R1132718

前回はフランスの結婚が家と家との結婚ではないということを書いたけど、
私が感じる日本とフランスでの結婚の違い①
今回は結婚そのものについての考え方を書きたいと思う。
私が今の旦那と結婚したのは旦那の家で暮らして一年たった頃。
理由はそれまでの私の学生ビザが限界気味になってきて、
じゃあ家族ビザにしようか、と。ま、特に、結婚してくれ!とかじゃなく、
ヨーロピアンだとビザは必要ないけど私のようなEU圏外の国の人間がフランスにずっと住むにはビザは絶対必要だしいろいろと面倒があるから。
ということでパックス(PACS)か結婚か、という話にもちょっとなったのだけど、
私が異国アジア人ということもあり結婚の方が落ち着くかな、
と旦那が考えてくれて結婚になった。
ちなみパックスとは1999年から法律で認められるようになった制度で、
もともとは同性カップルのためだったものだけど今は異性カップルの利用者がほとんどで、結婚より簡単な手続きで共同生活の契約ができ、
税法上で結婚カップルと近い利益が受けられる。
で、ま、うちらの場合は結婚したわけですが、このこと、
実は日本の家族以外にはあえて言わなかった。
というのも私なりのそれまでの経験からくる理由があって。
日本で前の旦那と離婚に向けて話し合いをしている時に派遣で働いていた企業で
(しかも東京ど真ん中企業)、
同じ部署の女性の同僚に、
あの人は結婚していないのに結婚しているふりをしていると憶測話をされ、
それを信じた人たちに無視されるという経験をしたことがあって、
離婚が遠くない時期だったので自分の旦那について余計なことを言っていなかったのが、
そんな憶測話につながったようだけど、憶測話にもほどがあると思ったし、
それを信じて皆で無視するということ自体も信じられなくてとても悲しい経験だった。
それ以前も、独身の友達がやはり会社で(彼女も東京ど真ん中企業)結婚してないことを同僚男性にしょちゅうからかわれ、泣いていたことがあってひどいと思っていたので、
結婚してるしてないを人の判断材料のように考えない人がいいと思うようになり、
そしてパリに来たら、
そんな人がほとんどでそれまたちょっとびっくり新鮮だった。
R1132721
フランスのカップルは結婚への拘りが強くなく、
同棲のまま子供を持つ人も多いし、パックスの人も少なくない。
そしてそれをわざわざ話題にするなんてこともない。
実は旦那も病気で亡くなった前の奥さんとずっと同棲で、一度、結婚どうする?
と聞いたら、このままでいいと言われたのでそのままだったそうだ。
旦那の兄弟や親せきも同棲のまま子育てしている人も結構多い。
フランスでは、カップル当人たちが自由に自分たちに向いたスタイルを選び、
女性がこのままでいい、なんてことも言えちゃうような社会なのだ。
だから私もフランスでの自分の選択について家族以外に言わないでいいと思った。
そしてそんなフランスだからシングルだって何か言われることはない。
それぞれがそれぞれのスタイルで暮らせばいいだけなのです。
フランスは変なとこもた~くさんあるけど、
前回の①も含めこのことに関しては私はとても素敵だと思っています。
ところで自分の結婚について話すようになったのにはわけがありまして。
旦那と暮らしはじめてからブログで旦那のことをずっと家主さんて書いていて、
結婚してからも家主さんて書いていたらある時旦那が、
もういい加減家主さんておかしいんじゃない、って。
で、何気にある日、家主→旦那に変更しておいたと、
ま、こういうわけなんです~。
ということで、フランスと日本での結婚の違い、終わらせていただきます。
それではマルシェに行ってまいります。

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!