パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

novembre 2023

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は8度、最高気温予想は14度で、お天気は曇りときどき雨となっております。

今年の11月は「これぞ11月のパリ!」と言えるようなグレイの空模様が続いているパリでございます。

つい1ヶ月前まではまだ半袖でも良いくらい暖かな日があったんですけどね…。

季節というものは、時間というものは、瞬く間に駆け抜けるものでございます。

で、そんな暖かな日に行ったカヌーでのピクニックのご紹介です。

実は今年は大好きなマルヌ川に、いつもの年よりたくさんカヌーピクニックに行ったんです。

でも全部はご紹介し切れないし、ワンパターンなのもあれなので、今回は秋のはじめのピクニック(Pique-nique en début d’automne)。

チョイスした音楽は、少し前のカヌーツアー記事でもご紹介したフランス人シンガーのJainの曲第二弾。

MVと詩はカヌーピクニックとはちょっと合っていないのですが、音楽はとても心地良くてグッド。

フランスの音楽番組やラジオで今しょっちゅうかかっている曲です。


それではオニバ!

IMG_0685 - コピー

今回はいつものマルヌ川の古き良き時代の浜辺方面ではなく、別地点からの出発。

ここは川を行く人しか通れない気づけない小川があって、とても素敵なんです。

来るのは今年2回めだけど久しぶりなので嬉しワクワク。

あの橋の下を通り抜けると、カヌーツアー始まる的な感じで~す。

IMG_0689 - コピー

通り抜けてすぐのここは高級住宅街。

アールヌーヴォーやベル・エポックスタイルの歴史ある古い家や真逆のモダンな家が並んでいて、見るだけで楽しいんです。

特に古い家は美しくていつも見惚れてしまいます。

IMG_0701 - コピー

そんな家々の多くが家の庭に面してマルヌ川が流れております。

ほぼ自分たち専用の川辺。

海も良いけど、カヌーをするようになってから川も大好きになったので、家から見える眺めが水辺って羨まし過ぎます~。

IMG_0717 - コピー

秋色地帯に出ました~。

春夏の緑のキラキラ光線とは違う、金色を帯びた柔らかな日差しも悪くない。

お天気さえ良ければパリの秋も良いわん。

IMG_0723 - コピー

ガラス張りのモダンな家の前には番犬ちゃん。

でもぜんぜん吠えなくてちっとも番犬してないところが可笑しい。

うちらが怪しいものじゃないことをわかっているのかな?

そうならばあなたはよくわかってるとてもいい子だぞ!

IMG_0719 - コピー

こちらにはアヒルさん。

このマルヌに住んでるアヒルや鴨たちは、自由に各家のお庭を行き来しております。

IMG_0725 - コピー

ゆっくりスイスイ進んでいると、目の前を愛らしくちょこちょこスイスイしてる鴨さん&アヒルさんたちグループに遭遇。

いつも行くマルヌの浜辺では、鴨の親子が自分の子供たちと一緒にアヒルの子供たちを引き連れているのを見たことがあるけれど。

アヒルも鴨の仲間なので、そこのとこの壁がないのかもしれません。

微笑ましい光景です。

でも黒鳥は仲間外れにされやすいよう。

鳥さんたちの世界もそれなりにいろいろあるようです。

IMG_0694 - コピー

さてさて、カヌーを留めてお楽しみ時間。

IMG_0692 - コピー

ランチタイムで~す。

この日のメニューは、チョリソー(スペイン)とグリーンオリーブ(フランス)、市販の鶏肉のテリーヌ(フランス)、パエリア(スペイン)、卵、ハムのサンドイッチ(日本式)、そしてぶどうの和洋融合ランチです。

急遽行くことにしたピクニックだったので、冷凍しておいたテリーヌやパエリア、食パンを活用してのあり合わせ。

でも外で食べると何でも美味しくてモリモリ食べれちゃうマジック。

特にほんのり甘いだし巻き卵をはさんだサンドイッチが美味しかった~♪

京都発祥と言われているそうですが、茹で卵のサンドイッチとはまた違う美味しさ。

今度はもっとぶ厚くして作ってみたいと思います。

IMG_0734 - コピー

満腹になった後は、再びしゅっぱ~つ!

お気に入りの小川に入りま~す。

IMG_0736 - コピー

ここも秋色~。

小さい秋見つけると嬉すぃ。

IMG_0739 - コピー

小川から広い川に出ました。

ここでも木々の向こうに見え隠れする大邸宅。

IMG_0741 - コピー

それぞれのお宅に自家用ボートがあるので、ちょっとマルヌをボートでひとっ走り、的な時に使うのでしょうかね。

優雅や~。

IMG_0744 - コピー

再び小川に入りま~す。

IMG_0745 - コピー

この小川は両脇すべてが各お宅のお庭に面しているので、ほぼプライベートリヴァー?!

隠れ家的な場所となっております。

IMG_0754 - コピー

はじめてここに入り込んだ時は、東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」を思い出してワクワクしたものです。

今でもやっぱりちょっぴしワクワクウキウキ。

IMG_0757 - コピー

カヤックの女性2人組と出会ってボンジュール!

IMG_0758 - コピー

かなり綺麗なお2人でしたよ。

IMG_0766 - コピー

ということで、出発地点に戻ってまいりました。

たまの別方面もまた楽し。

マルヌの水遊び、やめられません♪

出来ればあともう1回くらい、今年行けると良いのだけど、本格的に寒くなってきたし、どうかな…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は8度、最高気温は11度で、お天気は曇りとなっております。

パリで一番有名?なセレクトショップと言えば2009年オープンのマレ地区にある「Merci(メルシー)」。

ちょうど近くでランチの予定だったので久しぶりに寄ってまいりました。

IMG_1089

ショップ前にある赤いフィアットはお店の名物。

パリに来たことがある方ならMerciの文字を見なくても、この入口と車の絵柄でわかる方が多いと思います。

IMG_1091

衣服やアクセサリー、バッグ、靴、インテリア雑貨など、さっすがおしゃれなものがいっぱい。

IMG_1093

Merciと言えばこのトートバッグも人気。

色も大きさもいろいろと揃っております。

IMG_1095

秋の今はニット系がとても充実していて可愛いのがた~くさんありました。

パリのショップって春夏物はカラフルな色が揃っていても、秋冬物になるといきなり暗い色ばかりになってしまうことが多いのですが、ここはそんなことはなくて明るい色の物もたくさん。

IMG_1098

まるで春物のような優しいパステルカラーのブラウスもありました。

IMG_1096

でもお値段はかなりお高め。

たとえば可愛いな、と思ったセーターは280ユーロ(今日の換算だと日本円で44,807円ちょっと)でした。

とてもじゃないけど一般庶民が買えるお値段ではありません。

そんなことを思っている側で聞こえてくるのは、フランス語よりも英語や中国語、日本語などの外国語。

この時はほとんどが外国人観光客のようでした。

なのでスタッフさんたちは英語対応もバッチリ。

(若干巻き舌が激しい方もいらっしゃいました)

IMG_1099

もちろんフランス人のお客さまもいるでしょうが、日本の情報で紹介されているほどにはフランス人っておしゃれにこだわってないし、おしゃれにお金をたくさんかけられる人もそんなには多くないはず。

特に一般庶民はこのお値段出してまで買う人は正直少ないだろうな、と思いました。

パリにやって来た頃は、おしゃれを1番したいだろう年頃の子たちが服は適当で髪もくしゃくしゃで、何なら寝ぐせもついていて、雑誌などで見ていた日本のパリ情報はいったい何だったの?と思ったくらいです。

ただし今はその頃よりは若い子たち、おしゃれになっていて、パリでもパリ郊外の我が家周辺でも、オーバーサイズのダサ可愛いコーデを楽しむ子をよく見かけます。

パリ市内でも郊外でもいつでも賑わっているな、と思うショップはファストファッション(流行を取り入れた大量生産で低価格の衣料品や業態)のブランドで、スペインの「ZARA」やスェーデンの「H&M」、日本の「UNIQLO」など。

中国の「SHEIN」は今年の5月、パリ4区に期間限定のコンセプトショップをオープンしましたが、連日大行列になっていることがニュースになっておりました。

リサイクルも盛んなので、たとえば我が街のリサイクルショップは、1ユーロフェアやヴィンテージフェアがあると、英語圏の人まで並ぶほどの大行列になります。

フランスもピークは過ぎたもののインフレが続いているので、ますますプチプラ傾向のように感じます。

そんなフランスなので、ここで買うのはごく限られたフランス人、あとはほとんどが観光客かもしれないな、なんて思いました。

でも商品は本当に可愛いので、たとえばせっかくのパリ旅行なのでメルシーに行きたい!奮発して何か買いたい!

っていう気持ちはよ~くわかるな~。

私も旅行でパリへ、っていうんだったら、記念にもなるし買いたいかもです。

やっぱりトートバッグかな?!

IMG_1100

見るだけでも楽しくて参考にもなるMerci。

周辺にもおしゃれなショップがありますよ~。

住所・・・111 Boulevard Beaumarchais 3区
TEL・・・01 42 77 00 33 
HP・・・Merci

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ