IMG_1433 - コピー
ここはパリの中国街、ベルヴィル大通り(Boulevard Belleville)。
ここ6、7年でぐぐんと変化があったところです。
中国人娼婦がものすご~く増えたのです。
この6、7年で中国の観光客の増加がすごいのですが、
それと同時に中国人娼婦も増えていきました。
観光で来た人がそのままパリに不法滞在して娼婦になる、とか、
つてを頼ってパリに来て、結局この仕事になってしまう、
というケースはよく聞くことです。
IMG_1434 - コピー
左に写っている横切る女性もですし、
左のバイクの奥に写っているかたまりの人たちも娼婦。
ほとんどが40代50代のように見えます。
少し前にうちにお招きした日本人奥さまが、
この通りを歩いていたら、突然ポリスが来て、
周りにいたアジア人女性が皆、蜘蛛の子散らすように逃げた、と。
1人ポツンと取り残された自分は、ただただびっくりした、
と話しておりました。
IMG_1435 - コピー
以前語学学校で出会った、
旦那さまの大学院留学についてきた中国人の女性は、
中国での生活や行動の話になるとあたりを気にして、
あまり話たがらなかったのですが。
そっと、家の中で家族としか本当のことは話せない、
と言っておりました。
中国は経済大国になったし、
今は海外にもある程度出れるようになったのだろうけど、
監視は変わってないんだな、と思ったものです。
2、3日前のニュースでは、
フランス大西洋岸で最大の軍港があるブルターニュのブレストを中心に、
フランス人男性と中国人女性の結婚がとても増えていること。
その多くが、フランス海軍のテクノロジーの情報を狙った、
スパイの場合が多いとのことでした。
私にはどれもぴんと来ない話ですが、
中国人スパイの場合は、
それをしなくてはならない事情があるのかもしれません。
日本からフランスに来てもつくづく感じたことだけど、
生まれた国によって人生がほんと違ってくるな、と思います。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!