Foto (894)
フランスも4月22日は復活祭の翌日の月曜日
「ランディ・ド・パック(Lundi de Pâques)」で祝日、
今週5月1日水曜日も
「フェット・ドュ・トラヴァイユ(Fête du Travail」、メーデーで祝日。
※明日のメーデーはジレジョーヌのデモがフランス全土で行われます。
パリはモンパルナスからプラス・ディタリーまでが中心。
警官が7,400人出動するとのこと。
お出掛けの際は十分にご注意ください。

そして来週5月8日水曜日も1945年5月8日の戦勝記念日で祝日。
なので我が街マルシェもこの祝日を利用して
プチバカンスをとっているお店がいくつかあります。
人気フランス惣菜屋さんもその1つ。
いつもの行列がありません。
Foto (895)
でもイタリア惣菜屋さんやポルトガル惣菜屋さんは開いているので、
フランス惣菜屋さんじゃなくコチラで、という方も多いかもしれません。
Foto (896)
これはポルトガルのパン。
素朴な味わいでチーズやハムをはさんでいただくと美味しいんです。
Foto (897)
この日は牛肉専門店のお肉屋さんと内臓専門店のトリプリー(triperie)が大行列。
お休みのフランス惣菜屋さんでは味付け済みの合い挽き肉なども扱っているので、
やはり今回はコチラで、というお客様も多いのでしょう。
Foto (898)
我が家はじゃがいもが切れていたので
じゃがいも専門店にてじゃがいも2種をお買い上げ。
Foto (899)
どんな料理に使うかでお店の方がそれに合うじゃがいもを選んでくださいます。
Foto (900)
この日は先にお買い物を終えてからポルトガルバーで一杯。
Foto (901)
冬物の厚手ジャケットじゃないと寒いくらいだったので、
マルシェ内のテーブル席です。
Foto (902)
お隣のポルトガル系ムッシューたちは、
ポルトガルの微発泡ワイン、
ヴィーニョ・ヴェルデの大ボトル&生牡蠣でアペロ中。
途中ではティーンエイジャーの息子くんたちもやってきて、
携帯いじりながら一杯しておりました。
フランスでは2008年まで16歳以上がお酒OKでしたが、
2009年から18歳以上に引き上げられたんですよ。
Foto (903)
そしてすぐそばでは、
いつも馬肉専門店の前で待機しているわんちゃんが、
お店のマダムから馬肉のおやつをもらっていました。
これか~。といつも待機の理由を初確認。
いい子で待っててよかったね~♡
とほのぼの光景に旦那も私もニンマリ。
馬肉はわんこにいいらしいから今度うちの子たちにも
お留守番のご褒美にちょっと買っていきましょうかねぇ。
…………………………………………………………………

平成から令和に変わりましたね。
とはいうものの、日本を離れてだいぶ経つので、
平成が何年だったのかわからなくて調べました。31年だったのですねぇ。
昭和、平成、令和を生きる日本人の1人となった自分ですが、
正直、海外なのでその実感がまったくわきません。
でも1つだけ思うことは雅子さまのこと。
お子さまがお生まれになられた時の会見で涙ぐんだ姿は今も忘れられません。
我々が想像もつかないものすごい重圧があったのだろうと感じます。
そして、涙ぐむ雅子さまの手を
当時の皇太子殿下が優しく握った姿もまた忘れられない光景です。
ご夫婦で乗り越えていらっしゃったのでしょう。
歴史と伝統は大事だろうけど、時代は変わっていきます。
これからはもう少しお二人が心をラクに
自由になさりたいことが出来る環境に
なっていったらいいな、と願っています。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!