R1132621 - Copie
今週の木曜レシピコーナーは、日曜マルシェのフランスお惣菜屋さんの
おすすめメニューの中にあった、
「Salade de Riz nicoise(サラダ・ド・リ・ニソワーズ)」で
「ニース風お米のサラダ」です。
日本ではあまりなじみのないお米のサラダですが、
フランスではお惣菜屋さんはもちろん、
スーパーにもキャロット・ラぺ(千切り人参のサラダ)やタッブーレ(中東のブルグルとパセリたっぷりのサラダ)と共によくおいてある定番の1品。
フランス人にとってお米は野菜感覚なので、それで出来たサラダかな、
なんて私は予想しているのですがどうなんでしょ…
ちなみに旦那も野菜と思っていて、お米は穀物で炭水化物だよ、
と教えたら、へ、そうなの?とびっくりしてて、それからは、
お米のことを「tansuikabutsu」とよく呼んでおります。
それもあり旦那は今ではごはんをパンのかわりにお茶碗に一杯は食べますが、
たとえば和食屋さんの定食のごはんを半分以上残すフランス人、結構多いですよ。
食事はスープ、メイン、サラダ、デザートなど順番で食べるのが基本スタイルなので、
おかずと汁とごはんを交互に食べるのが苦手、というか馴染まないようですし、
白米の美味しさもいまいちわからないのかな、と。
炊きたてのごはんの美味しさっていったらないんですけどねぇ。
さて調理ポイントですが、かために炊いたごはんを使うことくらいで、
あとは特になくてただ材料を混ぜるだけです。
材料も、今回はニース風なのでアンチョビーや黒オリーブ、ツナなんかの、
ニース風サラダの具材を使いましたが、
コーンやピーマン、ハムなんかを入れていただいても美味しいかと思います。
それとこれ、冷蔵庫に入れておくとさらに味が馴染んで美味しいので、
作り置きにしていただいても便利なんです。
ピクニックやちょっとした持ち寄りにもよいですよ。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・かために炊いたごはん250g(今回は麦入りごはんを使いました) ・ほぐしたツナ缶35g ・水にさらして辛味をとって水気をよくふいた玉ねぎみじん切り20g ・歯応えが残るよう茹でて小さな輪切りにしたインゲン50g ・茹で卵3個(2個は粗みじん、1個は縦の四つ切り) ・プチトマト10個を半分に切ったもの ・赤パプリカの小さめ角切り50g ・黒オリーブ10粒の輪切り ・アンチョビーのみじん切り2枚分 ・あればドライトマトの千切り35g ・生バジルの葉の千切り6~7g分(イタリアンパセリなどでもOK) ★EXVオリーブオイル大2 ★白バルサミコ酢(又は白ワインヴィネガー大2と1/2 ★レモン汁大1 ★レモンの皮のすりおろし1/2個分 ★味を見ながらきび砂糖小1くらい(又は砂糖) ★にんにくのすりおろしほんの少々 ★味を見ながら塩胡椒

作り方
ごはんを水洗いしてぬめりをとりザルにあげ、よ~く水気を切り、
さらにキッチンペーパーで包み、さらに優しく水気をとる。★を混ぜ合わせておく。
四つ切りのゆで卵とバジルの葉以外の材料を全部ボールに入れ
①のドレッシングと一緒に全部さっと混ぜる。
器に盛り、とっておいたゆで卵をのせ、バジルを散らして出来上がり。
できれば冷蔵庫で2時間以上おいてくださいね。

あ~んど。
ニース風の定番サラダと麦やキヌアを使ったサラダも
併せてご紹介させておいていただきますね。
食べ応え十分美味しいですよ!→Cpicon 【家ビストロごはん】サラダ・二ソワーズ by milketmoi
れぽは少ないですがかなり美味です♡→Cpicon 麦と海老とりんごの爽やかなサラダ by milketmoi
パリの美味しいお惣菜屋さんの再現→Cpicon キヌアと麦とクランベリーのサラダ by milketmoi
……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!