです。

フランスではカップルが2台車を持っていることが多いので、2台置ける無料駐車スペースが敷地内か家の前の通りにあるかが、家の売却のポイントの1つになることを、この記事で書きました。

バラの咲く家のその後と、退去期日と売却ポイント

で、この平屋のお宅は敷地内に1台分の駐車スペースはありますが、家の前の通りが駐車禁止で、しかもかなり車の往来が多い通りなんです。

なので売却には時間がかかるだろうな、と思っちゃったんですよねぇ。

こういうのを見ると知ると、私は一軒家を買った経験がありませんが、家を買う時って家そのものだけじゃなく、土地や家の前、周辺の状況など、本当によく調べないと後悔しちゃうなぁ、と。

あともう1つは周辺の住人さん。

知り合いで、すぐ激高するお隣さんにかなり困っている人がいるんですよねぇ。

話を聞くだけでも相当大変そうです…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ