パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

avril 2024

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は6度、最高気温予想は17度で、お天気は薄曇りとなっております。

平日ごはんご紹介コーナーです。

IMG_2692 - コピー

まずは自家製キムチを使ってミニストウブ鍋のチゲキムチ鍋、カリフラワー、人参、カブのナムル、残り野菜の卵とじ、玄米、お味噌汁、青紫蘇の醤油漬け&塩漬け、リンゴとグレープフルーツ。

自家製キムチはいつもこのレシピが基本。

☯韓国人直伝☯自家製白菜キムチ by オマールえび子

これをベースにさせていただいて、味付けは自分好みに変えております。

我が街の小規模マルシェで冬の終わりに特売になっていた白菜でキムチを作って冷凍しておいてのチゲ鍋。

いや~、美味しかったです♪

キムチはそのままいただくのも好きだけど、チゲ鍋もほんと美味しい。

旦那は汁まで飲み干しそうになっていたので、途中でストップをかけました。

辛旨というものがいよいよわかってきた模様のフランス人です。

IMG_2738

週末の残りローストチキン&サラダ、かぼちゃのポタージュスープ、自家製パン、マンゴー。

たまたま通りかかったパリの下町のローストチキン屋さんのチキンが、スパイスの良い香りがして美味しそうだったしお手頃だったので買ってみたら、めちゃめちゃ美味しかったんです。

で、家で思いつくスパイスであれこれ試してみたら、結構簡単に再現に成功!

なので今ではお気に入りのポルトガルのローストチキン屋さんのチキンですら、しばらく買っていないくらいなんです。

やっぱり試してお味を知るって大事。

IMG_2905

自分レシピのコチラ。

カブと鶏のあっさりスープスパ柚子胡椒風味 by ルロワ・モワ

焼き春巻き(じゃがいも&チーズ)、芽キャベツの煮物、ぶどうとリンゴ。

最近、クックパッドの人様レシピもなのですが、自分レシピも参考にしておりまして、特にパスタは自分でもすっかり忘れていたのですが、かなりの数のパスタレシピがあるので自分で言うのもずずしいのですが結構便利。

そのパスタレシピの1つでして、自家製柚子胡椒を使ってのあっさり和風味。

久しぶりに作ったので新鮮味でめちゃくちゃ美味しかったです♪

王道トマト味やペペロンチーノも大好きだけど、和風も好きや~。

IMG_2804

ネギチャーシュー丼、焼き餃子、野菜炒め、キャベツと人参のお味噌汁、カブの浅漬け。

冷凍しておいたチャーシューをたっぷり使っておりますが、ネギもたっぷりかけたのでチャーシュー見えてません。

最近はチャーシュー作ると、ラーメン&今治名物の焼豚玉子飯にすることが多かったけど、ネギチャーシュー丼もうまし!

IMG_2850

海老とブロッコリーのスパゲティー、人参とじゃがいものポタージュスープ、サラダ、ヨーグルトのフルーツサラダ。

以前拝見させていただいていたイタリア在住の方のブログで知ったスパゲティーは、ブロッコリーをあえてくたっとなるくらい煮るのがポイント。

これが海老のエキスがしみた汁によくからんで美味なんです。

海老のパスタというとすぐこれが浮かぶくらいのお気に入り。

でも、このイタリア在住の方、10年くらい前からもうブログを更新なさらなくなったのですよね。

お子さんもいらっしゃったしお忙しいのかもしれません。

IMG_2702 - コピー

そして今回のパンはショコラをたっぷり使った、ショコラオレンジパンです。

カカオパウダー&砕いたショコラのダブルのショコラに、自家製のオレンジピールもあるだけ入れて焼いてみました。

IMG_2711 - コピー

カカオパウダーのおかげなのか中はしっとりめ生地で、ちょっとガトーショコラチック。

お菓子感覚で1切れ2切れとついついつまんじゃいまして、あっちゅう間に旦那と完食しちゃいました。

こんな甘いパンの他に、ビールやワインのおつまみになるしょっぱ系創作パンにもはまっている今日この頃。

でもちょっとグルテン&糖質、とり過ぎかもなので、少し気をつけようとも思うんですよね。

作るのがとにかく楽しくてついつい作っちゃうんですけどねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は10度、最高気温予想は15度で、お天気は曇りときどき晴れとなっております。

久しぶりに我が街リサイクルショップに寄ってみたら、パリのセレクトショップ「Merci」にありそうな服とバッグを見つけたのでゲットしてまいりました。

IMG_3433

まずは色と小さなボタン使いが気に入ったシャツブラウスで5ユーロ。

袖は折って留められるようになっています。

パリの中堅ブランド「NafNaf」のもので、こんなパステルカラーのシャツブラウスが「Marci」にもたくさんあったんです。

「NafNaf」の服、女性らしい可愛いデザインのものが揃っていて好きだったのですが、経営悪化で数年前に中国企業に買収され、今年とうとうフランスの店舗がすべてなくなってしまったんです。

ここだけじゃなく、今フランスは倒産したり買収される中堅ブランドが相次いでいて、日本にも店舗があった「Kookai」や、お手頃でデザイン性の高い靴が揃っていた「André」も閉店しました。

なんか超高級ブランドかファストファッションか、の二極化的な感じになっております。

IMG_3435

そして藤の小さなバッグで10ユーロ。

こんな感じのものが「Merci」にあったような気がします。

今年藤とかカゴのバッグが特に流行るのかな。他のブランドでも例年より多く見かけます。

私は出掛ける時の荷物はいつも少ない方で、コンパクトカメラとお財布と口紅と折り畳みの小さなエコバッグが入ればOKなので、この大きさで十分。

服にも合わせやすそうなので重宝しそうです。

計15ユーロのお買い物でしたが、満足しておりま~す♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は0度、最高気温予想は10度で、お天気は晴れの予報となっております。

4月後半の0度にびっくりです~。

ということで、フランスのスーパーコーナーでして、今回はお買い得がしょっちゅうあるパリ郊外の大型アジアンスーパーです。

IMG_2785

買ったのはコチラ。

IMG_2791

まずはオタフクの辛口お好み焼きソース2、95ユーロ。

お好み焼きがずっと食べたかったのですがソースがなくて作れなくて、やっとゲット。

これでいつでも作れます♪

旦那もですがお好み焼きはフランス人が1度食べると気に入る確率高し。

我が家にお招きしたフランス人の方々にお好み焼きを何度もお出ししたことがありますが、全員が、美味しい♪と大喜びでした。

IMG_2793

コチュジャンソース1ユーロ。

賞味期限が1ヶ月切れているのでこのお値段。

ま、あと半年くらい大丈夫だろうな、と思っております。

自己責任。

IMG_2792

黒カレーパウダー1、99ユーロ。

黒カレーパウダーなんで初めて見たので珍しくて買ってみました。

まだ使ってないのですが、使ったら感想をお伝えさせていただきますね。

どんなお味でしょうねぇ。

IMG_2788

コンニャク1、30ユーロ。

おでん用でして、私もですが、旦那が大好きなんですよね。

外国の人は(フランスでは私が外国の人ですが)コンニャクが苦手、なんてことが結構あるようですが、旦那は初めから何の違和感もなく、気に入ってましたよ。

IMG_2787

練り物2種で上がさつま揚げ風1袋2、30ユーロ

下がすり身系で2、10ユーロ。

これもおでん用でして、どちらもタイ製ですが、問題なく違和感なくおでんに使えます。

おでんの練り物ってあまり人気がないようですが、我が家は2人共大好き。

おでんって何食べても美味しいです~。

ただし私的には、1番は卵、は不動であります!

IMG_2790

餃子の皮1、80ユーロ。

今は余裕がある時は自分でも皮を作りますが、冷凍庫にこれがあればお手軽安心ラクチン。

IMG_2794

大根1、70ユーロ。

大根はいつも上部を大根おろし、真ん中をおでん、下部をお味噌汁やお漬物にしております。

以前は大根おろし、すりおろし器でがんばってやっていたけど、ミキサーで少しのお水を入れて攪拌すれば簡単に出来ることを知り、それ以来、がーっと作って、小分け冷凍。

焼き魚にもみじおろしにわさびおろしにと、いつでも大根おろしがいただける幸せを感じております♡

IMG_2789

エノキダケ1袋0、70ユーロ。

白しめじ1袋0、80ユーロ。

このアジアンスーパーに行くまでは、別のアジアンスーパーでこの2倍くらいのお値段で買っておりました。

あれはいったい何だったのだ?

と思うくらい値段が違います。

IMG_2786

そして銀杏2、49ユーロ。

我が家は旦那も私も銀杏がだ~い好き。

で、まだ売っていたので、冷凍保存してあるのがまだあるけど、迷わずまたゲット。

これで大好きな揚げ銀杏がまだもう少し楽しめそうで~す♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は2度、最高気温予想は12度で、お天気は晴れの予報となっております。

ちょっと久しぶりになりますが平日ごはんのご紹介です。

IMG_2879 - コピー

まずは自分レシピのコチラ。

トマトパスタ&モッツァレラのクロケット by ルロワ・モワ

とコチラ。

芽キャベツときのこの簡単グラタン by ルロワ・モワ

に、人参のポタージュスープ、バナナとぶどう。

食べちゃわなくちゃなモッツァレラチーズがあって、そんな時はだいたいピッツアマルゲリータにするのですが、今回はちょっと思い出してこの揚げたてクロケット(コロッケ)をのっけるご馳走感のあるスパゲティーに。

IMG_2882 - コピー

さくさくクロケットを割ると、中からモッツアレラがとろりと出てきてたまりません♪

でもモッツアレラってすぐ固まってしまうので、熱々をのせるのが超大事ポイント。

もしパスタを茹でている間にクロケットが冷めてしまったら、いただく直前にレンジでさっとチンすれば、周りの衣はまださくさくだし、中も再とろりとなります。

IMG_2884

おでん、菊芋の揚げびたし、人参の炒め物、カブのぬか漬け、ぎんなん入り炊き込みごはん、カブと人参のお味噌汁、バナナとぶどう。

良いおだしを使い、シャトルシェフでじっくり2日間煮たおでん、おでん屋さんに負けないくらいのお味になりました。

そして炊き込みごはんは、ぎんなん以外の具材はだしつゆで予め煮てからお米に混ぜて、茹でたぎんなんのせて炊飯器のスイッチオン。

はじめからお米と具材を混ぜた方が簡単でお手軽ですが、やはり別で煮て炊く時に合わせた方が美味しいな、と今回改めて思いました。

IMG_2892

おでん、たらの味噌漬け焼き、自家製なめ茸&大根おろし、青じその醤油漬け&塩漬け、玄米、かぶと人参のお味噌汁、マンダリンとぶどう。

前日はおでんがメインだったのでこの日は味噌漬けメイン。

日本にいた時は味噌漬けと粕漬は買うものと思っていたけど、お味噌ならフランスでも手に入るし家で作っても十分美味しいことを知りました。

でも、粕はなかなか手に入らないのですよねぇ。

IMG_2953

上海焼きそば、サラダ、人参のかきたま汁、りんご(ピンクレディー)とぶどう。

冷蔵庫に残っていたセロリやネギ、人参などの野菜をこれでもか、くらい入れて中国醤油を使ってささっと上海やきそば。

フランスのアジアンレストランで出てくる焼きそばはほとんどがこの上海タイプで、フランス人にもお馴染みのお味です。

IMG_2958

自分レシピのコチラと。

ピーマンとチーズのだし醤油スパゲティー by ルロワ・モワ

じゃがいものポタージュスープ、サラダ、マンダリンとリンゴ。

クロケットのせスパゲティーもなのですが、最近クックパッドでご紹介させていただいている自分レシピをときどき見て、あ、こんなの作ったな、と思い出したり、あ、ちょうどこれ冷蔵庫に残ってるから作れるな、とか、結構重宝しております。うひ。

このスパゲティーもそんな1つで、主な材料のピーマン(緑パプリカで代用)、ベーコン、チーズがちょうど冷蔵庫に残っていたので作ってみたら、あれ、めっちゃ美味すぃ~♪

だし醤油とチーズが合うんですねぇ。

自分で考えたレシピなのに美味しさをすっかり忘れ切っておりました。

超お手軽ですし、これからピーマンが美味しくなる季節が来るので(まだちょっと先ですが)おすすめでございます。

IMG_2656

そして今回作ったのはシンプルなバゲットです。

以前も気泡をぼこぼこに入れるのに悪戦苦闘していることをお伝えさせていただいたことがありますが、今回のは自分的には今日までの中で1番。

IMG_2659

何とかこれくらい入りました~。

でもこれも成功とまではぜんぜんいかなくて、もう少し縦に膨らませたいし、もっと気泡を入れたい。

それがなかなか難しいのです。しかも安定しません。ふぅ~。

パン屋さんで修業したいな、なんて過ったこともありますが、今まで1人でああしてみようこうしてみようとやってきたので、ここまで来たら1人で地道に続けていこうと決めました。

ということで、平日ごはん記事がたまっているので、ちょいとご紹介率あげようと思います。

どなたかのごはんやご家庭のごはんの参考になったら良いのですけどねぇ。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は4度、最高気温予想は11度で、お天気は曇りとなっております。

今週末は我が街で花市が開催中なので、行ってまいりました。

IMG_3393

はじめにパリのお天気についてお伝え済みですが、今パリ、例年よりずっと肌寒くて3月はじめくらいな感じ。

なので今日も寒かった~。

革ジャン羽織って、ニット帽&マフラーであったかくしたけど、それでも日陰は寒い!

IMG_3394

でも、花を見るのは楽しい。

IMG_3397

パリに来たばかりの頃、お金をそれほどたくさん持っていなさそうな若い子でも花を買っている姿をよく見かけて、新鮮びっくりしたものです。

花を買うお金はもったいないじゃなく、花を買うことは別なんだな。

それってなんて素敵なことなんだろう。

と思ったものです。

で、私も節約学生生活だったけど花にはケチケチせず(かと言って奮発も出来ないが)、小さな小さなアパルトマンの部屋にささやかな花をしょっちゅう飾るようになりました。

でも今は、あの頃にはまだパリ市内にはなくて知らなくて、郊外に移り住んで知ったドイツ系スーパー「リドル」や「アルディ」で気軽にお安く切り花や鉢植えが買えるようになったし、そのリドルやアルティも今はパリ市内にもたくさん店舗が出来ました。

物価はもちろん高くなっているけど、食品も花も雑貨もお店を選べばあの頃よりぜんぜん安く買えるようになった気がします。

すぐ壊れるようなあり得ないくらい質の悪い雑貨も、昔は安くなかったなぁ。

IMG_3404

さてさてお花お花。

これはアジサイの変わり種。

もう今どんどん変わり種が生まれてますね~。

IMG_3401

最近気になっているクレマチス。

たまたま通りかかったお宅の窓辺にこの花が飾ってあって、それがとても綺麗だったのです。

IMG_3402

これもクレマティス。

白も綺麗です。

IMG_3400

これはゼラニューム。

可愛いんだけど、もう今はいいかな、と思う花。

というのも南スペインの窓辺や中庭を彩っているゼラニュームに憧れて、日本で住んでいたマンションのバルコニーでゼラニュームをたくさん育てていたのです。

すごく大事にしていて、通りかかる人にもよく、綺麗ですね、と言われました。

でもフランスに来ることを決め、同じマンションに住む人にあげたり、知り合いにあげたりして、なんだか少し悲しい、そして申し訳ない思いがあるんですよね…。

あの子たち、もうダメになっちゃったかな。それともどの子かは元気でいてくれるかな。

IMG_3406

我が家の庭にあるけど名前を知らなかったお花。

ヒューケレラの1種のピンクフィズだということがわかりました。

小さなぷちぷち小花が愛らしいんです。

で、この花市の帰り道、98歳のムッシューの家の前をいつものように通りかかりました。

その後、98歳のムッシューは

そしたらムッシューの家の隣りに住む親族のマダムが家からちょうど出てきたので、ご挨拶してムッシューがどうしているか聞いてみたのですが、1ヶ月前に老人ホームに入ったそう。

とにかく相当疲労していて、階段の上り降りも出来ないし、部屋から出て来ることさえも大変だったそうで、結局そうなったそう。

でも、マダムが言って驚いたのが、6月で何と100歳になるのよ!

ということ。

この2月にお話しした時は確かに98歳と言っていたのですが、どうやら98歳じゃなく99歳だった模様。

とにかく99歳すごいし、100歳ってすご過ぎる!

そんなことを話しながら旦那と帰ってまいりました。

でも、しょっちゅう庭の片付けをしていたムッシューのあの元気な姿はもう見れないんだろうな、と思うと、とてもとても淋しい…。

今はただただ100歳迎えて欲しいな、と願います。

IMG_3408

で、我が家が買ってきたものでして、大きな葉っぱのが「Mouarde Osaka(大阪からし菜?)」で赤っぽい葉っぱのが「Mizuna(水菜)」。

どちらも1鉢3ユーロでした。

「Mouarde Osaka」が日本でいう正式の何なのかが謎なのですが、サラダにするとちょっとぴりっとして美味しいとのこと。

「Mizuna」は緑のイメージだったのですが、帰ってきてネットで見てみたら、赤水菜というのが今あるんですねぇ。知らなかったです。

どちらも葉っぱのところを切って収穫したあとまた生えてくるので2、3回また収穫出来て、その後種をとれば良いとのこと。

そんなにうまくいかないかもだけど、3ユーロなので、家庭菜園初心者の私にはちょうど良い。

ネットで調べながらフランスで日本の植物育て、楽しもうと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ