IMG_1571
今週の日曜からフランスは夏時間から冬時間に変わったのは、
ご存知の方も多いと思います。
1時間遅くなるだけなのですがこれが結構大きくて、
毎回、軽い時差ボケが4、5日続きます。
健康面や精神面での負担、省エネにもまったくなっていないとのことで、
サマータイム制度廃止がフランスを含めたEUで出されていますが、
時期はまだ未定。個人的にはサマータイムは、春夏がやって来る!
って感じで好きなのですが、身体には確かにあまりよくないんだろうな、
と思います。
さて、そんな冬時間時差ボケ中ですが、
王道の和食がいただきたくなって、フランス食材で幕ノ内弁当を作ってみました。
日本でオフィスレディだった時は、1週間に4日は自分でお弁当を作っていたのですが、
今はまったく作らないので久しぶりのお弁当詰め。
これが結構バランスが難しいのですよね。
ネットで幕ノ内弁当の写真を見てちょっと勉強しました。
で、こんな感じに仕上がったのですが、
お昼を食べに仕事から帰ってきた旦那がこれを見て、
OBENTO!って軽く喜んでおりました。
BENTO、今フランスでもよく知られるようになってきて、
フランス人経営者のお弁当屋さんもあるくらいなんです。
IMG_1575
おかずは、まずは鮭は外せません!
今回はBIOの鮭を軽く照り焼き風に。
この鮭がとても美味しかったんです。やっぱりBIOは違いますねぇ。
横のちょこっとおかずはほうれん草のおひたしと市販のタケノコのラー油和え。
IMG_1576
鶏の唐揚げも外せません。
でもこれ実は鶏肉じゃなくて七面鳥のソリレス。
ソリレスとはもも肉の付け根の周りにあるお肉で、
フランスのスーパーでたまに置いているもの。
においがちょっとあるので、一晩生姜ニンニク醤油酒に漬けこんで、
片栗粉をつけて揚げました。
これがジューシーでなかなかの美味しさ♪
私は七面鳥が苦手なのですが、一晩つけて唐揚げならぜんぜん大丈夫。
&昨夜作っておいたポテサラ。
IMG_1574
煮物も幕ノ内弁当には大事。
BIOの皮ごと人参とかぼちゃとインゲンと干し椎茸です。
煮物があまり得意じゃない旦那のために、
私にしてはちょっと甘めの味付けにしてみました。
そしたら美味しいとパクパク完食。フランス男、甘いと食べるんですねぇ。
&だし巻き卵とわかめとラディッシュの酢の物。
だし巻きはこの煮物の煮汁を入れて焼きました。
焼き立てが最高です。
酢の物は身体のために酢がちょっと多めで酸っぱめ。
IMG_1580
お椀は干し椎茸の戻し汁に人参とキクラゲを入れて、
和風だしと醤油、みりん、塩で味付け。
旦那が干し椎茸が大好きなので、我が家の定番お汁です。
IMG_1577
お米はドイツ系スーパー「リドル」で買った、
フランス南部プロヴァンスのカマラグ産。
フランス暮らし我が家で最近食べてるフランスのお米
水加減に気をつければ、そしてここがフランスだと思えば、
ぜんぜん大丈夫。満足です。
久しぶりのお弁当は旦那にもかな~り美味しかったようで、
全部お箸で上手に食べておりました。
フォークとスプーン要る?って聞いたら、要らないって。
ってか、なんでフォークとスプーン?って顔しておりました。あは。
味がと言うか、お弁当がいいんですねぇ。
なので、これからたまに作ろうと思います。
身体にもよさげですしね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!