RIMG40900 - Copie
今回は、オンフルールのお店の悲しい思い出とは対照的に良心的で素敵思い出のここ、
Le Bistro du Perigord(ル・ビストロ・ドュ・ペリゴール) ~パリのビストロ 5区~
でいただいた、ものすごく手がこんでるわけではないけれど美味しかったvolaille(鳥系のお肉たち全般)のフリカッセの、再現レシピのご紹介です。
材料も手軽なものばかりでしかも調理時間、そうですねぇ、15分くらいかな?とにかく出来るだけ超~簡単仕上がりを目指しました。調理ポイントは、炒めたマッシュルームから出る水分を飛ばしてうまみを引き出すことと、そしてカレー味にするためではなくほんのり香りづけのために使うカレー粉。色も一段明るくなって彩りにもグ~です。お店ではもしかしたらサフランだったかな、とも思うのですが、サフランは気軽ではないのでお気軽カレー粉に変更です。
それでは早速材料と作り方行きま~す!

材料(2人分)
・にんにく1/2片分のみじん切り ・生姜小さなひとかけのみじん切り ・オリーブオイル大1と1/2 ・バター8g ・縦8等分くらいに切った生マッシュルーム150g ・玉ねぎのみじん切り60g ・一口大に切った鶏むね肉150g ・薄力粉小1 ・白ワイン50ml ・生クリーム150ml~200ml ・カレー粉小1/2 ・塩胡椒適量 ・あればパセリの粗みじん切り少々 ・2人分のごはんとバターと塩胡椒少々

作り方
①鶏肉は軽く塩胡椒をし薄力粉をまぶしておく。
②フライパンにオリーブオイルとバター、にんにく、生姜を入れ中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れ、炒め、しんなりしたら、マッシュルームを加え、炒め、マッシュルームから水分が出てきて、その水分が飛ぶくらいにしっかり炒める。鶏肉を加え、軽く炒めたら、白ワインを入れ、蓋をして1分くらい蒸し煮し、蓋を取り、生クリームをお好みのとろみ加減になるよう入れ、カレー粉と味を見ながら塩胡椒する。
③皿にバターと塩胡椒を混ぜた温かいごはんを盛り、②のフリカッセを添え、あればパセリを散らして出来上がりです。
 

で、実はお店に行ったあと、わりとすぐに再現に挑戦していたのですが、ど~もフォトがいまいちで、で、もう一度フォトも兼ねて、しかも簡単なので作ったのが上の1品。そしていまいちだったのが下のコチラ↓
RIMG38065 - Copie
フリカッセはビストロ的メニューなのでビストロチックな赤白チェッククロスにしたのですが、クロスにしわも入っちゃっててやっぱりいまいちです~。ちなみにお皿は上フォトも下フォトもどちらもエマウスで見つけたもの。あ、それと下フォトの時のごはんは白米に赤米と黒米を混ぜたものでした。お店でも3種類のお米が使ってあったのです。きっと五穀米でも美味しいかなぁ、と思います。
そして、これで十分美味しいのですが、一枚目フォトの再度作成の時ふと思いついて仕上げにちょろりかけてみたのがコチラ

RIMG40904 - Copie
お気に入りの、我が家では珍しく高級調味料である「MAISON de la TRUFFE」のトリュフオイルです。これがまたよく合ったのです♪
そして、ごはんに混ぜたお塩がコチラ

RIMG40907 - Copie
これまた「MAISON de la TRUFFE」のトリュフ塩。
以前もご紹介させていただいたのですが、
→「MAISON de la TRUFFEのトリュフ塩

ごはんとこのお塩は相性が最高なのです!でもトリュフオイルもトリュフ塩も「MAISON de la TRUFFE」のものじゃなくても十分美味しいかと思うので、たとえばお土産にいただいたけど結構使い方に困って残っているわ、なものがあったらどうぞこんな風にちょろりかけてみていただければと思います。でもでも、トリュフオイルをかけなくてもトリュフ塩を使わなくても美味しいフリカッセです。おうちでビストロ気分でたまにこんな1皿、いかがでしょうか。


増えちゃってお手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪