FotoJet (867)

フランスでも連日カルロス・ゴーン会長のニュースが流れております。
想像もつかない金額のお給料ですが、欲張りが過ぎてます~。
ということで残念なお話はあっちに置いて、今日は超簡単和食レシピで、
「シンプルなカブのとろり柚子胡椒煮」でございます。
カブは生でいただくことが多いのですが、
なんか優しい味わいでシンプルな煮物を食べたくてちゃちゃっと作ってみたら、
いやあ、煮たかぶもうまし。煮物があまり好きじゃない旦那も、oishii~って。
旦那はほっこりという言葉は知らないのですが、
顔からしてほっこりしていましたよ。
最近パリもぐぐんと寒くなってきましたしね。
調理ポイントはあえて醤油は使わないこと。
調味料は酒、みりん、そして柚子胡椒の3つだけ。
なのでだしはしっかりめの美味しいのがおすすめです。
我が家は茅乃舎のだしパック使い。
ちょうど1パックにつき400mlでぴったりでした。
そのしっかりだしで30分くらいゆっくり煮ることもポイント。
柔らかいカブに片栗粉でとろみをつけた
ほんのり柚子胡椒風味のだしがとろりとからみます。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・皮をむいてくし型に切ったカブ350gくらい ・だし汁400ml ★酒大1 ★みりん大1 ・片栗粉小2 ・柚子胡椒小1~(お好み量)+仕上げ用に少々 

作り方
鍋にだし汁、かぶ、★を入れ、火にかけ、
煮立ったら中火にして蓋をし30分くらいゆっくり煮る。
十分柔らかく煮えたら火からおろして冷まし、味をふくませる。
片栗粉を混ぜてまた火にかけ、とろみがついたら、
味をみながら柚子胡椒をお好み量混ぜる。
器に盛り、彩もかねお好みで柚子胡椒をほんの少しのせて出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!